アニプレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社アニプレックス
Aniplex Inc.
Aniplex logo.svg
SME-Honsya-Syaoku.JPG
アニプレックスが所在するSME六番町ビル
種類 株式会社
略称 ANX[1]
本社所在地 日本の旗 日本
102-8353
東京都千代田区六番町4番5号
北緯35度41分19.81秒 東経139度44分5.34秒 / 北緯35.6888361度 東経139.7348167度 / 35.6888361; 139.7348167座標: 北緯35度41分19.81秒 東経139度44分5.34秒 / 北緯35.6888361度 東経139.7348167度 / 35.6888361; 139.7348167
設立 1995年9月(株式会社SPE・ミュージックパブリッシング)
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションを主とした映像作品の企画・製作および販売・映画配給、ソーシャルゲームの企画・製作
代表者 代表取締役 執行役員社長 岩上敦宏[2]
資本金 4億8,000万円[3]
売上高 103,241百万円(2016年度)[3]
営業利益 24,470百万円(2016年度)[3]
経常利益 24,391百万円(2016年度)[3]
純利益 16,562百万円(2016年度)[3]
純資産 25,049百万円(2017年3月31日現在)[3]
総資産 59,114百万円(2017年3月31日現在)[3]
従業員数 150名
主要株主 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 100%
主要子会社 株式会社A-1 Pictures 100%
株式会社Quatro A 100%
Aniplex of America Inc. 100%
関係する人物 植田益朗
外部リンク http://www.aniplex.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アニプレックスAniplex Inc.、略称:ANX[1]アニメーションを主とした映像作品の企画・製作および販売・映画配給、ソーシャルゲームの企画・製作を主な事業内容とする日本企業日本動画協会日本映像ソフト協会正会員。

概要[編集]

1995年(平成7年)9月ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)の子会社として株式会社SPE・ミュージックパブリッシングの商号で設立。

1997年(平成9年)1月にSMEJが資本参加し、株式会社SPE・ビジュアルワークスに商号を変更、ソニーミュージックグループのアーティストビデオ以外の映像作品を当社に集約。以後、特にアニメーションに注力することになった。2001年(平成13年)1月にはSMEJの完全子会社となり、商号も株式会社SME・ビジュアルワークスに変更した[4]

2003年(平成15年)4月、SMEJから当社を含む非音楽分野をソニー・カルチャーエンタテインメント(後の2006年(平成18年)12月に、SMEJに吸収合併される)として分離するのに伴い、商号を株式会社アニプレックスに変更。「Aniplex」とは、アニメーションAnimation)から派生する権利ビジネスの複合体Complex)を意味する造語である[5]

また、分離した当時のアニメプレックスはヒット作品に恵まれず、経営的にも非常に苦しい状況であった。当時社長であった夏目公一朗は、この苦境を打開するために、大手アニメ制作会社サンライズガンダムシリーズをはじめとした様々なヒット作品を手掛け、当時フリーのプロデューサーとして活躍していた植田益朗を招き入れた。植田は様々な作品を手掛けた後、同社社長や「A-1 Pictures」の社長を歴任した[6]

2005年(平成17年)には東京都杉並区に「株式会社A-1 Pictures」を設立してビデオメーカーながらアニメーションの実制作へも進出した。

近年では、スマートフォンアプリの開発にも進出しており、2015年(平成27年)8月に配信開始された『Fate/Grand Order』は大ヒットを記録した。おかげで、2016年3月期の最終利益は前年比91%増の73億円と大幅増益し[7]2017年3月期は最終利益が前年比2.2倍の165億円、売上高も1,000億円を超えるなど、同社過去最高の大幅増益を果たした[8]

沿革[編集]

所属アーティスト[編集]

現在
過去

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビアニメから派生した劇場版(アニメーション映画)なども含む。

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や - わ行[編集]

Webアニメ[編集]

オリジナルビデオアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビアニメシリーズを挟まずに製作されたオリジナル、または原作のあるアニメ作品。

実写作品[編集]

DVD販売[編集]

実質的な販売元はソニー・ミュージックマーケティング(旧ソニー・ミュージックディストリビューション)。

ゲームアプリ[編集]

以下のアプリは子会社の番町製作所(Aniplex Mobile)が運営

ゲームミュージックの発売[編集]

主に以下の会社が制作したゲームミュージックを発売。

アニメ文庫[編集]

2011年8月、新たな表現発信の場としてアニプレックスとufotableが企画を発表。2012年2月15日に第1期作品をリリースした。

現在(2011年)、テレビアニメと劇場アニメがアニメ作品の発表の場として主流となった。そんな中、テレビの1クールや2クールのフォーマットにも、劇場の約2時間のフォーマットにも合わないが、アニメクリエーターが「画にしてみたい」「動かしてみたい」と感じる企画をフォーマットにこだわらずアニメーションを発表出来る場所を提供するために企画された。

読み切り文庫シリーズをコンセプトとして、短編もしくは中編アニメとして完結する作品を製作する。

アニメーション制作は、アニプレックス作品である『劇場版 空の境界』やテレビアニメ『Fate/Zero』を制作したufotableが担当。

第1期作品として、『ギョ』『みのりスクランブル!』『百合星人ナオコサン』の3作品をリリース。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ デビュー当初はボイス&ハートの所属。現在はシグマ・セブンに在籍。
  2. ^ 1stアルバム盤リリース分より担当アーティストが本来所属するユニットと同じソニーレコーズに移籍。
  3. ^ 2009年より所属事務所を同社預かりからSOLID VOXアニメソング歌手影山ヒロノブが代表取締役を務める音楽事務所)へ移籍。この関係から、ランティス・GloryHeavenレーベルからも楽曲リリースを行うこととなった。
  4. ^ a b 所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ
  5. ^ 所属レコード会社はユニバーサル ミュージック合同会社
  6. ^ a b c 2017年4月よりSMEグループ内のレーベルSACRA MUSICに移籍
  7. ^ a b c d e f g h 音楽制作はランティスが担当。

出典[編集]

  1. ^ a b アニプレックス (2005年5月9日). “制作会社"株式会社A-1 Pictures (エイ・ワン ピクチャーズ)"設立のお知らせ”. ソニー・ミュージックアクシス. 2013年8月5日閲覧。
  2. ^ グループ会社役員人事について (PDF)”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2016年4月1日). 2016年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 平成28年度決算公告、2017年(平成29年)7月4日付「官報」(号外第143号)156頁。
  4. ^ ソニー・ピクチャーズ -会社案内”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2011年2月22日). 2013年9月17日閲覧。
  5. ^ Sony Music 子会社の商号変更について”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2003年3月6日). 2013年9月17日閲覧。
  6. ^ 植田益朗のアニメ!マスマスホガラカ 7月11日配信(ゲスト:夏目公一朗) 2017年7月22日閲覧
  7. ^ アニプレックス、16年3月期の最終利益は91%増の73億円と大幅増益! 『FGO』が大ヒット Social Game Info 2016年7月7日 11:43 [1]
  8. ^ アニプレックス、17年3月期は最終利益が2.2倍の165億円に大幅増益…『Fate/Grand Order』が大ヒット【追記】 Social Game Info 2017年7月4日 10:36 [2]
  9. ^ a b c 会社案内”. アニプレックス. 2015年6月27日閲覧。
  10. ^ 公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]