ケイエスエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社ケイエスエスKSS Inc.)は、オリジナルビデオ・美少女系アニメを製作する映像コンテンツ制作事業社。一時期PC用家庭用ゲームも制作していた。他にも出版事業や音楽事業、ポストプロダクション事業も手掛けていた。現在、企業としての活動実態は不明である。

概要[編集]

創業時の旧社名は株式会社鎌倉スーパーステーション(かまくらスーパーステーション)といい、「株式会社ケイエスエス」はその略称を用いたものである。1990年代前半はNHKソフトウェア(現:NHKエンタープライズ)が発売元となるNHK番組のセルビデオ「NHK VOOK(ヴィジュアルブック)」レーベルの販売元であった。

2004年に長年同社の制作活動を仕切って来たプロデューサーの大宮三郎や、音響ディレクション担当の飯塚康一トライネットエンタテインメントへ移籍した事を皮切りに事実上の活動停止に追い込まれた。既発表の作品の権利は株式会社softgarageに移管され、その系列会社で事実上社内一部門でもある株式会社JSDSS(ジーダス)によって販売されている。活動停止時に受託していたTVアニメ『NARUTO -ナルト-』の音響制作は制作担当であった塚田政宏の移籍に伴い、楽音舎に制作権を譲渡された。

グループ内には音楽CDを発売するKSSレコードがあり、アニメやゲーム関連のCDの制作・発売を行なう他にも作曲家安田信二率いる『ミラクルシャドウ』やフジテレビ系ドラマ『らせん』の主題歌を担当した『Rough laugh』もKSSレコードに所属していた。またSMAPがカバーしたシングル『朝日を見に行こうよ』のオリジナル盤は、1997年にミラクルシャドウがKSSレコードから発売している。

1998年にはゲームやアニメーションの原画集やノベライズ・アイドルの写真集以外にも、横浜ベイスターズの日本一を記念して『権藤語録―プロ野球横浜優勝への軌跡』がケイエスエス出版から発売されている。

かつて存在したグループ企業[編集]

  • 株式会社ピンクパイナップル(18禁ゲームのアニメ化を専業として行う映像ソフト制作会社)
  • 株式会社ケイエスエス販売(旧株式会社日本ソフトシステム)。KSSグループの映像・音楽ソフトの販売事業が中心だが、同系列の商社部門や同グループ関連イベント関連事業・フリーペーパー事業も手がけていた。
  • アニメーションの作画スタジオを保有していた。
  • 過去に西五反田の本社ビル・横浜港南台にソフトガレージの名前で出店していたが、共に閉店している。また、小田急相模大野駅駅ビル内にもソフトガレージの名前でレンタルビデオ店を出店した事があった。

上記事業は現在、全てsoftgarageに集約されている。

主要作品[編集]

実写[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

いずれも開発は外注である

PCスーパーファミコンプレイステーション

注釈[編集]

  1. ^ a b c 実質はOLMへの外注

外部リンク[編集]