青の祓魔師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青の祓魔師
ジャンル 少年漫画
ダーク・ファンタジー
漫画
作者 加藤和恵
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表号 2009年5月号 - 連載中
巻数 既刊17巻(2016年7月現在)
漫画:サラリーマン祓魔師 奥村雪男の哀愁
原作・原案など 加藤和恵
作画 佐々木ミノル
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプSQ.19
ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表号 SQ.19:Vol.10 - Vol.18
SQ:2015年5月号 - 連載中
巻数 既刊2巻(2016年2月現在)
小説
著者 矢島綾
加藤和恵(原作)
イラスト 加藤和恵
出版社 集英社
レーベル JUMP j-BOOKS
刊行期間 2011年 -
巻数 既刊3巻(2014年3月現在)
テンプレート - ノート

青の祓魔師』(あおのエクソシスト)は、加藤和恵による日本漫画作品。『ジャンプスクエア』(集英社)にて、2009年5月号から連載中。略称は「青エク」。

概要[編集]

悪魔の血を引く少年・奥村燐を主人公とするダーク・ファンタジー。『ジャンプスクエア』2008年9月号に掲載された読み切り「深山鶯邸事件」(みやまうぐいすていじけん)を原案とする(詳細は後述)。

2014年2月現在、1巻から12巻の累計部数は1200万部[1]。テレビアニメ放送に伴い、原作単行本の初版発行部数が1年足らずで7倍以上になるという、爆発的な売上を見せた[2]

2011年4月から10月までテレビアニメが放送され、2012年12月には劇場版アニメが公開された(詳細は青の祓魔師 (アニメ)を参照)。

あらすじ[編集]

主人公・奥村燐とその双子の弟・雪男は、神父・藤本獅郎に育てられ、修道院で暮らしていた。中学卒業から間もないある日、燐は「悪魔」の存在を知る。燐は悪魔の王「魔神(サタン)」が人間に産ませた息子であり、その力を継いでいた。祓魔師(エクソシスト)の獅郎は、この世界には人間の住む「物質界(アッシャー)」と悪魔の棲む「虚無界(ゲヘナ)」があること、悪魔は「物質界」の物質に憑依して人間に干渉してくることを告げる。

サタンは、獅郎に憑依することで燐の前に現れ、彼を「虚無界」へ連れ去ろうとする。燐は、獅郎から渡された、自らの悪魔の力を封印していた降魔剣「倶利伽羅」を抜く。そして、サタンの力である青い炎を解き放ち、かろうじて撃退に成功する。だが、サタンに体を乗っ取られた獅郎は、サタンから燐を守るために戦い、命を落とす。

獅郎の葬儀で、獅郎の友人にして「正十字騎士團」の祓魔師メフィスト・フェレスが、燐を殺しに現れる。そこで燐は、獅郎の仇であるサタンを倒すべく、祓魔師になることを宣言する。メフィストは燐を受け入れ、名門私立「正十字学園」に入学させた。燐は学園内に設けられた祓魔師養成機関「祓魔塾」へ入り、既に祓魔師として活動していた雪男の指導のもと、同じく祓魔師を志す仲間たちと共に学んでいく。

第1巻
燐は雪男と同じ正十字学園に入学し、祓魔塾で訓練を始める。雪男はすでに経験を積んだ祓魔師となっており、祓魔塾の講師だった。
燐と雪男は、祓魔師用品店の娘・杜山しえみと出会う。彼女は悪魔に付け入られ、足が不自由になっていた。二人の助けで歩けるようになったしえみは、祓魔塾に通い始める。
第2巻
燐・しえみに加え、勝呂竜士・志摩廉造・三輪子猫丸・神木出雲ら祓魔塾生は、強化合宿中、悪魔に襲撃される。だがそれは、祓魔塾塾長・メフィストによる認定試験であった。燐たちは「祓魔塾生(ペイジ)」から「候補生(エクスワイア)」に昇格する。
第3巻
獅郎の使い魔だった猫又(ケット・シー)のクロが、獅郎の死を知り、暴走する。燐の説得で獅郎の死を受け入れたクロは、使い魔として燐と共に生活するようになる。
燐は任務中、強大な悪魔である「地の王」アマイモンに襲撃され、力を暴走させてしまう。だが、正十字騎士團ヴァチカン本部の監察官・霧隠シュラに救われる。シュラは獅郎の弟子で、彼が隠していた「サタンにまつわる何か」を調査していた。シュラはサタンの息子である燐を始末しようとする。燐は、獅郎が最強の祓魔師「聖騎士(パラディン)」であったことを知り、自分を育てた獅郎の正しさを証明するため、「聖騎士」になると宣言する。燐の強固な意志を知ったシュラは、処分を保留とし、燐の修行に手を貸す。
第3巻 - 第5巻
一学期終了日、候補生たちは林間合宿を始める。仲間たちと協力し、実戦訓練の課題をクリアするが、そこでアマイモンに襲われる。燐はアマイモンに対抗するため、青い炎を使い、仲間たちに正体が知られてしまう。燐は現「聖騎士」のアーサー・オーギュスト・エンジェルに捕らえられ、正十字騎士團のヴァチカン本部に連行される。懲戒尋問でメフィストは、「獅郎は燐を、サタンと戦う武器とするために育てていた」と明かす。燐はメフィストのとりなしにより、半年後の祓魔師認定試験に合格することなどを条件として、処刑を免れる。そして雪男・シュラの監督のもと、炎を制御する訓練を始めることになる。
京都・不浄王編(第5巻 - 第9巻)
正十字学園最深部に封印されていた「不浄王の左目」が奪われる。犯人は、悪魔落ちした祓魔師・藤堂三郎太。燐たちは、京都出張所に封印されている「右目」の警護を応援するため、京都へ向かう。京都出張所は、構成員の多くが「明陀宗」という仏教宗派に属している。明陀宗は世襲制の組織体制をとっており、竜士の父・達磨大僧正が頭首であった。達磨は祓魔師として活動する門徒たちと距離を置き、不可解な行動をとっていた。
疑念を募らせた僧正家の宝生蝮は、藤堂に協力し、右目を奪い去ってしまう。竜士はなおも真意を明かさない達磨に詰め寄る。燐はそれを止めようとするが、禁止されていた炎を使ってしまい、監房に入れられてしまう。達磨は蝮を追う一方で、燐に手紙を残し、彼と獅郎、降魔剣とのつながりを明かす。
「両目」を手に入れた藤堂は、江戸時代に数万人を殺したという悪魔「不浄王」を復活させる。さらに達磨の使い魔・伽樓羅(カルラ)を喰らい、自らの身体に憑依させる。藤堂に騙されていたことを知った蝮は、京都出張所に戻り、達磨を助けてほしいと懇願する。不浄王は瘴気を撒き散らし、計り知れない犠牲者を出そうとしていた。
燐は炎の暴走により自信を喪失し、降魔剣を抜けなくなってしまう。だが仲間たちに救出され、共に不浄王討伐へ向かう。燐と竜士はクロに乗り、不浄王の心臓を焚滅しに向かう。一方雪男は、伽樓羅を取り込み不死の身体を得た藤堂に追い詰められる。燐は、竜士らの信頼に答え、火の悪魔・烏枢沙摩(ウチシュマー)の力を借りて不浄王討伐に成功する。
第9巻
燐たちは京都からの帰路、熱海の湾岸で、大王烏賊(クラーケン)討伐任務に加わる。燐・雪男・しえみは、古の海神(ワダツミ)・海人津見彦と出会い、その力添えを得て討伐に成功する。
学園七不思議編(第10巻 - 第11巻)
夏休みが終わり、二学期が始まった。正十字学園では「七不思議」が流行り出し、悪魔が見えるという人間が急増していた。燐たちは、七不思議の噂の元になった悪魔と戦うことになる。最初は連携がうまくいかず思うように祓魔ができずにいたが、七不思議最後の敵との戦いで小猫丸が叱責したことで各々がチーム内での役割を考えるようになる。一方、世界各地では、「不浄姫」の復活と「悪魔喰い(デーモンイーター)」の出現、人工「虚無界の門(ゲヘナゲート)」発見など、異変が相次いでいた。その背後にあるのは、藤堂も所属する組織、啓明結社「イルミナティ」であった。
島根・イルミナティ編(第11巻 - 第15巻)
正十字学園で年に一度の学園祭が行われる。そんな中、突如として学園に現れたイルミナティ総帥で「光の王」ルシフェルによる騎士團に対する宣戦布告と攻撃が行われる。同時にイルミナティに寝返った志摩廉造の手で出雲が連れ去られてしまう。
塾生たちは攫われた出雲を追って彼女の故郷の島根県稲生に向かう。そこで彼らは出雲の過去や稲生で行われている非道な人体実験を目の当たりにすることとなる。騎士團が混乱しているせいで塾生達は増援を待つことなく敵地に乗り込むことになるが、外道院の策でそれぞれ分断されてしまう。その間に出雲に対して九尾の憑依実験が行われ彼女は狂気にとりつかれてしまうが、燐の活躍で脱出に成功した塾生達が集結し、出雲の母が命をかけて娘を助ける。作戦の失敗で錯乱した外道院は自らに悪魔を憑依させて塾生達を皆殺しにしようとしたが、新たな力を得た出雲によって撃退される。
第16巻
イルミナティと騎士團双方のスパイとして祓魔塾に帰還した志摩に、自分の目のことに対して誰かに相談した方が良いと忠告され、動揺する雪男。そんな中、メフィストのはからいにより、慰労のため「ウルトラ南国の湯」へに行くことになる。
一方、正十字騎士団・本部では上層部円卓会議が行われていた。イルミナティはやはり危険視される存在だった。その後、ライトニングはエンジェルに日本支部へ配属させてくれるように頼み、許可され、日本支部に配属されることになり、ライトニングのことを日本支部にて紹介された時の様子を見ていた勝呂は弟子入りを頼み何とか、許可される。そのころ、雪男は自分の中に潜む「力」を明確にするため命をかけて、その正体を探ろうとしていた。その本質自体はわからなかったものの、「目」が自分を守ろうとしていることは分かった。
雪男と燐はメフィストに突然呼び出され、ある任務を言い渡される。その任務は、「青森まで霧隠先生を捜索しに行け」、というものだった。

登場人物[編集]

「声」は特記無い限りテレビアニメ版の担当声優。「演」は舞台版の担当俳優。

主要人物[編集]

