横溝正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横溝 正史
(よこみぞ せいし)
Replace this image JA.svg
画像募集中
誕生 横溝 正史 (よこみぞ まさし)
1902年5月24日
日本の旗 日本 兵庫県神戸市
死没 1981年12月28日(満79歳没)
職業 作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 専門士
最終学歴 大阪薬学専門学校
活動期間 1921年 - 1981年
ジャンル 推理小説
代表作 本陣殺人事件』(1946年)
八つ墓村』(1949年)
犬神家の一族』(1950年)
女王蜂』(1951年)
悪霊島』(1979年)
主な受賞歴 日本探偵作家クラブ賞長編賞受賞(1948年
処女作 『恐ろしき四月馬鹿』(1921年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
生誕碑

横溝 正史(よこみぞ せいし、1902年明治35年)5月24日 - 1981年昭和56年)12月28日)は、日本小説家推理作家。本名は同字で「よこみぞ まさし」。当初は筆名も同じ読みであったが、誤読した作家仲間にヨコセイと渾名(あだな)されているうちに、セイシをそのまま筆名とした(エッセイ「本名と筆名」による)。現在の兵庫県神戸市中央区東川崎町生まれ。

金田一耕助を探偵役とする一連の探偵小説で有名。また、薬剤師免許を持っていた。

経歴[編集]

1902年明治35年)5月24日、兵庫県神戸市東川崎に父・宜一郎、母・波摩の三男として生まれる。父親は岡山県浅口郡(現倉敷市)船穂町柳井原出身。

1920年大正9年)3月神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を卒業、第一銀行神戸支店に勤務。

1921年、雑誌『新青年』の懸賞に応募した「恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)」が入選作となる。これが処女作とみなされている。

1924年大阪薬学専門学校大阪大学薬学部の前身校)卒業後、一旦薬剤師として実家の生薬屋「春秋堂」に従事していたが、1926年江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館に入社する。1927年に『新青年』の編集長に就任、その後も『文芸倶楽部』、『探偵小説』等の編集長を務めながら創作や翻訳活動を継続したが、1932年に同誌が廃刊となったことにより同社を退社して専業作家となる。

1934年昭和9年)7月、肺結核の悪化により、長野県八ヶ岳山麓での療養生活(富士見高原療養所)を余儀なくされ、執筆もままならない状態が続く。一日あたり3-4枚というペースで書き進めた渾身の一作『鬼火』も当局の検閲により一部削除を命じられる。また、戦時中は探偵小説の発表自体が制限されたことにより、捕物帖等を中心とした執筆に重点を移さざるを得ないなど、不遇な時代が続いた。作家活動が制限されたため経済的にも困窮し、一時は本人も死を覚悟するほど病状が悪化したが、終戦後、治療薬ストレプトマイシンの急激な値崩れにより快方に向かう。

1945年(昭和20年)4月より3年間、岡山県吉備郡真備町岡田(現・倉敷市真備町)に疎開第二次世界大戦終戦後、推理小説が自由に発表できるようになると本領を発揮し、本格推理小説を続々と発表する。1948年、『本陣殺人事件』により第1回日本探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞。同作はデビュー後25年目、長編としても8作目にあたるが、自選ベストテンとされるものも含め、代表作と呼ばれるものはほとんどこれ以降(特にこの後数年間)に発表されており、同一ジャンルで書き続けてきた作家としては異例の遅咲き現象である。やや地味なベテランから一挙に乱歩に替わる日本探偵小説界のエース的存在となった。

