アクタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社アクタス
Actas Inc.
Actas Logo Since 2019.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
167-0034
東京都三鷹市下連雀三丁目36番1号
トリコナ4F
北緯35度42分5.9秒 東経139度33分36.0秒 / 北緯35.701639度 東経139.560000度 / 35.701639; 139.560000座標: 北緯35度42分5.9秒 東経139度33分36.0秒 / 北緯35.701639度 東経139.560000度 / 35.701639; 139.560000
設立 1998年7月6日
業種 情報・通信業
法人番号 6011301000203 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーション作品の企画・制作
代表者 代表取締役社長 丸山俊平
資本金 3000万円(2021年3月31日現在)[1]
純利益 △7500万円(2021年3月期)[1]
純資産 △3億0300万円
(2021年3月31日現在)[1]
総資産 5億2700万円
(2021年3月31日現在)[1]
従業員数 48名(正社員22名・契約社員26名)
決算期 3月31日
主要株主 バンダイナムコアーツ株式会社 100%
関係する人物 加藤博(創業者)
吉本雅一(取締役)
湯川淳(取締役)
村田隆伸(取締役)
外部リンク www.actas-inc.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社アクタス: Actas Inc.)は、日本アニメ制作会社。株式会社バンダイナムコアーツの子会社。杉並アニメ振興協議会会員。

概要[編集]

竜の子プロダクション出身の加藤博大庭寿太郎らが、葦プロダクションから独立して1998年に設立した。

設立当初は、東京ムービーグロス請けが中心だったが、2000年に制作した『エクスドライバー』より元請制作を開始した。2009年、同社編集室が田熊編集室として独立。また加藤の急逝[2]に伴い、丸山俊平が2代目社長となった。

かつては関連会社に有限会社カラクを保有しており、同社名義での制作も行っていたが、2017年7月28日に合併し、カラクを解散することを官報公告[3]、8月31日付で合併した。

2017年9月1日付でバンダイビジュアル(現バンダイナムコアーツ)が発行済み全株式を取得し、完全子会社とした[4]

制作上のトラブル[編集]

バンダイナムコグループ入りする前のアクタスは、下記の通り制作の遅延・放送延期関連のトラブルを度々起こしていた。

  • 2002年-2003年放映の『真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク』では、制作上の都合やスポンサーの意向で、第27話から制作スタジオがスタジオコメットに変更された。
  • 2005年放映の『銀盤カレイドスコープ』最終話では、監督の高松信司に署名を拒否され、演出に「アラン・スミシー」名義でクレジットした結果、原作者海原零から苦言を呈されるなどの問題が発生した[5]
  • 2007年放映の『もえたん』では、諸般の事情から第6話がテレビ放映されず、DVD4巻の収録のみとなり、代替として第5.5話(総集編)を放送した。
  • 2012年放映の『ガールズ&パンツァー』では、第6話の放送が諸般の事情から[6]、第11話以降の放送が制作スケジュール上の問題から[7]、BD/DVD第2巻の発売が特典映像制作の遅れから[8]、それぞれ延期した。
  • 2015年公開の『ガールズ&パンツァー 劇場版』では、当初は2014年中の劇場公開を予定していたが、2015年夏に延期が発表された後、さらに再延期され、同年11月21日に公開された[9]
  • 2016年放映の『レガリア The Three Sacred Stars』では、本来意図していたクオリティと相違があることを理由に、第4話で一度放送を打ち切り、制作体制およびスケジュールを仕切り直して2ヶ月遅れで再開し、改めて第1話から放送した[10][11]。『レガリア』の制作遅延は次クールの『ろんぐらいだぁす!』にも波及し、第3・第5話の放映、配信がそれぞれ延期となった[12][13]。同作は第11・第12話が予定の2016年内に放送できなくなり、2017年に時期をずらして放送した[14]

ロゴ[編集]

