CHUCK/チャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CHUCK/チャック
Chuck 2007 logo.svg
フォーマット アクションコメディ
製作者
出演者
オープニングテーマ ケイクによる"Short Skirt/Long Jacket" (楽器バージョン)
音楽 ティム・ジョーンズ
アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 5
話数 91
製作
製作総指揮
放送時間 43分
製作会社
  • College Hill Pictures
  • Fake Empire
  • Wonderland Sound and Vision
  • Warner Bros. Television
放送
放送局 NBC
映像
放送期間 2007年09月24日 (2007-09-24) – 2012年01月27日 (2012-01-27)
外部リンク
ウェブサイト

CHUCK/チャック』 (原題:Chuck) はアメリカ合衆国のテレビドラマ。アメリカ本国では2007年9月24日から2012年1月27日にかけて全5シーズン、全91話がNBCで放送された。なお、本国ではiTunes Store[1]NBC.comの他、エピソードによってはTheWB.comでもビデオ鑑賞が可能である。 日本ではSuper! drama TVにて、2009年にシーズン1、2010年にシーズン2、2011年12月20日からシーズン3、2012年10月2日からシーズン4、2013年7月14日からファイナルシーズンが放送されている。また、日本テレビにて2011年10月29日からシーズン1、2012年10月9日からシーズン2が放送されている。

ストーリー[編集]

どこにでもいる普通のオタク青年、チャックはある日、旧友のブライスから送られてきたEメールを見る。すると、チャックはその場で失神してしまう。実はブライスはCIAのスパイであり、国家機密のデータを全て盗み逃走、拘束される寸前にチャックにメールにして送ったのだ。それを見たチャックは国家機密のデータ全てを脳にダウンロードしてしまい、更にそのメールが入ったパソコンは、CIAが放った追手のサラに破壊されてしまったため、国家機密はチャックの脳の中にあるのみとなってしまった。さらに、CIAとは異なる思惑で動くNSA(国家安全保障局)のエージェント、ケイシーも現れ、サラとともにチャックを護衛・監視することになった。チャックはこうして、普段は家電量販店バイモア[2]の店員、時にはスパイとしての、不思議な二重生活を送るハメになるのだった。


登場人物[編集]

主要人物[編集]

