石田信之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしだ のぶゆき
石田 信之
本名 石田 信之
別名義 石田 新
石田 延之
生年月日 (1950-08-30) 1950年8月30日(67歳)
出生地 日本の旗 日本秋田県北秋田郡森吉町(現・北秋田市
身長 172cm
血液型 B型
職業 俳優
歌手
ジャンル 映画テレビOV舞台
活動期間 1969年 -
配偶者 あり
事務所 アイ コンティネンス
主な作品
映画
古都』『女王蜂
草の乱』『ミラーマンREFLEX
テレビドラマ
柔道一直線』『ミラーマン
新撰組』『賞金稼ぎ
OV
『極道の門』

石田 信之(いしだ のぶゆき、1950年8月30日 - )は、日本俳優。本名同じ[1]

秋田県北秋田郡森吉町(現・北秋田市)出身[2]身長172cm、体重61kg[3]血液型はB型[3]秋田県立米内沢高等学校中退[1]。アイ コンティネンス所属[4]

来歴・人物[編集]

1968年、演劇の勉強をすべく東宝芸能学校に入り[5]、その後東宝演劇部に所属。1969年、『上意討ち』(明治座)で初舞台を踏む[5]1970年TBS系の人気番組『柔道一直線』(TBS)の新レギュラーオーディションに合格しデビュー[6]。翌年(1971年)には『ミラーマン』(フジテレビ)の主演・鏡京太郎役に抜擢され、一躍人気者となる。以後、テレビ・映画を中心に出演作多数あり。2006年公開の映画『ミラーマンREFLEX』(バップ)には、主人公の兄・影山恭太郎役で出演している[7]

なお、1989年から1992年頃までは芸名を「石田 新」(いしだ しん)とし[8]2007年10月、初の著書である自伝『さよならミラーマン』を出版するに至り「石田 延之」(いしだ のぶゆき)に改名したが、再び芸名を本名に戻している。

既婚で、一男一女あり[3]。特技は柔道(二段)[1]

2015年7月22日、自身のブログにて癌再発を公表。医師に余命20か月〜30か月と宣告される。

エピソード[編集]

  • ミラーマン』への出演は、所属事務所の名簿を広告代理店に置き忘れてしまい(個人情報の流出に繋がるため現在なら大問題だが、当時は「そのうちまた行くからいいや」で済んでしまったという)、それをスポンサーが発見したことがきっかけだったと語っている。第1話で頭部に火傷を負ったり、その後ロケ中に右足首を骨折して車椅子に座りながら撮影を続行したり…と、撮影中の事故も少なくなかったという。しかし『ミラーマン』への出演は今でも誇りにしており、それが『ミラーマンREFLEX』への出演に繋がった。
  • 『ミラーマン』で監督を務めた東條昭平について「厳しかったけど大好きな監督」とインタビューで語っている。
  • 2014年3月13日付けの自らのブログ(石田信之気まぐれブログ)で癌の治療中であることを明らかにした。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 極道の門 二代目・流血の盃(1995年、タキコーポレーション
  • 極道の門 最後の首領(1995年、タキコーポレーション
  • 魔界転生(1996年、GAGA) - 松平伊豆守
  • 魔界転生 魔道変(1996年、GAGA) - 松平伊豆守
  • 会社の怪談2 オフィス・ホラー・ストリー(1997年、ケイエスエス
  • 美乳大作戦 メスパイ(1997年、東映ビデオ) - 宇田川利之
  • オークションされる女3(1999年、ミュージアム
  • 龍神三兄弟(2000年、ミュージアム)
  • 首領への道14(2001年、ミュージアム) - 黒岩茂
  • 首領への道15(2001年、ミュージアム) - 黒岩茂
  • つぼみ斬魔剣 宿命の生娘剣士(2010年、ティーエムシー)
  • 夜光華 〜銀座処女ホステス〜(2014年、アルバトロス)

舞台[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
戦え! ミラーマン 朝日に向ってジャンボフェニックス 1972年 キングレコード ミラーマン』EDテーマ。共演者の杉山元市地洋子沢井孝子らとともに歌唱。
友情ある説得 噂のふたり 1973年 日本コロムビア

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、28頁。
  2. ^ さよならミラーマン 2007, p. 10
  3. ^ a b c 石田信之 - プロフィール - 日本タレント名鑑
  4. ^ 石田信之プロフィール(アイ コンティネンス)” (日本語). 2017年1月8日閲覧。
  5. ^ a b さよならミラーマン 2007, p. 14-15
  6. ^ さよならミラーマン 2007, p. 18-20
  7. ^ さよならミラーマン 2007, p. 131-132
  8. ^ 『日本タレント名鑑'92』 VIPタイムズ社、1992年、23頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]