ペンギンズ・メモリー 幸福物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペンギンズ・メモリー 幸福物語
監督 木村俊士
脚本 河野洋
川崎良
久野麗
音楽 松任谷正隆(音楽監督)
主題歌 松田聖子
撮影 八巻磐
製作会社 サントリー
博報堂
CMランド
配給 東宝東和
公開 日本の旗 1985年6月22日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ペンギンズ・メモリー 幸福物語』(ペンギンズ・メモリー しあわせものがたり)は、1985年に公開された日本のアニメーション映画1983年に放送されたサントリーCANビールのテレビCMにてイメージキャラクターとして登場したペンギン(パピプペンギンズ)が人気を博し、制作されたアメリカン・ニューシネマ風の劇場用アニメーション作品。

概要[編集]

  • 元となったサントリーテレビCMはペンギンのキャラクターを起用したアニメーションとなっており、静かなバーでスローテンポのジャズを唄う女性シンガーの姿を見て、客の男性が感極まって涙を流す。そして所ジョージの「泣かせる味じゃん」というナレーションで終わるというものであった。当初はこのペンギンが歌っていた曲の詳細が明かされず、歌手と楽曲名のクレジットも表示されていなかったため、誰が歌っている何と言う曲なのかという謎が広り、大きな話題となった。程なくして、それが当時のトップアイドルであった松田聖子が歌う『SWEET MEMORIES』(『ガラスの林檎』のB面)という曲である事が知られ、そのシングルレコードのヒットと共にこのペンギンのキャラクターにも注目が集まった。この状況を見たサントリーがペンギンを使った長編アニメーションの制作を決定し[1]、CMでアニメを担当していたCMランドのスタッフに依頼をかけた。
  • 原作者の長沢岳夫によると、缶ビールのコピーライターである渡辺裕一の「若い頃に放浪の旅をした」、「図書館員になりたかった」という発言が、物語を作る上でのインスピレーションになったという[1]
  • 監督の木村俊士はそれまでテレビCMの分野で活動しており、ペンギン達を起用した缶ビールの一連のシリーズを始め、キユーピーマヨネーズバドワイザーなどのCMを手がけていたが、長編アニメーションの監督は今回が初めてだった。
  • かつて今作のVHSビデオが発売されていたが、現在は絶版となっており、DVD化もされていない。

あらすじ[編集]

過酷な戦況であったデルタ戦争から一人帰還したペンギンのマイク。今でも(戦場での過酷な日々により生じた)戦闘ストレス反応に思い悩まされることがあり、故郷では英雄と称されるも、マイクはその歓迎を受け入れられなかった。

故郷を後にし放浪の旅に出たマイクは、離れた街の図書館の司書となる。その街で子供たちに歌を教えていた歌手志望のジルに出会い、互いに惹かれあう。ジルは順調に歌手の道を進み、本格的に都会でデビューすることが決定する。ジルはマイクを連れて一緒に暮らしたいと告げる。

しかしマイクは、一緒になることで彼女の夢を壊すことと、静かな街で暮らしたいという理由から、一人街を出ようとするが…。

スタッフ[編集]

松田聖子ボーイの季節』/『Musical Life』/『SWEET MEMORIES
沢田富美子『青空 On My Mind』

キャスト[編集]

関連作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 劇場公開時のパンフレットの記述より。

外部リンク[編集]