UHFアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

UHFアニメとは、日本の地上波テレビ放送における独立放送局(独立局)を中心に放送されるテレビアニメの総称もしくは通称である。

独立局では系列不問で過去に放送された旧作について実質再放送を行ったり、該当局の放送対象地域内にテレビ東京系列局が存在しない場合にテレビ東京系アニメをネットするケースも多いが、これらは基本的に本項では扱わないこととする。

概要[編集]

1998年4月期に独立局各局などの深夜帯放送を想定して企画・製作された『LEGEND OF BASARA』が放送された[1][2]のをきっかけに、その後独立局における「UHFアニメ」の放送本数が増加した[2][3]

一般的にキー局系列もしくはNHKの「深夜アニメ」同様にビデオソフト化を前提にして製作されているため、テレビ放送はあくまでもその映像ソフトの販売の宣伝が目的となっているケースが主流である[2]。またテレビ放送向けに内容の一部を改変し、市販されるビデオソフトをもって完全版とするものも多い。詳しくはテレビアニメの項を参照。

“UHFアニメ”の定義[編集]

独立局が所在する三大都市圏において、アナログ放送がテレビ放送の主流だった20世紀後半から2011年にかけて、在京キー局および中京テレビテレビ大阪テレビ愛知を除く系列局各局が超短波帯(VHF)を使用して放送したのに対して、「独立UHF局」「独立U局」「U局」などと通称された全国独立放送協議会加盟局各局は、いずれのテレビネットワークにも加盟しておらず、かつ極超短波帯(UHF)を使用して放送することを由来としている。

「UHFアニメ」という呼称は、一般的には以下のようなアニメの総称として使用されている。

  1. 独立局で放送されるテレビアニメ[1]
  2. 独立局で放送される深夜アニメ[4]

一般的には、在京キー局で放送されるアニメをテレビアニメないし深夜アニメ、関東圏の独立局で放送されるテレビアニメ全般をUHFアニメとして区別されることが多い。また、在京キー局や在阪局が製作に参加して、関東圏では独立局で放送されるUHFアニメも存在する(TBS・英國戀物語エマ第1期、読売テレビ・ヤマノススメ セカンドシーズンなど)。

ジャンル[編集]

そのジャンルは多岐にわたる(原作物のみならずオリジナル企画作品もそれなりに存在する)が、キー局系列では放送が困難と思われる際どい性的表現[2][注釈 1]を充実させた作品(アダルトゲーム原作作品など)が存在し、2005年度では1/4以上がPCゲーム原作であった[5]

また、全日枠での放送を前提としたUHFアニメや(2010年代の例としては『怪盗ジョーカー』・『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』)、放送時間が5分または10分などのいわゆる短編アニメのUHFアニメもそれなりに存在する。

放送時間帯について[編集]

草創期から現在に至るまで深夜帯での放送が主流であるが、独立局の深夜帯はキー局と比べて表現規制が非常に緩く、かつ深夜枠の放送料が安いためである。これについては、深夜帯の番組を充実させたい独立局側と、表現規制に縛られずにかつ制作・放送コストを安く抑えたい制作側双方にメリットがあったことが、UHFアニメが増加した要因にもなっている。

一方で独立局側には次第にテレビアニメおよび関連情報番組などが特定の視聴者層を取り込む有効なコンテンツの一つとして認識されたことから、2010年頃を境にTOKYO MXを中心に深夜枠のみならずプライムタイム枠に当たる夜22時台(および深夜枠と全日枠が重複する夜23時台)、そして全日枠にもアニメ枠を設ける事例が増加している。

テレビアニメ以外での展開[編集]

灼眼のシャナ』・『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』・『Fate/stay night』・『涼宮ハルヒの消失』など、「UHFアニメ」として放送された作品の続編や番外編・総集編映画化も行われている。中には実写作品と比べても大ヒットと言える作品もあり、『涼宮ハルヒの消失』では上映開始から2か月で7億2千万円もの興行収入を計上した[6]

さらにUHFアニメにおいてもアニメソングなどが注目されている[4]

