古谷一行の金田一耕助シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金田一耕助 > 古谷一行の金田一耕助シリーズ
古谷一行の金田一耕助シリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送(横溝正史シリーズI・II)
TBS(名探偵・金田一耕助シリーズ)
監督 スタッフ参照(横溝正史シリーズI・II)
スタッフ参照(名探偵・金田一耕助シリーズ)
原作 横溝正史
脚本 スタッフ参照(横溝正史シリーズI・II)
スタッフ参照(名探偵・金田一耕助シリーズ)
出演者 古谷一行
長門勇(横溝正史シリーズI・II)
早川保(横溝正史シリーズI・II)
ハナ肇(名探偵・金田一耕助シリーズ)
谷啓(名探偵・金田一耕助シリーズ)
横溝正史シリーズI
放送時間 土曜 22:00 - 22:55(55分)
放送期間 1977年4月2日 - 10月1日(27回)
横溝正史シリーズII
放送時間 土曜 22:00 - 22:55(55分)
放送期間 1978年4月8日 - 10月28日(30回)
名探偵・金田一耕助シリーズ
放送時間 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 1983年2月19日 - 2005年7月18日(32回)
テンプレートを表示

古谷一行の金田一耕助シリーズ(ふるやいっこうのきんだいちこうすけシリーズ)では、横溝正史の推理小説「金田一耕助シリーズ」を原作とする、古谷一行主演のテレビドラマシリーズについて説明する。いずれもTBS系で放送された、以下のシリーズがある。

  • 連続ドラマシリーズ『横溝正史シリーズI』『横溝正史シリーズII
  • 2時間ドラマシリーズ『名探偵・金田一耕助シリーズ

なお、古谷は大林宣彦監督による1979年公開の映画『金田一耕助の冒険』にも主演しているが、これについては当該項目を参照。

概要[編集]

横溝正史シリーズI・II(概要)[編集]

横溝正史シリーズ』は、TBS系で毎週土曜日22:00 - 22:55に放送された。毎日放送と(旧)角川春樹事務所の企画。

第1シリーズは1977年4月2日から10月1日まで、第2シリーズは1978年4月8日から10月28日まで放送。

毎日放送と東宝大映(京都)映像京都三船プロダクションとの共同製作であった。本シリーズのように制作プロダクションが作品毎に変わる制作体制は珍しく、他に同例は見られない。毎日放送プロデューサーの青木民男は当時のインタビューで、凝った美術で定評のある大映京都と東宝の競作を狙ったと語っている[1]。三船プロは第2シリーズのみの参加である。音楽は、第1シリーズは真鍋理一郎(大映担当分)と中村八大(東宝担当分)が分担、第2シリーズは真鍋が単独で担当した。エンディングタイトルの映像も、第1シリーズは大映と東宝で別々のもの(それぞれ、工藤栄一監督、出目昌伸監督)を用いていたが、第2シリーズは全話共通(池広一夫監督)である。

第1シリーズ本放映時には、最高視聴率が41.5%を獲得するなど話題作となった[2]

主役の金田一耕助はすべて古谷一行が演じ、古谷が初めて金田一を演じたのもこのシリーズである。各作品第2話以降の冒頭は古谷一行の「ぼく、金田一耕助です」というセリフから始まり、ここまでのあらすじナレーションが入る。金田一が推理に行き詰まると逆立ちをするという癖は、このシリーズ独自の設定である[3]。また原作における等々力警部や磯川警部は、このシリーズではほとんどの作品で長門勇演ずる日和警部に置き換えられているのも特徴であるが、『三つ首塔』『悪魔が来りて―』では日和とともに等々力刑事が登場し、『獄門島』では日和が一切登場せずに磯川警部がこの1作限りであるが登場する。

シリーズ全般において、原作の分量に合わせて放送回数を決めるというスタイルで制作され、第1シリーズはほぼ原作に忠実に作られているが、第2シリーズはオリジナルからの大きな変更点(『真珠郎』『仮面劇場』は原作では金田一の登場しない作品)がある。

