鈴木瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき みずほ
鈴木 瑞穂
本名 鈴木 瑞穂[1]
生年月日 (1927-10-23) 1927年10月23日
没年月日 (2023-11-19) 2023年11月19日(96歳没)
出身地 中華民国の旗 中華民国満洲
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型[2]
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画吹き替え
活動期間 1952年 - 2023年
配偶者 高田光枝[3]
著名な家族 高田敏江(義妹)[3]
所属劇団 劇団銅鑼(団友)[2]
事務所 オフィスODA[2]
 
受賞
芸術祭奨励賞
紀伊國屋演劇賞
テンプレートを表示

鈴木 瑞穂(すずき みずほ[4]1927年昭和2年〉10月23日[5][6][7][1] - 2023年令和5年〉11月19日[8])は、日本男性俳優声優。オフィスODA所属[2]劇団銅鑼団友[2]。以前は其田事務所に所属していた[1]

来歴[編集]

満洲出身[9][2][注釈 1]。安東中学校卒業[7]。終戦で満洲より帰国後、京都大学経済学部に入学。劇団民藝の公演『かもめ』を観て感動したことで、京都大学を中退して日本大学芸術学部に転じる[6]

1952年滝沢修宇野重吉内藤武敏らと劇団民藝の設立に参加[9]。「五稜郭血書」で初舞台を踏んだ[10]

1962年に『るつぼ』での演技で文化庁芸術祭奨励賞を受賞[9][7]

1971年佐野浅夫佐々木すみ江下條正巳らと退団。

1972年、劇団銅鑼の設立に参加し、10年間代表を務めた後[2]フリーとなる[9]

熊井啓山本薩夫の監督映画の常連俳優でもあった。

2017年、第45回日本新劇製作者協会賞を受賞した[11]

2023年11月19日午後11時1分、心不全のため東京都で死去した[12]。96歳没。訃報は28日に劇団銅鑼より発表された[8]

人物[編集]

出演作品(俳優)[編集]

舞台[編集]

劇団民藝[編集]

その他[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

出演作品(声優)[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

バート・ランカスター

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオドラマ[編集]

ナレーション[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

トーク番組[編集]

ゲーム[編集]

その他コンテンツ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 東京都出身としている資料もある[1][7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 掛尾良夫 編「男性篇」『声優事典』(第2版)キネマ旬報社、158頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d e f g 鈴木瑞穂”. 劇団銅鑼. 2023年7月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 落合義雄『ぐんま演劇回り舞台』上毛新聞社、1965年、167頁。 
  4. ^ a b c d e ゴジラ大百科 1993, p. 122, 構成・文 岩田雅幸「決定保存版 怪獣映画の名優名鑑」
  5. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、496頁。ISBN 4-415-00878-X 
  6. ^ a b 河北新報 1986年9月25日朝刊 24面「登場」コーナー
  7. ^ a b c d 「新劇俳優名鑑」『新劇便覧』テアトロ、1965年、279頁。 
  8. ^ a b 劇団銅鑼 [@gekidandora] (2023年11月28日). "劇団銅鑼のポスト". X(旧Twitter)より2023年11月28日閲覧
  9. ^ a b c d NHK. “鈴木瑞穂|NHK人物録”. NHK人物録 | NHKアーカイブス. 2022年1月9日閲覧。
  10. ^ “「AKIRA」のDr.死す 俳優の鈴木瑞穂さん 96歳 心不全 ダース・ベイダー役など演じる”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年11月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/11/29/0017077342.shtml 2023年11月29日閲覧。 
  11. ^ 特集ワイド:この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 俳優・鈴木瑞穂さん”. 毎日新聞. 2022年1月9日閲覧。
  12. ^ 名脇役の鈴木瑞穂さん死去 演劇作品や映画で活躍”. 共同通信 (2023年11月28日). 2023年11月28日閲覧。
  13. ^ 「世田谷・9条の会」申し合わせ”. しんぶん赤旗 (2005年3月4日). 2021年10月28日閲覧。
  14. ^ 「世田谷・9条の会」申し合わせ”. 世田谷・九条の会 (2005年3月4日). 2018年7月6日閲覧。
  15. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, pp. 537–538, 「主要特撮作品配役リスト」
  16. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 209, 「『ゴジラ』作品解説/俳優名鑑」
  17. ^ 夜の訪問者[吹]水曜ロードショー版”. スターチャンネル. 2023年7月10日閲覧。
  18. ^ サンゴ礁伝説 青い海のエルフィ”. 日本アニメーション. 2016年5月17日閲覧。
  19. ^ AKIRA”. トムス・エンタテイメント. 2021年9月7日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]