金羊社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 金羊社
Kinyosha Printing Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
146-8577
東京都大田区鵜の木2-8-4
設立 1926年大正15年)9月30日
業種 その他製品
事業内容 オーディオ・ビジュアル・ゲームソフト関連のパッケージ製造、商業・出版印刷、デジタルメディア関連の企画・制作・販売。
代表者 代表取締役社長 浅野健
資本金 1億6千7百万円
従業員数 283名
外部リンク http://www.kinyosha.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社金羊社: Kinyosha Printing Co., Ltd.)は東京都大田区に本社を置く、音楽・映像・ゲームソフトパッケージの製造を主に受託する印刷会社。


概要[編集]

大正末年の創業直後からSPレコードのレーベル印刷を手がけ、レコード関連のパッケージ印刷などを業務の中心に据えて事業を進めてきた[1]。 日本の音楽・映像・ゲームソフトパッケージの製造メーカーとしては国内最大手のひとつである[2]。例えば、CDの紙ジャケットは、金羊社が一九堂印刷所とともに市場をほぼ独占している[3]

2009年9月9日に発売されたザ・ビートルズの『ザ・ビートルズ MONO BOX』では、コンペティションにより全世界向けのパッケージを金羊社が製造しており、それまでにも自負していた世界でもトップレベルの印刷品質[1]を証明することになった[4]。また、パッケージの受託製造以外では、音楽情報サイトの運営や音楽ジャケットアートのイベントを開催するなど音楽を楽しむ為の活動や、アニメ作品への資金拠出などもおこなっている。

金羊社は、レコード・ジャケットの展覧会なども主催してきたが、2008年に社屋を新築した際、その一角にレコード・ジャケット等を展示する常設のギャラリーを設けた[1]

沿革[編集]

  • 1926年9月現在の東京都港区桜川町で創業
  • 1941年11月株式会社金羊社に改組
  • 1946年1月大田区沼に工場を再建
  • 1948年11月鵜の木工場を新設
  • 1956年2月朝日印刷株式会社を設立
  • 1959年9月本社を東京都大田区鵜の木2丁目8番4号へ移転
  • 1969年11月多摩川工場を新設
  • 1972年12月御殿場工場を新設
  • 1985年7月沼部工場を廃止し、御殿場工場を増築
  • 2000年10月朝日印刷株式会社を合併
  • 2001年11月印刷組合ドットコム株式会社を共同で設立し
  • 2003年1月ISO14001本社サイト審査登録
  • 2003年9月御殿場工場本格稼動
  • 2004年4月青山オフィス開設
  • 2005年3月ISMS、FSC/COC認証取得
  • 2005年12月トエミ・メディア・ソリューション株式会社に出資
  • 2006年4月HANEDA S&D FACTORY開設、サイン&ディスプレイ事業に参入
  • 2006年5月音楽ポータルサイト「MUSICSHELF」立ち上げ
  • 2007年1月新社屋建設のため仮社屋(川崎市高津区)に移転
  • 2007年7月携帯電話プロモーション支援企業「モバイルマガジン株式会社」に出資
  • 2007年9月赤坂オフィス開設
  • 2010年2月青山オフィス閉鎖、赤坂オフィス閉鎖

所在地[編集]

  • 本社:東京都大田区鵜の木2-8-4
  • 御殿場工場:静岡県御殿場市神場2-1

関連会社[編集]

  • 株式会社 金羊社ロジテム
  • 株式会社 日報
  • 株式会社 ディー・ティー・ジャパン

出資アニメ作品[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c “レコジャケ美術館の愉悦 町工場の中のアナログ音楽ワールド”. アエラ: p. 43. (2009年1月12日)  - 聞蔵IIビジュアルで閲覧
  2. ^ 土方慎二 (2011年1月12日). “1000枚の美しきLP 蒲田 洋楽ジャケット展示”. 読売新聞(東京朝刊): p. 33  - ヨミダス歴史館で閲覧
  3. ^ “四十男の心と財布、わしづかみ CDに「紙ジャケ」ブーム 名盤復刻など5千超”. 朝日新聞夕刊: p. 5. (2006-07--01-)  - 聞蔵IIビジュアルで閲覧
  4. ^ 宮永正隆 (2010年1月23日). “いつまでも あると思うな・・・”. 宮永正隆. 2012年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]