細川光尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川光尚
Hosokawa Mitsunao.jpg
細川光尚像(永青文庫蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 元和5年9月19日1619年10月26日
死没 慶安2年12月26日1650年1月28日
改名 六丸(幼名)、光利、光尚
墓所 熊本県熊本市の妙解寺
京都府京都市大徳寺高桐院
官位 従四位下侍従肥後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
肥後熊本藩
氏族 肥後細川氏
父母 細川忠利保寿院
兄弟 光尚、藤姫、宗玄、有吉英長室、尚房
南条元知
烏丸光賢娘寧々
内海氏、清水氏
綱利利重
テンプレートを表示

細川 光尚(ほそかわ みつなお)は、江戸時代前期の大名肥後国熊本藩2代藩主。熊本藩細川家3代。官位従四位下侍従肥後守

経歴[編集]

元和5年(1619年)9月19日、肥後熊本藩初代藩主・細川忠利の長男として誕生。母は小笠原秀政の次女(徳川秀忠の養女)・千代姫(保寿院)。幼名は六丸。江戸幕府3代将軍徳川家光より偏諱を受け、光利(みつとし)と名乗った。

寛永14年(1637年)、父・忠利と共に島原の乱に参陣して武功を挙げた。寛永18年(1641年)、父の死去により家督を継ぎ、名を光尚に改めた。翌年、阿部弥一右衛門の遺族による反乱が起こり、これを2月21日までに鎮圧した。この顛末が後に『阿部茶事談』に脚色され、同書を元にした森鷗外の『阿部一族』の題材となった。

正保2年(1645年)末、祖父・忠興が死去した際に、忠興の遺言によって従弟の細川行孝に3万石を分与し、宇土藩を立藩させた。慶安元年(1648年)、伯父・長岡忠隆の一族を熊本藩の一門家臣家とする。また、家老制度や役人などの官制改革も積極的に行ない、藩政の基礎を固めた。

慶安2年(1649年)12月26日、31歳で死去。跡を長男・綱利が継いだが、7歳と幼かったため、家督相続を幕府に認めてもらうために細川家中で奔走して、取り潰しを免れた。なお、病床の光尚は、幼い息子・綱利は転封、減封、改易の恐れありとして幕府に伺いを提出、「我が子は幼いので出仕に堪えず、如何様になっても公儀の望み通りに願いたい」という願書を提出し、これが心がけ神妙なりとして公儀の好感を得て、綱利相続に決まったとされる。

系譜[編集]

出典[編集]