バンダイナムコピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バンダイナムコホールディングス > サンライズ > バンダイナムコピクチャーズ
株式会社バンダイナムコピクチャーズ
BANDAI NAMCO Pictures Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 BNP、BN Pictures
本社所在地 日本の旗 日本
177-0042
東京都練馬区下石神井4丁目1番10号
MNビル1F
設立 2015年4月
業種 情報・通信業
法人番号 4011601019952 ウィキデータを編集
事業内容 キャラクターマーチャンダイジングに適したIP
およびマス層をターゲットとしたIPの企画
制作プロデュースとその運用
代表者 代表取締役社長 尾崎雅之
資本金 10,000,000円
従業員数 70名(2016年4月)
主要株主 株式会社サンライズ 100%
関係する人物 宮河恭夫(元代表)
外部リンク https://www.bn-pictures.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社バンダイナムコピクチャーズ: BANDAI NAMCO Pictures Inc.)は、アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作を主な事業内容とする日本企業バンダイナムコグループ(BNG)傘下であるサンライズ機能子会社

アニメ作品でのテロップ表記は「BN Pictures」(ビーエヌ・ピクチャーズ)としており、著作権表記では「BNP」の略称を用いている。

概要[編集]

2015年4月にアニメーション制作会社のサンライズから、キッズファミリー層向けを中心とした制作部門の一部を分社し設立した[1][2]。この分社化は小回りの効く組織として企画開発の迅速化を図ると共に、バンダイナムコグループ(BNG)各社と緊密な連携、特に玩具グッズ展開などトイホビー事業との連携強化をする為、BNGが打ち出した施策の一環によるものである[3]。このような設立経緯により、基本的にはキッズ・ファミリー層向け作品を主軸として制作しているが、サンライズから移管された作品のうち、『銀魂』シリーズ、『TIGER & BUNNY』シリーズなどいくつかは一般的にハイターゲット(高年齢)向けと認知されている作品もある。

設立時は後述するサンライズから移管された作品を受け継ぐ形で作品を制作。当初からBNPが制作する作品としては2015年に放送されたテレビアニメ作品『ブレイブビーツ』が第1作目[4]2016年10月には初の深夜帯アニメ『ドリフェス!』も放送開始された。

制作スタジオとしては、サンライズ時代からある東京都練馬区の本社スタジオのほか、2018年8月には大阪府大阪市淀川区に大阪スタジオを設立[5]、さらに2019年10月にはスタジオダブから事業譲渡を受けたことによる福島県いわき市のいわきスタジオを開設[6]している。

主なサンライズからの移管作品[編集]

制作作品[編集]

テレビアニメ[編集]

タイトル 備考
2015年-2016年 アイカツ!
銀魂゜
2015年 トライブクルクル
2015年-2016年 バトルスピリッツ 烈火魂
ブレイブビーツ
2016年-2017年 バトルスピリッツ ダブルドライブ
アイカツスターズ!
2016年-2018年 クラシカロイド 第1シリーズのみ実制作はサンライズ
2016年-2017年 ヘボット!
2016年 ドリフェス!
2017年 ドリフェス!R
2017年-2018年 銀魂.
2018年-2019年 アイカツフレンズ!
2019年 B-PROJECT〜絶頂*エモーション〜
2019年-2020年 魔入りました!入間くん
アイカツオンパレード!
2020年 もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ 共同制作:亜細亜堂
最響カミズモード!
2021年 アイカツプラネット!
セスタス -The Roman Fighter-

アニメ映画[編集]

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]