この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

アニプレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社アニプレックス
Aniplex Inc.
Aniplex logo.svg
SME-Honsya-Syaoku.JPG
アニプレックスが所在するSME六番町ビル
種類 株式会社
略称 ANX[1] 、アニプレ
本社所在地 日本の旗 日本
102-8353
東京都千代田区六番町4番地5
北緯35度41分19.81秒 東経139度44分5.34秒 / 北緯35.6888361度 東経139.7348167度 / 35.6888361; 139.7348167座標: 北緯35度41分19.81秒 東経139度44分5.34秒 / 北緯35.6888361度 東経139.7348167度 / 35.6888361; 139.7348167
設立 1995年9月(株式会社SPE・ミュージックパブリッシング)
業種 情報・通信業
法人番号 2010001012149 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションを主とした映像作品の企画・製作および販売・映画配給、ソーシャルゲームの企画・製作
代表者 代表取締役社長 岩上敦宏[2]
資本金 4億8,000万円(2019年3月31日現在)[3]
売上高 195,019百万円(2019年3月期)[3]
営業利益 44,344百万円(2019年3月期)[3]
経常利益 43,952百万円(2019年3月期)[3]
純利益 29,850百万円(2019年3月期)[3]
純資産 72,151百万円
(2019年3月31日現在)[3]
総資産 113,061百万円
(2019年3月31日現在)[3]
従業員数 120名
決算期 3月31日
主要株主 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 100%
主要子会社 株式会社A-1 Pictures 100%
株式会社CloverWorks 100%
株式会社Quatro A 100%
Aniplex of America Inc. 100%
関係する人物 植田益朗
外部リンク https://www.aniplex.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アニプレックス: Aniplex Inc.、略称:ANXアニプレ)は[1]アニメーションを主とした映像作品の企画・製作および販売・映画配給、ソーシャルゲームの企画・製作を主な事業内容とする日本企業ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)の子会社。日本動画協会日本映像ソフト協会正会員。

概要

1995年(平成7年)9月、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)の子会社として株式会社SPE・ミュージックパブリッシングの商号で設立。

1997年(平成9年)1月にSMEJが資本参加し、株式会社SPE・ビジュアルワークスに商号を変更、ソニーミュージックグループのアーティストビデオ以外の映像作品を当社に集約。以後、特にアニメーションに注力することになった。2001年(平成13年)1月にはSMEJの完全子会社となり、商号も株式会社SME・ビジュアルワークスに変更した[4]

2003年(平成15年)4月、SMEJから当社を含む非音楽分野をソニー・カルチャーエンタテインメント(後の2006年(平成18年)12月に、SMEJに吸収合併される)として分離するのに伴い、商号を株式会社アニプレックスに変更。「Aniplex」とは、アニメーションAnimation)から派生する権利ビジネスの複合体Complex)を意味する造語である[5]

また、分離した当時のアニプレックスはヒット作品に恵まれず、経営的にも非常に苦しい状況であった。当時社長であった夏目公一朗(現KADOKAWA戦略アドバイザー)は、この苦境を打開するために、大手アニメ制作会社サンライズガンダムシリーズをはじめとした様々なヒット作品を手掛け、当時フリーのプロデューサーとして活躍していた植田益朗を招き入れた。植田は様々な作品を手掛けた後、同社社長や「A-1 Pictures」の社長を歴任した[6]

2005年(平成17年)には東京都杉並区に「株式会社A-1 Pictures」を設立してビデオメーカーながらアニメーションの実制作へも進出した。

近年では、スマートフォンアプリの開発にも進出しており、2015年(平成27年)8月に配信開始された『Fate/Grand Order』は大ヒットを記録、2016年3月期の最終利益は前年比91%増の73億円と大幅増益し[7]2017年3月期は最終利益が前年比2.2倍の165億円、売上高も1,000億円を超えるなど、同社過去最高の大幅増益を果たした[8]

沿革

  • 1995年(平成7年)9月 - SPE・ミュージックパブリッシング設立。
  • 1997年(平成9年)1月 - ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)とソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPEJ)の合弁会社として、株式会社SPE・ビジュアルワークスを設立[9]
  • 1998年(平成10年) - 音楽・映像作品の出版事業の展開を開始。以降、同社の関連CDや映像作品は、本レーベルより発売される。また、ゲーム系レーベルからゲームミュージック作品(主にPlayStationSCE作品)の出版も手掛ける。
  • 2001年(平成13年)1月1日 - ソニー・ミュージックエンタテインメントの100%子会社になる。商号を株式会社SME・ビジュアルワークスに変更[9]
  • 2003年(平成15年)4月1日 - ソニー・ミュージックエンタテインメントから非音楽系事業を分割し、ソニー・カルチャーエンタテインメントが設立されたのに伴い、同社の傘下へと異動し、株式会社アニプレックスに商号を変更[9]
  • 2005年(平成17年)5月9日 - アニメーション制作会社・株式会社A-1 Pictures(エイ・ワン ピクチャーズ)設立。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - ロードアンドスカイ・オーガニゼイションと合弁で音楽制作・声優マネジメント会社の株式会社ボイスアンドハートを設立(2008年4月に合弁を解消しロード&スカイ傘下に移る)。
  • 2006年(平成18年)4月12日 - 携帯電話向けネット配信会社として株式会社番町製作所を設立。
  • 2006年(平成18年)12月1日 - ソニー・ミュージックエンタテインメントがソニー・カルチャーエンタテインメントを吸収合併したのに伴い、再びソニー・ミュージックエンタテインメント傘下に異動。
  • 2015年(平成27年)8月12日 - スマートフォン専用ロールプレイングゲームFate/Grand Order』の配信を開始。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - ソニー・ミュージックレーベルズ内に新レーベルSACRA MUSIC設立。所属アーティストが同レーベルへ移籍。番町製作所の商号を株式会社Quatro Aに変更。
  • 2018年(平成30年)10月1日 - A-1 Picturesから会社分割する形で株式会社CloverWorksを設立[10]。また、映像プロデュース会社として株式会社リアルト・エンタテインメントを設立[11]