奥村 燐(おくむら りん)
声 - 岡本信彦渡辺明乃(幼少期)、浪川大輔(VOMIC) / 演 - 木村了(2012年)、崎本大海(2014年)
本作の主人公。サタンの落胤(人間と悪魔のハーフ)として生まれた少年。15歳[3]12月27日生まれ[3]。血液型A型[3]。身長173cm、体重63kg[3]。聖十字学園高等部1-D所属。
生まれてすぐ孤児となり、南十字男子修道院で育つ。幼い頃より怪力と生来の粗暴さから「悪魔」と呼ばれ続け、友達もできなかった。猪突猛進かつ短気で粗暴な面が目立つが、明るく温かい性格の持ち主で情に厚い。学力は壊滅的に低いが、手先が器用なゆえ料理が得意であり、その腕前はプロ並みである(弟の雪男曰く、「唯一生産的な趣味」である)。得意料理は好物であるすき焼きなどの鍋料理。
実父・サタンの「青い炎」を継いでいる。普段、炎は降魔剣「倶利伽羅」により封じられているが、鞘から抜くことで封印を解き、全身から炎を発することができる。また、覚醒後は黒く長い悪魔の尻尾と尖った耳や牙などの悪魔の特徴が表れ、自然治癒能力も高まり、致命傷になりかねない傷でも短時間で再生するようになる。悪魔の血が濃いため聖薬類によるダメージを受けてしまう。戦闘能力が強化される半面、その力に飲まれ理性を失う恐れもあるため、祓魔塾での授業の傍ら、炎を制御する訓練も行っている。現在の持ち技は炎の形で斬撃を飛ばす「サタンスラッシュ」と炎で爆発を起こす「サタンボム」、敵に降魔剣を突き刺し体内から炎で焼く「サタンキャンプファイヤー」。悪魔のハーフであるためかクロなど一部の人語を話せない悪魔の言語を理解する能力を持ち、後に悪魔の存在を知覚する能力も感覚的に身に着けている。一方で単純な性格の為か半分悪魔なのにもかかわらず悪魔が使う精神系攻撃には異常に弱く、催眠などには面白いほど簡単にかかってしまう。
サタンに体を乗っ取られた養父・獅郎の死後、正十字騎士團の門を叩き学園へ入学。獅郎の仇を討つと共に「サタンをぶん殴る」ために祓魔師になることを決意し、祓魔塾に入塾。降魔剣を主に武器とするため志望称号は騎士であり、自分を生かした獅郎の正しさを証明するために聖騎士を目指している。夏休みの林間合宿中、アマイモンの奇襲から他の祓魔塾生を守るために、彼らの前で炎を使ったことで正体が露見。騎士團の懲戒尋問に連行されるが、半年後の祓魔師認定試験に合格することなどを条件に不問にされる。素性を知られた当初は出雲と廉造以外の塾生に距離を取られていたが、後に不浄王討伐へ向かう際に全員と和解し、絆を新たにする。勝呂親子の諍いを仲裁した時に炎を出して暴走してしまったため処刑が決定してしまうが、イルミナティの暗躍で騎士團内があわただしくなったこともあり現在は保留となっている。
自己犠牲の精神が強く、頑丈な自らの肉体を盾にスタンドプレーをすることが少なくなかったが、学園七不思議編で子猫丸に諭されたことで、チーム内の切り札としての振る舞いを考えるようになった。また、「『人』の味方でいなければならない」という考えを持っており、出雲編では屍人を殺すことができず苦悩し異形屍人に吸収される危機に立たされてしまうが、助けを求める出雲の声を聴いたことで迷いを吹っ切った。
しえみに好意を抱いているが、当初は彼女が弟を親しげに呼ぶなどしているため好意を向けられているのは自分ではないと思い込んでいた。出雲編後にとある依頼を受けた際にしえみに告白したものの、どちらに対しても友人以上の感情を抱いていないことを知り驚愕する。
奥村 雪男(おくむら ゆきお)
声 - 福山潤藤村歩(幼少期)、木島隆一(VOMIC) / 演 - 戸谷公人(2012年)、井上正大(2014年)
本作の準主人公。燐の双子の弟(二卵性双生児)。中一級祓魔師。取得称号は竜騎士・医工騎士。15歳[3]。燐と同じく12月27日生まれ[3]。血液型O型[3]。身長180cm、体重70kg[3]両利き[4]。聖十字学園高等部特進1-A所属。
眼鏡をかけている。普段は真面目かつ物腰が柔らかで冷静沈着であり、燐とは正反対の性格だが、激昂すると冷静な態度が崩れ素の粗い口調が出てしまう。成績優秀な文武両道の優等生であり、正十字学園特進科に首席で入学している故女子生徒からの人気は高い。その一方で料理のセンスは兄と比べてそれほど高くはない模様。将来の夢は医者になること。身体にほくろが多いことがコンプレックスであり、ほくろが増える悪夢にうなされているほど[3]。また見かけによらず負けず嫌いで悩み事を他人に相談せず一人で抱え込んでしまう面があり、イルミナティの所属を藤堂やルシフェルから勧誘されている件に関しても誰にも相談せず、そのことをシュラや志摩に忠告されている。何事も抑圧する生真面目な態度なため、シュラから「悪魔落ちしやすいタイプ」と指摘され、悪魔落ちした藤堂から誘惑されている。
出生時に悪魔である燐から魔障を受けたため、物心つくころには悪魔が見えていた。その為、何も知らずに育った燐とは違い、幼少の頃に燐と自分がサタンの落胤であることを知らされ、獅郎から祓魔師になることを勧められる。 祓魔師になったのは悪魔たちから燐を守るためであり、今もその思いは変わらず養父の死後はより一層その決意を固くした。7歳から祓魔を学び、13歳にして史上最年少で祓魔師の称号を獲得。戦闘では主に二丁拳銃を駆使し戦う。メフィスト曰く「対・悪魔薬学の天才」で、高校1年生時より祓魔塾で対悪魔薬学の講師を務めている。魔法弾を利用した即興の悪魔召喚もできるが、自身では手騎士の才能はないと評している。シュラは姉弟子に当たるが散々からかわれたため苦手にしている。
身体が弱く未熟児として生まれたためサタンの力を受け継いでいないらしく、一応検査などは受けているが、現時点では異常は無いという。しかし藤堂との戦闘の最中に目が変化し、視界が青くなるという異変が起き、以降も死の危険が迫ると内に宿る何かが自身の身を守るようになる。出雲編にてルシフェルからは潜在的な能力があると悟られ、イルミナティへの勧誘を受けることとなる。その際に「君は弱い」と告げられたことで焦りを見せ始め、燐の心配を突っぱねて自身の能力の正体を探るため周囲には黙って危険な実験を繰り返すようになる。
藤本 獅郎(ふじもと しろう)
声 - 藤原啓治安原義人(VOMIC) / 演 - 今井靖彦(2012年)、和興(2014年)
本作のキーパーソン。南十字男子修道院の神父で、燐と雪男の育ての親。享年51[3]
正十字騎士團日本支部所属の上一級祓魔師であり、最強の称号「聖騎士」を持つ。雪男の前任として祓魔塾で対悪魔薬学講師を務めていた。5つの称号全てを取得しているほか、医師免許も所持している。戦闘では主に銃火器を使用していた。口よりも先に手が出るタイプ。
世界中で唯一サタンの憑依に耐えうる可能性を持っていたため、常にサタンに身体を狙われていたが、それを強靭な精神で15年間防いできた。物語序盤で覚醒してしまった燐を虚無界の追手から守ろうとしたが、燐との諍いから心を乱しサタンに体を乗っ取られてしまう。しかし燐が虚無界へ連れ去られるのを防ぐため、最期は自ら命を絶った。
メフィスト・フェレス(Mephisto Pheles)
声 - 神谷浩史大川透(VOMIC) / 演 - 永田彬RUN&GUN)(2012年)、汐崎アイル(2014年)
本作の狂言回し。獅郎の友人で、燐と雪男の後見人。正十字騎士團日本支部長。「名誉騎士」の称号を持つ祓魔師。正十字学園の理事長を務めており、表向きにはヨハン・ファウスト5世と名乗っている。祓魔塾の塾長でもある。
ピエロを思わせる奇妙な白いスーツやマントを纏っている。スコティッシュ・テリア風の小型犬を初めとした様々な動物に変身する能力を持つ。お茶目で遊び好きな性格であり、サブカルチャー全般が趣味のオタク。騎士團員には主に「フェレス卿」と呼ばれる。女風呂を平然と覗き、学園祭で起きる男女の悲喜交々を観察して楽しむなど、学校関係者とは思えないほどに悪趣味。アレルギー体質らしく、腐の眷属、特に菌類に憑依する悪魔が苦手で近づくとクシャミが止まらなくなる。
獅郎亡き後、祓魔師になると宣言した燐を受け入れ、正十字学園に入学させる。一方でネイガウスやアマイモンをけしかけるなど、不穏な動きも見せる。彼の目的は謎に包まれており、その考える所は誰にも分かない故に、騎士団からも警戒されている。真の目的は兄であるルシフェルに勝つことにあり、出雲編後に手駒である塾生たちの成長を促すため強制的に試練を与えていることを公表した。
その正体は虚無界を捨てた悪魔で、「八候王(バール)」の一人「時の王」サマエル(砂漏天)。虚無界の第二権力者であり、時間と空間を司る。200年にわたり騎士團に協力している。かつては「ロキ」「トリックスター」「ワタリガラス」とも呼ばれており、「メフィスト・フェレス」はここ200年ほど使っている名前だという。悪魔としての力は非常に強大で、瞬間移動時間停止といった魔法のような能力を複数使うことができる。燐のことを「我らの小さな末の弟」と呼んでおり、彼自身もサタンの息子の一人であり燐にとっては異母兄に当たる。自身が悪魔であるということは騎士団内では公然の秘密であり、燐のように事情に疎いもの以外はたいていその事実を知っている。

祓魔塾生[編集]

宝ねむを除き、全員初登場時15歳(高校1年生)。

杜山 しえみ(もりやま しえみ)
声 - 花澤香菜 / 演 - 中島愛里(2012年)、富樫あずさ(2014年)
本作のヒロイン。祓魔塾生の少女。雪男が贔屓にしている祓魔師用品店の娘。聖十字学園高等部1-B所属(2学期より)。
人見知りが激しい赤面症で、天然かつ世間知らずでおっとりとした性格だが、芯は強い(出雲曰く「ごん太」「雑草」)。生まれてこの方着物しか着たことがなかった[3]。雪男とは彼が祓魔師になった当時からの知り合いで、彼に「雪ちゃん」という愛称をつけた。家が用品店ということもあり、植物や薬草の知識は豊富だが、独自に名付けた名称で覚えているため、塾の筆記試験の点数は低かった。もう一度正式名称で覚えなおしてからは満点を取っている。料理は不得意でほぼ草の味しかしないが、食べると強力な魔除け効果を発揮する。例外的にハーブティーを淹れるのだけはうまい。着物ではわかりにくいが、スタイルは良い。
大好きな祖母から聞いていた「天空の庭(アマハラのにわ)」[注 1]に行くことを夢に見ていたが、外出している間に祖母が事故死してしまい自分のせいで祖母を失ってしまったと後悔する弱みに付け込まれ、「山魅」に寄生された。魔障を受けて足が不自由になり、母と仲違いをしてしまっていた。だが燐や雪男の尽力により開放され、歩行機能を取り戻し母親とも和解することができた。
中学時代は体が弱く、学校もまともに通えていなかった。燐との出会いがきっかけとなり、自分を鍛えるために正十字学園の祓魔塾に入ることになる。医工騎士と手騎士の素質を持ち、緑男(グリーンマン)の幼生を使い魔として使役している。入塾直後は自分のことで手一杯だったが、燐の苦悩などを目にしたことで人間的にも徐々に成長していく。高校には通っていなかったが、雪男に密かに勉強を教わり、2学期から正十字学園に中途入学する。
奥村兄弟から恋愛的な好意を寄せられている節があり、両名には友人としての好意しか持っておらず朴にどちらが好きか問われた際に「私にはまだ恋愛は早い」と発言していたが、ある依頼の際に燐から告白されたことで意識し始める。
勝呂 竜士(すぐろ りゅうじ)
声 - 中井和哉高木礼子(幼少期) / 演 - 友常勇気(2012年)、伊阪達也(2014年)
祓魔塾生の少年。志望称号は竜騎士・詠唱騎士。聖十字学園高等部特進1-A所属。
京都の由緒ある寺の息子で、京都弁を話す。廉造と子猫丸には「坊(ぼん)」とよばれている。長身でガタイがよく、不良じみた外見(金のメッシュ入りの髪、耳に複数のピアスなど)をしている。それとは裏腹に、成績優秀で真面目かつ努力家。雪男同様、奨学金を得て正十字学園へ入学し、両親の反対を押し切り祓魔塾へと入った。
記憶力が良く、塾での成績は優秀。感情的になりやすい面もあり、初期のころは燐や出雲とよく衝突していた。高い記憶力から詠唱に頼りすぎるという悪癖もあり、子猫丸から「ワンパターン」と指摘されたこともある。竜騎士としての訓練も受けており、出雲編からは実戦でのバズーカ砲の使用許可を得ている。
明陀宗座主血統の家に生まれ、「青い夜」の生き残りである達磨を父親に持つ。青い夜以降、竜士の生まれ育った寺は「祟り寺」と呼ばれ衰退してしまった。そのため、サタンを倒し寺を再建することを志している。達磨の行動や態度に反感を持っていたが、全ての秘密が明らかになった後、達磨から使い魔・伽樓羅を受け継ぐ。
正十字学園祭の夜に明らかになったイルミナティの宣戦布告と、廉造の裏切りに誰より衝撃を受け、いざという時は彼との心中も辞さないほど深く苦悩する。しかし燐の励ましに心を落ち着け、イルミナティ因縁の地である島根の稲生へ旅立つ。廉造が祓魔塾に復帰してからも完全には信用することができずにいるが、対話を重ねるうちに本質は変わっていないと安堵も覚えている。
不浄王編以降門徒がそれぞれの道を歩むようになり、「門徒を再びまとめる」という目標とそれに付随する打倒サタンの野望を失い、座主の血筋にある者として今まで行ってきた努力が意味をなさなくなったのではないかと懊悩し続けていたが、出雲編後に講師として赴任してきたライトニングの才気に惚れ込み弟子入りを志願する。ただし、ライトニング自身が物を教えることが苦手なので普段はマネージャーのような仕事をしながら近くで技術を盗むような形となっている。なお、弟子入り以来髪を短くして染髪もやめている。
志摩 廉造(しま れんぞう)
声 - 遊佐浩二 / 演 - 渡辺和貴(2012年)、前内孝文(2014年)
祓魔塾生。志望称号は詠唱騎士→騎士・手騎士。聖十字学園高等部1-C所属。
明陀宗僧正血統である志摩家の五男坊で、男兄弟の末っ子。髪をピンクめいた茶髪に染めている[5]。京都弁を話す。詠唱騎士志望だが記憶力は悪いため経典はあまり覚えておらず、戦闘時はキリク(錫杖)を使う。幼少期の所業から明陀育ちの幼馴染たちからも少々他人行儀に扱われており、他の塾生たちと同じく名前ではなく名字で呼ばれている。
飄々とした性格で、面倒臭いことを嫌う。自他ともに認める女好き。虫が大嫌い。燐ほどではないが勉強は苦手。普段はおちゃらけているようだが腕は本物で、一廉の祓魔師しか扱えない筈の明王級の悪魔を使役するなど、潜在能力は計り知れない。燐の素性を知った後も、出雲同様普通に接する。幼いころに孤児となりそれ以来養育してもらった恩を感じている子猫丸と異なり、明陀宗の絶対的な上下関係に倦んでおり、明陀(を含む宗教)に纏わる全てを忌み嫌っている描写が度々ある。
その正体はメフィスト配下の密偵。聖十字学園に入学する少し前に勧誘を受け、二重スパイという形でイルミナティ諜報員として組織に所属、出雲の監視として聖十字学園にスパイとして派遣される。この事実を知るのは家族とメフィストのみ(後に塾生も知ることとなる)で、詳しい任務内容については今やメフィストに限られる。学園祭の際、組織から出雲の拉致を命令されこれを成功させる。そして自身の正体を祓魔塾生達に明かした後、「これからは人を殺す覚悟を持たなければならない」と自身を連れ戻そうとする燐に言い放ち聖十字騎士団から離反。やがて出雲を取り戻しに研究所に侵入した祓魔塾生達を迎え撃った。
出雲編後、イルミナティからの指示で双方のスパイとして学園に帰還、祓魔塾にも復帰する。ただし、経緯が経緯であり復帰後も真面目な回答を避けているため他の塾生たちとの関係はいまだにギクシャクしているが、様々なしがらみにとらわれずに自由にふるまえる現状を楽しんでいる。また、自分の将来についても再考するようになり、詠唱騎士志望をやめ騎士と手騎士を目指すことを決めた。
三輪 子猫丸(みわ こねこまる)
声 - 梶裕貴 / 演 - 丸山隼(2012年)、丸若薫(2014年)
祓魔塾生の少年。志望称号は詠唱騎士。廉造と同じく、竜士の父親の弟子。聖十字学園高等部1-A所属。写経愛好会に籍を置く。
明陀宗僧正血統である三輪家の現当主。「青い夜」で身寄りを失っており、自身を引き取ってくれた竜士の寺に対して恩義を感じている。
状況把握・指揮能力に長けており、まとめ役としての能力が高い。竜士からは参謀向きと評されたため、学園七不思議編以降は騎士團の祓魔記録を自分用にまとめた悪魔ごとの戦闘データの分類をはじめ、出雲編以降、悪魔の画像情報から弱点や致死節を検索できるアプリを作るためにシステム開発の勉強を始めた。近接武器として独鈷を所持している。
小柄な体型(背の低さを気にしている)と坊主頭、大きい眼鏡が特徴。心優しく温和な性格。風呂好き。おとなしく見えるが、行動力はある。京都弁を話す。猫好きで、マイ猫じゃらしを常に携帯している。また、写経愛好会の部長に誘われる形で塾生の中では唯一正規の方法で学園祭のダンスパーティーに参加した。
竜士同様、廉造の裏切りに狼狽えショックを受けていたが、「幼い時分から見てきた志摩を信じる」と己を奮い立たせ、イルミナティの因縁の地である島根の稲生へ旅立つ。京都の一件で廉造が不浄王に立ち向かった姿を見ていたため、彼の復帰後は信用する姿勢を見せている。
神木 出雲(かみき いずも)
声 - 喜多村英梨 / 演 - 鉢嶺杏奈(2012年)、はねゆり(2014年)
祓魔塾生の少女。聖十字学園高等部1-A所属。
平安時代の貴族のような眉(まろまゆ)が特徴。手騎士の才能を持ち、一度に上級の白狐を2体召喚することができる。
自信家で気が強く、他人を見下す辛辣な言動が目立つ。だが根は律義で、ツンデレの気がある。本人は隠そうとしているが、猫をはじめかわいいもの好き。幼い頃から悪魔が見えていたことを隠さなかったために周囲から気味悪がられていたが、そんな彼女に唯一話しかけた朴が初めての友達となった。しえみに「お友達になって欲しい」と言われても内心ではそれを認めず、自分の要求に反抗しないことを理由にパシリとして扱っていた。陰口を言われ孤独だった経験から燐の素性を知っても敬遠せず普通に接していた。朴のことは大事に思っていたらしく、朴が塾を辞めるときには動揺し、しえみに対する態度を指摘されたことで嫌われたと誤解していた。
悪魔との混血の血筋を持つ[注 2]島根の稲生大社の神職の家系の出身。母・玉雲と妹・月雲の三人家族(母子家庭)で暮らしていたが、本家の妾腹の立場故、父を含む本家筋の人々からは冷遇され、また母が精神的にも頼りない女性だった為、人一倍の独立心を持ち馬鹿にされまいと強気な振舞いをするようになった。
母が愛人としての立場を自覚せず、父である本家の当主への色欲に狂ったことが原因で母に九尾が取り憑き、絶体絶命の危機に陥りイルミナティに救われたことから、エリクサーの実験体として人質の身となる。母の代わりの実験体としてストックされている立場であり、祓魔師を目指したのは手騎士の資格を取得することで神降ろしの儀式が可能となり、自分が母の身代わりとなることで妹を実験体にさせないためであった。九尾に取り憑かれた母に攻撃され、自分を助けようとしたイルミナティのマリアが目の前で殺されたりと壮絶な過去から、他人を頼り信用することを恐れている。
しかし、外道院の実験が進み手騎士の資格を取得しなくても強制的に神降ろしが可能となったことでイルミナティに攫われ囚われの身となる。監禁場所から逃走を図り廉造と交戦した折に幼少期からの親友だったミケとウケを喪い(後に生存が判明)、自棄になって救出に来た燐の手を払いのけてしまう。そして適合率が低下していたにもかかわらず九尾を自身の肉体に憑依させることとなり、暴走状態となるが母に救われる。母との死別を乗り越え、外道院を倒すことを決意した際、意識が変わったこともあり、印章紙なしでの悪魔召喚を成功させた。九尾による暴走直前に塾生たちに親愛の情を抱いていることを自覚し、いろいろと吹っ切れたこともあって以前より人当たりがよくなった。
第一回人気投票では本誌で発表されたものとファンブックで発表された組織票無しのものと、どちらもヒロインのしえみを退けて女性キャラクターでトップに立った。
宝 ねむ(たから ねむ)
声 - 代永翼井上剛(パペット)
祓魔塾生の少年。パペットを使い、腹話術で話す。塾生たちの輪には加わらず、言葉もまともに発しない。高慢な性格で毒舌家。志望称号は手騎士[6]
あらゆる人形を召喚し操ることができる「傀儡師(パペットマスター)」[6]。本人曰く、称号こそ持っていないが、並の祓魔師のレベル以上の実力を持つという[6]
大手玩具会社「宝ホビー」の社長子息[7]。燐たちより1学年上級だが、正十字学園・祓魔塾へは2年から編入してきた[7]。なお、タカラグループはメフィストの持ち物(の一つ)である。

