ランブリング・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランブリング・ローズ
Rambling Rose
監督 マーサ・クーリッジ
脚本 カルダー・ウィリンガム
原作 カルダー・ウィリンガム
製作 レニー・ハーリン
製作総指揮 マリオ・カサール
エドガー・J・シェリック
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 ジョニー・E・ジェンセン
編集 スティーヴン・コーエン
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年9月10日
日本の旗 1992年10月31日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,500,000[1]
興行収入 $6,266,621[1]
テンプレートを表示

ランブリング・ローズ』(Rambling Rose)は、マーサ・クーリッジ監督による1991年のアメリカ合衆国の映画である。カルダー・ウィリンガムによる1972年の小説を原作とし、ウィリンガム自身が映画脚本も執筆した。

あらすじ[編集]

ジョージア州に住むヒリアー家のもとに、ローズという女性が、お手伝い兼3人の子供たちの遊び相手としてやってきた。彼女は親に捨てられて以来売春宿で育った過去があり、現在も性欲過多に悩まされているという現実があった。それでもうまくいっていたようだったが、ローズは自分を本当に愛してくれる者を求め自室に男を連れ込むようになり、ついには2人の男がローズを巡って争った。この時ローズは止めに入った警官ウィルキーに暴行を加えたため逮捕された。性欲過多に悩む彼女に対し、医者は子宮の摘出を勧めたが、ヒリアー夫人に反対されて中止された。その後、ローズはウィルキーと結婚する。それから36年後、バディは父のもとを訪れ、ローズの死を初めて知る。彼女はウィルキーと離婚した後、何度か結婚を繰り返したが、最後の25年間は穏やかに暮らしたのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ローズ ローラ・ダーン 井上喜久子
ヒリアー氏 ロバート・デュヴァル 阪脩
ヒリアー夫人 ダイアン・ラッド 翠準子
ウィルコックス(バディ) ジョン・ハード 大塚芳忠
バディ ルーカス・ハース 草尾毅
ドール リサ・ジャクブ 木藤聡子
ワスキー エヴァン・ロックウッド 川田妙子
マーティンソン医師 ケヴィン・コンウェイ 村松康雄
デイヴ・ウィルキー ロバート・バーク 中田和宏
  • 日本語吹替 - パイオニアLDC発売のDVD&VHSのみ収録

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞[2] 主演女優賞 ローラ・ダーン ノミネート
助演女優賞 ダイアン・ラッド
ゴールデングローブ賞[3] 主演女優賞 (ドラマ部門) ローラ・ダーン ノミネート
助演女優賞 ダイアン・ラッド
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 『ランブリング・ローズ』 受賞
監督賞 マーサ・クーリッジ
主演男優賞 ロバート・デュヴァル ノミネート
助演女優賞 ダイアン・ラッド 受賞
撮影賞 ジョニー・E・ジェンセン ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ a b Rambling Rose” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月3日閲覧。
  2. ^ The 64th Academy Awards (1992) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年11月15日閲覧。
  3. ^ THE 49TH ANNUAL GOLDEN GLOBE AWARDS (1992)”. ハリウッド外国人映画記者協会. 2012年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]