人形佐七捕物帳 (1977年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
人形佐七捕物帳 > 人形佐七捕物帳 (1977年のテレビドラマ)

人形佐七捕物帳』(にんぎょうさしちとりものちょう)は、1977年(昭和52年)4月9日から12月24日までテレビ朝日系列にて毎週土曜日20時から20時54分に放映された松方弘樹主演のテレビ時代劇。全34回。

概要[編集]

おなじみ人形佐七親分は、神田お玉が池で親の代から十手捕縄を預かる御用聞き。人形焼き屋を営む恋女房のお粂に息子の三太、乾分のきんちゃくの辰とうらなりの豆六の佐七一家が、次々に起きる怪事件の謎を追って、花のお江戸を東奔西走する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト(サブタイトルリスト)[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1977/4/9 涙で咲いた愛の凧 鈴木兵吾 原田隆司 大坂志郎草野大悟遠藤太津朗弓恵子伊沢一郎遠藤真理子
2 1977/4/16 罠を砕いた木十手 荒井岱志 岡田英次高田敏江和崎俊哉勝部演之
3 1977/4/23 呪われた錦絵美人 津田幸於 原田隆司 本阿弥周子川合伸旺中村錦司内藤武敏
4 1977/4/30 過去を見失った男 飛鳥ひろし 荒井岱志 河原崎長一郎渡辺やよい天津敏野口貴史
5 1977/5/7 遺恨十年逆十手 押川国秋 松尾昭典 梅津栄森下哲夫志乃原良子今井健二
6 1977/5/14 音羽の猫は金の爪 飛鳥ひろし 竜崎勝山田吾一瞳順子石井富子川崎あかね鳥巣哲生長澄修
7 1977/5/21 十手嵐の晴れ祝言 和久田正明 荒井岱志 永野裕紀子名和宏北村英三織田あきら谷口完山岡徹也
8 1977/5/28 仏が消えた雷の宿 鈴木兵吾 池波志乃柴田侊彦藤山律子奥村裕子
9 1977/6/4 冥土の恨み独楽 押川国秋 原田隆司 三ツ矢雄二深江章喜近藤宏大前均重久剛一
10 1977/6/18 罪をかぶった罪 飛鳥ひろし 寺田農矢吹二朗三木敏彦
11 1977/6/25 友を狙った火薬弾 鈴木兵吾 池広一夫 森次晃嗣二宮さよ子志摩みずえ
12 1977/7/2 寅の日は御用の日 津田幸於 辻萬長東三千志賀勝永野達雄三崎千恵子
13 1977/7/9 謎を運んだ難破船 飛鳥ひろし 荒井岱志 今出川西紀田島義文須賀不二男
14 1977/7/16 朝泳ぐ女 鈴木兵吾 穂積隆信久富惟晴北原義郎八木昌子
15 1977/7/23 火事を出した幽霊 津田幸於 池広一夫 堀越陽子沼田曜一日高吾郎中井啓輔松木聖小山あけみ小田正作
16 1977/7/30 四日に一度の恋 押川国秋 服部妙子井上昭文高田直久富永真沙子
17 1977/8/13 怨霊を呼ぶ蛍屋敷 大津一郎 荒井岱志 長谷川明男新海百合子成瀬正
18 1977/8/20 鶴千番が死を招く 鈴木兵吾 早川保織本順吉小林昭二岡部正純宮園純子
19 1977/8/27 贋金を裂く仮親子 津田幸於 山下耕作 中原早苗立花直樹天田俊明神田隆折原真紀
20 1977/9/3 悪を走らせた純愛 押川国秋 竹田かほり石田信之大関優子
21 1977/9/10 花火に震える女 鈴木兵吾 萩原将司 赤座美代子石橋蓮司小田部通麿中田博久高橋長英
22 1977/9/17 お粂が仕掛けた罠 押川国秋 池広一夫 中野誠也北上弥太朗青山良彦三浦徳子
23 1977/10/1 障子を開けた不幸 津田幸於 野際陽子西沢利明伊藤久哉
24 1977/10/15 他人の名で死ぬ男 中村勝行 荒井岱志 常田富士男、和崎俊哉、大森不二香
25 1977/10/22 喉笛を突く美女 鈴木兵吾 鮎川いずみ横森久小林幸子
26 1977/10/29 はぐれた二人の絆 津田幸於 池広一夫 目黒祐樹丘夏子奈美悦子山本清稲葉義男
27 1977/11/5 豆六に女難の相! 鈴木生朗 小池朝雄菅貫太郎ひし美ゆり子、梅津栄
28 1977/11/12 護送し損ねた幸福 押川国秋 荒井岱志 高津住男江幡高志若柳禄寿新井和夫[要曖昧さ回避]
29 1977/11/19 銚子をつぶす左指 鈴木兵吾 工藤堅太郎金井大鳥居恵子、川合伸旺、汐路章
30 1977/11/26 毒蛇に噛まれた心 今村文人 松尾昭典 高田敏江、御木本伸介酒井修森下愛子南道郎御木本伸介
31 1977/12/3 捕物くらべ西東 飛鳥ひろし 萩原将司 桑山正一結城しのぶ原田清人奈美悦子
32 1977/12/10 十手に含めた因果 押川国秋 松尾昭典 奈美悦子、成田三樹夫早川絵美岡崎二朗小林幸子
33 1977/12/17 泥棒市が結ぶ恋 中村勝行 小沢茂弘 小林かおり南条弘二吉田隆之志摩靖彦待田京介
34 1977/12/24 逆夢を買った女 津田幸於 志穂美悦子有川博、山岡徹也

主題歌[編集]

備考[編集]

  • 横溝正史の原作では、人形佐七の由来は「人形のようにいい男」だが、本作品では女房が人形焼き屋を営んでることが由来という新解釈がとられた。また、原作では子供はいないが、本作品では三太という子供がおり、家庭的な雰囲気を強調して佐七の従来のイメージを一新した。
  • 佐七役の松方弘樹は、1965年(昭和40年)にNHKの「大衆名作座 人形佐七捕物帳」でも人形佐七を演じている(テレビで人形佐七を演じたのは、若柳敏三郎、松方弘樹、林与一、単発の片岡孝夫堤大二郎の5名だが、松方が一番作品本数が多い)。