The Office

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

The Office(ジ・オフィス)は、2001年2002年BBCで放送されたイギリスのテレビドラマ。

イギリスでは社会現象を巻き起こしたドラマであり、その人気に応えて2003年にスペシャル版も放送された。NBCリメイク権を買い取り、2005年から2013年までアメリカ人俳優を起用したアメリカ版が放送された。こちらもエミー賞作品賞などを受賞し高評価を得た。

概説[編集]

イギリスのロンドン郊外の町スラウにある製紙会社ウェーナム・ホッグの支社を舞台に、リッキー・ジャーヴェイス(演出と脚本も務めている)が演じる無神経な上司によって振り回されるオフィスの日常をドキュメンタリー・タッチで描いたシニカルなシチュエーション・コメディ番組である。

英国アカデミー賞テレビ部門英語版では3年連続で作品賞とコメディ演技賞(ジャーヴェイス)が授与された。2003年にはBBCアメリカでも放送され、イギリスのテレビ作品としては初のゴールデングローブ賞の作品賞に輝く。スペシャル番組はエミー賞の候補にもなった。

日本では東芝エンタテインメントが配給し、WOWOW2005年コメディUK!内で放送された。2019年12月よりAmazonビデオで配信されている。

主な登場人物と配役[編集]

デヴィッド・ブレント
演 - リッキー・ジャーヴェイス
ウェーナム・ホッグ社のスラウ支社マネージャー。無神経で無能なセクハラ親父。周りから慕われ頼りにされていると思い込んでいる。
ティム・カンタベリー
演 - マーティン・フリーマン
営業。30歳。大学を中退してウェーナム・ホッグに入社。実家住まい。受付嬢のドーンに好意を寄せている。ギャレスに何かとちょっかいを掛けて日頃のストレスを発散している。仕事にはうんざりしている。
ギャレス・キーナン
演 - マッケンジー・クルック
ティムからの度重なる嫌がらせに耐えるマネージャー補佐。軍事オタク。ブレントとは結構馬が合う。ティムたちからは同性愛ネタでイジられることが多い。
ドーン・ティンズリー
演 - ルーシー・デイヴィス
ブレントからの度重なるセクハラと寒いギャグに耐える受付嬢。同じ会社で働く婚約者がいる。ティムの好意には気づいていないようだが、一方で彼が別の女性と仲良くしていると複雑な表情を見せる。
ジェニファー・テイラー - クラーク
演 - スターリン・ギャラハー
ブレント直属の上司。彼とは対照的にプロ意識が高く仕事熱心なビジネスウーマンで、ブレントの無神経な発言や行動に呆れている。
リッキー・ハワード
演 - オリバー・クリス
大学を卒業したばかりの契約社員。クイズが得意で、Blockbusters(実在のイギリスのクイズショー)への出場経験がある。
クリス・フィンチ
演 - ラルフ・アイネソン
社外営業担当。自信家のナルシストであり、他者に対して高圧的な態度をとる人物。頻繁にブレントをいじめている。
ニール・ゴドウィン
演 - パトリック・バラディー
スウィンドン支社のマネージャー。プロ意識が高く人当たりもいい若手マネージャーで、ブレントとは違い部下からも慕われている。ブレントに嫉妬されており、彼による幼稚な妨害行為に遭う。
レイチェル
演 - ステイシー・ロカ
他支社の閉鎖に伴い移籍してきたハツラツとした女性社員。イタズラ好きで、ブレントやギャレスにイタズラを仕掛ける。
アン
演 - エリザベス・ベリントン
クリスマススペシャルに登場。ティムと隣接したデスクに座る。お喋り好きで一方的な長話をしてくるため、ティムに嫌がられている。

エピソード[編集]

2001年分
  • 第1話 俺は“理想の上司”
  • 第2話 セクハラ捜査室
  • 第3話 社内クイズ大会
  • 第4話 研修狂想曲
  • 第5話 美人秘書
  • 第6話 リストラ宣告
2002年分
  • 第7話 新しい部下たち
  • 第8話 査定と面接
  • 第9話 部下の誕生会
  • 第10話 講師は俺だ
  • 第11話 募金活動の日
  • 第12話 人生は山あり谷あり
2003年・クリスマススペシャル

最終回より3年後を舞台にした前後編のスペシャル版。WOWOWでは前後編に分け、第13話・14話として放送。

主な賞歴[編集]

以下の括弧内の年代は、特に記述がない場合は開催年である。

英国アカデミー賞[編集]

