シェリル・ラッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェリル・ラッド
Cheryl Ladd
シェリル・ラッドCheryl Ladd
本名 Cheryl Jean Stoppelmoor
生年月日 (1951-07-12) 1951年7月12日(66歳)
出生地 サウスダコタ州ヒューロン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

シェリル・ラッド(Cheryl Ladd、1951年7月12日 - )は、アメリカ合衆国女優、歌手である。1976年 - 1981年にアメリカABCで放送されたテレビドラマチャーリーズ・エンジェル』でシーズン2から起用され、クリス・マンロー役を演じたことで知られる。

シェーンなどで知られるアラン・ラッドの息子、デイビッド・ラッドは元夫で、2人の間に生まれたジョーダン・ラッドも女優である.[1]。1979年に離婚後も、Ladd姓を名乗った。1981年に、レコードプロデューサーのブライアン・ラッセルと再婚した。

人物・経歴[編集]

サウスダコタ州ヒューロンに生まれる。父はシカゴ・ノースウェスタン鉄道の機関士[2]で、4人兄弟の次女。姉、メリー・アン、弟、ブライアン、セス。7歳の時にダンスを習い始め、スターを夢見た。母親だけがたった一人、彼女の芸能界入りを応援した。以後、ダンスと歌を熱心に勉強し、ハイスクール時代には、夏休みにプロのバンドに参加して全米ツアーをした。卒業と同時にツアーに積極的に参加、ハリウッドでバンドと別れ、演劇学校に入学した。

初めての仕事はチェリー・ムーアの芸名で、アニメーション『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』のメロディ・バレンタイン(日本版ではミミイ)役の歌唱担当。その後、CMや雑誌のモデルを経て、テレビ界からも出演依頼が来るようになった。

1976年からABCで放送が開始され人気番組となっていた『チャーリーズ・エンジェル』シーズン2へのレギュラー出演を、ファラ・フォーセット・メジャースが拒否したため、ファラの妹役のオーディションを受け合格しレギュラーに加入、最終のシーズン5まで出演した。

身長163cm[3]と欧米人女性としては小柄ながら抜群のプロポーションと健康的な笑顔で日本でも人気となり、CMにも起用されている。

1998年のTV映画『チャット・ルーム/インターネット美少女誘拐事件』では、ジョーダン・ラッドと親子で共演している。

日本語への吹き替え版は小山茉美がほとんどを担当している。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1971 壮烈!怒りのリベンジャー
Chrome and Hot Leather
ケイティ
1973 女子大生悪魔の体験入学
Satan's School for Girls
ジョディ・ケラー テレビ映画
1975 悪魔の海底黄金
The Treasure of Jamaica Reef
ザッピー
1983 ケンタッキー・ウーマン
Kentucky Woman
マギー・テルフォード テレビ映画
グレース・ケリー物語
Grace Kelly
グレース・ケリー テレビ映画
情事のあとで
Now and Forever
ジェシカ・クラーク
1984 パープル・ハーツ/愛の勲章
Purple Hearts
デボラ・ソロモン
1985 追憶のオリエント急行・あの愛をもう一度
Romance on the Orient Express
リリー・パーカー テレビ映画
1988 ブルー・グラス
Bluegrass
モード・セイジ・ブリーン テレビ映画
1989 ミレニアム/1000年紀
Millennium
ルイーズ・ボルティモア
1990 ファントム
Jekyll & Hyde
サラ・クロフォード テレビ映画
リサ/真夜中の殺人コール
Lisa
キャサリン
エア・パニック1501
Crash: The Mystery of Flight 1501
ダイアン テレビ映画
1991 美しき選択
Changes
メラニー・アダムス テレビ映画
1992 ボディヒート
Poison Ivy
ジョージー・クーパー
1993 家族の条件
Broken Promises: Taking Emily Back
パム テレビ映画
1995 ダンス・ウィズ・デンジャー
Dancing with Danger
メアリー テレビ映画
1996 薔薇の誘惑
Vows of Deception
ルシンダ/ルーシー・アン・マイケルズ テレビ映画
1998 チャット・ルーム/インターネット美少女誘拐事件
Every Moter's Worst Fear
コニー テレビ映画
ヒプノマニア 洗脳催眠
Perfect Little Angels
エレイン・フリードマン テレビ映画
1999 フランダースの犬
A Dog Of Flanders
アンナ
2007 ウォーク・ハード ロックへの階段
Walk Hard: The Dewey Cox Story
シェリル・ラッド クレジットなし

テレビシリーズ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1970-1971 Josie and the Pussycats メロディ・バレンタイン エピソード
1972 プローブ捜査指令
Search
エイミー・ラヴ 3エピソード
1974 青春ロック ハッピー・デイズ
Happy Days
シンディ 1エピソード
1975 華麗な探偵ピート&マック
Switch
ジル 1エピソード
1977 女刑事ペパー
Police Woman
ケイト 1エピソード
ポリス・ストーリー
Police Story
バフィー 1エピソード
1977-1981 チャーリーズ・エンジェル
Charlie's Angels
クリス・マンロー 87エピソード
1985 歪んだ愛/レイプの報酬
A Death in California
ホープ・マスターズ ミニシリーズ
1994-1996 One West Waikiki ホリー 20エピソード
1999-2000 ふたりの男とひとりの女
Two Guys, a Girl and a Pizza Place
バーグの母親 2エピソード
2003 チャームド
Charmed
ドリス・ベネット 1エピソード
2003-2008 ラスベガス
Las Vegas
ジリアン・デライン 29エピソード
2009 CSI:マイアミ
CSI: Miami
アマンダ・コリンズ エピソード
2011 NCIS ~ネイビー犯罪捜査班
NCIS: Naval Criminal Investigative Service
メアリー・コートニー 1エピソード
CHUCK/チャック
Chuck
エマ 1エピソード

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

以下は日本で発売されたもの。

  • 1978年「天使のためいき (Think It Over)」US:#34
  • 1978年「恋の雨音 (Walking in the Rain)」
  • 1979年「ダンス・フォーエヴァー」※ JP:#84
  • 1980年「ダンシング・アメリカン (Where is Someone to Love Me)」※※ JP:#20
  • 1980年「恋の雨音 (Walking in the Rain)」※再発売 JP:#66
  • 1981年「テイク・ア・チャンス」※※ JP:#22
  • 1982年「ラヴァー・トゥナイト(行きずりの人) (Just Another Lover Tonight)」※ JP:#67
    • ※: 「チャーリーズ・エンジェル」エンディングテーマ
    • ※※: サントリー「V.S.O.P.」「V.S.O.デラックス」CFソング

アルバム[編集]

以下は日本で発売されたもの。

  • 1978年「天使のためいき (Cheryl Ladd)」US:#129
  • 1979年「ダンス・フォーエヴァー」US:#179
  • 1980年「そよ風のエンジェル (the Best of Cheryl Ladd)」JP:#3(ジャケット写真はNHK「レッツゴー・ヤング」に出演し、「ダンス・フォーエヴァー」を歌唱したときのもの。)
  • 1981年「テイク・ア・チャンス」JP:#19
  • 1982年「愛はビューティフル (You Make it Beautiful)」
  • 1982年「ベストオブ シェリル・ラッド (the Best of Cheryl Ladd)」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jordan Ladd Biography (1975–)
  2. ^ Cheryl Ladd Biography (1951-)”. Film Reference. 2014年5月24日閲覧。 [1] at
  3. ^ チャーリーズ・エンジェル”. SPRING FIELD. 2014年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]