チャールズ・バトウスキー
演 - ザッカリー・リーヴァイ、吹替 - 草尾毅
主人公。愛称はチャック。家電量販店「バイ・モア(BUY MORE)」で時給11ドル(後に12ドルに上がっている)で働くどこにでもいる普通のオタクの青年。
スタンフォード大学の成績優秀な学生だった輝かしい過去を持つが、ルームメイトのブライスの策略でカンニングの疑惑を着せられて大学を退学にされる。以来、幼なじみのモーガンとゲームに明け暮れる日々だったが、ある日、ブライスからCIANSAの全機密情報を集めた最新テクノロジー「インターセクト」を情報化したメールを見、世界的な陰謀やテロなどの極秘情報がふとしたきっかけで頭に浮かぶようになる。それを機に世界一頼りないスパイとしてさまざまな事件に巻き込まれていく。
機転が利き、豊富な知識の持ち主だが、護身もままならない初期においても現場に飛び込み、状況を悪化させることもあればサラ達を救うこともあり、チャックの経歴を見たショウからジェームズ・ボンドの様でもあり、時にコントの様だと評価された。本音が出やすく、不本意な行為を強いられると大胆な発言が咄嗟に出やすい。
優れた頭脳の持ち主で、その後の調べで大量の情報に耐えられる仕組みになっているため、インターセクトがインストールできたことが判明した(後に普通のスパイでインストールしようとした結果、脳が破壊されアンインストールされる)。
シーズン2では敵側のスパイ「フルクラム」の実験場に遭遇して「インターセクト」と同様の構造をした情報を脳内にインストールした。また終盤にて「オリオン」のおかげで一度脳内のデータを全て消去することに成功するも、同シーズン最終回にてブライスの死を目前に決意し、「インターセクト2号」を再インストールする。またそれには様々な武術やアスリート、楽器のデータも入っており、それがよみがえったときは様々なパフォーマンスも実践可能になる。
シーズン3では、その能力を買われスパイとしてスカウトされ訓練されるが、任務に失敗、自信を喪失し自堕落な生活を送っていた。また、ついに思いが通じあったサラの組織からの逃避行も断わってしまったため、関係がこじれてしまっていた。その後、紆余曲折の末、再びサラ、ケイシーとともに「バトウスキー計画」としてチームを組むことになり、モーガンとともに「バイ・モア」に出戻りする。しかし、「インターセクト」の副作用で後半不安定になる。オリオンの開発した抑制機能を持つガバナーを手に入れ克服し、スパイを続行。同シーズン最終回で危険を拒むエリーによってスパイを辞職。さらにその後父オリオンのメッセージから独自に母親探しを再開する。
シーズン4序盤でやっとのことで手がかりを入手するも資金が尽きたことで中止に。就職活動を始めるもことごとく落ちる。その後それらはCIAによってもたらされたものであると判明、復活したバイ・モアにて半ば強制的にスパイに復帰するよう押し進まれるも一度断る。その後ロシアのヴォルコフ産業に潜入するもサラ達が危機に陥っていると連絡が入り、結局母親の情報集めは中止になる。
サラ達に内緒でモーガンと母親探しをしていることがばれると、今度はその目的のためにスパイに復帰することとなった。
シーズン4最終回でバイ・モアのオーナーに就任する。
スパイとしてはよくチャールズ・カーマイケルの偽名を用いる。
大学時代の恋人ジルとの失恋が痛手で、恋には奥手。
「バイ・モア」では故障した家電の修理を担当するグループ「オタク軍団(原語ではナード・ハード)」を取り仕切っている。
失踪した父親から貰った映画「トロン」のポスターをいまだに部屋に貼っている。オタク趣味のない姉のエリーからは事あるごとに剥がすように言われているが、その度、「プレミアもの」「思い出の品」などと言い逃れている。実はポスターの裏に「インターセクト」になってからの人物関係図を書き、日々劇的に変化している物事を整理している。
サラ・ウォーカー
演 - イヴォンヌ・ストラホフスキー、吹替 - 魏涼子
ヒロインでCIAの美人エージェント。
「インターセクト」が頭に入ってしまったチャックを護衛し、時にはチャックやケイシーとミッションに挑む。
ブライスとは同僚で、恋人同士でもあった。
頭脳明晰で、格闘能力は一流。CIAの上司グレアムにも評価されている。
普段はバイモアの向かいのホットドッグ店(シーズン2からはヨーグルト店)にて看板娘として働き、チャックの事情を知らない周囲には彼の恋人と言う設定になっているが、徐々に彼の本来の魅力や優しさに魅かれ始め、彼を愛するようになる。しかし、スパイとして徹しようとする立場と自分の愛情が複雑に感情がせめぎ合ってチャックの想いに対して曖昧になり、本心とは別に結果として時に彼を弄ぶ形になることも。その後様々な困難を乗りこえシーズン4最終話で結婚する。
サラ・ウォーカーは実は偽名で、過去にはジェニー・バートンという偽名も使用。
父親は詐欺師で、彼女の学生時代に逮捕されている。そのため、学生時代は酷いいじめに遭っており、また当時使っていたジェニー・バートンと言う名を嫌っている。また、その父の逮捕をきっかけにCIAにスカウトされた。
CIAのスパイ最終テスト(通称・レッドテスト)でショウの妻を殺害する。そのことが彼女を公私にわたって深く傷つけることになる。
依然その素性には謎が残っているが、最終シーズンでチャックを護衛するまでの過去が全て明かされる。
ジョン・ケイシー
演 - アダム・ボールドウィン、吹替 - 山野井仁
NSAのエージェントで、階級は少佐(後に大佐)。サラと共に任務に同行、チャックの護衛を務める。
彼のそばにいようと昼間は「バイ・モア」で働き始め、スーツの代わりに不似合いな緑色のポロシャツを着用するようになる。
性格は短気なため、「バイ・モア」では無礼な客に掴みかかろうとしてチャックに止められることもしばしばある。また皮肉屋で毒舌な面があり、その的は主にチャック。行動には強行突破や武力行使など過激な手段を好み、逆に敵でも被害を最小限に収めたいチャックとはしばしば意見が対立する。
