ペナルティ・パパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペナルティ・パパ
Kicking & Screaming
監督 ジェシー・ディラン
脚本 レオ・ベンヴェヌーティ
スティーヴ・ルドニック
製作 ジャド・アパトー
ジミー・ミラー
製作総指揮 チャールズ・ローヴェン
出演者 ウィル・フェレル
ロバート・デュヴァル
ケイト・ウォルシュ
ジョシュ・ハッチャーソン
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ロイド・エイハーン2世
編集 ステュワート・H・パッペ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年5月13日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45 million[1]
興行収入 $56,070,433[1]
テンプレートを表示

ペナルティ・パパ』(Kicking & Screaming)は、2005年に製作されたウィル・フェレル主演のスポーツコメディ映画である。

概要[編集]

コメディ映画のプロデューサーとして知られるジャド・アパトーと、サタデー・ナイト・ライブで人気を博したコメディアンウィル・フェレルが組んだ本作は、弱小の少年サッカーチームを監督することになった主人公が、息子に対する愛のない自身の父親が監督する強豪サッカーチームと対戦するためにチームメイトにスパルタ養成を試みるコメディ映画である。主人公を鼻で笑う嫌味なスポ魂の父親にはアカデミー賞俳優ロバート・デュヴァル、空回りする主人公を支える妻にはケイト・ウォルシュ、チーム再建を手伝う助っ人鬼コーチには元NFLのフットボール選手、マイク・ディッカが演じている。日本では劇場未公開でDVDリリースされた。

あらすじ[編集]

フィル・ウェストン(ウィル・フェレル)は、体育会系のマッチョな父親バック(ロバート・デュヴァル)から育てられたにも関わらず運動音痴の冴えない男だった。学生時代に打ち込んだスポーツではことごとくヘマをやり、成長した今はそのツケが回ってきて自身の息子も運動音痴。しかも息子がバックにトレードされて所属することになった少年サッカーチームの“タイガース”は目もあてられぬ有様で、サッカーボールをまともに蹴られる選手は誰もいない状態だった。一方の父親バックが監督を務める“グラディエーター”は地区でも一目置かれる強豪チーム。バックは孫が所属するタイガースの成績を鼻で笑い、息子のフィルに対しても嫌味を連発。そんなある日、フィルは弱小チームのタイガースの監督を任されることになった。いざ練習をするも、やはり誰一人として見込みのある選手はおらず、いたたまれなくなったフィルは助っ人として元フットボール選手のマイク・ディッカ(本人)をコーチとして雇い入れ、肉屋の親戚でイタリア人の子供二人をスカウトする。ディッカの熱血指導に感化されたフィルは、味を覚えたコーヒーをがぶ飲みしながら鬼コーチに変貌するが、さらなる困難を極めていく。タイガースは順調に決勝でグラディエーターと勝負をすることになり、試合後半で自らの「勝つこと」にこだわった考えに気がついたフィルは、「今まで言って来たことの反対をやれ」と指導する。

出演者[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フィル・ウェストン ウィル・フェレル 石井隆夫
バック・ウェストン ロバート・デュヴァル 糸博
ディッカコーチ マイク・ディッカ
フィルの妻 ケイト・ウォルシュ 佐々木優子
サム・ウェストン ディラン・マクラフリン 増田ゆき
バッキー・ウェストン ジョシュ・ハッチャーソン 久保田恵
アン・ホーガン レイチェル・ハリス
ハマーの女 アレックス・ボースタイン

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Kicking and Screaming”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]