  • 第57回(2003年分)
    受賞
    • シチュエーション・コメディ賞
    • コメディ演技賞 - リッキー・ジャーヴェイス
    候補
    • コメディ演技賞 - マーティン・フリーマン
  • 第56回(2002年分)と第55回(2001年分)
    受賞(2回分)
    • シチュエーション・コメディ賞
    • コメディ演技賞 - リッキー・ジャーヴェイス

エミー賞[編集]

  • 第57回(2005)
    候補

ゴールデングローブ賞[編集]

  • 第61回(2004)
    受賞
    • 作品賞(テレビ部門/ミュージカルもしくはコメディ)
    • 主演男優賞(テレビ部門/ミュージカルもしくはコメディ) - リッキー・ジャーヴェイス

アメリカ版[編集]

概説[編集]

2005年より放送が開始。人気コメディアンのスティーヴ・カレルを主演に迎えてリメイクされた。日本ではHuluで動画配信されている。

舞台をアメリカの架空の紙販売企業ダンダー・ミフリン社のペンシルバニア州スクラントン支社に移し、原作の基本プロットを踏襲しつつオフィス内の脇役を複数追加するなど独自の要素を加えた。

番組は第2シーズンで第58回プライムタイム・エミー賞コメディ部門の作品賞を受賞した。カレルはゴールデングローブ賞を受賞している。

スタッフ[編集]

  • 企画:リッキー・ジャーヴェイス、スティーヴン・マーチャント、グレッグ・ダニエルズ
  • 製作総指揮:グレッグ・ダニエルズ、リッキー・ジャーヴェイス、スティーヴン・マーチャント

主な登場人物と配役[編集]

マイケル・スコット
演 - スティーヴ・カレル
原作のデヴィッド・ブレントに相当。ダンダー・ミフリン社のスクラントン支社マネジャー。デヴィッド同様、無神経な人物として描かれており、部下たちの前で不適切なジョークを連発する。トビー以外の社員を皆友人だと考えており、自分は周りに慕われていると思い込んでいる。
ドワイト・シュルート
演 - レイン・ウィルソン
原作のギャレス・キーナンに相当。セールス担当であるが、地域マネージャー補佐を自称する変人。マイケルを尊敬しており、無理やり彼の補佐役として振る舞う。日常的にジムのイタズラの犠牲になっている。
ジム・ハルパート
演 - ジョン・クラシンスキー
原作のティム・カンタベリーに相当。セールス担当。受付のパムを気にしている。原作のティム同様仕事にはうんざりしており、業務時間の多くをドワイトへのイタズラとパムとの会話に割く。
パム・ビースリー
演 - ジェナ・フィッシャー
原作のドーン・ティンズリーに相当。受け付け係。1階の倉庫で働く婚約者がいるものの、婚約に踏み切ることがないまま数年が過ぎている。ジムが行うドワイトへのイタズラを楽しんでおり、しばしば協力している。
ライアン・ハワード
演 - B・J・ノヴァク
原作のリッキー・ハワードに相当。大学を卒業したばかりの契約社員。経営者になるのが夢で、業務の傍らビジネススクールに通っている。マイケルからは弟子扱いされている。
ジャン・レビンソン
演 - メロラ・ハーディン
原作のジェニファー・テイラー - クラークに相当。北東地域を管轄するマイケル直属の上司。監督業務の他、マイケルの問題行動が原因となってスクラントン支社を訪れることも多く、彼の無神経な言動に振り回されている。
スタンリー・ハドソン
演 - レスリー・デビッド・ベイカー
セールス担当。不機嫌な態度を示すことが多いものの、業務は真面目に行っている。マイケルを嫌っており、彼の自分勝手で無神経な行いに呆れている。
フィリス・ラパン
演 - フィリス・スミス
セールス担当。物静かだが社内ゴシップやガールズトークが好きな女性社員。冷蔵庫販売会社の社長を務める婚約者がいる。マイケルから性的魅力のなさや年齢を馬鹿にされる。マイケルとは高校の同級生。
メリディス・パーマー
演 - ケイト・フラナリー
当初は会計課所属の設定であったが、シーズン2以降供給担当に変更された。シングルマザー。不特定多数との性的交渉を活発に行っている。また、アルコール中毒であることも示唆されている。
アンジェラ・マーティン
演 - アンジェラ・キンゼイ
会計課のリーダー。感情を表に出すことが少ない、真面目で道徳や倫理を重んじる女性社員。婚約者がいるはずのパムがジムと頻繁に話し込んでいることを好ましく思っていない。
オスカー・マルチネス
演 - オスカー・ヌニェス
会計課所属。落ち着いた性格で会計に関する知識も豊富であり、同僚からの質問に答えたりマイケルへ財政上の指摘をすることが多い。ヒスパニック系であることからマイケルの不適切な人種ジョークの対象になる。
ケビン・マローン
演 - ブライアン・バムガートナー
会計課所属。思考や行動が鈍く、また思ったことをすぐ口に出す肥満体型の男性社員。音楽に対する関心が高く、地元のバンドでドラマーをしている。
トビー・フランダーソン
演 - ポール・リバースタイン
人事担当。物腰が低く消極的な性格。マイケルの発言や行動にストップをかける立場にあり、マイケル曰く「自分の仕事は職場を楽しい場所にすることなのに、トビーがつまらなくしている」ことから彼に嫌われている。
アンディ・バーナード
演 - エド・ヘルムズ
シーズン3よりメインキャストの一員として登場。スタンフォード支社セールス部門の地域マネジャー。コーネル大卒であることを誇りに思っており、目立ちたがりで自己中心的な性格。
クリード・ブラットン
演 - クリード・ブラットン
品質保証担当のベテラン社員。来歴や社外での様子などが謎に包まれた人物で、不思議な発言や行動をすることが多い。
ケリー・カプーア
演 - ミンディ・カリング
カスタマーサービス担当。お喋り好きで一方的に長話をすることが多く、一部の同僚には嫌がられている。また、インド系であることからオスカー同様マイケルの不適切な人種ジョークの対象にされる。
ロイ・アンダーソン
演 - デヴィッド・デンマン
1階倉庫の従業員。パムの婚約者で、ジムとパムの距離感を快く思っていない。ダリルとは良き友人。
ダリル・フィルビン
演 - クレイグ・ロビンソン
1階倉庫の従業員。マイケルがブルーカラーの話題に無理やり混ざる為に1階に降りてくるのを嫌がっている。