現在、全作品がキングレコードまたは角川エンタテインメントよりDVDソフト化されている。

名探偵・金田一耕助シリーズ(概要)[編集]

1983年からTBS系の2時間ドラマ枠「ザ・サスペンス」にて放映開始された。同番組の終了後は、映画番組枠(「月曜ロードショー」、「水曜ロードショー」)や改変期の特別番組として「横溝正史スペシャル」と銘打って放送された。映画番組枠の廃止に伴う「水曜ロードショー」の終了により、ふたたび「月曜ドラマスペシャル」、「月曜ミステリー劇場」などの2時間ドラマ枠で放映されるようになった。

当初は「名探偵金田一耕助の傑作推理」というシリーズ名であったが、ビデオソフト化された際に「名探偵・金田一耕助シリーズ」とつけられて以降はこちらが使用されている。2008年に、BS-i(現:BS-TBS)で再放送されたタイトルには「金田一耕助の傑作推理」と表記されていた。

当時の金田一人気にあやかって好評を得て、息の長い長編シリーズとなった。メジャー系の長編だけでなく「女怪」や「殺人鬼」「死仮面」といった短編のドラマ化や、「木乃伊の花嫁」のように本来なら金田一の出演しない原作の転用、また「白蝋の死美人」のように複数の短編を組み合わせるなどの独自の工夫も多い。逆に、戦後の倶楽部雑誌などで発表された金田一物の通俗長編は一切取り上げられていない。映画化されたことのある『幽霊男』『吸血蛾』をはじめ、『悪魔の寵児』『夜の黒豹』などである。これらとは異なって意欲作に属するとされる長編でも『犬神家の一族』『白と黒』『仮面舞踏会』『迷路荘の惨劇』『夜歩く』が避けられている。金田一もの全長編のうち約半数を避けてまで、短編や戦前作品に原作を仰いだのが大きな特徴である。また、毎日放送版の15作は初期には極力避ける傾向にあったが、中盤から積極的なリメイクが始まり、結局は9作が取り上げられた。

毎日放送版と同じネット、同じ古谷の主演、オリジナルキャラクターであった日和警部の名でハナ肇(毎日放送版第1作の署長役)の助演と、続編的なイメージで始まったシリーズだが、実際は制作局、制作会社、プロデューサーと全て一新された体制となっている。共通するスタッフは脚本で岡本克己が3回、安倍徹郎が1回、監督で斎藤光正が1回のみ。主軸となったのは東映京都撮影所出身の関本郁夫監督で、本数が多いだけでなく、劇場映画化されたことのあるメジャー原作9本のうち6本を独占的に手掛けている。前半期には関本も含めロマンポルノ経験者の監督登板も目立った(16本中9本。後半は16本中関本のみの4本。毎日放送版では15作品中ゼロ)。

なお、金田一の相棒役は「横溝正史シリーズI」の第1作『犬神家の一族』で橘署長を演じていたハナ肇が等々力警部(初期作品では「日和警部」)役を演じていたが、1993年9月にハナが亡くなったため、『悪魔の唇』よりハナと同じクレージーキャッツのメンバーであった谷啓が河合警部役で引き継いでいる。 第22作まではフィルム制作。第23作からビデオ制作で第31作と第32作はHD制作。

全作品がビデオ化されている。2004年に『悪魔の仮面』から『白蝋の死美人』までの6作のDVDが発売された。

キャスト[編集]

主人公 / 警察関係者 / その他 / ゲスト

主人公[編集]

金田一 耕助
演 - 古谷一行
私立探偵。

警察関係者[編集]

