三本指の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金田一耕助 > 本陣殺人事件 > 三本指の男
三本指の男
監督 松田定次
脚本 比佐芳武
製作 牧野満男
出演者 片岡千恵蔵
三津田健
原節子
音楽 大久保徳二郎
吉川太郎
撮影 石本秀雄
製作会社 東横映画(後の東映)
配給 大映
公開 日本の旗 1947年12月9日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 獄門島
テンプレートを表示

三本指の男』(さんぼんゆびのおとこ)は、1947年(昭和22年)に製作された日本映画。時代劇スターの片岡千恵蔵が私立探偵の金田一耕助に扮したミステリー映画である。原作は横溝正史がミステリー雑誌『宝石』に連載した『本陣殺人事件』。戦後の本格ミステリーブームのきっかけをつくった作品として知られる。映画化作品も大ヒットし、東映でシリーズ化され、片岡千恵蔵の主演で6本の映画が製作された。

ストーリー[編集]

私立探偵の金田一耕助は、岡山県の旧家、一柳家当主・賢造と、金田一の旧知の久保銀造の姪・春子の結婚式に招かれた。往きの列車の中で、偶然、春子の友人の白木静子に出会うが、眼鏡をかけたインテリ女史の静子は金田一に冷淡な態度をとった。一柳家は由緒正しい家柄で、賢造の家族や親戚の中には、春子との結婚に反対し妨害しようとする封建的な考えの人々もいるようだ。春子から結婚への不安を聞かされた金田一は、独自に調査を始めた。だが時遅く、新婚初夜に密室で賢造と春子の新婚夫婦が殺害された。おりしも付近で無気味な三本指の男が目撃されていたことから、警察ではこの男こそ犯人ではないかと考える。金田一は静子の協力の下、捜査を進め、岡山県警の磯川警部をはじめ関係者一同の前で密室殺人のトリックを暴く。帰りの列車の中で静子は、初めて眼鏡をはずし、金田一に自分の素顔を見せるのだった。

製作エピソード[編集]

製作スタッフは監督の 松田定次や主役の片岡千恵蔵など、本来は時代劇のメンバーだった。製作当時は日本がアメリカ占領軍の占領下に置かれており、時代劇の制作には厳しい制限が設けられていた。そのため、時代劇を製作していたスタッフや出演俳優は現代劇の製作を模索していた。田山力哉の著作『千恵蔵一代』(1992)、江藤茂博等の編集による『横溝正史研究」(2010)などによると、脚本を担当した比佐芳武はミステリーのファンで、雑誌「宝石」に原作が連載されると直ちに映画化権を買い取るよう進言した。脚色にあたっては原作とは別の犯人を設定し、これがシリーズの特色となった。また主演の千恵蔵が三本指の男と金田一の二役を演じており、千恵蔵の二役もシリーズの特色となった。映画の題名が変わっているのは、原題に出て来る「殺人」という言葉について、検閲をしたアメリカ占領軍がクレームをつけたためである。原作では被害者の友人に過ぎない白木静子をヒロインに設定し、その後のシリーズでも、女優は交代したが一貫して金田一の助手として登場する。時代劇スターであった千恵蔵の金田一耕助は、原作とは違って洋服姿だが、ユーモラスな一面のある親しみやすいキャラクターとして描かれている。

片岡千恵蔵は本格的な現代劇への主演に不安を感じて、監督の松田定次に「定ちゃん。大丈夫かね?」と相談した。松田監督は、「千恵さん。自宅でも、『さよう、しからば』じゃないでしょう。普段通りにやれば大丈夫」と笑って励ました。

この映画は劇団「文学座」の協力の下、製作された。杉村春子をはじめとする、「文学座」の名優が揃って出演した珍しい作品になっている。

ストーリーは大筋は原作通りだが、犯人は賢造の結婚に反対する封建的な考えを持つ親族たちであり、当初は自殺に見せかけて結婚をぶち壊すつもりだったが、保険金を得るために三本指の男による殺人事件に見せかけることとした。ところが三本指の男というのは、実際には賢造の結婚に漂う不穏な動きを調査していた金田一の変装であり、そのため、最後に馬脚を現す展開となっている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]