富田耕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とみた こうせい
富田 耕生
プロフィール
本名 富田 耕吉
(とみた こうきち)[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京府(現:東京都[2]
死没地 日本の旗 日本静岡県
生年月日 (1936-02-04) 1936年2月4日
没年月日 (2020-09-27) 2020年9月27日(84歳没)
血液型 O型[3]
職業 声優俳優
事務所 ぷろだくしょんバオバブ(最終所属)[4]
配偶者 あり
公式サイト 富田 耕生|株式会社 ぷろだくしょんバオバブ
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 167 cm / 73 kg
声優活動
活動期間 1963年 - 2020年
ジャンル アニメ吹き替えゲームナレーション
デビュー作鉄腕アトム(アニメ第1作)』アニメのデビュー作[6][7]
俳優活動
活動期間 1956年 - 2020年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

富田 耕生(とみた こうせい、1936年2月4日[1] - 2020年9月27日[8])は、日本声優俳優。生前はぷろだくしょんバオバブに所属し[4]初代社長を経て顧問[要出典]。1979年まで青二プロダクションに所属していた[9]。1969年頃までは本名の富田 耕吉(とみた こうきち)[1]名義で活動していた。

生涯[編集]

東京府(現東京都北区王子に生まれ育つ[2][10]。父は銀行勤務[11]。小学3年で戦争のため、群馬県粕川村学童疎開した[12]。高校は東京都立第四商業高等学校に進学して卓球部に所属し、高校時代の1953年に徳島県で開催された第8回国民体育大会に卓球で出場した[12]。高校時代はその他に演劇部と自分たちの演劇グループの2つで活動[10]。高校の演劇部の先輩には関根信昭、後輩には古川登志夫がいる[13]

高校時代に劇団東俳の舞台「青いりんご」を見たことから舞台俳優に憧れ、高校を卒業する前に東芸の試験を受験し、卒業後には研究生になる[12][14]。役者を目指すが両親の反対から中央大学商学部へ入学するが、1年で退学した。退学したことは両親に黙っていたが、2年後に姉の協力もあり許してもらえたという[10]。東芸では3期生にあたり[15]。研究生仲間には田の中勇[16]、少し後輩の「3期生半」には野沢雅子がいた[15]。研究生時代には食べるために新聞配達やサンドイッチマンなどアルバイトならなんでもやり、同じく東芸に所属していた俳優の山谷初男とは三畳一間の同居生活を送っていた[12]

東芸で舞台俳優としての活動をする傍ら[6]、「淡島千景ショー」などのラジオ番組でガヤをしたり、生放送時代のテレビドラマに俳優として出演するなどマスコミ仕事もした[14]。声優としてのデビュー作はNHKラジオ時代劇ラジオドラマでの端役だという[17]1961年から1969年から放送されたTBSのテレビドラマ『七人の刑事』の終わり頃にはかなりいい役で出演するようになっていた[14]

劇団東芸に吹き替えの仕事が舞い込むこととなり、劇団では若手だった富田が本格的に声優業を始めることになる[14]。日本語吹替のデビュー作は本人いわく「『アニーよ銃をとれ』か『ロビン・フッド』だと思う」とのこと[10]テレビアニメでのデビュー作は1963年、『鉄腕アトム (アニメ第1作)[6][7]。声優の仕事をするようになって多忙を極め、最盛期には週にレギュラーの仕事が11本、1ヶ月では60本にもなるというスケジュールで睡眠時間が2,3時間という時代が15年ほど続いたという[14]

1969年には声優プロダクションとして設立された青二プロダクションへ創立メンバーとして参加。立ち上げの際の挨拶状で「富田耕生(耕吉改め)」と芸名の変更を告知している [18]。大所帯になった青二プロに不満を持つ声優たち16名が同事務所を脱退し、1979年にぷろだくしょんバオバブを立ち上げて独立した際は、実質的なリーダーを務めた[10]。そのバオバブは後年になってメンバーの離脱が相次ぎ、2015年に清水マリが出した著書では発足時の声優で現在も残ってるのは、富田、清水、小原乃梨子緒方賢一の4人だけと記していたが[19]、富田を除く3人はその後立て続けに移籍し、最後までバオバブに残った発足時の声優は富田ただ1人だった。

2009年、第3回声優アワード功労賞を受賞[20]

2014年からは、同年の1月27日に死去した永井一郎の後任として『名探偵コナン』の鈴木次郎吉役を演じることとなり、死去するまで6年間担当した[21]

2020年9月27日脳卒中により自宅で死去。84歳没[8]。同年10月3日放送の『名探偵コナン』では鈴木次郎吉の登場シーンにて追悼のテロップが流れた[21]

人物[編集]