ラブライブ!』もテレビアニメ化後は各種メディア展開で絶大な人気を集め、リリースしたCDがオリコンランキング上位にたびたび入るようになり、2015年4月22日発売の『ミはμ'sicのミ』では、同5月4日付オリコン週間シングルランキングにて初登場5位につけ、2013年4月発売「No brand girls/START:DASH!!」(最高5位)からμ's名義のシングルが10作連続で上位5位入りと言う快挙を成し遂げ[7]、さらに2015年5月27日発売のベストアルバム第2弾『μ’s Best Album Best Live! Collection II』でオリコン週間アルバムランキング初登場1位という快挙を達成した[8]。また、オリコン顧客満足度ランキングによると、スマートフォン向けソーシャルゲームにおいては『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』が2年連続で男女共に総合満足度1位を獲得するなど、世界的に席巻した『アナと雪の女王』をも上回った[9]。さらに劇場版も観客動員数200万人を突破し、興行収入が28億円以上に達する大ヒット作となり、民放で放送されたテレビアニメとしては異例のNHK Eテレでの実質再放送も実施された[10][11]

放送エリア[編集]

総務省が定める独立局の放送対象地域はいずれも県域放送であるが、全国独立放送協議会加盟局のテレビ局が存在しない大阪府愛知県茨城県では隣県からのスピルオーバーによる直接受信や、ケーブルテレビによる区域外再放送で、大阪府の殆どの地域および愛知県や茨城県の一部の地域では独立局の番組が視聴可能なので、独立局の放送エリアは事実上三大都市圏をカバーしている。

関東広域圏においては、茨城県を除く1都5県の独立局(TOKYO MXtvkテレ玉チバテレ群馬テレビとちぎテレビ)にてUHFアニメが放送されている。その中でもTOKYO MXは、地上波デジタル放送が普及し、東京都内においてNHKやキー局とほぼ同等の受信環境となった2000年代後半から次第にUHFアニメの放送本数を増やしており、2012年に東京タワーから東京スカイツリー送信所を移転してからはさらに顕著になり、現在では関東圏におけるUHFアニメの放送をほぼ寡占状態としている[注釈 2]。近年では関東ローカル放送のものは概ねそれ以外の地域ではBS民放各局で補完するケースが主流である。

関西広域圏と中京広域圏では、関東広域圏の独立局とは異なりテレビ東京からの番組ネットや独自番組等による番組編成を行なっている独立局が多いことから、広域局の準キー局在名局を含めたネットワークに属する各局が独立局に代わってUHFアニメを放送するケースが目立ち、民放チャンネル数の多さも相まって、UHFアニメを含む深夜帯のアニメ番組同士の競合が頻発する。

関西広域圏においては、大阪府の殆どの地域ないし奈良県滋賀県の一部地域および和歌山県[注釈 3]のごく一部の地域では、サンテレビないしKBS京都が、直接受信やケーブルテレビ等によって視聴可能な環境である。それ故に関西圏ではこの2局でのUHFアニメの放送が主流ではあるが[注釈 4]、古くから阪神タイガース戦完全中継を行っている『サンテレビボックス席』(KBS京都では『KBS京都エキサイティングナイター』)が放送されるプロ野球シーズンの間は放送時間が非常に不安定になりやすい特有の事情を抱えており(電子番組ガイドを搭載した録画機器が普及する以前は、地元視聴者には非常に深刻な問題であった)、この影響も加わって先述の通り広域準キー局4局でもUHFアニメが放送されており、ローカル深夜アニメ枠を設置している毎日放送朝日放送読売テレビで多く放送され、特に古くから深夜帯に(旧作の再放送を含めた)テレビアニメを放送している毎日放送での放送本数が群を抜いて多い[注釈 5]。これらの影響から、テレビ和歌山奈良テレビびわ湖放送やテレビ東京系列県域放送局のテレビ大阪で放送されるUHFアニメは非常に少ない。

中京広域圏においては、人口が集中する愛知県においても大阪府同様に全国独立放送協議会加盟局のテレビ局が存在せず、更に独立局である岐阜放送および三重テレビでは電波の届き具合から名古屋市周辺を十分にはカバー出来ない。それ故に中京広域圏の「人口エリア」の殆どをカバーしているテレビ東京系列県域放送局のテレビ愛知が中京広域圏におけるUHFアニメの放送をほぼ寡占状態としているほか、広域局であるCBCテレビが若干数ながら継続して放送している[注釈 6]。ただし2010年代半ばからBS民放各局に実質代替される形で中京圏の地上波では未放送のUHFアニメが目立つようになっている。