過去の所属アーティスト

作品

テレビアニメ

テレビアニメから派生した劇場版(アニメーション映画)なども含む。

あ行

か行

さ行

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細

た行

な行

は行

ま行

や - わ行

Webアニメ

オリジナルビデオアニメ

テレビアニメシリーズを挟まずに製作されたオリジナル、または原作のあるアニメ作品。

劇場アニメ

テレビアニメシリーズを挟まずに製作されたオリジナル、または原作のあるアニメ作品。特記のない限りは製作委員会出資・もしくは製作参加の作品。

実写作品

DVD販売

実質的な販売元はソニー・ミュージックマーケティング(旧ソニー・ミュージックディストリビューション / 〜2019年3月31日)→ソニー・ミュージックソリューションズ(旧ソニー・ミュージックコミュニケーションズ / 2019年4月1日〜)。

ゲームアプリ

以下のアプリは子会社のQuatro A(旧社名:番町製作所、Aniplex Mobile)が運営

ゲームミュージックの発売

主に以下の会社が制作したゲームミュージックを発売。

関連項目

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ デビュー当初はボイス&ハートの所属。現在はシグマ・セブンに在籍。
  2. ^ 1stアルバム盤リリース分より担当アーティストが本来所属するユニットと同じソニーレコーズに移籍。
  3. ^ a b c d 2017年4月よりSMEグループ内のレーベルSACRA MUSICに移籍。
  4. ^ 2009年より所属事務所を同社預かりからSOLID VOXアニメソング歌手影山ヒロノブが代表取締役を務める音楽事務所)へ移籍。この関係から、ランティス・GloryHeavenレーベルからも楽曲リリースを行うこととなった。
  5. ^ a b 所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ
  6. ^ 所属レコード会社はユニバーサル ミュージック合同会社
  7. ^ a b 音楽制作は日本コロムビアが担当。
  8. ^ a b c d e f g h i 音楽制作はランティスが担当。

出典

  1. ^ a b アニプレックス (2005年5月9日). “制作会社"株式会社A-1 Pictures (エイ・ワン ピクチャーズ)"設立のお知らせ”. ソニー・ミュージックアクシス. 2007年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月5日閲覧。
  2. ^ グループ会社役員人事について”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2019年4月1日). 2019年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 平成30年度決算公告、2019年(令和元年)7月1日付「官報」(号外第55号)171頁。
  4. ^ ソニー・ピクチャーズ -会社案内”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2011年2月22日). 2013年9月17日閲覧。
  5. ^ Sony Music 子会社の商号変更について”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2003年3月6日). 2013年9月17日閲覧。
  6. ^ 植田益朗のアニメ!マスマスホガラカ 7月11日配信(ゲスト:夏目公一朗) 2017年7月22日閲覧
  7. ^ アニプレックス、16年3月期の最終利益は91%増の73億円と大幅増益! 『FGO』が大ヒット Social Game Info 2016年7月7日 11:43 [1]
  8. ^ アニプレックス、17年3月期は最終利益が2.2倍の165億円に大幅増益…『Fate/Grand Order』が大ヒット【追記】 Social Game Info 2017年7月4日 10:36 [2]
  9. ^ a b c 会社案内”. アニプレックス. 2015年6月27日閲覧。
  10. ^ アニプレックス、会社分割による子会社「CloverWorks」設立 独自の体制でアニメ制作スタジオを運営,Musicman-net,2018年10月1日
  11. ^ アニプレックス、映像プロデュースの新会社リアルト・エンタテインメント設立 代表取締役に鎌形英一氏,アニメーションビジネス・ジャーナル,2018年11月1日
  12. ^ アニメ文庫”. 2018年5月28日閲覧。
  13. ^ “秋元康×アニプレックス×ソニー・ミュージックレコーズが手掛けるデジタルアイドル、22/7(ナナブンノ ニジュウニ)の素顔がついに公開に!?”. 超!アニメディア (株式会社学研プラス). (2017年5月2日). https://cho-animedia.jp/music/13844/ 2018年9月22日閲覧。 

外部リンク