ひこねのりお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひこね のりお
本名 彦根 範夫
生誕 (1936-12-18) 1936年12月18日(84歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 アニメーターイラストレーター
活動期間 1966年 -
代表作 明治カール』イメージキャラクター「カールおじさん」など
テンプレートを表示

ひこね のりお(本名:彦根 範夫、1936年12月18日 - )は日本のアニメーターイラストレーターである。

略歴・作風[編集]

東京都生まれ。東京芸術大学美術学部工芸科卒業[1]。1959年、東映動画に入社、劇場アニメの『少年猿飛佐助』『西遊記』や、テレビアニメ『狼少年ケン』などの作画に関わる[1]。1965年に東映動画を退社し虫プロダクションに入社、テレビアニメ『ジャングル大帝』などに関わるが1年で退社、1966年にフリーとなる[1]

永沢まこととともに共同スタジオを開設した後、自身の「ひこねスタジオ」を興す。テレビアニメテレビコマーシャルなどのアニメーターとして仕事のほか、キャラクターデザインも数多く手がけ、広告などマルチメディアに使用されている。

その作品は漫画然とした太い描線と擬人化された動物たち、3 - 5頭身の親しみやすいキャラクターで描かれ、「カールおじさん」(明治製菓〈現:明治〉)や「パピプペンギンズ」(サントリー他)など、CMを離れて独立したキャラクターとして支持されるものも多い。なお、本人のHPによると「顔はカールおじさんに似ている」とのこと。

作品[編集]

東映動画時代[編集]

虫プロ時代[編集]

フリー時代[編集]

テレビアニメ[編集]

みんなのうた[編集]

CM(主なキャラクター)[編集]

映画[編集]

絵本[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 美術手帖編『日本イラストレーション史』美術出版社、2010年、96-99頁

外部リンク[編集]