ロビーとケロビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロビーとケロビー
ジャンル コメディ
アニメ
原作 黒崎玄アニプレックスSo-net
監督 紅優
シリーズ構成 河原ゆうじ
キャラクターデザイン 渡辺浩二
音楽 羽岡佳
アニメーション制作 A-1 Pictures
製作 テレビ大阪、アニプレックス
ウィーヴ読売広告社
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2007年4月1日 - 2008年3月30日
話数 全52話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ロビーとケロビー』(ロビー&ケロビー、英名:Robby & Kerobby)は、日本の連続オリジナルテレビアニメ作品である。2007年4月1日より2008年3月30日までテレビ大阪発・テレビ東京系列(TXN)にて放送された『アニメロビー』の番組内コーナードラマで『おねがいマイメロディ すっきり♪』とともに放送された。

概要[編集]

So-netが管理する児童向けwebサイト「ろびーずたうん」に登場するキャラクター『ロビーとケロビー』のスピンオフ作品で、彼らが住む町「ロビーズランド」で繰り広げるほのぼのとした日常を描く。

作品序盤では、さほど子供向けのコンセプトを外れる部分がない作品だったが、2クール目以降からは、ブラックジョーク的要素を加えたスラップスティックギャグアニメ路線への移行が見られ、初期のテーマである「立派な王子になるため」に主人公が精神的に成長していく過程の描写などが、最終話まで全く見られなくなった。

当初アテナ役は辻希美が担当していたが、辻が結婚出産に伴う休業宣言をしたのに伴い、第16話以降は新垣里沙モーニング娘。)が担当。第1クールでテーマ曲に使われた『ここにいるぜぇ!』は辻バージョンでシングルがリリースされたが、第26話では新垣バージョンで新録されたものが挿入歌として使われた。

登場キャラクター[編集]

