ロバート・デュヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロバート・デュバル
Robert Duvall
Robert Duvall
トロント国際映画祭 2009年
生年月日 1931年1月5日(85歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
職業 俳優映画プロデューサー
配偶者 バーバラ・ベンジャミン(1964年 - 1975年)
ゲイル・ヤングス(1982年 - 1986年)
シャロン・ブロフィー(1991年 - 1996年)
ルシアーナ・ペドラサ(2004年 - )
主な作品
ゴッドファーザー PART II
地獄の黙示録
テンダー・マーシー

ロバート・デュバル(Robert Duvall, 1931年1月5日 - )はアメリカ俳優映画プロデューサーアカデミー賞に7回ノミネートされており、1983年の『テンダー・マーシー』でアカデミー主演男優賞を受賞した。

来歴[編集]

父は海軍のW・H・デュバル少将、母はアマチュアの女優で南軍ロバート・E・リーの血族[1]。父方のデュバル家の18世紀の先祖はフランス系の開拓者。この開拓者の先祖にはイギリス系の先祖を通じてドイツスコットランドウェールズの血が少しずつ混ざっている。両親は共にヴァージニア出身。

大学で演劇を学び、卒後1953年から1954年まで陸軍に入り、朝鮮戦争の間、ジョージア州のキャンプ・ゴードンに勤務した[2]。除隊後はニューヨークネイバーフッド・プレイハウスにてサンフォード・マイズナーに師事。1962年に映画デビューした。

アカデミー賞には7度ノミネートされており、1983年には『テンダー・マーシー』で主演男優賞を受賞した。ゴールデングローブ賞は4度受賞している。

フランシス・フォード・コッポラ監督作品によく出演している。『地獄の黙示録』のキルゴア中佐は知られる役のひとつ。

『テンダー・マーシー』では歌唱も披露しており、『クレイジー・ハート』では劇中では歌うシーンはないが、サウンドトラックに参加している。

プライベート[編集]

これまで4度結婚しており、1998年から交際して2005年に結婚したアルゼンチン人女優のルシアーナ・ペドラサ(Luciana Pedraza)は41歳年下である。

政治的には共和党支持者で、2008年アメリカ合衆国大統領選挙では共和党候補者レースではルドルフ・ジュリアーニを支持すると語った[3]。本選では候補者に決まったマケインサラ・ペイリンを支持した。2012年の米大統領選挙ではロムニーを支持したが、2014年には次期大統領について「今の共和党は混乱しているから、共和党員の妻も民主党にさえ投票するかもしれないし、私は独立候補に投票するつもりだ」と述べた[4]

2009年には、荒野の戦い跡地国立公園の入り口の正面にウォルマートが新店舗を作ろうとしていることを知り、反対運動を行っている南北戦争基金(civil war trust)の集会で応援メッセージを述べた。

受賞歴[編集]

部門 作品 結果
アカデミー賞 1972年[5] 助演男優賞 ゴッドファーザー ノミネート
1979年[6] 地獄の黙示録 ノミネート
1980年[7] 主演男優賞 パパ ノミネート
1983年[8] テンダー・マーシー 受賞
1997年[9] The Apostle ノミネート
1998年[10] 助演男優賞 シビル・アクション ノミネート
2014年 ジャッジ 裁かれる判事 ノミネート
英国アカデミー賞 1972年 助演男優賞 ゴッドファーザー ノミネート
1977年 ネットワーク ノミネート
1979年 地獄の黙示録 受賞
ゴールデングローブ賞 1979年 助演男優賞 地獄の黙示録 受賞
1983年 映画主演男優賞 (ドラマ部門) テンダー・マーシー 受賞
1989年 主演男優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門) ロンサム・ダブ 受賞
1992年 独裁/スターリン 受賞
1998年 助演男優賞 シビル・アクション ノミネート
2006年 主演男優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門) ブロークン・トレイル 遥かなる旅路 ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞 1972年 助演男優賞 ゴッドファーザー 受賞
1983年 主演男優賞 テンダー・マーシー 受賞

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://web.archive.org/web/20080220224236/http://www.newenglandancestors.org/education/articles/research/special_guests/gary_boyd_roberts/gbr83.asp
  2. ^ 部署は広報。戦闘任務にはついていない。
  3. ^ “Academy Award-Winning Actor Robert Duvall Supports Rudy Giuliani”. joinrudy2008.com. (2007年9月5日). http://www.joinrudy2008.com/article/pr/764 
  4. ^ Robert Duvall on His Storied Career, His New Movie, and Why He’s Ditching the GOP”. The Daily Beast (2013年3月13日). 2016年4月6日閲覧。
  5. ^ The 45th Academy Awards (1973) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月26日閲覧。
  6. ^ The 52nd Academy Awards (1980) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月26日閲覧。
  7. ^ The 53rd Academy Awards (1981) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月26日閲覧。
  8. ^ The 56th Academy Awards (1984) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月26日閲覧。
  9. ^ The 70th Academy Awards (1998) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月26日閲覧。
  10. ^ The 71st Academy Awards (1999) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]