人気が高まる中、骨太な本格探偵小説以外にも、やや通俗性の強い長編も多く執筆。4誌同時連載を抱えるほどの売れっぷりだったが、1960年代に入り社会派ミステリーの台頭とともに急速に執筆量が激減。まもなく筆を折って一時は数点の再版や「人形佐七」のみが書店に残る存在となっていたが、1968年講談社の『週刊少年マガジン』誌上で『八つ墓村』が漫画化・連載(作画:影丸穣也)されたことを契機として注目が集まる。同時に、江戸川乱歩、夢野久作らが異端の文学としてブームを呼んだこともあり、70年代初頭には最初の全集が講談社より刊行された。少し遅れてオカルト・ブームもあり、横溝の人気復活もミステリーとホラーを融合させたキワ物的な側面があったが(実際には横溝は超常現象的な内容はほとんど描かない)、映画産業への参入を狙っていた角川春樹はこのインパクトの強さを強調、自ら陣頭指揮をとって角川映画の柱とする。

結果、『犬神家の一族』を皮切りとした石坂浩二主演による映画化、古谷一行主演による毎日放送でのドラマ化により、推理小説ファン以外にも広く知られるようになる。作品のほとんどを文庫化した角川はブームに満足はせず、更なる横溝ワールドの発展を目指す。70歳の坂を越した横溝も、その要請に応えて驚異的な仕事量をこなしていたとされる。1976年1月16日朝日新聞夕刊文化欄に寄稿したエッセイ「クリスティと私」の中で、前年に「田中(平櫛田中のこと)先生には及びもないが、せめてなりたやクリスティ(アガサ・クリスティ)」という戯れ歌を作ったと記している(別のインタビュー記事では「田中さん」となっている)。平櫛が100歳の誕生日に30年分の木工材料を買い込んだというエピソードを聞いてのものであった。

実際に、この後期の執筆活動により、中絶していた『仮面舞踏会』を完成させ、続いて短編を基にした『迷路荘の惨劇』、金田一耕助最後の事件『病院坂の首縊りの家』、エラリー・クイーンの「村物」に対抗した『悪霊島』と、70代にして4冊の大長編を発表している。『仮面舞踏会』は、社会派の影響を受けてか抑制されたリアルなタッチ、続く二冊はブームの動向に応えて怪奇色を強調、『悪霊島』は若干の現代色も加えるなど晩年期ですら作風の変換に余念がなかった。また小林信彦の『横溝正史読本』などのミステリー研究の対象となったのもブームとは無縁ではない。

1981年(昭和56年)12月28日結腸ガンのため死去。

人物[編集]

横溝は大の電車嫌いであった。電車に乗る際は必ず酒の入った水筒を首からかけ、それを飲みながら電車を乗り継いだ。時には妻とともに乗ることもあり、その際には妻は横溝の手をずっと握っていた。

ちなみに横溝は、執筆に行き詰まった際には編物をして気分転換をしていた。また、プロ野球・近鉄バファローズの大ファンであった。

温厚で誰に対しても偉ぶることのない人柄はブームの中でも好感を持って迎えられ、また膨大な再刊、映画化が(角川春樹事務所が管理していたとはいえ)ほとんどスルーで実現する現象につながった。多忙期に濫作したような作品も含め片っ端から文庫に収録されるので、心配した友人の西田政治らに忠告を受けたが、作家の評価には代表作だけでなく最低作も読んでもらうことも必要と割り切っている(事実、多作のわりには極端な愚作というのは少なく、同世代作家としては下限のレベルも高い)。

また、晩年も酒を欠かさず、時折乱れて夫人を困惑させる様は公刊日記にそのまま記されている。(「真説金田一耕助」ハードカバー版)。

成城の自宅にあった書斎(横溝正史館)

近年復刊した小林信彦の『横溝正史読本』でも触れているが横溝は雑誌『新青年』の編集長であった。月刊誌であり、文芸誌でもあったこの雑誌はこの時期の文壇を含めた文化人(たとえば茂田井武も新青年へ寄稿している)とクロス・オーバーする存在であり横溝はその中心人物の一人でもあった。

戦前派作家の唯一の現役生き残りであった(しかも晩年に突如空前のブームを迎えた)こともあり、困窮し病に伏した往年の作家仲間に援助したり、再刊の口利きをしつこく頼んでくる遺族に辛抱強く応対する様子も公刊日記に控えめに記されている。