母親もNSAで働き、自身もNSAに所属してから20年以上も様々な任務で活躍してきた筋金入りのプロの愛国者。しかし、シーズン3で、リングに裏切ったかつての上司に背信行為を強要され、NSAでの功績を認められるも一般人となりスパイとしての立場を失う。その後も隠れてチャックのサポートを行い、ショウの裏切りで協力の要請に応じ、リング幹部を捕らえることで復帰する。
私生活などは謎めいているが、盆栽が趣味であることやロナルド・レーガンを敬愛し、出かける際は自宅に飾った写真に一礼する姿などが見られる。また、ドバイの武器コンやタイのならず者たちの溜まり場の常連。子供のときは聖歌隊に所属し、高い音程を出せる特技がある。
当初はチャックを信用しておらず「チャックを守る為」と言ってはチャックの家に盗聴器などを仕掛け、「インターセクト」であることを除けばスパイとしての技能を何も持たないチャックをしばしば「ど阿呆」呼ばわりする。また、チャックと行動を共にする様になってからは任務の際に何かと不幸(愛車フォード・クラウンビクトリアの爆破、チャックとのキスなど)が続くため、なるべくならばチャックを同伴したくないと思っていた。
しかし、一方で任務をともにするうちにチャックと仲間としての絆が生まれ、彼のピンチには電話一本で駆けつけたり、抱擁を交わすなど友情が芽生え、本人がいないところでは成長したチャックを認める発言をするようにもなる。
本名はアレクサンダー(アレックス)・コバーン。
アメリカ合衆国海兵隊少尉だったが、NSAにスカウトされたことにより死亡を偽装し本来の身分を捨てジョン・ケイシーになった。このとき結婚を考えた恋人がいたが、これにより別れることになる。のちに彼女に自身の子供、アレックス(後にモーガンの恋人になる)がいることが発覚する。後にその母親とも和解した。
モーガン・ギレルモ・グライムス
演 -ジョシュア・ゴメス、吹替 - 粟野志門
チャックの幼なじみで、家電量販店「バイ・モア」での同僚でもある親友。背が低く、髭を生やしている容貌から後にケイシーからは髭ポックルと呼ばれる。
陽気で口が上手いので仕事をサボっていてもほとんど咎められず、危機に陥っても大抵のことは乗り切ってしまう(ただしより事態を悪化させることもある)。また、非常に仲間や友人想いであり、退学後の傷付いたチャックを支え、「バイ・モア」内でも人望が厚い。しかし、口が軽く詰めが甘いため、チャック以外には信頼が薄い。
チャックとは20年以上の付き合いで、チャックの細かな嗜好からドジやヘマまで知り尽くしている。一度駆け落ちに走ったチャックとサラを、チャックの習性を読んで行き先を見抜くほど。
チャックが「インターセクト」をダウンロードしたという重大な変化には気付いておらず、チャック自身も「漏らさなければ安全」と言うサラ達の言葉を信じてモーガンには打ち明けてはいない。
チャックの姉・エリーとも幼なじみで彼女とはしょっちゅうケンカになるが、実はずっとエリーに片想い中である。しかし、当の彼女には激しく毛嫌いされているが、アンナと付き合い出してからはエリーへの想いに決着はつけている。
将来の夢は「ハワイで鉄板焼きのシェフになる」ことでシーズン2の終盤にはその夢を実現するため、当時付き合っていた仕事仲間のアンナとともに「バイ・モア」を辞める。しかし、シーズン3では、鉄板焼きをクビになりアンナにもフラれ、再び組織の口利きによりチャックとともに「バイ・モア」に出戻り、アシスタント・マネージャーになる。
シーズン3でついにチャックの秘密を知り、ケイシーのベックマン将官との取引で念願のスパイにもさせてもらうが、爆弾の扱いを失敗してバイ・モアを爆発させてしまう。
シーズン4ではCIAの支局として再開したバイ・モアの店員に偽装したエージェント達があまりにも有能すぎて偽装になっておらず、元のメンバーを呼び戻すことで偽装を完璧にした功績によりマネージャーに昇格する。終盤でインターセクトをダウンロードすることになる。
ボローニャという母親がいるが、父親のことは本人もよく知らない。
カンフー映画マニアで部屋に千葉真一の映画ポスターを飾っている。
エレノア・フェイ・バトウスキー
演 - サラ・ランカスター、吹替 - 寺川府公子
愛称はエリー。チャックと同じ家に同居している姉。
弟と異なり、知性派かつ前向きな性格で、UCLAのメディカル・スクールを卒業して医師になった。但し、自分以外スパイであるが事情を知らないために離散した家族構成が原因で心配性でたまに不安定になることがある。
幼い頃に母親が家を出て以来、チャックとお互いを支え合いながら生きてきたため、今も弟に恋人がいないのを心配していた。久方ぶりに出来た恋人(として通っている)サラと弟を全力で応援している。しかし、サラと出会って以来、家族の恒例行事をすっぽかす等、少し変わった弟を不思議にも思っている。シーズン3終盤、リングの息のかかったCIA局員に騙され、チャックと父を危機に追い込むと同時についにチャックの秘密を知ることとなる。
長年、オタクとして弟を独占するモーガンを非常に毛嫌いしていて、口説かれても一切相手にしない。
同じく医師であるデヴォンを恋人に持ち、のちに結婚する。シーズン3では弟との同居を解消し彼とともにアパートの別室に引っ越し、シーズン4では子供を出産する。
デヴォン・クリスチャン・ウッドコム
演 - ライアン・マクパートリン、吹替 - 小野塚貴志
エリーの恋人。医師で、大学を首席で卒業、アメフトサーフィントライアスロンなどスポーツ全般もこなし、明るい性格で人望も厚い。
オーサム(awesome)が口癖で、その口癖から「キャプテンオーサム」(吹き替え版では「お見事キャプテン」)と通称される。
エリー一筋だが、モテるために恋愛経験も豊富で、そこからチャックやモーガンに自身の恋愛テクニックを伝授する事が多い。
ノリで全てを片付けようとする傾向があり、普段からあまり空気を読めるタイプではない。また、ウソが苦手である。
シーズン2終盤でチャックの正体を知り、シーズン3序盤で任務に嬉々として協力するが、その直後に敵対組織から殺されそうな目に遭い、挙句に殺人を強要されたせいで、一時は怯えて引き篭り気味になるなどチャック達のスパイ活動になるべく関わらないようにし、国境なき医師団に参加して彼から離れようとした。

