俺たちの勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

俺たちの勲章』(おれたちのくんしょう)は、1975年4月2日から1975年9月24日まで、東宝製作により日本テレビ系列で放送された刑事ドラマ。放送時間は毎週水曜日20:00 - 20:55、全19話[1]

内容[編集]

主演は当時共に文学座に所属していた松田優作中村雅俊(正確には松田は番組放送開始直前の3月に退団している)。横浜にある相模警察という架空の組織の本部捜査一係に所属する中野祐二(松田)、五十嵐貴久(中村)という性格の異なる若手刑事コンビの活躍を中心に物語が展開される青春刑事ドラマ。刑事コンビものの先駆け的作品。

「仲間意識」や「チームワーク」を重視した同時期の刑事ドラマとは異なり、主人公コンビが上司や先輩刑事から「厄介者」と侮蔑される孤立した存在として最終回まで描かれ続けていたことも特徴のひとつで、岡田晋吉が企画の狙いは「刑事ドラマと言いながら実は青春ドラマで、事件を解決する中で大人になっていく若者を描く作品だった」という[2]

主な出演者[編集]

  • 中野祐二:松田優作 - 27歳。犯罪は容赦なく取り締まるという信念の持ち主。確かな洞察力と強靭な体力を有し(空手三段)、射撃の名手でもあるが、行き過ぎ捜査が多いために警察組織からは疎んじられている。最終回では犯人と銃撃戦になった際、中野がその場にいながら通行人が被弾したことを咎められ、田舎への左遷を命じられるが、自分には刑事しかできないと敢えて受け入れる。使用拳銃はS&W M29 6.5インチ。
  • 五十嵐貴久:中村雅俊 - 25歳。愛称「アラシ」。仙台市警から相模警察に転任早々、中野と組まされる事になった。刑事の仕事は犯罪の防止にあると考えており、およそ刑事には向かないヒューマニスト。それが仇となり最終回で警察のおとり捜査を妨害、その責任を取って警察を去る。使用拳銃はコルト・ガバメント45オート。
  • 野上係長:北村和夫 - 中野・五十嵐の直属の上司。2人に対しては何かと口うるさい。何かと口実を設けては2人を出張が伴う仕事に回す。
  • 山下刑事:早川保 - 中野・五十嵐と常に対立する先輩刑事。2人と意見が一致することはない。刑事部屋や捜査のシーンに登場することが多いが、唯一第2話のみヘリや拳銃を使い、犯人とハードなアクションを繰り広げた。
  • 宮本コンピューター室長:柳生博 - 署内における中野、五十嵐の数少ない理解者。過去の事件データに精通している。
  • 上野原:山西道広 - 関西弁が特徴の宮本の部下。柔らかい人当たりで周囲を和ます好漢。
  • 雪子:坂口良子 - 捜査一係の事務員。五十嵐に好意を持っている。
  • 大塚香子:結城美栄子 - 相模警察本部近くの小料理屋「あすか」の女主人。
  • 健次:佐藤蛾次郎 - 「あすか」の従業員。中野に心酔しており、子分的な存在。
  • 祐二の恋人:鹿間マリ

スタッフ[編集]

テーマ曲・挿入歌[編集]

※「あヽ青春」は、トメ北川(麻上冬目)の歌唱付きのバージョン(作詞:松本隆)でオムニバスCDなどに収録されることの方が多いが、「俺たちの勲章MUSIC FILE」(1992年11月発売、バップ)や「俺たちの祭+俺たちの勲章オリジナルサウンドトラック」(2004年1月発売、テイチクエンタテインメント)ではインストゥルメンタルバージョンを聞くことが出来る。歌唱付きのバージョンは、トランザムの他に、吉田拓郎(作曲者)や中村雅俊(本作の主演者)のカバーもあり、中村のバージョンは「俺たちの旅」第12、29話で劇中歌として使われ、また中村が主演したNHK金曜時代劇「しくじり鏡三郎」の主題歌にも使われた。

補足[編集]

  • 同時期に同じく東宝製作・日本テレビ系列で放送されていた『太陽にほえろ!』のスタッフがこのドラマにも多く係わっていた。
  • 当初は『俺たちの旅』を始めとする『俺たちシリーズ』の第1作と位置づけられていたが(『俺たちの旅』の番宣資料では「俺たちシリーズ第二弾!」、『俺たちの朝』では同様に「俺たちシリーズ第三弾!」と銘打たれていた)、現在はドラマの内容から区別されることが多い。
  • 1980年秋より、『太陽にほえろ!』で共演していた勝野洋宮内淳の2人を主演として、『俺たちの勲章II』を放送する企画が進んでいたが、実現する事は無かった[3]
  • 第14話の「雨に消えた…」には、現・中村雅俊夫人の五十嵐淳子がゲスト出演しており、本作は2人が出会ったドラマとして話題になることがある。
  • 吉田拓郎が音楽を手がけたのは、本作が中村主演の『われら青春!』と同じプロデューサーで、気心知れていたため、中村が大ファンだった拓郎に音楽を頼めないかと、プロデューサーに依頼したことによるもの[4]
  • 2クール・半年間の番組だったが、放映される水曜日にプロ野球中継(巨人戦)が19時30分~20時55分に度々放送予定(8回)されたため(雨天中止の時は本番組を放映する「雨傘番組」)、当初は26本製作される予定[5]が、19本(放映されたのは18本[1])という少ない本数になっている。

