東京アニメアワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京アニメアワード
受賞対象 アニメ作品
開催日 毎年3月
日本の旗 日本
授与者 東京アニメアワードフェスティバル実行委員会
一般社団法人日本動画協会
初回 2002年
最新回 2017年
最新受賞者 劇場部門グランプリ
映画 聲の形
テレビ部門グランプリ
ユーリ!!! on ICE
公式サイト http://animefestival.jp/

東京アニメアワード(とうきょうアニメアワード)とは東京アニメアワードフェスティバル実行委員会と一般社団法人日本動画協会が主催するアニメーションに関する賞である。過去1年間に制作されたアニメ作品やアニメ関係者を分野別に表彰するものとして誕生(この名称が付けられたのは2005年度から)。2013年までは東京国際アニメフェア内で開催されていた。2014年からは東京国際アニメフェアがアニメ コンテンツ エキスポと統合、AnimeJapanとして開催されるのを受けて、東京国際アニメフェアから分離し、従来までのアワードを継承・発展させた国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル」として、東京・日本橋にて開催されている。 現在は、未興行作品を対象とする長編・短編コンペティション部門、TV放映もしくは劇場公開された作品を対象とするアニメオブザイヤー部門(作品賞、個人賞、アニメファン賞)、功労部門、アニメドール賞がある。尚長編アニメーション作品の国際コンペティション専門部門が設置されているのは、日本ではこの東京アニメアワードフェスティバルのみ。

過去の受賞作品[編集]

アニメーション オブ ザ イヤー[編集]

公募作品グランプリ[編集]

(2004年制定)

  • 2004年:『Africa a.F.r.I.c.A』(ハン・テンホ)
  • 2005年:『鬼』(細川晋)
  • 2006年:『ふくをきたカラス』(海老澤和夫)
  • 2007年:『Flutter』(Howie Shia)
  • 2008年:『Adventures in the NPM』(Helen Huang)
  • 2009年:『Descendants』(Heiko Van der Schem)
  • 2010年:『TOKYOファンタジア』(G9+1)
  • 2011年:『Trois Petits Points』(Alice DIEUDONNE)
  • 2012年:『Pig Sale』(Chen Xifeng)
  • 2013年:『Time of Cherry Blossoms』(蔡旭晟)
  • 2014年:『コングレス未来学会議』(アリ・フォルマン)、『Lettres de femmes』(オーギュスト・サノヴェッロ)[4]
  • 2015年:『Song of the Sea』(トム・ムーア)、『Mi ne mozem zhit bez kosmosa』(コンスタンティン・ブロンジェット)
  • 2016年:『TOUT EN HAUT DU MONDE』(Rémy Chayé)、『Off Belay』(Mataić Siniša)[5]

各年度[編集]

2002年[編集]

2003年[6][編集]

2004年[6][編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

  • アニメーション オブ ザ イヤー:『崖の上のポニョ
  • 優秀賞
  • 個人賞
    • 原作賞:宮崎駿『崖の上のポニョ』
    • 監督賞:宮崎駿(3回目)『崖の上のポニョ』
    • 脚本賞:大河内一楼(2回目)『コードギアス 反逆のルルーシュR2』
    • キャラクターデザイン賞:西尾鉄也スカイ・クロラ
    • 美術賞:吉田昇『崖の上のポニョ』
    • 音楽賞:菅野よう子(4回目)『マクロスF』
    • 声優賞:福山潤『コードギアス 反逆のルルーシュR2』
  • 公募作品(一般部門)
    • グランプリ:『Descendants』(Heiko Van der Schem)
    • 優秀作品賞:『Monster Coins』(Yang Vance)、『赤い森の歌』(泉原昭人)
    • 特別賞:『コルネリス』(中田彩郁)
    • 企業賞(TOKYO MX賞):『まっくららんどのホネイヌくん』(加藤タカ)
    • 企業賞(東京ビッグサイト賞):『スケッチブック 華屋八兵衛ノ巻』(高橋紀乃)
  • 公募作品(学生部門)
    • 優秀作品賞:『ツクモノキモチ』(宮崎秀輝)、『The Switch』(Deepak Zachariah Mathew)
  • 功労賞(第5回)

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

  • アニメーション オブ ザ イヤー:『コクリコ坂から
  • 優秀作品賞
  • 個人賞
  • 公募作品
    • グランプリ:『Pig Sale』(Chen Xifeng)
    • 優秀作品賞
      • 一般:『DRIPPED』(VERRIER Léo)、『これくらいで歌う』(椙本晃佑)
      • 学生:『おにしめ おたべ』(今林由佳)、『ざりがに』(吉川さゆり・川平美緒)
    • 特別賞:『Happy Anniversary』(cheng teng)
    • 東京ビッグサイト賞:『灯り』(岩永大蔵)
    • Cortoons Italia 2012:『チルリ』(川﨑健司)
    • 入選:『rain town』(石田祐康)、『SpotsSpots』(胡ゆぇんゆぇん)、『やさしいマーチ』(植草航)
  • 功労賞(第8回)