主な賞歴[編集]

プライムタイム・エミー賞[編集]

受賞[編集]
  • コメディシリーズ 作品賞

第58回(2006年)[1]

  • コメディシリーズ 監督賞

第61回(2009年)[2]- ジェフリー・ブリッツ(シーズン5エピソード14・15 'Stress Relief')

  • コメディシリーズ 脚本賞

第59回(2007年)[3]- グレッグ・ダニエルズ(シーズン3エピソード1 'Gay Witch Hunt')

候補[編集]

出典:[4][1][2][3][5][6][7]

  • コメディシリーズ 作品賞

第59回(2007年) - 第63回(2011年)

  • コメディシリーズ 監督賞

第59回 - 第61回(2009年)

  • コメディシリーズ 脚本賞

第58回、第60回、第62回(2010年) - 第64回(2012年)

  • コメディシリーズ 主演男優賞

第58回 - 第63回(2011年)- スティーブ・カレル

  • コメディシリーズ 助演男優賞

第59回 - 第61回- レイン・ウィルソン

  • コメディシリーズ 助演女優賞

第59回 - ジェナ・フィッシャー

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞[編集]
候補[編集]

出典:[9][10][11][12][13]

  • テレビシリーズ賞(ミュージカル・コメディ部門)

第64回(2007年)、第66回(2009年)、第67回(2010年)、第68回(2011年)

第64回、第65回(2008年)、第66回、第67回、第68回

脚注[編集]

  1. ^ a b Nominees / Winners 2006” (英語). Television Academy. 2020年4月29日閲覧。
  2. ^ a b Nominees / Winners 2009” (英語). Television Academy. 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ a b Nominees / Winners 2007” (英語). Television Academy. 2020年4月29日閲覧。
  4. ^ Nominees / Winners 2011” (英語). Television Academy. 2020年4月29日閲覧。
  5. ^ Nominees / Winners 2008” (英語). Television Academy. 2020年4月29日閲覧。
  6. ^ Nominees / Winners 2013” (英語). Television Academy. 2020年4月29日閲覧。
  7. ^ Nominees / Winners 2010” (英語). Television Academy. 2020年4月29日閲覧。
  8. ^ 63rd Golden Globe Award Winners” (英語). www.goldenglobes.com. 2020年4月29日閲覧。
  9. ^ Winners & Nominees 2011” (英語). www.goldenglobes.com. 2020年4月29日閲覧。
  10. ^ Winners & Nominees 2010” (英語). www.goldenglobes.com. 2020年4月29日閲覧。
  11. ^ Winners & Nominees 2009” (英語). www.goldenglobes.com. 2020年4月29日閲覧。
  12. ^ “Golden Globes 2008: The winners” (英語). (2008年1月14日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7186422.stm 2020年4月29日閲覧。 
  13. ^ GLOBES 2007: NOMINEES & WINNERS” (英語). PEOPLE.com. 2020年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]