各話リスト[編集]

放送日[6] サブタイトル 脚本 監督 主な舞台 ゲスト
1 1975年

4月 2日

射殺 鎌田敏夫 澤田幸弘 甲府 関根恵子中谷一郎富川澈夫阿藤海清水宏
2 4月 9日 狙撃者を追え! 横浜、横須賀 篠ヒロコ石橋蓮司三戸部スエ

ウイリー・ドーシー

3 4月16日 愛が哀しい 山本迪夫 伊良湖 三条泰子内藤武敏大和田獏

中村俊男加藤小夜子

4 4月23日 刑事くずれ 播磨幸治 木更津 前田吟有吉ひとみ宗近晴見

灰地順木田三千雄
神田隆手塚茂夫野瀬哲男重松収

5 4月30日 人質 桃井章 澤田幸弘 静岡 河原崎次郎片山由美子田中浩清水昭博
6 5月 7日 撃て! アラシ 鎌田敏夫 横浜、津久井湖 伊藤めぐみ佐々木功田口計

仙波和之重村博子

7 5月21日 陽のあたる家 桃井章 山本迪夫 横浜 浅茅陽子石井富子武智豊子

山本清川口節子大村文武

8 6月 4日 愛を撃つ! 畑嶺明 横浜 水谷豊伊藤孝雄江幡高志

今出川西紀斉藤美和

9 6月11日 重い拳銃 桃井章 降旗康男 前橋、草津 佐藤英夫桑原嗣雄土屋嘉男

高城淳一降旗文子

10 6月18日 小鳥の審判 上條逸雄 北軽井沢、横浜 平田昭彦三浦真弓千葉裕田代信子

だるま次郎鹿島信哉池田勝

11 6月25日 鞄を持った女 鎌田敏夫 出目昌伸 横浜、江ノ島 金沢碧高橋長英川辺久造土方弘

住吉正博小沢直平梶哲也
藤堂陽子熟田一久

12 7月 9日 海を撃った日 足尾 小野進也二見忠男粟津號稲吉靖

北川陽一郎小高まさる
市村昌治花原照子今井和雄

花房徹角友司郎

13 7月23日 誘拐 柏原寛司 斎藤光正 松本 若林豪春川ますみ久富惟晴

北原義郎中井啓輔

14 7月30日 雨に消えた・・・・・ 畑嶺明 霞ヶ浦 五十嵐淳子藤原釜足速水亮

江角英明森幹太広瀬昌助

15 8月 6日 孤独な殺し屋 鎌田敏夫 山本迪夫 鹿児島、奄美大島 水谷豊、青木義朗山添多佳子頭師孝雄
16 8月20日 儀式の終りに 播磨幸治 鹿児島 真野響子草野大悟石田信之
17 9月10日 子守唄 桃井章 降旗康男 鞆ノ浦 服部妙子磯村健治黒部進原泉

野瀬哲男、重松収、袋正

18 (9月17日

放送

予定)[1]

狂乱のロック 畑嶺明 澤田幸弘 横浜、福生 夏純子蟹江敬三佐々木勝彦

丹古母鬼馬二大村千吉
清水宏、小原秀明皆川妙子谷本一

19 9月24日 わかれ 鎌田敏夫 降旗康男 横浜 吉行和子片桐夕子桜井浩子

樋浦勉三浦こういち

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c このうち第18話はプロ野球中継、後番組との兼ね合いで本放送時には放送されず、後日第18話のみで放送された。
  2. ^ 2015年11月20日発行東京新聞夕刊1面
  3. ^ 「週刊テレビガイド」1980年3月28日号。24頁
  4. ^ 俳優、音楽、人生...尽きぬ話が語り明かされる!明日4日(水)BSプレミアムで放送『吉田拓郎YOKOSO "中村雅俊"』、ニッポン放送『坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』2013年4月15日放送、テレビ東京『L4 YOU!』2013年4月10日放送、「L4YOU!」- ゲストトーク〜中村雅俊〜
  5. ^ 「季刊テレビジョンドラマ9月号 傷だらけの天使&俺たちの勲章(有限会社ムーンスペース/1991年)」 p.33 山本悦夫プロデューサーへのインタビュー記事より。
  6. ^ 「朝日新聞. 縮刷版」1975年4月~9月の該当日のテレビ欄を国会図書館関西館にて閲覧・複写(2017年10月14日実施)
日本テレビ 水曜20時台(ここから連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
俺たちの勲章
日本テレビ系 水曜20:54 - 20:55枠
マチャアキのガンバレ9時まで!!
(20:00 - 20:55)
俺たちの勲章
NNNニューススポット
(20:54 - 21:00)
※1分拡大