趣味は旅行読書時代小説の読破)。特技はスキー(1級)、ゴルフ(シングル)。普通免許自動二輪免許の資格を持っている[4]

手塚治虫原作アニメの大半で、ヒゲオヤジ役を担当していた[22]

日本テレビ版『ドラえもん』で主人公であるドラえもんを演じた初代ドラえもん役声優でもある。また、ドラえもんが「あらよっと」という掛け声で道具を出したのは富田のアドリブである。途中で野沢雅子に変わったのは富田が交通事故を起こしたからだという噂があったが、これは『モンシェリCoCo』の製作打ち合わせのため、日本テレビ動画の新潟スタジオに行く途中に下崎闊が交通事故を起こしたことに起因する。後に下崎は『モンシェリCoCo』放送時、スタッフとのトラブルで制作主任を降板。そのため「『モンシェリCoCo』のプロデューサーが交通事故を起こしたため辞めた」と言う噂がたち、その噂が一人歩きし、いつのまにか「交通事故で富田耕生が降りた」という噂になっていたという。富田本人はマンガ家のとり・みきからのインタビューにこの噂について「まあそのほうがいいでしょ?(笑)」と答えている[14]

赤塚不二夫原作のアニメにも多く出演しており、1969年から1970年にかけて放送された『もーれつア太郎』の第1作アニメ版では、ブタ松とべしの2役に声をあてている。1988年には『おそ松くん』の第2作アニメ版にも出演。同年に放送されたセガ・マークIII用ソフト『天才バカボン』のCMでは、1984年に死去した雨森雅司に代わって『天才バカボン』のバカボンのパパに声をあてている。本人は役を引き継ぐかどうかに悩み、ディレクターたちに相談したが結果的には赤塚不二夫も喜んでくれて引き受けて良かったとしている[14]。この出演以降、ほとんどの作品においてバカボンのパパの声を担当している。しかし局が替わってキャスティングを変更されており、「困ったもんだね」と苦言を呈している[14]。なお、『ア太郎』では、『おそ松くん』からのスピンオフキャラクターであるデカパンにも声をあてている。

洋画の吹き替えにおいては一癖も二癖もある俳優の芝居に引けを取らないインパクトを利かせる[23]。また、アーネスト・ボーグナインの専属で知られており、多くの作品でボーグナインの吹替を務め続けた事もあってか2015年に『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』がBD化された際に追加収録に参加した際は「ほとんどリハーサルなし。一遍見せてもらえば(当時と同じように)できるよ。(ボーグナインの)演技を盗んでいるし、のけぞるシーンがあれば一緒にのけぞってる。役が俺に入っちゃう。なりきっている。それがプロでしょ」と語り、40分近くもある欠落部分を当時と変わらない声、息遣いで演じ切った[6]

死去した相模太郎神弘無兼本新吾から持ち役の一部を引き継いでいる。

声質はローバリトン[24]

あっぱれさんま大先生』の最後のコーナーでのナレーションと同番組のマスコットわしゃガエル役を長く務め、司会の明石家さんまとは以来交流がある。数は少ないが釣りをしているオヤジの役で顔出し出演し、さんまとコントを演じたこともある。ナレーションのあらすじは決まっていたが、半分以上は富田とさんま自身のアドリブであり、絶妙のコンビぶりを見せ、打ち合わせなどの際に常に富田を芸能界の先輩としてさんまが立てていた事に、富田自身が感心していた。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1963年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
  • 海底少年マリン(盗賊団の親方、ダンパー)
  • タイガーマスク(アイアン・ベア、不良少年、大木金太郎 / キム・イル、マイク・ブリスコ / レッド・ファング、キラー・ロジンスキー、ラジャー)
  • ムーミン(1969年 - 1972年、スニフ)- 2シリーズ
  • もーれつア太郎(第1作)(ベシ、ブタ松[27]、神様(代役)、黒猫、泥棒犬の父、本官さん(代役)、デカパン、ダヨーン 他)
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1986年
1988年
1989年
1990年
1991年
  • バカボンおそ松のカレーをたずねて三千里(パパ[58]
1992年
1996年
1997年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2007年
2008年
2009年
2014年
2015年
2016年
2018年

劇場アニメ[編集]

1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1981年
1983年
1984年
  • 劇場版 名探偵ホームズ(ワトソン)
  • プロ野球を10倍楽しく見る方法 PART2(オオサワ
1986年
1987年
1988年
1991年
1993年
1994年
1997年
1998年
1997年
1999年
2001年
2005年
2007年
2008年
2015年

OVA[編集]