祓魔塾講師[編集]

霧隠 シュラ(きりがくれ シュラ)
声 - 佐藤利奈 / 演 - 杉本有美(2014年)
上一級祓魔師の女性。正十字騎士團ヴァチカン本部の上級監察官にして聖天使團の一員。取得称号は騎士・手騎士・医工騎士・詠唱騎士[8]。自称18歳だが実際は約26歳。青森県永久蛇市出身。霧隠流忍術の伝承者である忍者。代々龍神「八郎太郎大神」と契約している家系の末裔。獅郎の弟子で、雪男とはその頃からの付き合い。
上半身はビキニの上にジャケット、下はショートパンツという露出の多い服装で、胸元から臍周りにかけて刺青がある。Fカップの巨乳[8]。「八俣遠呂」と彫られた胸元の刺青から八郎太郎大神から授けられた魔剣「牙」を取り出し、剣術で戦う。与えられた任務はそつなくこなすが非常にマイペースな性格で、堅苦しいことが苦手。かなりの酒豪で酒癖が悪い。八郎との契約のため燐ほどではないが治癒能力が高く、永久蛇湖に近ければ重傷をおっても傷跡も残さず治癒する。
物心ついた時にはすでに母はなく、幼少期は八郎と修行に明け暮れる毎日を送っていた。18年ほど前、人里に下りて悪さをしていた時に獅郎に捕まり、彼が八郎を一蹴したのを見て惚れ込み着いていくことを決めた。当時は名前もなかったが、阿修羅のような雰囲気から「シュラ」と名付けられた。なお、この事件は山姥によるものということで処理され、シュラはこの時に保護された子供ということになっている。保護されてからしばらくは獅郎の元で生活していたが、ある時期に養護施設へ引き取られて彼から「捨てられた」と思い10代後半の頃はかなり荒れていた。祖先が交わした契約で30歳までに死ぬことが決まっていることから「強くなること」と「子を為すこと」以外の目標を持てず、大切なものや未練を作らないように生きていた。
獅郎の死後、ヴァチカンから「日本支部が隠しているサタンにまつわるものの調査および排除」という命を受け、素性を隠して「山田(やまだ)」と名乗り、祓魔塾生として潜入調査をしていた。一度は燐を始末しようとするが、燐の強固な意志を知ったことで処分を保留とした。監視を継続しながら、燐への剣術指南のため祓魔塾教員の職に就き、燐を弟子として扱い、剣などの修行に手を貸している。
不浄王編では増援部隊の隊長として京都へ向かい、京都出張所の面々と協力して事態に対処した。学園祭の警備中に熾天使の爆発が直撃して重傷を負い入院していたが、再生能力のおかげですぐに退院。八郎からイルミナティが自分の周囲を探っていると相談を受け故郷の青森に向かう。八郎から子をなすよう強要されており彼への抵抗として子を為さずに死ぬつもりでいたが、雪男の策略により代々の契約を破棄することに成功する。
イゴール・ネイガウス (Igor Noihaus)
声 - 置鮎龍太郎 / 演 - 中原裕也(2012年)、萩野崇(2014年)
祓魔塾講師(魔法円・印章術担当)。上一級祓魔師[8]。取得称号は手騎士・医工騎士・詠唱騎士[8]。39歳[8]。アニメではポーランド出身。
左目に眼帯を着けた男性。屍系の悪魔を数多く従えており、両腕に魔法円の刺青を刻んでいる。屍や屍人の研究分野では第一人者とされている。得物は巨大なコンパス。「青い夜」の生き残りの一人であり、その際サタンに取り憑かれ、自身の左目と同時に家族をも失った。サタンを含む悪魔を憎悪している。
メフィストの命で燐を襲うが、失敗に終わった。現在は講師を停職処分中[8]で、行方不明という扱いになっている。
椿 薫(つばき かおり[注 3]
声 - 大黒和広
祓魔塾講師(体育・実技担当)。中級祓魔師の男性[注 4]。所得称号は竜騎士・医工騎士[9]。授業よりも私事(女性関係)を優先するなど、教師としては問題がある。
湯ノ川 ススム(ゆのかわ ススム)[9]
声 - 西健亮
祓魔塾講師。天然パーマと思われる髪型とメガネ、無精ひげが特徴的な男性。所得称号は竜騎士・医工騎士[9]で、担当教科も魔障に関するものである。
足立 輝総(あだち てるふさ)[9]
声 - 小山武宏
祓魔塾講師(悪魔歴史学担当)。所得称号は医工騎士[9]。メガネを掛けた禿頭の老年男性。
佐藤 慎一(さとう しんいち)[9]
声 - 武田幸史
祓魔塾講師。「情報管理部」所属。所得称号は竜騎士[9]。目の細い男性。
アンジェリーヌ・牧(あんじぇりーぬ まき)[9]
声 - ゆきじ
祓魔塾講師(聖書:経典暗唱術担当)。「ザーマス」語尾が特徴のふくよかな女性。所得称号は詠唱騎士[9]

正十字騎士團[編集]

アーサー・オーギュスト・エンジェル (Arthur Auguste Angel)[注 5]
声 - 小野大輔
現「聖騎士(パラディン)」。ヴァチカン本部勤務の上一級祓魔師。シュラの上司。イギリス人とフランス人のハーフ。日本語を含む8か国語を話す[10]。30歳[11]
魔剣「カリバーン」(声 - 東山奈央)を振るう。「聖天使團(エンジェリックレギオン)」という部隊を率いる。
聖人のように振舞うが、反悪魔主義者であるため彼らに対しては全く容赦はない。実力は非常に高く、200人がかりでようやく祓魔出来た不浄王にも引けを取らない存在である不浄姫を一太刀で切り伏せた。一方で頭脳戦はあまり得意ではないらしく、込み入った戦闘のサポートはライトニング辺りに任せている。天然で冗談が通じず、ライトニングの皮肉もよく理解していない。
ルーイン・ライト (Ruin Rite)
「四大騎士(アークナイト)」の一人。上一級祓魔師[11]。所得称号は騎士・手騎士・手騎士二種・竜騎士・医工騎士・詠唱騎士。通称「詠唱・召喚儀式の達人(ライトニング)」。34歳[11]。聖天使團の一員で、元聖騎士候補の一人。アメリカ人。皮肉屋で策謀家。風呂や片付けが苦手で、基本的にいつも不潔。普段から飄々とした態度をとるが、一方で目的のために外道と呼ばれるような策を平然ととる冷徹な面もある。
超上級悪魔を略式詠唱で召喚し、オリジナルの致死節を開発するなどその通り名に恥じない実力者である。凄惨な過去や英雄願望などは一切持っていないとのことで、戦う理由はこの世界が好きだからというもの。悪魔に対して変態じみた執着心を持つため、メフィストからは苦手意識を持たれている。
出雲編後、イルミナティの諜報員である廉造を尋問するため来日。対イルミナティのため組織としては防御に徹することを進言する一方で、今後日本が事態の中心となると推測し魔法円・印章術の担当講師として日本支部に赴任する。
ドラク・ドラグレスク
「四大騎士」の一人。ルーマニア支部所属。K.R.C研究所所長。
オセオラ・レッドアーム
「四大騎士」の一人。メキシコ支部所属の監視官(サーヴィランス)。
ルーシー・陽(ルーシー・ヤン)
「四大騎士」の一人。中国支部所属の監視官。
三賢者グリゴリ
声 - 甲斐田裕子(カスパール)、保村真(バルタザール)、丸山詠二(メルキオール)
正十字騎士團最高顧問。顔を隠した3人の人物。原作で名前が判明しているのはシェミハザのみ。アニメでは女性の声をしたカスパール、男性の声をしたバルタザール、老人の声をしたメルキオールの3人[12]
ティモテ・ティモワン
声 - 中博史
騎士團法執行部長。メフィストの懲戒尋問で尋問官を務めた。
ブルギニョン
声 - 飯島肇
アーサーの部下の祓魔師。スキンヘッドで眼鏡を掛けている。
ユリ・エギン
声 - 林原めぐみ
燐と雪男の母親とされる女性。下二級祓魔師。三賢者が名を口にしたのみで、詳細は不明。
土井 龍之介(どい りゅうのすけ)
京都出張所職員。取得称号は詠唱騎士・竜騎士[9]。京都遠征に来た団員たちを案内した。
第1回人気投票では端役中最高順位の13位を獲得した。
山上(やまがみ)
聖十字騎士団団員。所得称号は騎士・医工騎士[9]。濃い顔だがオカマ口調。
木下(きのした)
聖十字騎士団団員。所得称号は医工騎士[9]。女性。
川中(かわなか)
聖十字騎士団団員。下一級祓魔師[13]。所得称号は手騎士・医工騎士[9]
ターセム・マハル[9]
左目奪還部隊隊長。所得称号は騎士。
チェルシー・アップルビー[9]
左目奪還部隊隊員。所得称号は騎士。
斉郷 ブラト(さいごう ぶらと)[9]
左目奪還部隊隊員。
三菱 サイラス(みつびし さいらす)[9]
左目奪還部隊隊員。