NSA[編集]

ダイアン・ベックマン
演 - ボニータ・フリーデリシー、吹替 - 定岡小百合
ケイシーの上官で、チャック護衛任務の指揮官。
職務に忠実で時に非情な命令も下す。一方で、彼女個人としてはチャックとサラの恋愛を応援している。
将官の地位にあるようだが、具体的なことは不明。
過去に伝説のスパイのローン・モンゴメリーと怪しい関係だった。彼が登場する話では、珍しく私情を顕にした

CIA[編集]

ブライス・ラーキン
演- マシュー・ボーマー
チャックのスタンフォード大学時代の元ルームメイトで、彼をカンニング容疑で嵌めた張本人。
その正体はCIAのエージェントで、「インターセクト」を盗み出して逃走していた所をケイシーに撃たれた。その際に死亡したと思われていたが、ブライスが潜入捜査していた先の組織の人間に「ブライスの脳内にインターセクトがある」と吹き込み、治療をさせていた。後に、CIAの関係者でスカウトの役割を担っていた大学の恩師がチャックをCIAに引き入れようとしているのを知り、親友を守ろうと彼を大学から離れさせるためにカンニングで嵌めたことが発覚した。
シーズン2最終話にて、実際は以前からチャックの父親がインターセクトの開発者であることなど彼の全てを知っていたと明かし、またインターセクトの破壊ツールをチャックに渡すも、銃弾を腹部に受けており死亡する。
親友であるチャックのためとはいえ、カンニングをでっち上げて大学を退学させたり、「インターセクト」をダウンロードさせたり、またそれをアップデートさせたりと、かなり自分勝手な性格の持ち主。
チャックとは共通する趣味が多く、スタートレックに登場する架空言語クリンゴン語で会話できるほどのトレッキーぶりを見せる。
プライベートでのサラの元恋人でもある。
ダニエル・ショウ
演- ブランドン・ラウス、吹替 - 花輪英司
CIAスペシャル・エージェント。
チャックたちのチームの指揮を執る。秘密は多いが、妻を失った過去から仲間想いでサラとも一時惹かれ合った。
同じくスパイだった恋人を殺した敵対組織「リング」の壊滅に熱意を燃やしていたが、CIAがサラを使って恋人を殺した真実を知ると一転、復讐のためチャックたちの敵になる。
シーズン3終盤でリングに寝返り、インターセクトをダウンロードする。そして、CIAを内部から乗っ取り、インターセクトで不安定なチャックを利用して寸前まで追い詰めるが、チームバトウスキーの活躍でリングの最高幹部たちを捕らえられてしまう。ショウ本人は何とか逃亡し、でインターセクトであるチャック抹殺のために「バイ・モア」に現れ、チャックと対決の果てに敗北する。