1985年
1986年
1988年
  • 装甲騎兵ボトムズ クメンサンサ(ブールーズ・ゴウト)
  • 装甲騎兵ボトムズ クメンクエント(ブールーズ・ゴウト)
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1998年
  • 銀河英雄伝説外伝 千億の星、千億の光(アレクサンドル・ビュコック)
  • ゴルゴ13〜QUEEN BEE〜(ゴードン)
1999年
2000年
2001年
2010年
2011年
2012年

webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1997年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2014年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

アーネスト・ボーグナイン
ウィルフォード・ブリムリー
ウォルター・マッソー
M・エメット・ウォルシュ
エドワード・アズナー
エドワード・G・ロビンソン
オーソン・ウェルズ
ジャック・ウォーデン
ジョージ・ケネディ
ダニー・デヴィート
チャールズ・ダーニング
ドナルド・プレザンス
トン・ピョウ
バート・ヤング
ピーター・ボイル
ブライアン・コックス
ポール・ソルヴィノ
ボブ・ホスキンス
リー・J・コッブ
ロッド・スタイガー
ロバート・プロスキー

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

邦画[編集]

パチンコ[編集]

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • あいしゅうのドラえもん

ナレーション[編集]

ボイスオーバー[編集]

オーディオブック[編集]

テレビドラマ[編集]

教材[編集]

  • 学研 たのしいこども英語

CM[編集]

特筆がない限りナレーション

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『F』(1997年)、『F完結編』(1998年)
  2. ^ 『a』(2000年)、『α for Dreamcast』(2001年)
  3. ^ 『MX』(2004年)、『MX ポータブル』(2005年)

出典[編集]

