チャーリーズ・エンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャーリーズ・エンジェル』(: Charlie's Angels)は、1976年から1981年にかけてアメリカABCネットワークで放映された1時間枠のテレビドラマ

日本語版は『地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル』で、日本で1977年から1982年にかけて、日本テレビ系列で放映された。ケーブルテレビスカパー!が開設された後には、AXNで度々全話放映されている(日本未放送の吹き替え無しも含む)。2013年10月5日よりDlifeでも放送された。2015年8月3日から2016年1月5日にかけてFOXクラシック 名作ドラマでも放送。

内容[編集]

チャーリーズ・エンジェルとは、チャーリー探偵事務所に所属する女性探偵のことである。時期によって顔ぶれは違うが、常勤しているのは3名に限られる。この探偵事務所には、他にはエンジェルたちをバックアップするジョン・ボスレーという中年男性しか出勤しない[1]。所長のチャーリーは、エンジェルとは顔を合わせる事がなく、常に音声でしか指示や連絡を取らない[2]

身分を隠し、時にはコスプレ変装)を行い、男顔負けの活躍(アクション)で事件を解決していく。原則としてチャーリーがスカウトした婦人警官がエンジェルとして起用されているが、最後のメンバーであるジュリー・ロジャースのみ例外で、事件に巻き込まれてから参加している[3]

エンジェルの変遷・キャスト[編集]

役名 女優 声優(日本語) シーズン1
(全22話)
シーズン2
(全25話)
シーズン3
(全21話)
シーズン4
(全26話)
シーズン5
(全13話)
サブリナ・ダンカン ケイト・ジャクソン 高林由紀子
進千賀子(日高千香子)
× ×
ジル・マンロー ファラ・フォーセット
・メジャーズ
中村晃子 × (ゲスト) (ゲスト) ×
ケリー・ギャレット ジャクリーン・スミス 上田みゆき
クリス・マンロー シェリル・ラッド 小山まみ ×
ティファニー・ウェルズ シェリー・ハック 清水石あけみ × × × ×
ジュリー・ロジャース タニア・ロバーツ 戸田恵子 × × × ×

以上の通り、全シーズンに登場しているのはケリーのみである。クリス・マンローは、姉のジル・マンローの代わりにシーズン2で加入、以後は最後まで登場した。サブリナはシーズン1-3までで降板、後釜はティファニーとジュリーが1シーズンずつ登場した。

男性レギュラー(全シーズン)
ジョン・ボスレー:デビッド・ドイル (声: 富田耕生
チャーリー・タウンゼント(声):ジョン・フォーサイス (声: 中村正

チャーリーはオープニング・ナレーションも兼任している。

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:アーロン・スペリング、レナード・ゴールドバーグ
  • 企画:アイバン・ゴフ、ベン・ロバーツ
  • 音楽:ジャック・エリオット、アリン・ファーガソン
  • 製作:スペリング/ゴールドバーグ・プロダクション
  • 放映局:ABC
  • 配給:メトロメディア・プロデューサーズ・コーポレーション(MPC) → コロムビア・ピクチャーズ・テレビジョン(現:ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン

商品展開[編集]

当時はレコードやノベライズが発売されていた。2014年現在は、絶版あるいは廃盤。

音楽[編集]

(シェリル・ラッドの歌)

  • 『ダンス・フォーエヴァー』 - EP盤(TOSHIBA EMI)。本シリーズ予告編のバックで流された。
  • 『恋の雨音』[4] - TOSHIBA EMI。4th SEASON
  • 『行きずりの人』[5] - 旧:TOSHIBA EMI。5th SEASON

文庫本[編集]

  • 4冊ともマックス・フランクリン著。三笠書房のミカサノベルズから出版されていた。
  • 『地上最強の美女たち チャーリーズ・エンジェル1 / 土曜日がこわい』 木原たかし 訳
  • 『地上最強の美女たち チャーリーズ・エンジェル2 / 西海岸で何かが起こる』 進藤光太 訳
  • 『地上最強の美女たち チャーリーズ・エンジェル3 / 真昼の誘拐劇』 浅川寿子 訳
  • 『地上最強の美女たち チャーリーズ・エンジェル4 / 謎に消えた女』 岸本康子 訳

リメイク等[編集]

映画[編集]