明陀宗[編集]

勝呂 達磨(すぐろ たつま)
声 - 稲垣隆史 / 演 - 大橋一三(2014年)
明陀宗頭首であり、17代目座主。竜士の父。僧位は大僧正。騎士團には所属しておらず、祓魔師の称号も持っていない。当主らしかぬ行動と放蕩ぶりに不信感を抱く者も多く、陰で生臭坊主と呼ばれている。
16年前に藤本と面識を持ち、病に臥せっていた妻を救われた。彼の人格を信頼して家族や門徒には秘密で本尊の降魔剣を譲渡している。「青い夜」の日、明陀宗座主が代々使役する使い魔・伽樓羅と、不浄王にまつわる秘密を父から受け継ぐ。それらを自分の代で断ち、絶対に次の世代には継がせないと誓っており、周りからずっと遠ざけていた。
藤堂の暗躍により自身も密かに行動を起こし降魔堂にて迎え撃つが、復活した不浄王を止めるため劫波焔を使用した隙を突かれて首を刺され重傷を負う。伽樓羅の応急処置のおかげで一命は取り留めたものの体力を大幅に消耗、その後駆けつけた竜士に不本意ながら伽樓羅を託す。不浄王討伐後は柵もなくなり、自分たちを今まで支えてくれた妻を助けようと虎屋で働き始めた。
勝呂 虎子(すぐろ とらこ)
竜士の母。虎屋旅館の女将として、立ち行かなくなった寺の経営を陰から支えてきた。
志摩 八百造(しま やおぞう)
演 - 内堀克利(2014年)
京都出張所所長。上一級仏教系祓魔師。取得称号は騎士・詠唱騎士[14]。僧位は僧正。廉造ら五男二女の父[14]。53歳[14]。硬派で実直な性格[14]
右目の封印が解けかけた際に瘴気を浴びたため菌糸に肉体を蝕まれ、不浄王との決戦でも体調不良を押して門徒たちの指揮を執っていたが、燐が放った「火生三昧」によって浄化され健康体に戻った。
志摩 柔造(しま じゅうぞう)
声 - 遊佐浩二(劇場版) / 演 - 荒川泰次郎(2014年)
八百造の次男。京都出張所祓魔一番隊隊長[14]。上二級仏教系祓魔師。取得称号は騎士・詠唱騎士[14]。25歳[14]
長男が死亡したため、志摩家の跡継ぎとなった。短気で熱血な性格[14]。密かに裏切り者を探っており、内通者が蝮であることを突き止める。藤堂の介入で蝮の確保に失敗してからは父に命じられて達磨を尾行、降魔堂で不浄王の復活を目の当たりにする。金剛深山の決戦では、雪男と協力して藤堂と相対した。宝生家とは犬猿の仲だったが、不浄王討伐後、蝮との結婚を宣言した。
志摩 金造(しま きんぞう)
声 - 遊佐浩二(劇場版) / 演 - 村田洋二郎(2014年)
八百造の四男。京都出張所警邏二番隊隊員[14]。中二級仏教系祓魔師[14]。取得称号は騎士・詠唱騎士[14]。20歳[14]
金髪が特徴。かなり感情的で喧嘩っ早く、気性の荒い人物。「入滅ストライダー」というバンドのボーカルも努めており[14]、一部のコアな人たちからは高い評価を受けている。なお、ライブの会場には明陀宗関係者が多く観覧に来るため、懇親会のような状態になる。
宝生 蟒(ほうじょう うわばみ)
京都出張所深部部長。上一級仏教系祓魔師。僧位は僧正。取得称号は手騎士・詠唱騎士。
宝生 蝮(ほうじょう まむし)
演 - 綾那(2014年)
蟒の長女。京都出張所深部一番隊隊長[14]。中一級仏教系祓魔師。取得称号は手騎士・詠唱騎士[14]。24歳[14]
明陀宗には強い愛着を持つ。学生時代にもう1つの不浄王の目の存在を藤堂から告げられ、それ以来達磨に対して不信感を抱くようになる。信じていた恩師の裏の顔は知らずに騙され、不浄王の右目奪取に協力してしまい、用済みになって切り捨てられそうになったところを達磨に救われる。不浄王の右目を自分の身体を以て運んだために右目を失い、多くの被害を出してしまったために騎士團を除名、称号の剥奪という処分を下される見込み。不浄王討伐後、柔造と婚約する。
宝生 錦(ほうじょう にしき)、宝生 青(ほうじょう あお)
蟒の娘で、蝮の妹たち。両名とも取得称号は手騎士[9]。京都出張所の深部を守る職務に就いている。姉同様、志摩家とは犬猿の仲で、外見も酷似している(錦の方が目つきが悪い)。
柳葉魚 春多(ししゃも はるた)、鳴海 一(なるみ はじめ)、南 ちか(みなみ ちか)、熊谷 繁道(くまがい しげみち)、千草 眞人(ちぐさ まさと)
京都出張所職員。全員詠唱騎士資格所得者で、加えて柳葉魚と鳴海は騎士を、熊谷は医工騎士を所得している[9]

イルミナティ[編集]

ルシフェル
イルミナティ総帥。「八候王」の一人で、「光の王」。虚無界の実質的な最高権力者。人間の男性に憑依しているが依り代が劣化しているため非常に衰弱している。
一年以内にサタンを復活させるべく行動を起こし、各地の正十字騎士団を襲撃し宣戦布告する。
藤堂 三郎太(とうどう さぶろうた)
演 - 吉岡毅志(2014年)
日本支部最深部部長。元祓魔塾講師(魔法円・印章術担当)[14]。上二級祓魔師。取得称号は手騎士・医工騎士・詠唱騎士[14]。55歳[14]
代々祓魔師を輩出する名家・藤堂家の出身。周囲の人間によって定められた人生に疑問を持ち、悪魔落ちする。最深部から「不浄王の左目」を盗み、蝮を口車に乗せて京都出張所の「右目」も盗ませ、2人で逃亡した。降魔堂で達磨と戦い、その最中に不浄王を復活させる。しかし、彼の真の狙いは不浄王の復活ではなく、不浄王を封じていた伽樓羅であった。達磨の使い魔の伽樓羅を喰らい、自らの身体に強制的に憑依させる。雪男との対決では圧倒的な力で増援をも蹴散らしたが、自身の能力を完全に把握し切れていなかったこともあって思わぬ反撃に遭い、痛み分けに近い形で撤退を許した後は姿をくらました。
伽樓羅の力を得たことで強力な炎を操る能力を得ている。再生力は非常に高く、多少の傷は即座に回復するうえ、火属性の攻撃はほぼ効かない[15]。一方で水属性には弱く[16]、火属性攻撃を過剰に受けると容量オーバーを起こすという欠点がある。再生中は肉体が灰となっているため、豪雨の中などでは肉体が流されてしまう危険性もある[15]。なお、憑依の影響で外見年齢は20代前半のころまで若返っている[17]
外道院 ミハエル(げどういん ミハエル)
イルミナティ極東研究所の最高責任者。眼鏡をかけており、天然パーマや肥満体型、下品な笑い方が特徴の初老男性。ルシフェルと自分以外の者を見下しており、差別的な言動が目につく。また、ナルシストであるらしく、自身を美形だと思い込んでいる節がある。
悪魔と比喩されても過言ではないほどの極悪非道なマッドサイエンティスト。純然たる人間でありながら「他の動物を自分たちが生きるために科学実験で使う」という理由で人間を嫌悪しており「自分のことは自分で始末すべき」という思想から人体実験を正義と過信している。
5年前、殺生石を操る神木家に目をつける。そして九尾復活という絶好の好都合を利用し九尾に憑依された玉雲を捕らえ、不死の妙薬「エリクサー」を開発するために彼女を実験台に使う。その後、玉雲が実験体としての価値を失ったことから志摩をつかい出雲を連れ戻し、彼女に九尾を強制憑依させる準備を進める。しかし祓魔塾生たちが研究所に侵入したことと、出雲が稲荷の神の加護をほとんど失ったことで九尾との適合率が大幅に下がったことに動揺し、異形屍人を使い祓魔塾生たちを殺害しようとするも失敗。さらに玉雲が出雲を助ける為に自身に再び九尾を憑依させそのまま息絶えたことで実験は完全に失敗に終わる。追い詰められた彼は自身に食屍鬼を憑依させ、巨大な顎と触手の下半身を持ちエリクサー由来の強力な再生力を有する異形の姿に変わり、祓魔塾生たちの抹殺を図ったが出雲の「鎮魂の祓い」をくらい敗北。廉造に回収され炭化した状態から蘇生したものの、独断での行動が目につきすぎたため「愚かで浅ましく残虐な普通の人間」と断じられルシフェルの手にかかり粛清された。
志摩の上役(本名不明)
志摩の上司。眼鏡をかけ、金色のメッシュの入った黒髪が特徴の女性。性格は沈着冷静で、外道院とは折り合いが悪い。
吉田 マリア (よしだ マリア)
5年前にイルミナティに所属していた女性隊員。穏和で優しくかつ人道的な性格故に、組織内では唯一出雲の味方と言える存在。
エリクサー実験の非人道性から組織を見限り、極秘裡に月雲を養子に出し、エリクサー実験の試料を盗んで出雲と共に組織から抜け出そうとするも、出雲が自身の指示を聞かず脱走を図ったことで裏切りが露見。命乞いとしてイルミナティへの忠誠心を示すが、外道院にエリクサー実験の注射を首に刺され、苦しみ悶えながら絶命する。

その他の人物[編集]

白鳥 零二(しらとり れいじ)[12]
声 - 伊藤健太郎
不良グループのリーダー。燐が面接に行く途中、悪魔に憑依された姿で現れ彼を襲うが、獅郎に倒された[注 6]。その後は無事に聖十字学園に進学したものの、燐も同じ高校に通っていることを知り恐々としている[9]
朴 朔子(ぱく のりこ)
声 - 高梁碧 / 演 - 指出瑞貴(2012年)、中島愛蘭(2014年)
聖十字学園高等部1-B所属。出雲の親友にして、彼女の最大の理解者。おおらかで優しい性格の持ち主。出雲に連れられ祓魔塾に入るが、周囲についていけず、途中で塾を辞める。現在は高校のみ通いながら、出雲やしえみと交流している。
醐醍院 誠(ごだいいん せい)[10]
燐の高校でのクラスメイト。夏休み明け頃から悪魔が見えるようになり、怯えていたところを、燐と知り合う。のちに燐の友人となる。
神木 月雲(かみき つくも)
出雲の妹。玉雲が暴走した際、彼女のスペアとして出雲と共にイルミナティに囚われていた。
マリアの手で養子に出されてからはタカラコンピュータエンターテイメント社長の養女として引き取られる。現在は宝 つきこと名乗っており、ねむとは従兄妹の関係にある。出雲と離別したのが3歳で、以来5年間一度も会っていなかったこともあり姉がいたことはすでに覚えていない。
神木 玉雲(かみき たまも)
出雲の母で本家当主・稲神宗爾の愛人。神木家六十四代目宮司。白狐を複数同時に使役するなど神通力については歴代で最高とされていたが、普段から家事は狐神たちに任せていた。明るい性格をしているが、辛いことがあると実娘の出雲や月雲に泣きつくほどに性根は幼稚。一方、出雲名義でそれなりの額(セレブ私立である聖十字学園に十分通えるだけの金額)の銀行口座を用意している[18]などしっかりしたところもあった。
本家当主との関係がうまくいかなくなったことがきっかけとなり九尾に憑依され暴走し、イルミナティに捕らえられ、外道院によるエリクサー実験の実験体として使われこととなり、かつての美しい姿は見る影もなく痩せ衰え、体中の皮膚が壊死した無残な姿となる。エリクサーに加え「選ばれし者」の技術をも確立させたが実験体としての価値を失い、代わりに出雲が呼び寄せられる。九尾に憑依された出雲を救うために、再び自身の体に九尾を憑依させ、大切な娘である出雲を母として守れたことに満足しながら息絶えた。
霧隠 辰子(きりがくれ たつこ)
初代は霧隠流忍術を興した元伊賀忍者でシュラの祖先。自分を嗤った者たちを見返したいと抜け忍になり、追手との戦いで深手を負いながら永久蛇湖までたどり着くがその地を縄張りとする八郎太郎大神に遭遇、戦いの末に敗北する。しかしその生き様を美しいと感じた八郎と契約を交わすこととなり高い再生能力と魔剣「牙」を得るが、八郎が「老いて弱る姿を見たくない」と考えたことでその代償として自分だけでなく子孫も30歳で寿命を迎えるという呪いを受け入れ、それまでに子をなさなければならなくなった。この呪いのせいか、霧隠の家系に産まれるのは初代辰子に瓜二つの女児ばかりとなった。

