高松信司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかまつ しんじ
高松 信司
生年月日 1961年12月3日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 栃木県宇都宮市
職業 アニメーション演出家アニメ監督脚本家音響監督
活動期間 1985年[1] -
主な作品

高松 信司(たかまつ しんじ、1961年12月3日 - ) は、日本男性アニメーション演出家アニメ監督脚本家音響監督

経歴[編集]

栃木県宇都宮市出身。栃木県立宇都宮東高等学校[2]法政大学文学部中退。

1983年日本サンライズへ入社[3]高橋良輔監督の下で『装甲騎兵ボトムズ』『機甲界ガリアン』などの制作進行を務めた後、1985年富野由悠季監督の下で『機動戦士Ζガンダム』の設定制作を経て同作品の第31話「ハーフムーン・ラブ」で演出デビュー、『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とガンダムシリーズに携わる。 1990年、OVA『SDガンダム 』シリーズ「 SDガンダム猛レース」で初監督。勇者シリーズには1990年のスタート時から参加、3作目の『伝説の勇者ダ・ガーン』では谷田部勝義監督を補佐する演出チーフを務める。翌1993年から『勇者特急マイトガイン』『勇者警察ジェイデッカー』『黄金勇者ゴルドラン』と3作品連続で監督を務めた。

1995年から放送された『新機動戦記ガンダムW』では、監督の池田成が突然途中降板したため、監督代行を務めた[4]。クレジットはされていない。これは『黄金勇者ゴルドラン』と並行しての監督作業だった。1996年には後番組の『機動新世紀ガンダムX』の監督を務めた。

1998年、サンライズを離れ スタジオぎゃろっぷにて『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を2代目監督の三沢伸より引き継ぎ3代目監督に就任[5]。その後6年間のテレビシリーズと劇場映画を2作品を監督したのち、4代目監督の高本宣弘に引き継いだ。2004年にはスタジオコメットにて『スクールランブル』を監督。また2005年の『銀盤カレイドスコープ』に関しては「タカマツシンジ(半角カナ表記)」名義となっており、最終回にはクレジットされなかった。

2006年2013年の『銀魂』では、監督の他に録音演出やエリザベス役で声優[6]も務めている[7]。100話から105話は藤田陽一と共同監督。106話から監修となった。

2009年の『宙のまにまに』、2012年の『男子高校生の日常』では全話の脚本を担当。

2012年10月期には『イクシオン サーガ DT』(監督・音響監督)、『超速変形ジャイロゼッター』(総監督・音響監督)、『銀魂' 延長戦』(監修・録音演出)の3作品を併行して担当した。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

2002年

2004年

2005年

  • おれたちイジワルケイ(ちょっとカントク) - 「こちら高松信司」名義
  • 銀盤カレイドスコープ監督・絵コンテ) - 半角カナ表記の「タカマツシンジ」名義

2006年

  • 銀魂監督 → 監修・絵コンテ・OP/ED絵コンテ演出・録音演出・声の出演)

2009年

  • 宙のまにまに監督・脚本・絵コンテ・タイトルアニメ絵コンテ演出)

2010年

2011年

  • 銀魂'(監修・録音演出・声の出演)

2012年

2015年

2016年

OVA[編集]

1987年

1988年

1989年

1990年

2005年

2008年

2014年

劇場アニメ[編集]

1987年

1988年

1989年

1999年

2003年

2010年

2013年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Twitter”. https://twitter.com/takama2_shinji/status/709019684801159168 2016年5月16日閲覧。 
  2. ^ 高校時代より8ミリで自主制作映画、アニメを作っていた。自主制作上映会「アウトラインフェスティバル」の中心的人物の一人。自主制作映画『宇宙防衛軍ジェットマン』(後年放映されたスーパー戦隊『鳥人戦隊ジェットマン』とは無関係)で第4回グリーンリボン賞短編の部グランプリと大林宣彦監督賞を受賞。
  3. ^ 笹川ひろしタツノコプロ出身のサンライズのプロデューサー長谷川徹を紹介した。
  4. ^ 同作品のプロデューサーを担当していたサンライズの植田益朗の要請だった。
  5. ^ 高橋良輔の紹介だった。
  6. ^ 「そのへんにいたオッさん」「アニメをつくってるオッさん」「監修やっているオッさん」「そのへんにいた主婦」と表記(セリフ時は口の中から本人の顔が映ることが多い)。
  7. ^ 「こち亀」では2回ほど実写の顔出し出演をしている。
  8. ^ 妻方仁氏(つまかたじんし)で、たかまつしんじ(高松信司)のアナグラム(姓・名の逆読み)となる。
  9. ^ “『坂本ですが?』4月にTVアニメ化! 声優は緑川光、監督は高松信司氏”. (2016年1月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2065341/full/ 2016年1月31日閲覧。 
  10. ^ “TVアニメ「美男高校地球防衛部LOVE! LOVE!」公式サイト”. http://boueibu.com/ 2016年5月6日閲覧。 
  11. ^ “「ナンバカ」アニメ化特設サイト”. http://www.comico.jp/special/index.nhn?docno=4 2016年1月31日閲覧。 

参考資料[編集]

外部リンク[編集]