日和 勇
演 - 長門勇(横溝正史シリーズI・II)、ハナ肇(名探偵・金田一耕助シリーズ)
階級は警部。鼠が苦手。原作には登場しない。
出演回
  • 横溝正史シリーズI・IIでは『犬神家の一族』『獄門島』以外の全作品に登場。
  • 名探偵・金田一耕助シリーズでは『本陣殺人事件』〜『獄門岩の首』に登場。
等々力
演 - 早川保(横溝正史シリーズI・II)、ハナ肇(名探偵・金田一耕助シリーズ)
階級は警部(名探偵・金田一耕助シリーズ)。
出演回
  • 横溝正史シリーズI・IIでは『三つ首塔』『悪魔が来りて笛を吹く』に登場。日和の部下の刑事と云う設定。
  • 名探偵・金田一耕助シリーズでは『霧の山荘』〜『香水心中』『殺人鬼』〜『迷路の花嫁』に登場。
磯川
演 - 有島一郎(横溝正史シリーズI・II)、藤岡琢也(名探偵・金田一耕助シリーズ)
階級は警部。
出演回
  • 横溝正史シリーズI・IIでは『獄門島』に登場。
  • 名探偵・金田一耕助シリーズでは『悪魔の手毬唄』に登場。
河合
演 - 谷啓(名探偵・金田一耕助シリーズ)
階級は警部。
出演回
  • 『悪魔の唇』〜『神隠し真珠郎』に登場。
宮村
演 - 尾美としのり(名探偵・金田一耕助シリーズ)
階級は巡査。
出演回
  • 『水神村伝説殺人事件』『人面瘡』『白蝋の死美人』に登場。

その他[編集]

かね
演 - 野村昭子(横溝正史シリーズI・II)
金田一耕助探偵事務所に勤めるおばさん。原作には登場しない。
出演回
  • 第1シリーズのみ登場。
松山 節子
演 - 鷲尾真知子(名探偵・金田一耕助シリーズ)
金田一耕助が滞在する割烹旅館「松月」の女将。
出演回
  • 『悪魔が来りて笛を吹く』『病院坂の首縊りの家』『迷路の花嫁』『白蝋の死美人』に登場。

ゲスト[編集]

横溝正史シリーズI / 横溝正史シリーズII / 名探偵・金田一耕助シリーズ

横溝正史シリーズI(1977年)[編集]

第1作「犬神家の一族
第2作「本陣殺人事件
第3作「三つ首塔
第4作「悪魔が来りて笛を吹く
第5作「獄門島
第6作「悪魔の手毬唄

横溝正史シリーズII(1978年)[編集]

第1作「八つ墓村
第2作「真珠郎
第3作「仮面舞踏会
第4作「不死蝶
第5作「夜歩く
第6作「女王蜂
第7作「黒猫亭事件
第8作「仮面劇場
第9作「迷路荘の惨劇

名探偵・金田一耕助シリーズ(1983年 - 2005年)[編集]