チャーリーズ・エンジェル (2000年)
本シリーズを題材にした映画化。エンジェルは新メンバー。
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (2003年)
上記の続編。

テレビ番組[編集]

チャーリーズ・エンジェル・ストーリー[6](2004年)
本シリーズ制作の内幕を描いたドラマ。いわゆる再現ドラマで、当時のエンジェル役の女優を、現代(本ドラマ製作当時)の女優が演じている。
新チャーリーズ・エンジェル[7](2011年)
2011年9月よりABCで放送されたリブート版。舞台をロサンゼルスからマイアミへ移し、シリアスなドラマとなる。
映画版のエンジェルの一人でプロデューサーでもあったドリュー・バリモアが製作総指揮として参加している。低視聴率のため全7話で打ち切られた。

パロディ、オマージュ[編集]

Cherry Girl
倖田来未主演、本人のオリジナルアルバムBlack Cherry」に収録されたDVDドラマ。チャーリーズ・エンジェルをインスパイアして作られたとおもわれる[要出典]
サラリーマンNEO
NHK総合テレビジョン。2009年のシーズン5にて、当作品のオマージュとも取れる[要出典]パロディー「派遣エンジェル」が放送された。演者は中田有紀原史奈奥田恵梨華の3人であった。
レイクエンジェル
消費者金融会社レイクのテレビ広告。出費のピンチにスポーティな衣装の白人女性3人が現れ、『レイクエンジェル』を名乗り、それぞれで「レ」「イ」「ク」の人文字を描く。
ポチャーリーズエンジェル
ぽっちゃり女優三名出演のAV

脚注[編集]

  1. ^ パイロット版の『チャーリーズ・エンジェル/ぶどう園乗っ取り殺人事件』には、もう一人、スコット・ウッドヴィル(演:デヴィッド・オグデン・スティアーズ)という男性スタッフが登場する。チャーリーは彼としか会わないとされている。
  2. ^ 視聴者の前にも顔は晒さない。画面に登場するのは、後姿や腕などに留まる。また、エンジェルたちが見ていないだけで、「実はさっきまで傍にいた」と言われ、驚くこともある。最終シーズン最終回では、ケリーの入院先に姿を見せたが、他の医療スタッフに紛れ、顔もマスクで隠していた。
  3. ^ オープニングはメンバーの顔触れに合わせて変更されているため、シーズン1、シーズン2と3共通、シーズン4、シーズン5の4種類がある。シーズン5はジュリーの出自が違うので、過去3パターンとナレーションにも差が出ている。
  4. ^ : WALKING IN THE RAIN
  5. ^ : JUST ANOTHER LOVER TONIGHT
  6. ^ : Behind the Camera:The Unauthorized Story of Charlie's Angels
  7. ^ : Chalie's Angels

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜22時30分枠
前番組 番組名 次番組
地上最強の美女
バイオニック・ジェミー

(第1・第2シリーズ)
1977年1月30日 - 10月9日
地上最強の美女たち!
チャーリーズ・エンジェル
(第1シリーズ)
1977年10月16日 - 1978年3月19日
地上最強の美女
バイオニック・ジェミー
(第3シリーズ)
1978年3月26日 - 8月27日
地上最強の美女
バイオニック・ジェミー
(第3シリーズ)
1978年3月26日 - 8月27日
地上最強の美女たち!
チャーリーズ・エンジェル
(第2シリーズ)
1978年9月10日 - 1979年2月11日
ベガス
1979年2月18日 - 1979年7月15日
ベガス
1979年2月18日 - 1979年7月15日
地上最強の美女たち!
チャーリーズ・エンジェル
(第3シリーズ)
1979年7月22日 - 1980年1月6日
トラック野郎!B・J
1980年1月13日 - 1980年8月24日
トラック野郎!B・J
1980年1月13日 - 1980年8月24日
地上最強の美女たち!
チャーリーズ・エンジェル
(第4シリーズ)
1980年8月31日 - 1981年2月8日
ベガスⅡ 私立探偵ダン・タナー
1981年2月15日 - 1981年8月9日
白バイ野郎ジョン&パンチ
(第3シリーズ)
1981年8月16日 - 1982年1月3日
地上最強の美女たち!
チャーリーズ・エンジェル
(第5シリーズ)
1982年1月10日 - 1982年5月9日
爆走する7人の白雪姫!!
BJ&トラックギャル
1982年5月16日 - 1982年8月22日