悪魔(登場人物)[編集]

サタン(青焔魔、魔神)
声 - 藤原啓治
虚無界に住む悪魔の創造主。燐の実の父親。「神の炎」とも呼ばれる物質界・虚無界双方に干渉可能な青い炎を操る。物質界を手に入れることを目的とし、たびたび物質界に来ては人間に取り憑いている。しかし物質界にはサタンの憑依に対応しうる物質が存在しないため、一度取り憑かれると人間は体が持たず、すぐに崩壊してしまう。
悪魔でありながら物質界に存在できる燐を求め、燐を虚無界へと連れ去ろうとした。
ルシフェル(光明天)
「八候王」の一人で、「光の王」。虚無界の第1権力者。
サマエル(砂漏天)
「八候王」の一人で、「時の王」。虚無界の第2権力者。
アマイモン(甘毳) (Amaimon)
声 - 柿原徹也 / 演 - 玉城裕規(2012年)、二階堂隼人(2014年)
「八候王」の一人で、「地の王」。虚無界の第7権力者。大地にまつわる悪魔たちを統べる首領で[19]、地震を発生させる能力を持つ。メフィストの弟で、彼と同じくサタンの息子の一人。花のような形の「心臓」を顕すと角と尻尾が出現、腕が肥大した恐竜のような姿となりパンチ一発で全力を出した燐を戦闘不能にするほどの力を発揮できるが、依り代が力に耐えきれないためめったに本気を出すことはない。
現在憑依している人間の肉体は1000年以上前から使っているもの。真意の見えない言動と無表情が特徴的であり、サタンの息子である燐に興味を持っている。鬼(ゴブリン)のベヒモス(声 - 西健亮)をペットとして連れている。メフィストから無限の鍵を預かり、虚無界と物質界を行き来している。
メフィストの指示で林間合宿中の塾生たちを襲撃、炎を顕した燐と戦うが自制が利かなくなったため「お菓子の鳩時計」の中に閉じ込められる。京都編後メフィストの手で意識のみが虚無界に送られた燐と交戦、全力を出して彼を一蹴したが無理が祟って自壊する。その後は燐への殺意を冷ますために拘束され続けている。
クロ
声 - 高垣彩陽
獅郎の使い魔だった猫又(ケット・シー)。正十字学園南裏門の元門番。一人称は「おれ」。121歳。
元はある地方の養蚕の守り神だったが、その衰退とともに人々から忘れられてしまう。そのことを悲しんで自分が住処としていた祠を開発しにやってきた人々を襲っていたが、獅郎の説得を受け彼の使い魔となった。
普段は普通の猫の大きさだが、巨大化して背中に人を乗せることができる。「蚕神」と呼ばれていただけのことはあり、燐には劣るものの重機を破壊するほどの怪力を持ち、聖薬類は効かない。
獅郎の死を聞き暴走するが、燐の説得で受け入れる。その後門番の任を解かれ、燐の使い魔として共に生活するようになるが、契約が切れても人間のもとにいようとしたため一族を追放されてしまい人間に化ける能力は失っている[20]。燐とは主従というよりも同居している仲のいい友達といった関係。獅郎のマタタビ酒のほか、燐が作ったすきやきも好きだが猫舌なので熱いうちには食べられない。イカが苦手。
ニーちゃん
声 - 東山奈央
しえみの使い魔。緑男(グリーンマン)の幼生。名前の由来は「ニー」という鳴き声から。
手に乗るほど小さく、頭に葉の帽子を被っている。身体からあらゆる植物を出すことができ、それによって治療や支援行動を行う。不浄王編で自分の体を巨大化させられるようになった。
御饌津(ミケツ)&保食(ウケモチ)
声 - 井上剛(ミケ)、西健亮(ウケ)
出雲の使い魔。宇迦之御魂神に仕える神使にあたる二体の白狐。愛称はそれぞれ「ミケ」「ウケ」で、ミケはプラズマや電光を、ウケは大気や気象を操る[21]。首の巻き布にはそれぞれの名前が書かれている。目がはっきり開いている方がミケで融通が利かず生真面目な性格。編み笠を被っている方がウケで明るいのんびり屋。両者とも各々の一族の八番位にある上級悪魔で、それぞれ手下となる「兄弟」がいる。普段は4足歩行だが、「鎮魂の祓い」をするときなどは人型をとることもできる。また、人型になった時は、ミケが太刀を、ウケが弓矢を装備する。
元々は出雲の母である玉雲と契約していた。出雲が幼いころから兄弟同然に育っているが、玉雲ほどの信頼関係は築けておらず、彼女の動揺に乗じて反旗を翻したこともある。出雲がイルミナティに囚われた際に彼女の脱走を手伝い、一度は印章円を消されて送還されたのにもかかわらず自分たちの意思で再び物質界に帰還、志摩と交戦するが敗北し黒い炎に焼かれて2人とも消滅。手加減されていたために完全消滅は免れ復活し、出雲がそれまでの傲慢さを捨てて純粋に助けを求めたことで信頼関係が強まり、暴走した外道院を倒すために祓魔塾生たちと共闘した。
海津見彦(アマツミヒコ)
熱海沖の小島で1500年以上前に信仰されていた海神(ワダツミ)。牙と手足の生えたマッコウクジラのような姿をしている。
長らく人間から忘れられ、老齢により弱っていた。自らの縄張りに侵入した大王烏賊と激戦を繰り広げ、胴体に食らいついて重傷を負わせたものの頭部を触腕で貫かれて致命傷を負う。大王烏賊討伐後は海坊主に縄張りの未来を託し、安らかに息を引き取った[22]
八郎太郎大神(はちろうたろうおおかみ)
三湖伝説に登場する、八岐大蛇(ヒュドラ)の中でも特に強力な超上級個体。青森県秋田県を縄張りとする龍神で、1000年以上前に南祖坊という法力僧の手で永久蛇湖に封印されて以来そこを離れられなくなっている。本来は角の生えた多頭の大蛇の姿をしているが、普段は肉体を気化させることにより多眼の青年の姿に化けている。封印前に比べれば弱体化しているが肉体という制約を超越する再生能力を持ち、大気との境界を失っていることからどんな損傷・劣化も大気を使って再構成できるため青い炎でも倒しきれない。さらに氣と水の属性を操り水や風を凍らせる神通力(魔力)により周辺に大吹雪を起こす力や、使いすぎると相手を廃人にしてしまうリスクもあるが目を合わせた者を操るという強力な催眠能力を持つ[23]
かつて伊賀の抜け忍であった初代霧隠辰子の生き様に心奪われたことで彼女と契約し、力を与える代わりに彼女とその子孫の寿命を30歳としそれまでに子を為すという誓約をさせた。人間に化けてはいても人間の肉体は持っていないために自分自身で辰子と子を為すこともできず、死ねない体を持つせいで彼女と共に生きることもできないという悲しみも抱えている。
当代の辰子であるシュラの寿命が迫ったことから彼女を本拠地へと呼び戻し強引に子を為させようとするが奥村兄弟の妨害に遭う。雪男の交渉を受け入れ、彼と契約をし直すためにシュラの「血の契約」を解除したところで燐に攻撃される。騙されたことに気づいて激昂し、本性を現して周囲を凍り付かせながら永久蛇湖に向かいシュラと心中しようとする。

ゲームオリジナルキャラクター[編集]

ヘッセ・バルト
声 - 家中宏
ノイエ・ミラン
声 - 生天目仁美
ジョセフ 米村(ジョセフ よねむら)
声 - 野島裕史
深田 直人(ふかだ なおと)
声 - 谷山紀章
ローヌ・レイン
声 - 三宅健太
モニカ・レイン
声 - 遠藤綾
セシル将軍
声 - 星野充昭
ベリア
声 - 間宮康弘
霊(ゴースト)
声 - 原由実

用語[編集]

物質界(アッシャー)・虚無界(ゲヘナ
作中の世界は、2つの次元が合わせ鏡のように存在している。物質界は人間が住む世界で、基本的には現実世界と同じ。虚無界は悪魔が棲む世界。本来はお互い干渉することはできないが、悪魔たちは物質界に存在する物質に憑依することで干渉してくる。
魔障(ましょう)
悪魔から受ける傷や病のこと。これを一度でも受けると、悪魔が見えるようになる。したがって、祓魔師になるためには必ず魔障を受ける必要がある。
青い夜(あおいよる)
16年前、サタンが世界中の有力な聖職者(祓魔師)たちを大量虐殺した事件。事件の名は、犠牲者たちが青い炎を発しながら流血し亡くなったことに由来する。明陀宗では、当時の座主である竜士の祖父や、志摩家の長兄、子猫丸の父など大量の僧侶が犠牲となった。

祓魔師[編集]

祓魔師(エクソシスト/ふつまし)
悪魔に対抗する技術を持ち、「悪魔払いエクソシズム)」を行う者たち。地域や宗派によって様式は異なる。戦闘は基本的にパーティを組んで行う。
正十字騎士團においては、「称号(マイスター)」を取得することで祓魔師として認定される。階級は上から上一級・上二級・中一級・中二級・下一級・下二級。上一級のさらに上の名誉称号として「名誉騎士(キャンサー)」、「四大騎士(アークナイト)」、ただ一人にのみ与えられる最強の称号「聖騎士パラディン)」がある。階級は単独で倒すことのできる悪魔の強さ(例:中級上位であれば中一級)を表しているが、昇級には筆記試験も必要なのである階級の悪魔を倒せたからといってすぐに階級に反映されるとは限らない。上級に上がるためには悪魔との契約が必要不可欠だとされる。
祓魔師を志望する者は、まず「祓魔塾生ペイジ)」として祓魔の基礎を学ぶ。その後、認定試験に合格すると「候補生エクスワイア[注 7])」となり、より専門的な実践訓練を受ける。
称号(マイスター)
祓魔師に必要な技術の資格。5つ存在し、1つでも得られれば祓魔師として認定される。取得した称号によって戦い方は異なる。上級祓魔師は複数の称号を兼ねることが多い。称号は以下の通り。
騎士(ナイト)
近接戦闘を行う。主に刀剣を使用するが、明陀宗の騎士は錫杖を得物としている。「魔剣士」と呼ばれるシュラやアーサーのように魔剣を扱う者たちの場合は、悪魔と契約するため手騎士の称号も取得することが多いが、その魔剣自体が稀少なので騎士全員には行き渡らない。
竜騎士(ドラグーン)
銃火器で戦う。拳銃・機関銃・火炎放射器など様々な武器を扱う。用途に応じて様々な銃火器を使い分け最前線から後方支援まで幅広く活躍する。聖銀弾だけでなく精霊の加護を受けた魔法弾なども使用する。聖水を併用することも多い。詠唱騎士がいる戦闘ではバズーカ砲で「致死節判定弾」を放ち援護する。銃火器の心得があれば取得できる称号なので、騎士團内で最も人口が多い。
手騎士(テイマー)
使い魔を使役して戦う。魔法円・魔法陣と己の血により悪魔を召喚し、操る。悪魔の性質によって戦法が変化し、攻撃のみならず諜報や護衛も行うことができる。天性の才能が必要とされ、絶対数は少ない。悪魔は弱い者には従わず、自信をなくした者には襲いかかることもあるため、精神力が必要となる。また、「神おろし」と呼ばれるより高度な人間や物質への憑依召喚を行うことができる「手騎士二種」も存在する。
詠唱騎士(アリア)
聖書経典を唱えて戦う。大抵の悪魔には、「致死節(ちしせつ)」という必ず死に至る言葉や文節が存在するため、それを掌握し詠唱する。致死節は悪魔によって異なるため膨大な数の経典を覚えられるだけの暗記力が要求される。致死節が不明な悪魔もおり、詠唱中は無防備になるため、単独での祓魔は難しく他の祓魔師の援護が必要。
医工騎士(ドクター)
医療を担う。通常の医術に加え、魔障に対する専門的知識を持つ。直接戦闘には加わらないが、魔障の危険度は通常の怪我や病気とは比べものにならないため、重要な役割を持つ。一介の医者以上の知識を要求されるため称号取得は高難度。
正十字騎士團(せいじゅうじきしだん)
あらゆる宗教の祓魔師が集まる世界組織。本部はヴァチカンサン・ピエルパオロ大聖堂地下に所在。二千年以上の歴史を持つといわれ、組織の拡大とともに土着の悪魔祓いも吸収したことで信仰・文化問わず多様な悪魔に対応する世界最大の祓魔組織へと成長した。
京都出張所
京都市にある正十字騎士團の出張所。構成員の多くは明陀宗の者である。
明陀宗(みょうだしゅう)
正式名称は「明王陀羅尼(みょうおうだらにしゅう)」。仏教系宗派の中でも特殊で、魔を祓うことに特化した祓魔師集団。「青い夜」で大量の僧侶が死亡したことから「祟り寺」と恐れられるようになり、信徒の減少・財政難で存続の危機に陥ったことから、10年前より正十字騎士團に所属することとなった。
不角が開祖であり、降魔剣「倶利伽羅」を本尊とする。総本山は洛北の金剛深山にある不動峯寺。世襲制の組織体制をとっており、不角の子孫である勝呂家が座主血統、志摩家・宝生家・三輪家などが僧正血統。不角は伽樓羅の憑依した魔剣・倶利伽羅で不浄王を鎮めたが、2つの目(不浄王の心臓)がこの世に残ったため、これを封印するのを使命としてきた。

悪魔[編集]