第1作「本陣殺人事件」(1983年)
第2作「ミイラの花嫁」(1983年)
第3作「獄門岩の首」(1984年)
第4作「霧の山荘」(1985年)
第5作「死仮面」(1986年)
第6作「香水心中」(1987年)
第7作「不死蝶」(1988年)
第8作「殺人鬼」(1988年)
第9作「死神の矢」(1989年)
第10作「薔薇王」(1989年)
第11作「悪魔の手毬唄」(1990年)
第12作「魔女の旋律」(1991年)
第13作「八つ墓村」(1991年)
第14作「悪魔が来りて笛を吹く」(1992年)
第15作「女怪」(1992年)
第16作「病院坂の首縊りの家」(1992年)
  • 法眼弥生(法眼家の実権を握る女) - 山本陽子
  • 法眼由香利(弥生の娘・行方不明中) - 川上麻衣子
  • 山内小雪(冬子の娘) - 川上麻衣子(二役)
  • 山内敏男(弥生と猛蔵の息子・小雪の義兄) - 宇梶剛士
  • 山内冬子(琢也の愛人) - あいはら友子
  • 法眼琢也(弥生の元夫) - 西園寺章雄
  • 本條徳兵衛(本條写真館主人) - 梅津栄
  • 本條直吉(徳兵衛の息子) - 光石研
  • 法眼滋(弥生の夫・法眼病院院長) - 河原崎建三
  • 五十嵐猛蔵(弥生の義父) - 岡田正典
第17作「三つ首塔」(1993年)
第18作「迷路の花嫁」(1993年)
第19作「女王蜂」(1994年)
第20作「悪魔の唇」(1994年)
第21作「悪魔の花嫁」(1995年)
第22作「呪われた湖」(1996年)
第23作「黒い羽根の呪い」(1996年)
第24作「幽霊座」(1997年)
第25作「獄門島」(1997年)
  • 鬼頭早苗(鬼頭三蔵の娘・鬼頭家の本家・本鬼頭の女主人) - 秋吉久美子
  • 鬼頭勝子(肇と早苗の母) - 秋吉久美子(二役)
  • 了然(千光寺住職・本鬼頭家の後見人) - 名古屋章
  • 村瀬幸庵(獄門島の漢方医) - 織本順吉
  • 荒木真喜平(獄門島の村長) - 北村総一朗
  • 鬼頭月代(千万太の異母妹・長女) - 櫻井淳子
  • 鬼頭雪枝(千万太の異母妹・次女) - 沢木蘭野
  • 鬼頭花子(千万太の異母妹・三女) - 木内美穂
  • 鬼頭与左松(千万太らの父) - うえだ峻
  • 竹蔵 - 丹古母鬼馬二
  • 復員詐欺師 - 趙方豪
  • 鬼頭志保(鬼頭家の分家・分鬼頭の後妻) - 宮下順子
  • お小夜(与左松の後妻・月代ら三姉妹の母) - 絵沢萌子
  • 清水(巡査) - 光石研
  • 鵜飼章三(志保の愛人) - 藤木直人
  • 鬼頭肇(鬼頭三蔵の息子・早苗の兄) - 島英司
  • 本鬼頭千万太(与三松と時子の息子・金田一耕助の友人・故人) - 安藤一人
  • 鬼頭嘉右衛門(千万太らの祖父・獄門島の主権者・故人) - 金田龍之介
  • 石井洋祐掛田誠
第26作「悪魔の仮面」(1998年)
第27作「悪霊島」(1999年)
第28作「トランプ台上の首」(2000年)
第29作「水神村伝説殺人事件」(2002年)
  • 本位田鶴代(大三郎の長女) - 坂口良子
  • 秋月凛子(善太郎と貞子の長女・横尾の秘書) - 田中美奈子
  • 本位田慎吉(大三郎の次男・「本位田土木」専務) - 石橋保
  • 鹿蔵(使用人) - 二瓶鮫一
  • 川端梨絵(慎吉の婚約者・大助の元許嫁) - 佐藤友紀[4]
  • 本位田大三郎(「本位田土木」社長・代議士) - 大林丈史
  • 秋月善太郎(秋月家22代当主・失踪中) - 西沢利明
  • 本位田槇子(大三郎の母) - 宮内順子
  • 秋月貞子(善太郎の妻) - 泉晶子
  • 本位田大助(慎吉の兄・鶴代の弟) - 檀臣幸
  • 秋月伍一(善太郎と貞子の長男) - 檀臣幸(二役)
  • 安達(「本位田土木」土木監督) - 志賀圭二郎
  • 「本位田土木」作業員 - 掛田誠
  • 「本位田土木」作業員 - 岸端正浩
  • 秋月幸二(善太郎と貞子の次男・秋月酒造社長) - 塩川健司
  • お杉 - 岸本鮎佳
  • 横尾康之(岡山県知事) - 大和田伸也
第30作「人面瘡」(2003年)
第31作「白蝋の死美人」(2004年)
第32作「神隠し真珠郎」(2005年)

スタッフ[編集]

横溝正史シリーズI・II(スタッフ)[編集]

名探偵・金田一耕助シリーズ(スタッフ)[編集]

主題歌[編集]

横溝正史シリーズI・II(主題歌)[編集]