その一方で、三大都市圏(に加えて主に北海道福岡県。所謂五大都市圏)以外の地域では放送される作品は非常に少ない。しかし、一部の作品の中にはアニメの舞台の地域という理由で地元局で放送されることもある。一例として『たまゆら』シリーズの場合、広島県が舞台であることから第1期はテレビ新広島、第2期はNHK広島総合(第1期の再放送と連続して日曜昼間帯にて)で放送された[注釈 7]。また、富山県南砺市に本社を置くP.A.WORKS元請制作作品が地元局3局(北日本放送チューリップテレビ富山テレビ)のいずれかで必ず放送されているほか、近年では静岡県を舞台にした作品を地元局である静岡放送が積極的にネットする、と言った事例も出ている。

放送系列形態については、作品によっては地域ごとに異なる例も少なくなく、中には関東ローカルであったり、関東圏と関西圏・中京圏のいずれかでしか放送されないこともある。また、シリーズ作品によっては作品ごとに放送局構成が異なる事例もあり(例:関西圏における『魔法少女リリカルなのはシリーズ[注釈 8])、さらに、キー局系列で放送された作品の続編・スピンオフや次回作がUHFアニメとして制作・放送[注釈 9]されたり、逆にUHFアニメとして製作・放送された作品の続編がキー局系列で製作・放送[注釈 10]される事例もあるなど、キー局系アニメと比べてネット形態は非常に複雑なものとなっている。

近年ではUHFアニメとして本放送された作品の一部がキー局(および系列局)[注釈 11]、もしくはNHK[注釈 12]で(実質)再放送される事例も出ている。

2000年代末期以降は、衛星放送(BSデジタル放送・CSチャンネル)[注釈 13]インターネット配信が行われる作品も増加しており、視聴可能な放送局での編成が無い場合でも環境を整えればほぼ全ての作品が視聴できるようになっている。さらに2014年頃からTOKYO MXなどの独立局とBS11との組み合わせで「大都市圏は(独立局の)地上波、地方圏はBS」と言った役割分担の形で、キー局系列地上波全国同時ネット放送と比べると低コストでの「一応の」全国同時ネット放送を行うUHFアニメもアニプレックス製作参加のものを中心に登場している(『メカクシティアクターズ』『アイドルマスター シンデレラガールズ』・『ばくおん!!』ほか)。また、TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都と言った主要独立局で同時ネット、BS11で遅れネットされるUHFアニメも若干数ながら存在する(『有頂天家族』・『ご注文はうさぎですか??』『ラブライブ!サンシャイン!!』ほか)。

備考[編集]

製作委員会方式[編集]

一部は放送局が製作委員会に出資(製作費を捻出)したり、放送局が主体となって製作している作品もある[1][注釈 14]。2013年頃からTOKYO MXが積極的に自局出資作品を増やしている[12]。中にはTBSのように製作委員会に参加しながらも自局では放送せず、UHFアニメの形態で放送するケースも見られる[13][注釈 15]。詳細はUHFアニメ一覧の記事を参照のこと。

幹事局[編集]

製作局ではないが、複数の放送局の動向を取りまとめる幹事局が存在し、主に放送規制に抵触しそうな描写や表現など、最低限のチェックを絵コンテ段階などで行っている[14]。また、近年になっては幹事局での一括評価だけではなく、納品段階でチェックを行い、内容によっては自局のみでも放送自粛する、など独自の規制強化に乗り出している放送局もある[15]。キー局およびその主な系列局と比べて規模の小さい独立局の場合、人手も予算も足りないことから、局側は放送を受け入れた番組内容の倫理面で問題が無いかをチェックするのが主な役割となる傾向にあると、アニメ評論家藤津亮太は解説している[13]

デジタルテレビ放送への対応[編集]

独立局各局でもキー局およびその系列局よりは遅れたが、対応を完了させた。また、TOKYO MX製作委員会参加作品の一部にはデータ放送を実施しているものも登場している。

UHFアニメの各種問題[編集]

なお、下記に挙げている作品についての具体的な概要は、各作品の記事を参照のこと。

放送上のトラブルと自主規制

キー局系列あるいはNHKをキーステーションに放送の作品の場合、製作局の放送基準に沿って制作されているが、「UHFアニメ」の場合は各放送局ごとの放送基準がまちまちであるため[15]、各局間で放送される内容に微妙な差異が生じることも度々ある。また放送の取り止めには至らないものの、一部もしくは全てのネット局で劇中の描写に大規模な修正が施されるものも2007年以降数多く存在している(当初から映像ソフト版もしくは有料放送・配信などでの「完全版」の販売促進を前提に、地上波・BS放送およびネット配信版では「自主規制版」を放送する事例もある[注釈 16])。