ロビー
- 雪野五月
主人公。なべ王国の王子。頭の部分がになっている。なべ王国での所業が災いし、修行と称してロビーズランドへ強制的に送り込まれた。特定のアイテムを利用してケロビーと合体することによってそのアイテムの特徴をもつものに変身できる。金や物に釣られやすい[1]傾向がある他、働くのが嫌いな傾向もあって職業を転々としている。アテナに好意を寄せている。
10年後の世界[2]では、なべ王国の国王になるもケロビーが起こしたクーデターに遭い、なべ王国を追放され、その後ドビンと結婚するも働きもせずにグータラな毎日を送って家を追い出された。頭の蓋がなくなっている。過去のケロビーを弟のケロクローと間違えている。
ケロビー
声 - 伊東みやこ
ロビーの友人のかえる型ロボット。王妃様からロビーの付き人を拝命し、ロビーとともにロビーズランドに送り込まれた。特定のアイテムを介してロビーと合体することができる。ポットに好意を寄せている。
10年後の世界では、国王に即位したロビーに対してクーデターを起こし、ケロビー帝国を築いて皇帝になり、ポットと婚約するが、仕事が忙しいあまり2年足らずで破局。自棄になって破壊活動を行う。ケロビー自身は望まない未来である。
ドビン
声 - 水谷優子
和風喫茶店を経営する自称看板娘。名古屋弁で話す。怒るとお湯を相手に浴びせる。
10年後の世界では、廃墟寸前のデスダーの城で家政婦をやっている。ロビーと結婚しているが、ロビーが働かないことに腹を立て、ロビーを家から追い出した。
デスダー
声 - 茶風林
ドビンに恋するロボット。元はいいロボットであったが、第1話においてロビーとケロビーにより性格が変化し、世界征服を目指すようになった。元がいいロボットのため悪に徹しきれないことが多い。
10年後の世界では、ラビハートと10回結婚して9回も離婚している。ケロビーの一件が原因でドビンとは幸せになることができないことを嘆いていた。ロビーいわく「昼ドラみたい」。
ポット
声 - 金田朋子
ドビンの妹。姉のドビンと同様に怒るとお湯を相手に浴びせる。
10年後の世界では、ケロビーと婚約するも仕事が忙しいあまり2年足らずで破局しメントンと結婚してうまくやっている。
アテナ
声 - 辻希美(第4話 - 第13話)→新垣里沙モーニング娘。)(第16話 - )
ロビーズランドのアナウンサー。音楽にのせられやすい体質[3]を隠してアナウンサー稼業を続けてきたことが第26話で明らかにされた他、入局して以来愛用してきたマイクをなくすと仕事ができなくなることが第42話で明らかになった。
10年後の世界では、現在の世界で当選を果たした市長のクマさんを失脚させるべく、自身がロビーズランドの市長に立候補している。
アイブー
声 - 松本吉朗
アテナのペットロボット。
メントン
声 - 川津泰彦
同名のラーメン屋の店主。
10年後の世界では、ポットと結婚しており店も繁盛している様子。ロビーいわく「すごい年の差婚」。
ラビハート
声 - 氷青
厚化粧で年齢を、貧乏を書き割りの城でごまかしている自称セレブのうさぎ型ロボット。生活の糧を詐欺で調達しようとするが、ロビーとケロビーにカモにされてしまう。浴びると自分に惚れこんでしまうビームを発射することができる。
10年後の世界では、デスダーと10回結婚し9回も離婚している。
ラブジィ
声 - 長嶝高士
ラビハートの兄。ラビハートの執事としてラビハートとともに行動する。
10年後の世界では、ラビハートとともにデスダー宅に同居し、デスダーの貯金を勝手に使い込んでいる。
アインケン博士
声 - 白熊寛嗣
ロビーズランドに住む発明家豆電球型のロボットで、本人は、自分の発明品に自信を持って開発しているものの、その発明品が故障したり、欠陥品という理由から、結果としていい方向に結びつかないことが多い。ロビーたちにはやられっぱなしのため、屋台で飲んでいる最中に同じ境遇のデスダーと意気投合した。ロビーと同様にアテナの事に目がない。
ドクターシュラ
声 - 土門仁
ロビーズランドの医師二重人格で主の人格はイケメンで理想的な医師だが、もう一つの人格は解体好きのマッドドクター。解体をキーワードに興奮し、反対側の顔が現われて別の人格が発動する。
パトラン
声 - 松本吉朗
ロビーズランドの警察官。完全に妻の尻に敷かれている反動からか花を大切にする。ロビーたちを2回ほど部下にしたことがある。
クマさん
声 - 雪野五月、水谷優子、金田朋子
ロビーズランドに住んでいる熊型ロボット。おにぎりを食べようとしていることが多く、横取りされると判断するとかみつく。第22話で内部が明らかになり、第38話で出馬した市長選挙に当選してロビーズランドの市長になる。また、野球チームの監督を務めており、第45話ではロビーをスカウトしている。
ケロクロー
声 - 水田わさび
ケロビーの弟。ケロビーと同じくロビーと合体できる能力があり、第21話では兄のケロビーに対して対抗心を燃やし、ケロビーを監禁してロビーの付き人をやってみたものの、ロビーとの合体はうまくいかなかった。その後、兄と和解した模様。
ケロナ
声 - 氷青
ケロビーの妹で自称ロビーの婚約者。ロビーとの関係について自分に都合の良いように解釈する傾向がある。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

