アーロン・スペリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーロン・スペリング
Aaron Spelling
Aaron Spelling
1965年撮影
生年月日 (1923-04-22) 1923年4月22日
没年月日 (2006-06-23) 2006年6月23日(83歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 プロデューサー脚本家
配偶者 キャロリン・ジョーンズ(1953-1964)
キャンディ・スペリング(1968-2006)
著名な家族 トリ・スペリング(娘)
ランディ・スペリング(息子)

アーロン・スペリングAaron Spelling1923年4月22日 - 2006年6月23日)は、アメリカ合衆国プロデューサー脚本家テキサス州出身。

人物[編集]

テキサス州ダラスにて、ポーランドから移住してきたユダヤ人夫妻の間に生まれる。 父デイビッドの本来の苗字のつづりはSpurlingだが、アメリカ移住時にスペリング( Spelling)に変更した。

8歳の時、アーロンは同級生にいじめられたトラウマから心身医学的に歩けなくなり、1年間寝たきりだった[1]

フォレスト・アベニュー高校英語版在学時、彼は第二次世界大戦アメリカ軍に軍務についた。

1949年に卒業するまで南メソジスト大学にてチアリーダーを務めた[2]


1953年に女優キャロリン・ジョーンズと結婚するも、1964年に離婚した[3]。 その翌年である68年、アーロンはキャンディ・ジーンと再婚し、1973年に娘トリを、78年に ランディをそれぞれもうけた。このうちトリは『ビバリーヒルズ青春白書 』にも出演している。

テレビ・映画業界入りと私生活[編集]

1954年、スペリングは『ジェーン・ワイマンの炉端劇場英語版』の初稿を売った。同年、彼はCBSのシットコムWillyの第1話に野犬捕獲者役で出演した。この番組のメインキャストの一人であるニューハンプシャー州の弁護士役を演じた ジューン・ハヴォックは、のちに ボードヴィル劇団の上演を行うためにニューヨーク市へ移った[4]

1968年からアーロンはプロデュース業で成功を収め、『モッズ特捜隊』、『命がけの青春/ザ・ルーキーズ英語版』、『チャーリーズ・エンジェル』, 『ビバリーヒルズ青春白書 』、『チャームド』など多数のヒット作を世に送りだした[5] 。 1969年には、アーロン・スペリング・プロダクション(1988年にスペリング・エンターテイメントに改称)を設立した[6] 。 1972年にはレナード・ゴールドバーグとスペリング/ゴールドバーグ・プロダクションを設立し、2つのプロダクションで番組制作を行った。 ベガスではマイケル・マン(企画)、Matt Houstonではローレンス・ゴードン(製作総指揮・企画)、恋はお手上げではキャノンの総帥メナハム・ゴーランヨーラム・グローバス(製作総指揮)と共に作品を手がけている。

1988年、アーロンは、ビング・クロスビーの邸宅のうち6エーカー (2.4 ha) 分を購入した[7]。 1991年、彼はその邸宅をつぶして123部屋もある家を建てた。 ザ・マナー英語版として知られるこの邸宅は、床面積 56,500平方フィート (5,250 m²)をほこり、一家族が所有する家の中ではロサンゼルス一大きかった[8][9]

2004年に放送されたテレビ映画 Behind the Camera: The Unauthorized Story of Charlie's Angelsでは、アーロン役をダン・カステラネタが務め、[10]、同年放送されたDynasty: The Making of a Guilty Pleasureでは ニコラス・ハモンドがアーロンを演じた[11]

[編集]

2001年、アーロンは口腔癌と診断された[12]。2006年6月18日に自宅で脳卒中に見舞われ、6月23日には脳卒中の合併症により、83歳で亡くなった[13][14] 死後数日後に密葬が行われ、遺体はHillside Memorial Park Cemeteryにある霊廟に収められた。

同年8月27日、第58回プライムタイム・エミー賞にて、 アーロンは、かつて彼の作品にかかわったジョーン・コリンズスティーヴン・コリンズヘザー・ロックリアファラ・フォーセットケイト・ジャクソンジャクリーン・スミスらによって表彰された。

2007年4月4日、5月13日に放送予定のテレビドラマ7th Heaven'の最終回はアーロンに捧ぐ内容になることが明らかにされた[15]

2008年、後家となったキャンディはこの邸宅を1500万ドルで売却し[9]、2011年ソーシャライトペトラ・エクレストンが850万ドルで購入した[16]

作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

  • チャーリーズ・エンジェル
  • モッド・スクワッド
  • ソープディッシュ
  • キャノンズ
  • サティスファクション
  • 恋はお手あげ
  • タイム・リミットは午後3時
  • ミスター・マム
  • ジャックポット
  • 地獄へ片足(脚本のみ)
  • 大爆破(兼脚本)

脚注[編集]

  1. ^ “Movies: Biography forAaron Spelling”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/person/112276/Aaron-Spelling/biography 
  2. ^ Aaron Spelling and SMU - News and Communications - SMU”. Smu.edu. 2013年10月18日閲覧。
  3. ^ Spelling, Aaron; Graham, Jefferson (1996). A Prime-Time Life: An Autobiography. New York: St. Martin's Press. p. 51. ISBN 0-312-14268-4. 
  4. ^ First Case”. Internet Movie Data Base. 2011年3月12日閲覧。
  5. ^ "Aaron Spelling". New York Times.
  6. ^ "Aaron Spelling biography". biography.com.
  7. ^ Spelling's Widow Fires Back at House Sale Reports”. Hollywood.com. 2013年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月7日閲覧。
  8. ^ Brown, Len (2011年6月13日). “UK Heiress Purchases Aaron Spelling Mega Mansion”. http://www.etonline.com/news/111552_UK_Heiress_Purchases_Aaron_Spelling_Mansion/index.html 
  9. ^ a b Jose, Katharine (2006年7月5日). “Aaron Spelling's Widow Puts Infamous Mansion On Market For $150 Million...”. Huffington Post. オリジナル2006年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060706210014/http://www.huffingtonpost.com/2006/07/05/aaron-spellings-widow-pu_n_24441.html 2006年7月5日閲覧。 
  10. ^ Behind the Camera: The Unauthorized Story of "Charlie's Angels"”. IMDB.com. 2004年3月8日閲覧。
  11. ^ "Dy¥nasty: The Making of a Guilty Pleasure". Variety. December 28, 2004.
  12. ^ Prime time patriarch”. Oralcancerfoundation.org. 2001年7月11日閲覧。
  13. ^ Carter, Bill (2006年6月24日). “Aaron Spelling, Prolific Television Producer, Dies at 83”. The New York Times. オリジナル2006年7月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060708100027/http://www.nytimes.com/2006/06/24/arts/television/24spelling.html 2006年6月24日閲覧。 
  14. ^ "TV innovator Aaron Spelling dies at 83". MSNBC. June 26, 2006.
  15. ^ 7th Heaven: Will Camdens Reunite for Last Episode?”. TVSeriesFinale.com. 2007年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月5日閲覧。
  16. ^ Chung, Juliet; Jackson, Candace (2011年6月14日). “L.A. Mansion for U.K. Heiress”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB10001424052702303714704576384013798228854.html 2011年6月13日閲覧。 

外部リンク[編集]