2007年を中心に当時発生した事件などを理由にテレビ放送が延期されたり、放送が打ち切られたり、一部放送局で放送が見送られた作品が幾つか存在する(『ひぐらしのなく頃に解[16]・『School Days[16][17][18]・『こどものじかん[19]など)。2011年東日本大震災東北地方太平洋沖地震)では甚大な被害を重んじ、時期柄不謹慎と思われるシーンが含まれる回の放送見送りや自主規制なども発生している。その他の主な具体例を以下に挙げた。

劇中の描写に関する問題
サンテレビが夕方(18時)に放送したことから、BPO(放送倫理・番組向上機構)でも取り上げられる事態となった[20][21]
第3話と第8話にて制作会社がテレビ放送向けに映像を修正。また、第6話はサンテレビが神戸市内で発生した事件により放送を取り止めた[22]
地上波で放送しているTOKYO MXとサンテレビは当初プライムタイム(22時半)に放送していたが、中高生の青少年が視聴しやすい時間帯にも関わらず過激な性表現が含まれているとしてBPOへ苦情が寄せられ、その結果両局は2月から深夜帯で放送することになった[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ しかし、近年は過激さを追求するあまり放送に支障をきたすものも散見される(詳しくは放送上のトラブルと自主規制の節を参照)。またシリーズ化された作品の中には、放送時期の違いにより作品間で表現の自由度に差異が生じてしまう例もある。
  2. ^ それを境にそれまで主流であった、tvk、テレ玉、チバテレの各局でのUHFアニメの放送実績は激減している。
  3. ^ ただし和歌山県内ではケーブルテレビでの区域外再放送は全く行われていない。
  4. ^ (特にサンテレビで顕著であるが)この2局で、準キー局が放送しないテレビ東京以外の在京キー局製作深夜アニメを代行する形でネットするケースも目立つ。
  5. ^ カンテレでは2000年代に一時期ネットを行った後、2016年秋に久しぶりにUHFアニメを放送している。
  6. ^ CBCでは2016年現在、同一系列局である毎日放送のほか、かつて同一系列で現在は異系列局の朝日放送の子会社であるABCアニメーション製作作品が目立ち、純然たるUHFアニメは余り放送されていない。そのほか東海テレビ・中京テレビ・メ〜テレでも放送実績はあるものの、2016年現在では不定期的な放送に留まっている。
  7. ^ そのため民放各局では通常コマーシャルが放送される時間分を使った特別コーナーをNHK向けに放送している。ほぼ同様のケースが朝日放送製作・TOKYO MXなどで放送の『Free!』シリーズが、鳥取県ではNHK鳥取総合で遅れネットと言う形で実現している。
  8. ^ 第1期はテレビ大阪、第2期『A's』はサンテレビ、第3期『StrikerS』はKBS京都およびテレビ和歌山、第4期『ViVid』は毎日放送にて放送(それぞれ本放送の場合)。
  9. ^ 毎日放送製作で、第1期はTBS系列全国ネットで放送された『ハイキュー!!』第2期は、関東ではTOKYO MXへのネットに変更(第3期は『アニメイズム』枠でTBSでのネットに再変更)。
  10. ^ 『灼眼のシャナ』第2期は毎日放送製作かつTBS東名阪系列局で放送、『まりあ†ほりっく』第2期はテレビ東京ほかで放送された。
  11. ^ 魔法少女リリカルなのはA's』はTBS東名阪系列局で、『魔法少女リリカルなのはStrikerS』はテレビ東京系列局フルネットでそれぞれ事実上の再放送がなされた。
  12. ^ 先述の『ラブライブ!』のほか、『日常』はNHKEテレ土曜夕方枠にて傑作選が放送された。
  13. ^ 特にBSデジタル放送では2007年11月に開局したBS11が熱心であり、2010年代から増枠を繰り返した結果、2016年現在、積極的に製作にも関与しているBS11・BSフジのほか、BS日テレなどでUHFアニメが概ね放送されている。
  14. ^ 独立局が製作に関与した一例として、TOKYO MXが参加した『東京レイヴンズ』(2013年)、KBS京都が参加した『いなり、こんこん、恋いろは。』(2014年)、ネットワークを越えた事例としては毎日放送・TOKYO MX・BS11・アニマックスが参加した『DAYS』(2016年)などが挙げられる。
  15. ^ また読売テレビも似たような形式で製作・放送した作品が若干数ながらある。