虚無界の住人達。物質界においては、生物・無生物問わず様々な物質に憑依して活動する。憑依対象としては、自分と似た性質のものに惹かれる。物質の一部のみを悪魔に乗っ取られた状態は寄生と呼ばれ、寄生が脳以外であれば性質・外見共にほぼ変化せず、憑依状態に比べれば祓魔もしやすい。上級・中級・下級に分類され、その中でも上位か下位かに分けられる。上級悪魔の場合、寄生は不可能で、一部の例外はあるが何らかの物質に憑依しなければ物質界に干渉できない。性質は邪悪な者が多いが、「悪魔」という名称は騎士團が便宜上定義したものにすぎず、他宗教では「」「天使」「明王」などとも呼ばれ人間と共存したり、契約によって人間に益をもたらす者もいる。人間が悪魔への対抗策を得てきたのも悪魔から学ぶことによってであり、作中世界における「魔法」は悪魔の力によるものである。強さによる階級が存在し、特定の「王」に属する性質を持つものが多い。尻尾が弱点強く締め付けられただけでも意識を失うほどの激痛が走る。心臓を顕すことで真の力を引き出すことができるが、そこは急所でもあるため破壊されれば必ず死ぬ。ちなみに尻尾を丸出しにしているのは人間でいえば全裸でいるようなもので、かなり恥ずかしい行為であるらしい。「火」「水」「地」「氣」「腐」の5属性の間には相性があり、「魔元素の形成図」で表される。同じ属性の場合は弱い方が強い方に吸収される。「光」「時」「蟲」の間にどのような関係があるのかは不明で、「分類不明」とされる悪魔も存在する。

八候王(バール
悪魔の王族。「地の王」アマイモン、「腐の王」アスタロト、「水の王」エギュン、「氣の王」アザゼル、「蟲の王」ベルゼブブ、「火の王」イブリース、「時の王」サマエル、「光の王」ルシフェルの8名で、各々の属性に連なる悪魔たちを統率する。呼称は時代や国、信仰によって千差万別にあり、神として崇められる地域も存在する[19]。凡百の悪魔に比べてかなり格上で、悪魔図鑑のレベルでも「上級~」と評価されている。それぞれの間には序列が存在し、現在判明しているのは第一権力者がルシフェル、第二権力者がサマエル、第七権力者がアマイモン。

地の王の眷属[編集]

「地の王」アマイモンの眷属で大地にまつわる能力を持つ悪魔。水属性に強く氣属性に弱い。存在には腐と火の属性が必要。

ゴブリン
鼠や土竜などの小動物に憑依する悪魔[24]。レベルは下級から中級で、いたずら程度の魔力を持つ。サイズは個体によって様々で、手の平サイズの者から人間を超えるほど巨大な者もいる。土地や地域によって何百と種族が存在し、「小鬼(ホブゴブリン)」もその一種[24]。鈍器や刃物で武装することもある[25]
山魅(デックアルプ)
草木に憑依する下級悪魔[24]。基本的に力は弱く普通はおしゃべりとイタズラ好きなくらいだが、稀に人の心に取り入り凶悪化する例もある[24]
緑男(グリーンマン)
人が作った泥人形に憑依する悪魔・「土塊ゴーレム)」に苔や植物が生えた状態[19]。レベルは下級から中級。体内から植物を生成できる能力を持つ。基本的に大人しい。
囀石バリヨン
石や岩に憑依する下級悪魔[19]。奇声を上げる以外、基本的に動かない[19]。持ち上げたりすると重くなる。古く強力なものは人に飛び掛かることもある。
蛇(ナーガ
蛇に憑依する悪魔。レベルは下級から中級。世界中に様々な種族が存在し邪な者も多いが、日本のように利益をもたらす神として祀られる地域も存在する。長く生きた物は「蛇王ナーガラジャ)」と呼ばれ蛇を統率[26]し、上級種の多くは不死性を持つ[27]。明陀宗の手騎士が操る。
八岐大蛇ヒュドラ
蛇王の一種。レベルは中級から上級。強力な肉体再生能力を持ち、頭を切断されても短時間で生え替わる。8つの頭が特徴[23]

腐の王の眷属[編集]

「腐の王」アスタロトの眷属。氣属性に強く火属性に弱い。存在には水と地の属性が必要。

魍魎コールタール
菌類に憑依する悪魔[24]。暗く陰気で不衛生な場所・人間に群がる性質がある[24]。悪魔の中では最下級に位置し聖水を噴霧する程度でも祓魔できるが、最も数が多く大量に群れると質が悪くなる。同じく菌類に憑依する不浄一族とは類縁関係である。
魍魎王(コークス
魍魎の集合体。微細な下級悪魔である魍魎とは違い、中級~上級に匹敵する強敵となる[23]
屍(グール
人や動物の死体に憑依する下級悪魔[19]。土葬を行う国や地域に見られ、現代の日本で出現することは稀である[19]。「屍人(ゾンビ)」とは別の悪魔[19]。喋らず、動きは鈍く、食人性はないが攻撃的。致死節や聖銀製武器・強力な火器による致死量の攻撃で祓魔できるため比較的倒しやすい。
屍番犬(ナベリウス
古代人が屍を繋ぎあわせ、対・悪魔戦闘用に人工的に造り出された中級悪魔[19]。現在では新たに造り出すことは倫理的にも禁忌とされており、その技術も固く封印されている[19]
個体により形状は様々であるが、総じて死体を繋ぎ合わせたようなグロテスクな見た目をしている。彼らの体液・また魔障は、生物の皮膚を短時間で壊死させる強烈な作用を持ち、すぐに手当てをしなければ命にかかわる。非常に凶暴だが、ある程度の知性はある模様。暗闇を好み、暗い場所では活発化する。
不浄一族(ふじょういちぞく)
中世に世界各地で猛威を振るった上級悪魔たち。魍魎の亜種。
不浄王(ふじょうおう)
アスタロトが従える四匹のペットの一匹で「不浄一族」の生き残り。
現在確認されている中で最も巨大な悪魔。「心臓」を核として増殖し「不浄城」を作り上げた後、城塞に抱く胞子嚢の中から誕生する[28]。火を苦手とするが、中級悪魔や火炎放射器の火力では歯が立たない。不浄城は一見和風な建築物にも見えるが、不浄王の肉体から生み出された存在であるため、城塞に足をつけると即座に襲い掛かってくる。祓魔には心臓を墳滅する必要があるため、一度胞子嚢を破裂させなければ倒せない。さらに飛沫や瘴気を浴びた者たちを苗床に何度でも復活する。
江戸時代(安政5年)の日本に現れた上級悪魔。熱病や疫病を蔓延させ、4万人以上の犠牲者を出したという。明陀宗では「明陀の祖・不角が降魔剣・倶利伽羅で降伏し、その際にこの世に残った右目を明陀が代々封印している」とされてきた。
不角は伽樓羅の憑依した魔剣・倶利伽羅と契約し不浄王と戦ったが、急所の心臓を2つに分け封印する(この二つに分かれた「心臓」が、後に「不浄王の目」と呼ばれるものとなる)ことで仮死状態にするに留まった。以来、不角の子孫である代々の座主は、この秘密を代価に伽樓羅を使い魔として使役し、仮死状態の不浄王を(元)総本山内の降魔堂地下に炎で封じてきた。
不浄王の目は実際には「右目」と「左目」の2つあり、このことは明陀宗の中でも僧正位以上にのみ伝わる秘密であった。左目は正十字騎士團日本支部最深部に、右目は京都出張所深部に封印されていた。目だけでも強力な瘴気を発し、非常に危険。伝説では、右目と左目が揃う時より強毒な新型の瘴気を生み出すというが、真実は歴代の座主のみが知る秘密だった。
両目を手にした藤堂の手でおよそ150年の時を経て復活。金剛深山のほぼ全域を不浄城で覆い尽くし、大量の瘴気を発生させる。誕生したものの竜士と契約した伽樓羅が張った結界と偶然の豪雨のおかげで被害は近隣だけにとどまり、烏枢沙摩の力を借りた燐の「火生三昧」を受けて山膚ごと焼き清められ消滅した。
不浄姫(ふじょうき)
アスタロトが従えるペットの一匹。不浄王の亜種[29]。不浄一族の生き残り。
不浄王同様、心臓を2つに割られてイエメン支部に封印されていた。悪魔喰いの女がその心臓を喰ったことで復活、不浄城を展開し胞子嚢から誕生して近隣に瘴気を放出し始めたが、アーサーの手で一刀両断され消滅。直後、悪魔喰いもその力を許容できずに消滅した。
不浄男爵(ディサイドバロン/ふじょうだんしゃく)
不浄一族の中では下っ端だが上級悪魔に分類される。不浄王や不浄姫に比べれば小柄だが、彼らと同じく瘴気を吹き出す能力も持つ。
屍人(ゾンビ
肉体的・精神的に弱った人間に寄生する悪魔によって肉体が壊死していく状態のことで、通例は食人性を発症した時点で悪魔と判定される[21]。レベルは下級から中級。声帯や脳が侵されていない場合に限り稀に喋る個体が存在する。動きは鈍いが食人性があり攻撃的。祓魔のためには武器や強力な火器で脳幹を破壊する必要がある。
イルミナティによる不老不死薬実験の被験者の成れの果てが新型の人造屍人となっている。この屍人は細胞の再生と壊死がせめぎ合っており、人間性はすでに失われ肉体再生能力のために最低でも30回前後は脳幹破壊を繰り返さないと活動を停止しないことから中級から上級にランクされる。より細胞再生能力が高いものは全個体が上級悪魔相当で、捕食したものや負傷箇所に付着したものを体内に取り込む性質を持つ「異形屍人(キメラゾンビ)」となり、エリクサーの過剰摂取により巨大化したものは「膨張屍人(インフレゾンビ)」と呼称され、再生力を維持するために熱源体を求めて蠢き周囲の物質を吸収し続ける。

水の王の眷属[編集]

「水の王」エギュンの眷属。火属性に強く地属性に弱い。存在には氣と腐の属性が必要。

蝦蟇(リーパー)
蛙に憑依する下級悪魔[19]。基本的には大人しいが、目を見て感情を読む能力があり、心に弱みを持つ者には容赦なく襲いかかる。肉食性。欧州には水上を飛び超音波を発するものもいる。
水精(ナイアス
水に憑依する悪魔[28]。「精霊(エレメンタル)」の一種で、人間の女性の姿で現れる[28]。「妖精ニンフ)」の仲間。「ウンディーネ」とも呼ばれる[28]。レベルは下級から中級。複数の水精がいるときは、水球で相手を閉じ込める「水精の水牢(ナイアデス・カルセル)」を使用できる。
大王烏賊(クラーケン
長く生きたダイオウイカに憑依する中級悪魔[28]。知能は低いものの、その巨体ゆえに海中での強さは計り知れない。
水中では「大渦潮(メイルストロム)」という大技を使うため非常に危険。吸盤からは偽烏賊(スキッド)を放つ[30]ほか、瀕死になると「擬態吐き」により大量のダミーを作り出す[22]という厄介な性質を持つ。
海神ワダツミ
長く生きたクジラ類やウミガメなどに憑依する上級悪魔[28]。「トリトン」とも呼ばれる。年を取ったものは神使と同じく人の言葉を話し、個体ごとに所有する縄張り内の海洋生物や悪魔を統率する[28]
海坊主シーモンク
土塊(ゴーレム)に海の岩礁生物が生えた状態[28]。レベルは下級から中級。珊瑚などの岩礁生物を生やす能力を持つ[28]

氣の王の眷属[編集]

「氣の王」アザゼルの眷属。地属性に強く腐属性に弱い。存在には水と火の属性が必要。

白狐(ビャッコ)
氣の眷属[9]。「神使」として狐に憑依する悪魔[19]。本来は食物や農耕の守り神[19]。レベルは下級から上級までと幅があり、上級になると肉体を捨て、光と氣に憑依する存在となり[21]、全国の神社にいる下級の眷属を「兄弟」として従える。
猫又ケット・シー
氣の眷属[9]。猫に憑依する悪魔[19]。レベルは下級から上級。世界中に存在し、日本のもので長生きした個体は尾が二又に分かれている[19]。神使のように人の言葉を話すことはできないが、頭のいい個体は正確に言葉を理解する。
(ゴースト)
死体から気化した物質に憑依する悪魔[19]。レベルは下級から中級。死体の生前の感情を残すものが多い[19]ため、心残りを取り除くと成仏する。気体に近い粒子で構成され一瞬で分散・集合する能力を持つため物理攻撃は効きにくく、分散した状態では本来効果がある炎も通じにくくなる。祓魔には詠唱が有効[6]
悪霊(イビルゴースト)
霊の中でも邪な思念を持ち、人や物・環境に害を与える悪質な種類。聖十字学園女子寮に出現した「繭子(マユコ)」のような、複数の霊の集合体は邪になりやすい性質を持つ[29]
擬態霊(シェイプシフター
霊が水・泥・ヘドロ・絵具といった半固体に憑依した存在。人間の恐怖を写して姿を変える性質[31]を持ち、悪霊と同様に邪になりやすい[29]
呪物(フェティシュ)
霊が別の物質に寄生することの総称。レベルは下級から上級。所有するだけで持ち主によくないことがあることが多い。
吃驚匣(ジャック・イン・ザ・ボックス)
呪物の一種。箱の中に人を引きずり込んだり、中から人を脅かす。強力なものは何人も人を喰らう[23]。レベルは中級まで。
悪魔骨牌(あくまカルタ)
呪物の一種。本来は詠み札となる召喚節と対になる魔法円を早く正確にたたくというゲームに使うものだが、作中に登場したものは錯乱して自殺した詠唱騎士の霊が詠み札に憑依した呪物と化しており、一度解き放たれるとゲームが終わるまで詠み札を詠唱し続ける。
麒麟フールフール
氣の眷属の中でも超上級悪魔。積乱雲内部の雷やプラズマに憑依して現れ、雷雲の中を跳ね回って遊ぶ。極端に臆病で滅多に人前に姿を現さない[23]。竜と馬を組み合わせたような外見。本来であれば召喚には長い詠唱と複雑な儀式が必要となる。
氣精(シルフ
「精霊(エレメンタル)」の一種。空気に憑依し、小さな妖精のような姿形に似せて現れる。空気を正常に保ち守る性質を持つ。いたずら好き[23]。レベルは下級から中級。