バイ・モア[編集]

ビッグ・マイク
演- マーク・クリストファー・ローレンス、吹替 - 朝倉栄介
家電量販店「バイ・モア」のバーバンク支店長であり、チャックたちの上司。かなりの巨漢で、甘いものが大好き。
基本的に趣味の釣りに出かけているか店長室でドーナツ等を食べているかのどちらかで、店長として働いている姿は滅多に見られない。しかし、店への愛情は強く、警報を聞いて急いで駆け戻ったことがある。
仕事をサボるうえ、トラブルばかり起こす「オタク軍団」にいつも悩まされている。
のちに、エメットに嵌められ、マネージャーの職を追われ一販売員に降格されてしまうが、シーズン3で返り咲く。
アメフト選手で、その巨体を活かしたタックルは現役を退いた現在でも鍛えられたスパイを軽く吹っ飛ばし、ノックダウンしてしまう程の威力を誇る。
当初は結婚していたが、突然妻に離婚届を突き付けられ、離婚。その後、出会い系サイトで知り合ったモーガンの母親と付き合い、後に結婚する。そのことから彼女の息子であるモーガンには目をかけている。
同じく巨体の警察官の従兄がいる。(「ダイ・ハード」のロス市警警官アル・パウエルが同設定として従兄役を演じている)
シーズン3のバイ・モア爆破により無職となっていたが、シーズン4で復職し、マネージャーに昇格したモーガンをアシスタント・マネージャーとしてそして義父として支える。
レスター・パテル
演 - ヴィク・サヘイ、吹替 - 増田隆之
「オタク軍団」のメンバーの一人。自称・カナダ生まれのインド系ユダヤ人。
ジェフとモーガンと仲がよく、彼等と常に「仕事をどうやって楽に終わらせられるか」ばかりを考えている。従業員の間でファイトクラブやモーガンいじめを扇動するなど発言力は強い。但し、大口を叩く割に小心な一面がある。そのため一時期、棚ぼたでアシスタントマネージャーに昇格するが、責務に耐えられず、すぐに辞任した。
ジェフリーとは常に一緒にいて、ストーカーまがいの行動をする。
ジェフと「ジェフスター」というバンドを組んでいる。ボーカル担当。TOTOの「アフリカ」や、スティクスの「ミスター・ロボット」など、1980年代のヒット楽曲のカバーを得意とする。
ジェフリー・バーンズ
演 - スコット・クリンスキー、吹替 - 坂本くんぺい
同じく「オタク軍団」のメンバーの一人。
「オタク軍団」絡みのお客様トラブルや店長からのカミナリの大半はジェフとレスター関係である。
酒好きで不潔。また、詳細不明の薬も大量に服用していて、時々幻覚も見えている。
レスターに必要以上の接触するため、親友である彼にさえ気味悪がられ怪しまれている。
若い頃はミサイルコマンドの世界チャンピオンであった。しかし、現在はプレッシャーからスランプに陥ってしまっている。
レスターと「ジェフスター」というバンドを組んでいる。キーボード担当。
アンナ・ウー
演 - ジュリア・リン、吹替 - 〆野潤子
「オタク軍団」紅一点の台湾人で、筋骨隆々の男を一発で倒すほどのカンフーの腕前の持ち主。
モーガンと付き合っていたが、嫉妬深く、いまだモーガンが目移りしているエリーを敵視していた。
シーズン2終盤では、鉄板焼き屋の夢を目指すモーガンに付いていき「バイ・モア」を辞めるが、シーズン3で鉄板焼き屋をクビになった彼についに愛想を尽かし見習いとともに消えてしまう。しかし、シーズン3終盤でモーガンを連れ戻しにバイ・モアを訪れてふられる。
ハリー・タン
演 - C・S・リー
シーズン1前半でアシスタントマネージャーの座を狙いことあるごとにチャックと張り合おうとする東洋系の男性。
あるときバイ・モア店内でチャックらがダイアン将軍への報告をしている現場に居合わせてしまい、秘密を知ってしまう。しかし、その直後にスパイとして採用するとケイシーに騙され、バイ・モアを辞めて妻とともにハワイへ移住し悠々自適な生活を送る。
実は妻はビック・マイクと不倫関係にあったが、本人はそのことを知らない。
エメット
演 - トニー・ヘイル
レスターの辞任により、不在となったアシスタントマネージャーとして本社からやってきた男。
上に甘く下に厳しい典型的なダメな上司。
仕事をサボるうえ、トラブルばかり起こす「オタク軍団」を目の敵にしている。
のちに、モーガンを騙してビックマイクから店長の座を奪う。しかし、シーズン3序盤でチャックを追ってきた殺し屋を不用意かつ無駄に刺激してしまい、拳銃で撃たれてしまう。その後の生死は定かでないが、ケイシーはチャックに「彼はアンカレッジに栄転した」と説明している。
ビッグ・マイクに「所属が分からない(男女のどっちが好きなのか)」と言われるなど、中性的だが、曰くノーマルだと語っている。
ハンナ・オルセン
演 - クリスティン・クルック、吹替 - 小松由佳
「オタク軍団」のメンバーの一人。
以前はパリの投資顧問会社で秘書として働いていたがクビになった。その後、パリのオフィスに荷物を片付けに行くために乗った飛行機の中で単独任務中のチャックと出会い意気投合し、事情を知った彼に「バイ・モア」に誘われ、働き始める。
当初よりチャックに対して好意を持っており、「オタク軍団」入り後に互いの気持ちが通じあい付き合い始めるが、秘密を抱えることに耐えられないとしてチャックから別れを告げられ、「バイ・モア」を退職する。