  1. ^ a b c 『声優名鑑』、548頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b 富田 耕生(出典:VIPタイムズ社)”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年10月11日閲覧。
  3. ^ 富田耕生”. goo人名事典. 2019年10月11日閲覧。
  4. ^ a b c 富田 耕生|株式会社 ぷろだくしょんバオバブ”. 2020年5月12日閲覧。
  5. ^ 富田耕生”. 日本タレント名鑑. 2020年2月16日閲覧。
  6. ^ a b c d 岩崎郁子 (2015年12月23日). “声優・富田耕生 半世紀を超えるキャリア、1万以上の作品に携ってきたプロが明かす名人芸とは?連載第2回【声優伝説】”. シネマトゥデイ. 2019年10月11日閲覧。
  7. ^ a b 須賀隆 (2015年12月16日). “【吹替パラダイス】第5回:「超音速攻撃ヘリ エアーウルフ」の画質を徹底検証&磯部勉×富田耕生の爆笑(?)対談の合わせ技!”. ステレオサウンド. 2019年10月11日閲覧。
  8. ^ a b 株式会社 ぷろだくしょんバオバブ”. www.pro-baobab.jp. 2020年10月1日閲覧。
  9. ^ 『日本タレント名鑑(1977年版)』VIPタイムズ社、1977年、117頁。
  10. ^ a b c d e “戦後の激動期を生きた骨太の”中年族”富田耕生”. アニメージュ (徳間書店) (20): 149-152. (1980-02). 
  11. ^ 「富田耕生 戦後の激動期を生きた骨太の“中年族”」『アニメ声優24時』アニメージュ編集部編、徳間書店、1981年、p.138
  12. ^ a b c d 勝田久「file No.11 富田耕生」『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』駒草出版、2017年、pp.179-182
  13. ^ 勝田久『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』駒草出版、2017年、p.209
  14. ^ a b c d e f g h とり・みき「Voice Actor File 010 迫力のタヌキ親父はスポーツマン 富田耕生さん」『別冊映画秘宝Vol.3 とり・みきの映画吹替王』洋泉社、2004年、pp.93-99
  15. ^ a b 野沢雅子『ボクは、声優。』オプトコミュニケーションズ、1995年、p.202
  16. ^ 勝田久『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』駒草出版、2017年、p.209
  17. ^ 「声優100人に聞きました'95」『メディアックスムック26 ザ・声優1995』メディアックス、1994年、p.114
  18. ^ 山口真一『カータンのなみだ 声優伝・大竹宏新風舎、1999年、p.112
  19. ^ 清水マリ『鉄腕アトムと共に生きて 声優が語るアニメの世界』さきたま出版会、2015年、p.189
  20. ^ 第三回声優アワード受賞者│//声優アワード//Seiyu Awards//”. 2020年10月5日閲覧。
  21. ^ a b 「名探偵コナン」富田耕生さん テロップで追悼 財閥相談役・鈴木次郎吉の登場シーンに合わせて”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2020年10月3日). 2020年10月5日閲覧。
  22. ^ 声優の富田耕生さん死去”. 時事通信. 時事通信社 (2020年10月2日). 2020年10月5日閲覧。
  23. ^ 吹替の帝王 2012年10月23日閲覧。
  24. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、93頁。
  25. ^ 鉄人28号”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月11日閲覧。
  26. ^ あかねちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  27. ^ もーれつア太郎(第1期)”. 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  28. ^ アパッチ野球軍”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  29. ^ さすらいの太陽”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  30. ^ ミュンヘンへの道”. メディア芸術データベース. 2016年8月8日閲覧。
  31. ^ 読売新聞』1972年2月21日付朝刊、テレビ欄。
  32. ^ 魔法使いチャッピー”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  33. ^ キューティーハニー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  34. ^ ゲッターロボ”. 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  35. ^ 小さなバイキングビッケ”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  36. ^ ゲッターロボG”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  37. ^ まんが 花の係長”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  38. ^ ジェッターマルス”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  39. ^ 惑星ロボ ダンガードA”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  40. ^ SF西遊記スタージンガー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  41. ^ “100万年地球の旅 バンダーブック”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/55.html 2016年5月3日閲覧。 
  42. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  43. ^ “海底超特急マリン・エクスプレス”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/56.html 2016年5月3日閲覧。 
  44. ^ 怪盗ルパン813の謎”. メディア芸術データベース. 2016年11月11日閲覧。
  45. ^ 宇宙大帝ゴッドシグマ”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  46. ^ 鉄人28号”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  47. ^ “フウムーン”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/57.html 2016年5月3日閲覧。 
  48. ^ “ブレーメン4 地獄の中の天使たち”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/58.html 2016年5月3日閲覧。 
  49. ^ プロゴルファー猿”. メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。
  50. ^ 装甲騎兵ボトムズ”. メディア芸術データベース. 2017年2月11日閲覧。
  51. ^ 銀河パトロールPJ”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月22日閲覧。
  52. ^ “大自然の魔獣バギ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/60.html 2016年5月3日閲覧。 
  53. ^ 名探偵ホームズ”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月12日閲覧。
  54. ^ “銀河探査2100年 ボーダープラネット”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/62.html 2016年5月3日閲覧。 
  55. ^ 手塚治虫物語 ぼくは孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  56. ^ 平成天才バカボン”. ぴえろ公式サイト. 2020年6月13日閲覧。
  57. ^ “ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=456 2016年5月2日閲覧。 
  58. ^ バカボンおそ松のカレーをたずねて三千里(前・後編)”. 株式会社ぴえろ 公式サイト. 2020年9月23日閲覧。
  59. ^ 『アニ民』231人目 声優の富田耕生さん”. スワッチのアニメ日記. 2016年5月23日閲覧。
  60. ^ “手塚治虫が消えた!? 20世紀最後の怪事件”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/152.html 2016年5月3日閲覧。 
  61. ^ “ブラック・ジャック スペシャル〜命をめぐる4つの奇跡〜”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/122.html 2016年5月3日閲覧。 
  62. ^ “ブラック・ジャック”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/123.html 2016年5月3日閲覧。 
  63. ^ それでも世界は美しい : アニメ版キャストに潘恵子、池田秀一、櫻井孝宏ら”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2014年3月14日閲覧。
  64. ^ 番組情報”. TVアニメーション「ヤング ブラック・ジャック」公式サイト. 2015年11月1日閲覧。
  65. ^ CHARACTER”. TVアニメ「Cutie Honey Universe」公式サイト. 2018年3月24日閲覧。
  66. ^ アンデルセン物語”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  67. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  68. ^ ルパン三世 ルパンVS複製人間”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月5日閲覧。
  69. ^ ゴルゴ13”. メディア芸術データベース. 2016年8月8日閲覧。
  70. ^ ジャングル大帝 劇場版(1997)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  71. ^ “メトロポリス”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/129.html 2016年5月3日閲覧。 
  72. ^ “ブラック・ジャック ふたりの黒い医者”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/131.html 2016年5月3日閲覧。 
  73. ^ 河童のクゥと夏休み”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  74. ^ 名探偵コナン 業火の向日葵”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  75. ^ “スモールフット”. ふきカエル大作戦!!. (2018年9月26日). https://www.fukikaeru.com/?p=10326 2018年9月26日閲覧。 
  76. ^ 「ヴァレリアン」吹替版に日野聡や沢城みゆき参加、ゆりやんレトリィバァも”. 映画ナタリー. 2018年1月16日閲覧。
  77. ^ エアフォース・ワン”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  78. ^ “話題のふきカエ オーシャンズ8”. ふきカエル大作戦!!. (2018年8月9日). https://www.fukikaeru.com/?p=9936 2018年8月10日閲覧。 
  79. ^ 「テッド2」吹替キャスト第2弾発表、有吉弘行×咲野俊介コンビ再び”. 映画ナタリー. 2015年8月10日閲覧。
  80. ^ ラストサムライ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]