第58回プライムタイム・エミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第58回プライムタイム・エミー賞(だい58かいプライムタイム・エミーしょう)は、2006年8月27日ロサンゼルスシュライン・オーディトリアムで行われた。クリエイティブ・アート部門は同年の8月19日である。

テレビ中継はNBCが担当(日本ではAXNでその模様を後日放送)し、4年ぶりのホスト局となる。例年の9月より早まっているのは、今年から日曜日にNBCサンデーナイトフットボールの中継があるためである。司会はコメディアンのコナン・オブライエン。また、クリエイティブ・アート部門の模様はE!8月26日より2時間の特別番組として放送された。

選考方法の変更[編集]

今回から新たな選考方法が採用された。従来は会員がそれぞれ5個の候補を選び、その投票の上位5名(番組)がそのまま候補となったが、今回からはそれぞれの会員が選出する候補は番組部門は10作、演技部門は15名となり、更にその上位10作・15名からブルー・リボン・パネラーと呼ばれる特別会員5作・5名へと絞り込む最終投票を行なった。

この措置は、候補常連のシリーズ作品が何年も続けて候補になり、新番組や候補になっていなかった番組がシャットアウトされることが多いがために保守的と言われがちなノミネーションの顔ぶれに変化をもたらすことと、ネットワーク数の少なさと局のカラーでエミー賞では軽視されがちなThe WBUPNの優れた番組(『Gilmore Girls』やUPNの『Veronica Mars』、『Everybody Hates Chris』など)へとチャンスを与えることが目的であった。が、結局The WBやUPNからの主要部門のノミネーションは一切なかった。

逆に、前年度のシーズンを賑わした『LOST』や『デスパレートな妻たち』などの人気番組が排除されてしまうという事態が起こった。特に、前年度の作品賞を受賞した『LOST』に関しては、後述のオープニング・シークエンスでもそのことがネタにされたほどであった。また、演技部門からも作品賞候補となった『HOUSE』の主演俳優で前回のゴールデングローブ賞も受賞していたヒュー・ローリーや受賞の常連である『ザ・ソプラノズ』のジェームズ・ガンドルフィーニイーディ・ファルコが漏れ、コメディ部門の主演女優賞は『デスパレートな妻たち』の主演女優4人が1人も選ばれず(その1人であるハフマンは前年度受賞者)、秋からの継続がなされない番組の出演俳優4人が選出されたりと、選考の方法と基準に対する疑問の声が数多くあがった(変更による影響かは定かではないが、ミニシリーズ/テレビ映画部門で候補になったエレン・バースティンは、僅か14秒しか出演シーンがなかったと言う)。

式典概要[編集]

司会のコナン・オブライエンが自ら出演したオープニング・シークエンスでは、『LOST』の第1話(しかし、授賞式当日に発生したコムエアー5191便墜落事故により、一部の視聴者からは不謹慎だと批判が出た。NBCは後日謝罪を行なった)、『The Office』、『24 -TWENTY FOUR-』、『HOUSE』、『サウスパーク』のサイエントロジーをネタにした回のパロディ(Trapped in the Closet、日本未放送)などが登場した。『サウスパーク』の部分は、ネタにされたトム・クルーズ(勿論パロディシーンにも登場)を巻き込んだ物議を醸した問題作であり、放送局のコメディ・セントラルで再放送が自粛されたものであった。

今年の6月に亡くなったアメリカのテレビ界で最も偉大なるテレビプロデューサーの1人として挙げられるアーロン・スペリングトリ・スペリングの父)の功績を称える追悼コーナーも設けられ、彼が40年に渡って手掛けた数々の名ドラマのクリップが流された。クリップの終了後、そのクリップの最後を飾った『チャーリーズ・エンジェル』から、テーマ曲と共に初代エンジェルのファラ・フォーセットケイト・ジャクソンジャクリーン・スミスが登場(公の場でこの3人が集まったのは約30年ぶりだと言う)。3人それぞれが哀悼のスピーチを述べ、コーナーは幕を閉じた。

授賞式は1618万人が視聴し、その週で最も多くが見た番組となったが、全体で見ると視聴者数は授賞式中継歴代のワースト5位の数字となった。視聴率の低下には、前述の選考方法によって人気番組が候補にならず、俳優たちの出席がなかったのが影響しているのではないかと言われる。

受賞結果について[編集]

最多受賞を果たしたのは、ミニシリーズ部門作品賞の『エリザベス1世』の9部門。続く5部門での受賞の『24』はシリーズ作品で最多の5部門での受賞である。続いて『マイネーム・イズ・アール』と『ROME[ローマ]』が4部門。最多候補作の『INTO THE WEST』は無冠となった。

局別の最多受賞は『エリザベス1世』のHBOが断トツの26、続いて『The Office』がコメディ・シリーズの作品賞に輝いたNBCがネットワーク最多の14、ABCが11、FOXが10、CBSが9、PBSが8となる。

ドラマ・シリーズ部門は『24』と『グレイズ・アナトミー』の両者の争いと見られたが、結果は『24』が作品賞を含む3部門を受賞し、『グレイズ・アナトミー』はこの授賞式の夜は1つも賞を受け取ることはなかった。受賞したのは先立って行なわれたクリエイティブ・アート部門のキャスティング賞だけである。

主演男優賞のコメディ・シリーズ部門のトニー・シャルーブと助演女優賞のドラマ・シリーズ部門のブライス・ダナーは、共に2年連続での受賞を果たした(シャルーブは通算三度目の受賞)。それぞれ同年の1月に行なわれたゴールデングローブ賞の覇者である有力候補のスティーヴ・カレルとサンドラ・オーを押しのけての受賞である。

『ザ・ホワイトハウス』はアラン・アルダの受賞により、番組通算26個目のエミー賞となる。これは『ヒルストリート・ブルース』に並ぶドラマ・シリーズ作品のタイ記録である。また、アルダは今回の受賞により通算6度目のエミー賞受賞となった。

受賞と候補の一覧[編集]

太字が受賞者・受賞作を表す。

作品賞[編集]

ドラマ・シリーズ[編集]

コメディ・シリーズ[編集]

ミニシリーズ[編集]

テレビ映画[編集]

リアリティ番組(コンペティション)[編集]

バラエティ/音楽/コメディ番組[編集]

主演男優賞[編集]

ドラマ・シリーズ[編集]

コメディ・シリーズ[編集]

ミニシリーズ/テレビ映画[編集]

主演女優賞[編集]

ドラマ・シリーズ[編集]

コメディ・シリーズ[編集]

ミニシリーズ/テレビ映画[編集]

助演男優賞[編集]

ドラマ・シリーズ[編集]

コメディ・シリーズ[編集]

ミニシリーズ/テレビ映画[編集]

助演女優賞[編集]

ドラマ・シリーズ[編集]

コメディ・シリーズ[編集]

ミニシリーズ/テレビ映画[編集]

個人パフォーマンス賞(バラエティ/音楽番組)[編集]

演出賞(監督賞)[編集]

ドラマ・シリーズ[編集]

コメディ・シリーズ[編集]

ミニシリーズ/テレビ映画[編集]

バラエティ/音楽/コメディ番組[編集]

脚本賞[編集]

ドラマ・シリーズ[編集]

コメディ・シリーズ[編集]

ミニシリーズ/テレビ映画[編集]

バラエティ/音楽/コメディ番組[編集]

ボイオーバーパフォーマンス賞[編集]

外部リンク[編集]