それほど熱烈ではないが昭和モダニストの嗜みとしてクラシック音楽好きであり、一般に土俗的な舞台が多いと言われる横溝作品だが『悪魔が来りて笛を吹く』『仮面舞踏会』『蝶々殺人事件』など、クラシック音楽絡みの長編が結構ある。その影響か、長男の横溝亮一は東京新聞記者を経て音楽評論家として重きをなしている。急逝直前のバス歌手・大橋国一との対談(新版全集収録)は亮一がセットした。

東京都世田谷区成城にあった横溝の書斎(1955年(昭和30年)頃建築)は、山梨県山梨市に移築され、2007年(平成19年)3月25日より「横溝正史館」として公開されている。

解説[編集]

金田一耕助が登場する作品は、長短編併せて77作(中絶作品・ジュブナイル作品等を除く)が確認されている。探偵・金田一耕助は主に東京周辺を舞台とする事件と、作者の疎開先であった岡山など地方を舞台にした事件で活躍した(岡山県以外では、作者が戦前に転地療養生活を送り、戦後は別荘を所有していた長野県や、静岡県の事件が多い)。前者には戦後都会の退廃や倒錯的な性、後者には田舎の因習や血縁の因縁を軸としたものが多い。一般的には後者の作品群の方が評価が高いようである(前者は倶楽部雑誌と呼ばれる大衆誌に連載されたものが多く、発表誌の性格上どうしても扇情性が強調されがちである)。外見的には怪奇色が強いが、骨格としてはすべて論理とトリックを重んじた本格推理で、一部作品で装飾的に用いられるケースを除いて超常現象やオカルティズムは排されている。このような特徴は彼が敬愛する作家ジョン・ディクスン・カーの影響であるとのこと。また、薬剤師出身であるにもかかわらず、理化学的トリックは意外に少なく、毒殺の比率は高いものの薬名があっさり記述される程度である。

一旦発表した作品を改稿して発表するケースも多かった。通常このような原型作品は忘れられるものであるが、『金田一耕助』シリーズについてはそれらの発掘・刊行も進んでおり、人気の高さが窺える。創作した探偵役は他に、由利麟太郎と三津木俊助、捕物帖には人形佐七、お役者文七を主役とするシリーズがある。

金田一もの以外で重要なのは、戦前に発表された「鬼火」「蔵の中」「かいやぐら物語」などの耽美的中短編、坂口安吾に世界的レベルの傑作と激賞された終戦直後の純謎解き長編「蝶々殺人事件」(探偵役は由利麟太郎)、「探偵小説」「かめれおん」ほか戦後初期短編など。また、昭和初期に書かれた、しゃれた中に一抹の哀愁を湛えた都会派コントの数々は、『新青年』編集長として昭和モダニズムの旗手であったこの人の一面をよく伝えている。ユーモアのセンスは後年の長編にも金田一のキャラクターをはじめ残されているが、戦後にも今日のバカミスの遠祖ともいうべき『びっくり箱殺人事件』という全編ドタバタに終始する異色長編がある。

1980年から角川書店の主催による長編推理小説新人賞、横溝正史ミステリ大賞が開始されている。

所蔵品[編集]

2006年6月、東京・世田谷の横溝邸から未発表の短編「霧の夜の出来事」、「犬神家の一族」などの生原稿を始め、横溝が小説執筆の資料に使っていたと思われる文献など、貴重な所蔵品が発見された。
これらの所蔵品や資料は二松学舎大学が保管し、一般公開されることになっている[1]

主要作品リスト[編集]

時代小説[編集]

  • 人形佐七捕物帳
    • 羽子板娘(『講談雑誌』1938年1月号)
    • 舟幽霊(『京都新聞』1953年2月)
    • 神隠しにあった女(『読切小説集』1953年3月号)
  • 髑髏検校(『奇譚』1939年1月号 - 2月号)