全てアップフロントからハロー!プロジェクト所属のアーティストが担当。

オープニングテーマ
ここにいるぜぇ!」(第1話 - 第13話)
作詞・作曲 - つんく / 編曲 - 鈴木Daichi秀行 / 歌 - アテナ(辻希美
めぐる恋の季節」(第14話 - 第27話)
作詞・作曲 - つんく / 編曲 - 鈴木Daichi秀行 / 歌 - ℃-ute
勝利のBIG WAVE!!!」(第28話 - 第39話)
作詞・作曲 - yozuca* / 編曲 - 池田森 / 歌 - アテナ&ロビケロッツ(新垣里沙・光井愛佳中島早貴岡井千聖
青春!LOVEランチ」(第40話 - 第52話)
作詞・作曲 - 磯崎健史 / 編曲 - nishi-ken / 歌 - アテナ&ロビケロッツ(新垣里沙・光井愛佳・中島早貴・岡井千聖)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 ナベ王子登場! 河原ゆうじ 鵜飼ゆうき 紅優 渡辺浩二 2007年
4月1日
2 デスダー大爆発! 4月8日
3 ロビケロラーメン一丁! 松尾慎 青木水流 4月15日
4 新人女子アナ・アテナ登場! 北条千夏 渡部桂太 4月22日
5 ロビケロ警察24時! 久島一仁 小倉宏文 みやちさとこ 4月29日
6 ドビンちゃんのお茶占い 河原ゆうじ 小澤円 5月6日
7 あぶないイケメンドクター 久島一仁 田所修 鎌仲史陽 斎藤和也 5月13日
8 クールなポットちゃん 北条千夏 村田憲泰 5月20日
9 ラビハートの誕生会 青木由香 竹下健一 杉本道明 5月27日
10 デスダーの恋 6月3日
11 インケンなアインケン博士 下山健人 鵜飼ゆうき まつもとよしひさ 渡辺浩二 6月10日
12 激辛コンビの逆襲! 6月17日
13 ロビーVSケロビー 河原ゆうじ 松尾慎 青木水流 6月24日
14 トイレの気持ち 下山健人 渡部桂太 7月1日
15 ロビー先生さようなら 河原ゆうじ 小倉宏文 みやちさとこ 7月8日
16 デスダーの結婚 小澤円 7月15日
17 ドビンのお見合い 下山健人 鎌仲史陽 斎藤和也 7月22日
18 小さなロビーと大きなケロビー 河原ゆうじ 鵜飼ゆうき 鎌仲史陽 村田憲泰 7月29日
19 ロビケロ海底探検! 久島一仁 田所修 飯村正之 杉本道明 8月5日
20 世界の中心でアイブーと叫ブー 河原ゆうじ 鵜飼ゆうき 8月12日
21 ケロビーの弟 青木由香 まつもとよしひさ 渡辺浩二 8月19日
22 くまさんの秘密 河原ゆうじ しまづひろゆき 8月26日
23 デスダーの子分 下山健人 松尾慎 青木水流 9月2日
24 パパーンとママーンが来た 河原ゆうじ 渡部桂太 9月9日
25 ポットちゃんへのプレゼント 青木由香 小倉宏文 後藤孝宏 9月16日
26 アテナはここにいるぜぇ! 北条千夏 鈴木藤雄 9月23日
27 正義のヒーロー・デスダー 下山健人 鵜飼ゆうき 大関雅幸 山沢実 9月30日
28 お見舞いへ行こう! 北条千夏 松尾慎 10月7日
29 ドビン城の悲劇 広田光毅 葛谷直行 岡嶋国敏 井口忠一 10月14日
30 サラリーマン・ロビー 河原ゆうじ 加藤茂 10月21日
31 ケロビーの子どもたち 青木由香 鎌仲史陽 村田憲泰 10月28日
32 戦え! ロビケロボ 広田光毅 渡辺浩二 11月4日
33 ナベから木がはえた! 久島一仁 松尾慎 山田一夫 杉本道明 11月11日
34 ボクチンは無罪だ! 下山健人 下田正美 11月18日
35 小説家ロビー 樋口達人 上原秀明 渡辺浩二 11月25日
36 ロビーはキューピット 福嶋幸典 12月2日
37 ここほれアイブー 北条千夏 松尾慎 青木水流 12月9日
38 ロビー選挙に出る! 広田光毅 渡部桂太 12月16日
39 ロビーのサンタクロース 青木由香 松尾慎 岡嶋国敏 小峰正頼 12月23日
40 ラビハートのレストラン 樋口達人 加藤茂 2008年
1月6日
41 アテナの結婚 下山健人 葛谷直行 下司泰弘 河合拓也 1月13日
42 さがせ! アテナのマイク 井草恵 1月20日
43 完全なるロビー 下山健人 小倉宏文 林勇雄 1月27日
44 デロビーくんの逆襲 樋口達人 鈴木藤雄 2月3日
45 一発逆転ロビー 福嶋幸典 鎌仲史陽 渡辺浩二 2月10日
46 10年後のロビー 河原ゆうじ 村田憲泰 2月17日
47 ひとりぼっちのロビー 広田光毅 しまづひろゆき 橋本巨樹 杉本道明 2月24日
48 ああなつかしのマブタの父 福嶋幸典 下田正美 3月2日
49 アインケン脱オヤジ宣言 下山健人 松尾慎 青木水流 3月9日
50 刑事ロビー 樋口達人 渡部桂太 3月16日
51 ロビーの婚約者 青木由香 上原秀明 渡辺浩二 3月23日
52 さよならロビーズランド 下山健人 3月30日

放送局[編集]

アニメロビー#各局の放送時間を参照。

DVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第16話で提供する金品次第でどちらの陣営にでも安易に鞍替えしてしまう様子が描かれている。
  2. ^ 10年後の世界は第46話に登場する。
  3. ^ 最悪の場合、裸踊りを始めてしまう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 日曜9:30枠
前番組 番組名 次番組