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 備考
1999年 10月 - 2000年3月 ごぞんじ!月光仮面くん
2002年 10月 - 2003年9月 真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク 26話まで
2003年 1月 - 12月 超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説
4月 - 2004年12月 マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ 共同制作: シナジージャパン
4月 - 2004年3月 冒険遊記プラスターワールド 共同制作: ブレインズ・ベース
2004年 1月 - 12月 トランスフォーマー スーパーリンク
4月 - 12月 マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ ピュア 共同制作: シナジージャパン
2006年 1月 - 4月 タクティカルロア[15]
2007年 4月 - 7月 鋼鉄神ジーグ
7月 - 9月 もえたん
11月 - 2008年5月 ボノロン 〜不思議な森のいいつたえ〜
2012年 10月 - 12月 ガールズ&パンツァー[16]
2013年 3月 第11話・第12話
1月 - 3月 D.C.III 〜ダ・カーポIII〜 風見学園公式動画部名義
2016年 7月 レガリア The Three Sacred Stars 第1話 - 第4話(中断)
9月 - 11月
10月 - 12月 ろんぐらいだぁす!
2017年 2月 第11話・第12話
7月 - 9月 プリンセス・プリンシパル 共同制作: Studio 3Hz

劇場アニメ[編集]

公開年月 タイトル 備考
2002年4月 エクスドライバー the Movie
2010年9月 劇場版 こわれかけのオルゴール
2015年11月 ガールズ&パンツァー 劇場版

OVA[編集]

発売年 タイトル 備考
2000年 エクスドライバー
2004年 - 2006年 テイルズ オブ ファンタジア THE ANIMATION
2008年 switch
THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!
2010年 迷elleオトコノ娘
マジンカイザーSKL
2014年 ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!
2015年 サイボーグ009VSデビルマン[17] 共同制作: ビーメディア
2017年 - ガールズ&パンツァー 最終章
2021年 - プリンセス・プリンシパル Crown Handler

Webアニメ[編集]

制作協力[編集]

テレビアニメ
劇場アニメ
OVA
Webアニメ

カラク制作作品[編集]

テレビアニメ
制作協力

その他[編集]

関連人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 第23期決算公告、2021年(令和3年)6月18日付「官報」(号外第138号)106頁。
  2. ^ 諏訪道彦 (2009年2月17日). “実写版映画ヤッターマン”. スワッチのアニメ日記. 讀賣テレビ放送. 2013年1月2日閲覧。
  3. ^ 合併公告、2017年(平成29年)7月28日付「官報」(号外第165号)84頁。
  4. ^ バンダイビジュアル、ガルパン制作のアニメ制作会社「アクタス」を買収 アクタスの企画力で優良IPの創出目指す,ねとらぼ,2017年9月4日
  5. ^ アニメ界2005年あれこれ 話題の出来事から重箱のスミまで”. WEBアニメスタイル. スタジオ雄 (2005年12月28日). 2013年9月21日閲覧。
  6. ^ 「ガールズ&パンツァー」特番第5.5話と最終話の放送に関するお知らせ、ガールズ&パンツァー公式ブログ、2012年11月6日。
  7. ^ お詫び。、月夜の上機嫌、水島努、2012年12月15日。
  8. ^ 水島努のTwitter 2012年11月29日 19:07の発言
  9. ^ ガールズ&パンツァー:劇場版は2015年夏に延期 新ビジュアル公開 2016年10月21日。
  10. ^ 【レガリア放送・配信延期に関するお詫び】 2016年7月28日。
  11. ^ 『レガリア The Three Sacred Stars』放送・配信に関するお詫び 2016年7月28日。
  12. ^ TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」第3話放送・配信について 2016年10月21日。
  13. ^ TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」放送・配信日変更のお知らせ 2016年11月5日。
  14. ^ TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』今後の放送・配信について”. TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト. ろんぐらいだぁす!製作委員会 (2016年12月8日). 2016年12月19日閲覧。
  15. ^ タクティカルロア :作品情報”. アニメハック. 2020年6月17日閲覧。
  16. ^ ガールズ&パンツァー :作品情報”. アニメハック. 2020年7月22日閲覧。
  17. ^ 「サイボーグ009vsデビルマン」公式サイト>NEWS「『サイボーグ009VSデビルマン』プロジェクト解禁!」”. 「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会 (2015年6月19日). 2015年6月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]