蟲の王の眷属[編集]

「蟲の王」ベルゼブブの眷属。

虫豸(チューチ)
小さな虫類に憑依する下級悪魔[26]。集団で動物の血を吸ったり、死体の肉を食らう[26]

火の王の眷属[編集]

「火の王」イブリースの眷属。腐属性に強く水属性に弱い。存在には氣と地の属性が必要。

化燈籠(ペグランタン)
照明器具に憑依する悪魔[26]。レベルは下級から中級。火が灯されると動き出し、生物(好物は人間の女)を食して燃料にする。その火が消えるか夜が明けると動かなくなる。
火蜥蜴(サラマンダー
火に憑依する悪魔[28]。「精霊(エレメンタル)」の一種で、爬虫類の姿で現れる[28]。レベルは下級から中級。不浄王討伐の際に召喚された。
伽樓羅(カルラ)
火の眷属[9]。火に憑依する仏教系上級悪魔[28]で、火の鳥のような姿で現れる。不死鳥フェニックス)、鳳凰(ホウオウ)、朱雀(スザク)とも呼ばれる[28]。強力な炎を操り、動物の細胞を活性化させる力を持つ[28]。使役者は「伽樓羅焔(カルラエン)」と呼ばれる焔の力に加え、肉体への負担と共に使用者の生きた年月を焔に変え一切を焼き尽くす「劫波焔(ゴウハエン)」という大火焔の術を使用できる。契約者が何かを秘密にした時に生じる嘘や疑心のような芥を喰らう。
自身の存在と契約した理由についての秘密を代価として、不浄王を封じる力を貸す契約の元で明陀宗座主が代々使役していた。藤堂に喰われたことで2つに分裂してしまう。不浄王復活時に自身の存在が明るみに出たことで座主血統と交わしていた契約は失効したが、達磨自身と個人的に交わした契約に基づき竜士に力を貸す。その後は契約が切れたままになっているのは不明。
烏枢沙摩(ウチシュマー)
火の眷属[9]。火に憑依する仏教系上級悪魔[28]火天アグニ)とも呼ばれる。伽樓羅よりも強力な炎を操る[28]。穢れを嫌い、不潔を浄化滅却する力を持つ[28]。加護を受けた者は火の輪を飛ばす「火車輪斬(カシャリンザン)」や、物質界すべてを焼き尽くす火球を放つ「火生三昧(かしょうざんまい)」を使用できるようになる。不浄王の旧敵。召喚には上級以上の手騎士10名以上が必要。
明陀宗の10人の僧正たち(150年の間に半分にまで減ってしまっている)に仕えている。不浄王討伐の際に召喚され明陀の騎士たちに炎の加護を与え、不浄城に突入した燐にも力を貸した。

時の王の眷属[編集]

「時の王」サマエルの眷属で時空にまつわる悪魔。

幽靈列車(ファントムトレイン)
列車に憑依する中級悪魔。物質界と虚無界を行き来する能力を持つ。人気のない駅のホームで電車を待っていると、どこからともなく現れ乗せた人間を餓死させて霊となった魂を奪い走り去り、そのまま虚無界へと連れ去ってしまう。体内に蓄えた霊を奪われると狂暴化する。

光の王の眷属[編集]

「光の王」ルシフェルの眷属で光にまつわる悪魔。

熾天使(セラフィム)
ルシフェルのみが作り出すことのできる光の魂[29]。レベルは中級から上級。ルシフェルの言葉をスピーカーとして伝達できる[29]。召喚後徐々に熱量を上げ、最終的には爆発する。

その他の悪魔[編集]

虚無界の門(ゲヘナゲート)
虚無界へと繋がる門。魔神の血を媒介にするためサタンだけしか召喚できない悪魔。レベルは中級から上級。血の質や量によってその外観や大きさに変化が出る。食いついたものを離さない性質を持つが、青い炎であれば対処できる。
悪魔喰いの出現と時を同じくして、ロシアの元加速器実験施設にも出現し、徐々に勢力を拡大している。現状ではメフィストが門周囲の時間を止めることで対処しているが、周辺に下級~中級悪魔が群がり大地や北極海を汚染し始めている。
雪男(スノーマン)
土塊(ゴーレム)に雪が付着した状態[19]
お菓子の鳩時計(クーヘンズクッククスウァー)
アマイモンを封じ込める際にメフィストが出現させた、お菓子でできた巨大な鳩時計型の上級悪魔。鳩が対象を掴み中に引きずり込む。内部は時間が止まっている。
一番防御力が高い牢屋(ダスシュタルクステゲフェングニス)
処刑命令が出された燐を拘束する際にメフィストが召喚した中級悪魔。外側からは簡単に開くが、敵意を以て近づく者の動きを止められるのが高い防御力とされる所以。内部はガラクタの山が続く異空間で、内側からは決して開かない。
人形(ガラテア)
悪魔や霊が人形や像に憑依した状態。基本的に下級。稀に上級が宿ることもあるが、その場合は憑代となった人形は長く持たない[29]
夜魔徳(ヤマンタカ)
明王級の仏教系上級悪魔。物質に憑依することなく物質界に出現する[29]。水牛のような頭部と、虚無界の存在を焼き尽くす「虚無界の炎」と呼ばれる漆黒の素粒子でできた2対の腕を持つ胴体を有する巨人の姿で現れる。この「虚無界の炎」は物質を傷つけずに憑依した悪魔を滅することができ、生物に対しては魂だけを焼き尽くすことができる。召喚中は契約者の身体能力を強化する力があるが、使用後の負担が大きく慣れるまでは召喚後に気を失って倒れてしまうこともある。
廉造とは彼が子供のころから契約している。
九尾(きゅうび)
アジア圏の様々な物語に登場する古の上級悪魔。本性を現すと狐の耳と9本の尾が現れる。華陽夫人・妲己玉藻前など複数の呼び名がある。強い妬みや願望を持つ美しい女性の心の隙間に寄生して徐々に肉体に憑依、周囲の者の生気を奪い憑遺体を若く、より美しく維持させる。強力な細胞再生と壊死の能力を持つ[21]
神木家の祖先である陰陽師に祓魔されたが、完全に倒されず殺生石となった。狂っているため従えるどころか寄り添うことすらできず、1000年もの間封じ鎮められていた。玉雲に九尾が憑依して復活したのと時を同じくして殺生石は消滅した。5年間玉雲の肉体に憑依、その後選ばれしものの仮面を使用した出雲に憑依し肉体をのっとったが、再び玉雲の肉体に戻り彼女とともに死亡した。
食屍鬼(ネクロファージャー)
人間の死体を好んで食べ、場合によっては生きた人間も襲う凶悪な悪魔。レベルは下級から中級。出現は希で人間そのものに異常な執着を見せる人間に憑依する傾向がある。憑依されると下アゴが発達し、下半身が何らかの獣の姿になる[21]
三猿鬼(スリーワイズモンキー)
世界中に存在する「見ざる」「言わざる」「聞かざる」知恵を解く置物に憑依する下級悪魔で、近づく人の本音を「見たい」「言いたい」「聞きたい」状態にさせる能力を持つ。
山姥バーバ・ヤガ
山に棲み、長く生きたことにより悪魔に憑依された妖婆、魔女。レベルは下級から中級。村に降りて悪さをしたり、食人の特徴がある[23]

道具[編集]

魔剣(まけん)
悪魔が憑依した剣。燐の「倶利伽羅」、アーサーの「カリバーン」、シュラの持つ「牙」など。使い魔の場合と同様、契約が必要となる[26]
分類は2種類。1つは武器に悪魔が憑依する「憑依型」で、その悪魔と契約することで強力な武器となるが破壊されると祓魔されてしまう。もう1つが武器に魔力が付与された「加護型」で、悪魔と契約を結んだことで魔力を帯びた武器のことで、武器が破壊されても無意味だが契約した悪魔自体が祓魔されると魔力を失う。
降魔剣(こうまけん)
倶利伽羅(クリカラ)」の別名を持つ、古から伝わる日本刀型の魔剣。明陀宗の本尊だった。メフィスト曰く、「不動(フドウ)」を長とする仏教系の炎の悪魔を憑依させて使う剣。藤堂によれば、明陀の祖・不角は火の悪魔・伽樓羅の憑依したこの魔剣と契約し不浄王と戦ったが、不浄王を鎮めた際に伽樓羅は剣から去ったという。燐と雪男が生まれる少し前、不動峯寺に現れた獅郎が達磨から手に入れた。
この剣には、メフィストによって燐の炎が移植され、鞘によって封印されている。メフィスト曰く「炎の源である悪魔の心臓」を封印したという。そのため現在は憑依型にも加護型にも当てはまらない特殊な魔剣となっている。アマイモンによれば、刃の部分が虚無界につながる小さな入口で、鞘がその扉の役割を果たしている。刀を抜けば燐は悪魔の状態となり、再び鞘に戻せば尻尾や牙が残るものの人間に戻る。獅郎亡き後は燐が肌身離さず持ち歩いており、戦闘時に武器として用いている。ただし刀を抜けば、青い炎が抑えられなくなる。なお、燐の心臓を宿した今でも悪魔を憑依させることはできる。燐の精神状態も影響を与えており、彼が暴走を恐れて苦悩していた時には鞘から抜けなかった。
カリバーン
声―東山奈央
アーサーと契約している憑依型魔剣。オカマ[10](アニメ版では女性)。グレートソード型で柄頭が人の顔の形となっており、人語を話すという珍しい性質を持つ。アーサーの肉体が契約の対価であり、頭髪の一部を代償として放った「エンジェルスラッシュ」でも巨大上級悪魔である不浄姫を一撃で屠る威力を発揮する。
牙(きば)
八郎太郎大神の牙から生み出された日本刀タイプの加護型魔剣。風や水を凍らせる神通力を宿す。霧隠流魔剣技として、無数の衝撃波を飛ばす「蛇牙(ダボウ)」や圧力を発生させる「虚々(ガラガラ)」を使うことができ、髪・爪・血を代償にすることで、「蛇腹化」という刀身が蛇のような形に変わる性質を持つ。霧隠一族の者が代々継承し、普段は彼女たちの胸の入れ墨の中に収められている。シュラと八郎の契約が解消されたことで剣としての形は保っているものの魔力は失われた。
鍵(かぎ)
作中には特殊な力を持つ様々な鍵が登場する。如何なる物も如何なる場所に隠すことができる特殊な鍵「神隠しの鍵」や、目的地へとすぐさま繋がる鍵など、その種類・用途は様々である。
印章紙
手騎士が使用する悪魔を召喚するための魔法円を記した紙。契約済みだが信頼関係が十分に築けていない悪魔を強制的に召喚するための装置。対象と十分に信頼関係が結べている場合は使用せずとも召喚が可能となる。
錫杖(キリク)
明陀宗の祓魔師が使用している棒状の武器。普通の棒術のように使うときもあれば、使い魔の加護を受け、特殊な力を宿す時もある。特に志摩家がよく手にしている。廉造は分解して制服の下の専用ホルダーにいれ、常に持ち歩いている。
魔法弾(マジックだん)
悪魔の恩寵を受けることで、その属性の力を得る銃弾。分類としては加護型魔剣の一種ともいえる。弾の威力は、力を与えている悪魔の強さに依存する。
迷彩貫頭衣(めいさいポンチョ)
着用したものの姿を見えなくする道具。欠点は着用した者たち同士でも姿が見えなくなってしまうことと音までは消せないこと。
モリナスの契約書
通称「悪魔の契約書」。契約者が契約不履行となった場合書面を作成した悪魔から報復される。

その他の用語[編集]