  • 横溝正史シリーズI - 茶木みやこ「まぼろしの人」
    作詞:寺山寿和、作曲:茶木みやこ、編曲:グッド・グリーフ、演奏:グッド・グリーフ、発売:ハーベストレコード YA-1004 1977年5月1日発売
  • 横溝正史シリーズII - 茶木みやこ「あざみの如く棘あれば」
    作詞:阿久悠、作曲:茶木みやこ、発売:ハーベストレコード YA-1011 1978年5月発売

名探偵・金田一耕助シリーズ(主題歌)[編集]

放送日程[編集]

横溝正史シリーズI[編集]

話数 放送期間(放送回数) サブタイトル 制作 脚本 監督 視聴率[5]
1 1977年4月02日 - 4月30日(5回) 犬神家の一族 大映
映像京都
服部佳 工藤栄一 第1回23.4%、第2回20.5%、第3回19.0%
第4回16.7%、最終回22.4%。
2 5月07日 - 5月21日(3回) 本陣殺人事件 安倍徹郎 蔵原惟繕 第1回19.4%、第2回15.3%、最終回19.4%。
3 5月28日 - 6月18日(4回) 三つ首塔 東宝 岡本克己 出目昌伸 第1回16.7%、第2回15.9%、第3回11.0%
最終回15.6%。
4 6月25日 - 7月23日(5回) 悪魔が来りて笛を吹く 石森史郎 鈴木英夫 第1回14.5%、第2回12.3%、第3回13.1%
第4回13.4%、最終回16.7%。
5 7月30日 - 8月20日(4回) 獄門島 石松愛弘 斎藤光正 第1回13.1%、第2回11.0%、第3回12.3%
最終回13.7%。
6 8月27日 - 10月1日(6回) 悪魔の手毬唄 大映
映像京都
田坂啓 森一生 第1回14.8%、第2回12.6%、第3回13.5%
第4回10.5%、第5回12.7%、最終回16.6%。

横溝正史シリーズII[編集]

話数 放送期間(放送回数) サブタイトル 制作 脚本 監督 視聴率
1 1978年4月08日 - 5月06日(5回) 八つ墓村 大映
映像京都
廣澤榮 池広一夫 第1回22.9%、第2回19.8%、第3回18.3%
第4回18.9%、最終回21.2%。
2 5月13日 - 5月27日(3回) 真珠郎 安藤日出男 大州齋 第1回19.6%、第2回19.0%、最終回19.5%。
3 6月03日 - 6月24日(4回) 仮面舞踏会 東宝 椋露地桂子 長野卓 第1回20.2%、第2回16.7%、第3回18.0%
最終回18.5%。
4 7月01日 - 7月15日(3回) 不死蝶 大映
映像京都
野上龍雄
米田いずみ
森一生 第1回19.5%、第2回15.9%、最終回14.4%。
5 7月22日 - 8月05日(3回) 夜歩く 東宝 稲葉明子 水野直樹 第1回12.2%、第2回12.9%、最終回15.9%。
6 8月12日 - 8月26日(3回) 女王蜂 三船プロ 石松愛弘 富本壮吉 第1回10.7%、第2回15.5%、最終回15.2%。
7 9月02日 - 9月09日(2回) 黒猫亭事件 大映
映像京都
安倍徹郎 渡邊祐介 前編16.7%、後編17.5%。
8 9月16日 - 10月07日(4回) 仮面劇場 東宝 鴨井達比古 井上芳夫 第1回15.2%、第2回13.7%、第3回14.4%
最終回15.3%。
9 10月14日 - 10月28日(3回) 迷路荘の惨劇 三船プロ 田坂啓 松尾昭典 第1回16.8%、第2回14.4%、最終回17.9%。