ジュヴナイル作品[編集]

  • 幽霊鉄仮面(『新少年』1937年4月号 - 1938年3月号)
  • 真珠塔(『新少年』1938年8月号 - 1939年1月号)
  • 怪獣男爵(1948年11月、偕成社)
  • 夜光怪人(『譚海』1949年5月号 - 1950年5月号)
  • 大迷宮(『少年倶楽部』1951年1月号 - 12月号)
  • 黄金の指紋(『譚海』1951年6月号 - 1952年8月号)
  • 金色の魔術師(『少年倶楽部』1952年1月号 - 12月号)
  • 仮面城(『小学五年生』1952年4月号 - 1953年3月号)
  • 青髪鬼(『少年倶楽部』1953年1月号 - 12月号)
  • 白蝋仮面(『野球少年』1953年2月号)
  • 獣人魔島(『冒険王』1954年9月号 - 1955年6月号)
  • 蝋面博士(1954年12月、偕成社)
  • 風船魔人(『小学五年生』1956年4月号 - 1957年3月号)
  • 黄金魔人(『おもしろブック』1957年1月号 - 8月号)
  • まぼろしの怪人(『中一コース』1958年1月号 - 1959年3月号)
  • 迷宮の扉(『中学生の友』1958年1月号 - 12月号)
  • 姿なき怪人(『中一コース』1959年4月号 - 1960年4月号)
  • 怪盗X・Y・Z(『中二コース』1960年5月号 - 1961年4月号)

演じた俳優[編集]

その他[編集]

漫画作品[編集]

  • 『血まみれ観音』 絵:高階良子
    • 原題『夜光虫』の漫画化。1973年11月 - 1974年2月号のなかよしに連載。1999年に講談社漫画文庫で復刻した。
  • 『真珠色の仮面』 絵:高階良子
    • 原題『仮面劇場』の漫画化、1972年11月 - 12月号のなかよしに連載。1999年講談社漫画文庫において『血まみれ観音』に収録。
  • 影丸譲也『八つ墓村』『悪魔が来りて笛を吹く』『霧の別荘の惨劇』
    • 「八つ墓村」は1968 - 1969年「週刊少年マガジン」誌に連載され大ヒット。横溝ブームの先駆け的役割を果たした。単行本は何種類も発行されている。
    • 「悪魔が来りて笛を吹く」は1979年の東映映画公開のタイアップとして、映画シナリオを元に漫画化した作品。
  • 玄太郎『鬼火』『蔵の中』『カルメンの死』『蜘蛛と百合』
  • ささやななえ『獄門島』『百日紅の下にて』
  • つのだじろう『八つ墓村』『犬神家の一族』『悪魔の手毬唄』
  • 岩川ひろみ『女王蜂』
  • いけうち誠一『犬神家の一族』『獄門島』『悪魔の手毬唄』
  • 鳳英洋『黒猫亭事件』
  • 掛布しげを『湖泥』『八つ墓村』『女王蜂』
  • JET『獄門島』『本陣殺人事件』『黒猫亭事件』『睡れる花嫁』『車井戸はなぜ軋る』『八つ墓村』『悪魔の手毬唄』『女怪』『犬神家の一族』『蝙蝠と蛞蝓』『雌蛭』『悪魔が来りて笛を吹く』『花園の悪魔』『鴉』『悪魔の寵児』『悪霊島』『面影双紙』『真珠郎』『蜘蛛と百合』『薔薇と鬱金香』
  • たまいまきこ『悪霊島』『女王蜂』『トランプ台上の首』
  • 長尾文子『迷路荘の怪人』『睡れる花嫁』『不死蝶』『犬神家の一族』『本陣殺人事件』『獄門島』『悪魔の手毬唄』『八つ墓村』『鴉』
  • 小山田いく『犬神家の一族』
  • 田中つかさ『人形佐七捕物帳』

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]