  16. ^ 一例として『聖痕のクェイサー』シリーズはアニメ専門チャンネルAT-Xを含めて自主規制版を放送し、「ディレクターズカット版」と称した完全版をインターネット有料配信および映像ソフト版限定としている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「UHFへようこそ」、『Newtype』8月、角川書店、2006年
  2. ^ a b c d “藤津亮太のテレビとアニメの時代 第23回 ’90年代後半の深夜アニメの変転”. 藤津亮太 (アニメ!アニメ!). (2011年4月1日). http://www.animeanime.biz/archives/8024 2014年7月6日閲覧。 
  3. ^ アニメーション産業に関する実態調査報告書 (PDF)”. 公正取引委員会事務総局. 2010年10月2日閲覧。
  4. ^ a b “UHF発のアニメ曲がヒット 「非オタク」も夢中に”. 日経MJ. (2008年1月11日). http://s02.megalodon.jp/2008-0111-1334-53/www.nikkei.co.jp/mj/ 2010年12月28日閲覧。 
  5. ^ 「胸に灯る星」、『Newtype』8月、角川書店、2006年
  6. ^ “「ライト・アニメ」相次ぎヒット「空の境界」「涼宮ハルヒ」などがファン拡大”. 日本経済新聞(夕刊). (2010年4月20日). http://www.nikkei.com/life/culture/article/g=96958A96889DE2E7EBEBE5E3EBE2E3EBE2E6E0E2E3E29097E282E2E2;p=9694E0E3E3E0E0E2E2EBE0E5E6E2 2010年12月28日閲覧。 
  7. ^ 「ラブライブ!」μ’sがシングル10作連続TOP5入りを達成 listenmusic 2015年4月28日、同7月13日閲覧。
  8. ^ 【オリコン】『ラブライブ!』μ’s、ベスト盤が首位 アニメキャラ史上2組目 | ORICON STYLE(2015年6月2日、同7月13日閲覧)
  9. ^ ラブライブは女性もドハマり!スマホゲーム満足度ランキングで2連覇達成 週アス+ 2015年4月15日1、同17日閲覧。
  10. ^ 人気アニメ「ラブライブ!」、NHKが異例の再放送 来年1月から”. 産経ニュース. 2015年11月18日閲覧。
  11. ^ 『ラブライブ!』映画はなぜロングヒットした? さやわかが作品の構造から分析 リアルサウンド 2015年8月7日、同10日閲覧。
  12. ^ 在京アニメファンを支えるTOKYO MXに、気になること全部聞いてみた!|ダ・ヴィンチニュース”. KADOKAWA. 2014年8月7日閲覧。
  13. ^ a b “藤津亮太のテレビとアニメの時代 第24回 00年代 テレビアニメ放映過去最高へ”. 藤津亮太 (アニメ!アニメ!). (2011年5月5日). http://www.animeanime.biz/archives/8445 2014年7月6日閲覧。 
  14. ^ “U局の逆襲”. 別冊宝島1411号 このアニメがすごい!2007. 宝島社. ISBN 9784796657440. 
  15. ^ a b “サブch - 事件の影響、アニメの放送中止”. 朝日新聞. (2007年10月26日)  - テレ玉は「深夜帯といえども青少年の存在も無視できなくなってきた」として、それまでは絵コンテ段階で確認していたが、必ず本編を確認する、など内容のチェックを強化する方針を取ったと説明している。
  16. ^ a b 「スクールデイズ」「ひぐらしのなく頃に解」 アニメ休止は「過剰反応」? : J-CASTニュースより。
  17. ^ School Days:京都の父殺害事件で最終回の放送見送る 女子高生の暴力シーンを考慮 - 2007年9月19日 まんたんウェブのInternet Archiveキャッシュより。
  18. ^ アニメ「スクールデイズ」 偏見助長する過剰反応うんざり - 2007年9月26日読売新聞より。
  19. ^ こどものじかん公式サイトより 2014年7月6日閲覧。
  20. ^ 放送局への回答のお願い
  21. ^ 「アニメ らいむいろ戦奇譚」について再度のお尋ね
  22. ^ シゴフミ公式サイト - 最新情報
  23. ^ アニメ「妹ちょ」が放送時間変更へ…中高生が視聴できる時間帯に性表現でBPO審議入り -シネマトゥディ。2014年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

関連枠[編集]