名探偵・金田一耕助シリーズ[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督
1 1983年02月19日 本陣殺人事件 本陣殺人事件 安倍徹郎 井上昭
2 8月13日 ミイラの花嫁 木乃伊の花嫁 江連卓 児玉進
3 1984年03月03日 獄門岩の首 中村努 田中徳三
4 1985年05月27日 霧の山荘 霧の山荘 江連卓 山口和彦
5 1986年05月12日 死仮面 死仮面 宮川一郎 西村昭五郎
6 1987年05月11日 香水心中 香水心中 岡本克己 斎藤光正
7 1988年02月02日 不死蝶 不死蝶 江連卓 西村昭五郎
8 7月26日 殺人鬼 「殺人鬼」 岡本克己 藤井克彦
9 1989年03月27日 死神の矢 死神の矢 関本郁夫
10 10月11日 薔薇王 薔薇王 江連卓 藤井克彦
11 1990年10月05日 悪魔の手毬唄 悪魔の手毬唄 峯尾基三 関本郁夫
12 1991年02月27日 魔女の旋律 空蝉処女 江連卓 吉田啓一郎
13 7月01日 八つ墓村 八つ墓村 関本郁夫
新津康子
関本郁夫
14 1992年04月09日 悪魔が来りて笛を吹く 悪魔が来りて笛を吹く 江連卓 藤井克彦
15 7月27日 女怪 女怪 中村努 田中徳三
16 12月28日 病院坂の首縊りの家 病院坂の首縊りの家 高村美智子 関本郁夫
17 1993年07月15日 三つ首塔 三つ首塔 和久田正明
18 9月20日 迷路の花嫁 迷路の花嫁 江連卓 原田眞治
19 1994年04月04日 女王蜂 女王蜂 和久田正明 関本郁夫
20 8月22日 悪魔の唇 悪魔の百唇譜 田村恵 原田眞治
21 1995年09月04日 悪魔の花嫁 悪魔の家 江連卓
22 1996年01月02日 呪われた湖 湖泥 中村努
23 3月25日 黒い羽根の呪い 峯尾基三 関本郁夫
24 1997年01月03日 幽霊座 幽霊座 奥村正彦
25 5月05日 獄門島 獄門島 和久田正明 関本郁夫
26 1998年03月30日 悪魔の仮面 薔薇の別荘
神楽太夫
峯尾基三 吉田啓一郎
27 1999年03月08日 悪霊島 悪霊島 原田眞治
28 2000年10月30日 トランプ台上の首 トランプ台上の首
黒猫亭事件
吉田啓一郎
29 2002年04月29日 水神村伝説殺人事件 車井戸はなぜ軋る 石原武龍 山本厚
30 2003年03月25日 人面瘡 人面瘡
31 2004年04月26日 白蝋の死美人 蝋美人
雌蛭
32 2005年07月18日 神隠し真珠郎 真珠郎

ネット局[編集]

横溝正史シリーズI・II

※は遅れネット

上記のネット局は、以後の森村誠一シリーズ、高木彬光シリーズ、黒岩重吾シリーズなどに引き継がれた。

脚注[編集]

  1. ^ 中宮敏「金田一耕助の秘密」日本電子出版 1994年 (ISBN 4931-3250-68)
  2. ^ 横溝正史シリーズ 夜歩く”. ファミリー劇場. 2016年2月18日閲覧。
  3. ^ 古谷一行 (2015年2月9日). 金田一耕助役で大ブーム 古谷一行が明かす意外な真実とは?. (インタビュー). dot... https://dot.asahi.com/dot/2015020900106.html 2016年2月18日閲覧。 
  4. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  5. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ

外部リンク[編集]

TBS 土曜22時台(当時は毎日放送の制作枠。一部地域を除く。)
前番組 番組名 次番組
江戸特捜指令
(1976.10.2 - 1977.3.26)
横溝正史シリーズ
(1977.4.2 - 1977.10.1)
森村誠一シリーズ・腐蝕の構造
(1977.10.8 - 1977.11.19)
森村誠一シリーズ・人間の証明
(1978.1.7 - 1978.4.1)
横溝正史シリーズII
(1978.4.8 - 1978.10.28)
森村誠一シリーズII・青春の証明
(1978.11.4 - 1978.12.30)