2013年[編集]

  • アニメーション オブ ザ イヤー:『おおかみこどもの雨と雪
  • 優秀作品賞
  • 個人賞
    • 監督賞:細田守(3回目)『おおかみこどもの雨と雪』
    • 原作賞:川原礫『ソードアート・オンライン』
    • 脚本賞:奥寺佐渡子(3回目)、細田守『おおかみこどもの雨と雪』
    • 美術賞:大野広司『おおかみこどもの雨と雪』『ももへの手紙
    • キャラクターデザイン賞:貞本義行(3回目)『おおかみこどもの雨と雪』
    • 声優賞:梶裕貴アクエリオンEVOL』『アクセル・ワールド
    • 音楽賞:菅野よう子(5回目)『坂道のアポロン』『アクエリオンEVOL』
  • 公募作品
    • グランプリ:『Time of Cherry Blossoms』(蔡旭晟)
    • 優秀作品賞
      • 一般:『the Animation Tag Attack』(Bach Christen)、『The Story Of Animation』(David Tart)
      • 学生:『夕化粧』(胡嫄嫄)、『ナーニとナッタ』(青木友香)
    • 特別賞:『Lion Dance』(段雯锴・马维佳)
    • 入選:『くつした』(加藤郁夫)、『かくれん坊』(白石慶子)、『婆ちゃの金魚』(岩瀬夏緒里)、『In-Between』(Alice BISSONNET)、『STEWPOT RHAPSODY』(Soizic Mouton,Carlotte Cambon,Stéphanie Mercier,Marion Roussel)
    • 企業賞
      • 東京ビッグサイト賞:『かぞくすいっち』(秦義人)
      • ワーナー・マイカル賞:『Time of Cherry Blossoms』(蔡旭晟)、『The Story Of Animation』(David Tart)
      • モード・フィルム賞:『シャケちゃん』(豊島優海心)
  • 功労賞(第9回)

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

  • アニメ オブ ザ イヤー部門[3]
  • コンペティション部門[5]
    • 長編コンペティション部門
      • グランプリ:『TOUT EN HAUT DU MONDE』(Rémy Chayé)
      • 優秀賞:『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』(田暁鵬)
    • 短編コンペティション部門
      • グランプリ:『Off Belay』(Mataić Siniša)
      • 優秀賞:『Fisherwoman and Tuk Tuk』(Suresh Eriyat)、『息ができない』(木畠彩矢香)
      • SEIKO賞:『The Orchestra』(Mikey Hill)
  • 功労部門(第12回)[9]

2017年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 部門別(順にテレビ、劇場映画、オリジナルビデオ)に最優秀賞を決定。
  2. ^ 2014年度から部門別(順に劇場映画、テレビ)にグランプリを決定。
  3. ^ a b TAAF2016アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリは『ラブライブ!The School Idol Movie』と『SHIROBAKO』に決定!”. 東京アニメアワードフェスティバル (TAAF) (2016年3月21日). 2016年3月22日閲覧。
  4. ^ 2014年度から部門別(順に長編、短編)にグランプリを決定。
  5. ^ a b TAAF2016コンペティション部門グランプリは『TOUT EN HAUT DU MONDE』と『Off Belay』に決定!”. 東京アニメアワードフェスティバル (2016年3月21日). 2016年3月22日閲覧。
  6. ^ a b 2003年2004年の個人賞は公式には代表作品が表記されていないが開催年に制作された作品を表記した。
  7. ^ 2008年の監督賞と合わせて通算2回目。
  8. ^ 2つめの『特別賞・アニメドール〜Anime d’or』は『妖怪ウォッチ』に!”. 東京アニメアワードフェスティバル (2015年3月27日). 2016年3月22日閲覧。
  9. ^ 水木しげる「東京アニメアワードフェスティバル2016」アニメ功労部門を受賞”. コミックナタリー (2016年2月4日). 2016年2月4日閲覧。
  10. ^ TAAF2017アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリは『映画『聲の形』』と『ユーリ!!! on ICE』に決定!,東京アニメアワードフェスティバル2017,2017年2月22日
  11. ^ TAAF2017「アニメ功労部門」顕彰者決定,東京アニメアワードフェスティバル2017,2017年1月19日

外部リンク[編集]