正十字学園町(せいじゅうじがくえんちょう)
東京都に存在する正十字学園を中心とする山岳状の建造物群および川向の一帯からなる超学園都市。面積約5.52平方km、人口約42250人、人口密度8093.8人/平方km。その美しい外観から日本のモン・サン=ミシェルとも呼ばれ、観光地としても有名[9]
最上層部にはヨハン・ファウスト5世(メフィスト・フェレス)の邸宅が存在する。中層部はメッフィーランドという遊園地や正十字学園駅、高速道路入口などの交通の要所が、下層部には学園関係者の居住区や学園森林区域が存在している。
正十字学園(せいじゅうじがくえん)
正十字学園町にある、あらゆる学業施設が集約された名門私立校。燐や雪男たちは高等部に通っている。全寮制。セレブ学校であり、学食は豪華かつ高額。理事長・メフィストの力によって、中級以上の悪魔の出入りを防ぐ結界が張られている。地下には正十字騎士團日本支部の基地が所在する。
年に一度、二学期に行われる正十字学園祭はTV中継もされる有名なイベント。その2日目にはメッフィーランド内で人気アーティストを招いて行われる音楽フェスと男女ペアの学生限定のダンスパーティーが開催される。
祓魔塾(ふつまじゅく)
正十字学園内に設けられた祓魔師養成機関。燐ら7人の祓魔塾生は、夏休み前の抜き打ち試験を経て全員候補生に昇格している。燐たちは1年生で、現在のところ2年生以上のクラスや生徒は登場していない。
授業科目は悪魔薬学、悪魔学グリモア学、魔法円・印章術、聖書・教典暗唱術、悪魔歴史学、体育・実技、剣術など。
正十字学園七不思議
二学期以降、学園で流行しだした七不思議。ほとんどが悪魔がもとで起こっている怪異現象。
  • 真夜中に学園を彷徨う白無垢 - 白無垢を着たオカマの霊。
  • 真夜中に動くヨハン・ファウスト像 - 偶像に取り憑く低級悪魔。
  • 女子寮のトイレの繭子さん - 女性の邪念の集合体である「悪霊」。
  • 家族の肖像 - 「擬態霊」の取り憑いた絵。元メフィストのイタズラコレクション。
  • 無人路面電車 - 「幽靈列車」と思われる。
  • 蒐集鬼部屋(ヴンダー・カンマー) - メフィストのイタズラコレクション。
  • 絶対に辿りつけない屋敷 - 物理的に辿りつけないようになっている「祓魔屋」。
ぽんちゃん
祓魔塾生行きつけの駄菓子屋。この店のチーズ豚もちもんじゃはメフィストの大好物。
啓明結社イルミナティ
「光の王」ルシフェルが総帥を務める謎多き組織。200年以上の歴史を持つ有名な秘密結社であったが、現在では既に存在しないとされていた。その目的は魔神サタンを復活させ物質界と虚無界を融和させること。現在は「選ばれし者(セイバー)」と呼ばれる者たち(騎士團では「悪魔喰い(デーモンイーター)」と呼称)が世界各地の不死・再生能力の高い悪魔を求めて活動を行っている。日本で活動していた「光明財団」などを隠れ蓑にして世界中で暗躍しており、国家規模のバックアップを受けている可能性が指摘されている。
エリクサー
外道院が開発した人体の細胞を活性化させる不老不死の妙薬。より再生能力の高いものを製造するため幾多の人体実験が行われた。
選ばれし者の仮面(セイバーのかめん)
外道院が開発した、物質と同質でなくとも悪魔を強制的に肉体へ憑依定着させることができるというテクノロジー。本来はエリクサー実験による肉体強化に成功したものしか施術に耐えられない。
境界の主(ドミナスリミニス)
北米研究所が開発したステルス巨大空中母艦。
稲生大社
島根県に存在する神社。豊宇気毘売命を主祭神とし、古代より周辺の国々を鎮護してきた。祭祀を担う稲神(いなみ)家は宇迦之御魂神の神使を祖とする一族で、神木家はその分家にあたり殺生石を鎮める役を担っていた。
ユメタウン稲生
稲生大社に隣接した集合住宅。入居倍率は20倍以上となっている。
その実態はイルミナティ極東研究所の隠れ蓑である。大社に続く道「おきつね横丁」で販売される飲食物に麻薬を混入することでリピーターを増やし、やってきた観光客をエリクサー実験の被験者として人体実験を行っていた。
所長である外道院の失策により放棄され騎士団に制圧されることとなったが、人体実験こそ免れたものの100万人を超える中毒者が出ていることが判明した。

書誌情報[編集]

漫画本編[編集]

スピンオフ[編集]

その他[編集]

メディアミックス[編集]

小説[編集]

集英社の「JUMP j-BOOKS」より小説版が発売。著者は矢島綾。ストーリーはオリジナルのもの。

刊行情報[編集]

  • 矢島綾(著)・加藤和恵(原作・イラスト) 『青の祓魔師』 集英社JUMP j-BOOKS〉、既刊3巻(2014年3月4日現在)
    1. 『青の祓魔師 ウィークエンド・ヒーロー』 2011年9月7日発行(2011年9月2日発売[集 22])、ISBN 978-4-08-703252-9
    2. 『青の祓魔師 ホーム・スイート・ホーム』 2012年12月9日発行(2012年12月4日発売[集 23])、ISBN 978-4-08-703283-3
    3. 『青の祓魔師ブラッディ・フェアリーテイル』 2014年3月9日発行(2014年3月4日発売[集 24])、ISBN 978-4-08-703309-0

ヴォイスコミック[編集]

集英社のヴォイスコミック「VOMIC」として、2010年6月にジャンプ専門情報番組『サキよみ ジャンBANG!』にて放送され、同年7月から2011年3月までVOMIC公式サイトで配信された。テレビアニメ化に伴い公開終了。

キャスト
主要担当声優は上述。ここではそれ以外のキャストについて記す。

テレビアニメ[編集]

青の祓魔師
テレビアニメ第1作。2011年4月17日から10月2日まで、MBSTBS系列全国ネットにて放送された。全25話。担当声優はVOMIC版とは異なっている。
青の祓魔師 ―劇場版―
2012年12月28日より全国東宝系にて公開。上記の第1作の後日譚にあたり、映画オリジナルのストーリーとなっている。
青の祓魔師 京都不浄王篇
2016年7月3日に新シリーズの制作が発表された。2017年に放送予定[32]

WEBラジオ[編集]

青エクラジオ みんなで魔神(サタン)を倒し魔SHOW!』がHiBiKi Radio Stationにて、2011年4月17日から2012年2月26日まで配信。回数カウントは「LEVEL.○」。パーソナリティは奥村燐役の岡本信彦

舞台[編集]

2012年版[編集]

LIVE ACT 青の祓魔師 〜魔神の落胤〜』のタイトルで、2012年5月11日から5月17日、日本青年館にて上演された。

キャスト(2012年舞台)[編集]
スタッフ(2012年舞台)[編集]

2014年版[編集]

舞台「青の祓魔師」〜青の焔 覚醒編/京都 不浄王編〜』のタイトルで、2014年6月21日から6月29日、サンシャイン劇場にて2本立てで上演。

「京都 不浄王編」は原作でのみ発表しており、アニメ化より早い舞台化となる。

キャスト(2014年舞台)[編集]
スタッフ(2014年舞台)[編集]

2016年版[編集]

舞台「青の祓魔師」京都紅蓮篇』のタイトルで、2016年8月にZeppブルーシアター六本木で上演。脚本・演出は西田大輔が担当[33]

キャスト(2016年舞台)[編集]
スタッフ(2016年舞台)[編集]
  • 原作・脚本協力:加藤和恵(集英社「ジャンプスクエア」連載)
  • 脚本・演出:西田大輔
  • 制作:Office ENDLESS
  • 主催:舞台「青の祓魔師」プロジェクト(アニプレックス/イープラス/TOKYO MX/Zepp ライブ)

サラリーマン祓魔師 奥村雪男の哀愁[編集]

奥村雪男を主人公にしたスピンオフ作品。原案・監修:加藤和恵、漫画:佐々木ミノル。『ジャンプSQ.19』(集英社)にて、Vol.10からVol.18まで連載された。その後本誌の『ジャンプスクエア』(集英社)に掲載誌を移し2015年5月号から連載中。

読み切り「深山鶯邸事件」[編集]

『ジャンプスクエア』2008年9月号に掲載された読みきり作品。加藤和恵短編集『TIME KILLERS』に収録。執筆当時、加藤は集英社の会議室にて10日間寝泊まりし原稿を完成させた[34]

あらすじ(読み切り)[編集]

深山鶯邸に住む少女・深山鶯最中は、外に出ることもなく、人の言われるがままに花を生けて生活していた。そしてある雪の降る夜、一人の祓魔師が深山鶯邸を訪れた。その祓魔師は最中に会うなり、「この娘は悪魔に狙われている」と告げる。

登場人物(読み切り)[編集]

夜(よる)
本作の主人公。青十字騎士会所属の祓魔師。最中を救うべく深山鶯邸を訪れる。
深山鶯 最中(みやまうぐいす もなか)
本作のヒロイン。深山華道家元47世。幼少時から花を生けることが好きで、両親のような華道家になることを夢見ていた。だが、両親を事故で亡くして以来、外出することはなくなり、笑うこともなくなってしまった。現在は織部(パズス)に操られるごとく花を生けて生活している。
織部(おりべ)
深山華道会会長。実は10年前にパズスに取り憑かれており、最中の両親を奪った張本人。
パズス
夜を手下として引き連れていた悪魔。現在は織部に取り憑き、彼を支配している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ しえみの祖母が、幼い頃のしえみによく聞かせていた地名。「世界中の全ての草花がそこに集まっている」場所らしい。
  2. ^ 神木家はすでに悪魔の血はかなり薄れているため、燐のように聖水を被ってもダメージは受けない体質である。
  3. ^ アニメでは名前の読みが「かおる」となっている。
  4. ^ 中一級と中二級のどちらなのかは不明だが、アニメでは中一級とされている。
  5. ^ 作中では「アーサー・A・エンジェル」と略される。初期は「アーサー・O・エンジェル」と誤って表記されていた[10]
  6. ^ アニメでは「腐の王」アスタロトに憑依された。一度祓われた後に再度憑依され、大型トラックで修道院を襲撃するが、再び獅郎に祓われた。
  7. ^ 「エスクワイア」(esquire)はペイジの次段階の騎士見習いという意味だが、作中では「エクスワイア」と表記されている。これが「エクソシストのエスクワイア」という意味の意図的なものなのか、誤記なのかは不明。

出典[編集]

  1. ^ ジャンプスクエア2014年3月号
  2. ^ 厳しい環境でこそ作品作りが面白い、竹田靑滋プロデューサーのアニメ戦略”. GIGAZINE (2012年1月31日). 2012年2月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 第1巻祓魔師・塾生名簿
  4. ^ 小説版「ウィークエンド・ヒーロー」 20頁
  5. ^ 第2巻祓魔師・塾生名簿
  6. ^ a b c d 第40話
  7. ^ a b 第41話
  8. ^ a b c d e f 第3巻祓魔師・塾生名簿
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 「聖十字騎士團ガイド」より。
  10. ^ a b c d 第11巻「青の質問師」
  11. ^ a b c 第11巻祓魔師・塾生名簿
  12. ^ a b 名前はアニメより。
  13. ^ 第73話
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 第5巻祓魔師・塾生名簿
  15. ^ a b 第31話
  16. ^ 第28話
  17. ^ 第8巻質問コーナーβ
  18. ^ 第15巻「青の質問師」
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 第3巻悪魔図鑑
  20. ^ 第8巻表紙カバー下
  21. ^ a b c d e 単行本14巻悪魔図鑑
  22. ^ a b 第37話
  23. ^ a b c d e f g 第17巻悪魔図鑑
  24. ^ a b c d e f 単行本1巻悪魔図鑑
  25. ^ 第70話
  26. ^ a b c d e 単行本5巻悪魔図鑑
  27. ^ 第71話
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 単行本9巻悪魔図鑑
  29. ^ a b c d e f g 単行本12巻悪魔図鑑
  30. ^ 第35話
  31. ^ 第43話
  32. ^ 「青の祓魔師」京都・不浄王編がアニメ化!2017年に放送決定、PVも公開”. コミックナタリー. 2016年7月4日閲覧。
  33. ^ “「青の祓魔師」が北村諒、宮崎秋人で新たに舞台化!京都紅蓮篇、8月に上演”. ステージナタリー. (2016年5月2日). http://natalie.mu/stage/news/185773 2016年5月2日閲覧。 
  34. ^ “ジャンプスクエア マンガ家 直撃インタビュー[モノガタリ]”. 『ジャンプスクエア』公式サイト. (2009年6月8日). http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/m_int_katou/index2.html 2011年10月26日閲覧。 

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ 青の祓魔師/1|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  2. ^ 青の祓魔師/2|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  3. ^ 青の祓魔師/3|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  4. ^ 青の祓魔師/4|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  5. ^ 青の祓魔師/5|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  6. ^ 青の祓魔師/6|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  7. ^ 青の祓魔師/7|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  8. ^ 青の祓魔師/8|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年4月5日閲覧。
  9. ^ 青の祓魔師/9|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年9月9日閲覧。
  10. ^ 青の祓魔師/10|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年12月28日閲覧。
  11. ^ 青の祓魔師/11|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2013年8月2日閲覧。
  12. ^ 青の祓魔師/12|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2013年12月31日閲覧。
  13. ^ 青の祓魔師/13|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2014年7月4日閲覧。
  14. ^ 青の祓魔師/14|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2015年1月5日閲覧。
  15. ^ 青の祓魔師/15|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2015年6月4日閲覧。
  16. ^ 青の祓魔師/16|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2016年1月4日閲覧。
  17. ^ 青の祓魔師/17|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2016年7月4日閲覧。
  18. ^ サラリーマン祓魔師 奥村雪男の哀愁/1|佐々木 ミノル / 加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2016年2月4日閲覧。
  19. ^ サラリーマン祓魔師 奥村雪男の哀愁/2|佐々木 ミノル / 加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2016年2月4日閲覧。
  20. ^ 青の祓魔師/ポケット画廊 カラーコレクション|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2012年8月9日閲覧。
  21. ^ 青の祓魔師/聖十字騎士團ガイド|加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2014年2月9日閲覧。
  22. ^ 青の祓魔師/ウィークエンド・ヒーロー|矢島 綾/加藤 和恵|ジャンプコミックス|” (n.d.). 2011年12月6日閲覧。
  23. ^ 青の祓魔師/ホーム・スイート・ホーム|JUMP jBOOKS|BOOKNAVI|集英社”. 2012年12月5日閲覧。
  24. ^ 青の祓魔師/ブラッディ・フェアリーテイル|JUMP jBOOKS|BOOKNAVI|集英社”. 2012年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]