フルクラム[編集]

ジル・ロバーツ
演 - ジョーダナ・ブリュースター、吹替 - 北西純子
チャックのスタンフォード大学時代の恋人。
実は敵対組織「フルクラム」のスパイ。
ブライスとの浮気により、チャックと別れる。しかし、それはチャックを危険なスパイの世界から遠ざけるための偽装であり、今でも彼を愛していた。
のちに再会したチャックと再び愛し合うようになる。しかし、彼女が敵対組織「フルクラム」のスパイであることが発覚し、サラを殺そうとしたことにより、愛していたチャックの手によって捕らえられ、政府に身柄を引き渡される。
その後、恩赦を条件にチャックたちの任務に協力する。しかし、政府は彼女に恩赦を与えるつもりはなく、それを知ったチャックに協力のお礼として逃がしてもらう。

ヴォルコフ産業[編集]

アレクシ・ヴォルコフ
演 - ティモシー・ダルトン
ロシア系の「ヴォルコフ産業」のボス。
メアリー・バトウスキー
演 - リンダ・ハミルトン
シーズン4に登場するチャックとエリーの母親。「フロスト」のコードネームを持つスパイ。ロシア系の「ヴォルコフ産業」へ長期間の潜入任務に就いている。

その他[編集]

ジャック・バートン
演 - ゲイリー・コール
サラの父親で詐欺師。
政府に協力を要請されるほど詐欺師としての腕は一流。
娘とはその仕事や、長年交流がなかったため、関係はギクシャクしている。
チャックたちの任務に協力したあと、再び姿を消す。
ステフォン・バトウスキー
演 - スコット・バクラ、吹替 - 谷口節
チャックとエリーの父親。
「インターセクト」の開発者で「オリオン」というコードネームを持つ。「インターセクト」を開発後、政府の思惑を知り、家族を巻き込まないために、何も告げず家を離れた。しかし、普段は自分が開発した新技術が他人に奪われたことを嘆いて愚痴るために正体を明かすまではほら吹きの父と誤解されて複雑な感情がバトウスキー姉弟の間に渦巻いていた。
昔、自分を実験台にしていたため、自身も初期型の「インターセクト」を脳内にインストールしている。
当初は「オリオン」としてチャックに接触していたが、その後、彼に自身の秘密を打ち明ける。
シーズン3終盤で騙されたエリーによってCIAに目をつけられ、同時にチャックがまだスパイであることを知り、ガバナーを作るがリングの二重スパイ(ダニエル・ショウ)に撃たれて死亡。

用語[編集]

インターセクト
暗号化した情報をサブリミナル効果で視覚から脳に取り込み(作中でインストールと呼ばれる)、対象に接すると瞬時に情報が引き出される新技術。
ストーリー初期にブライスがチャックにインターセクト入りのメールを送り、NSAのインターセクトを破壊。更にサラがチャックのパソコンを盗もうと押し入った際に帰宅したチャックとモーガンに遭遇してパソコンが破損し、チャックが唯一の「インターセクト」となってしまう。
ストーリーの進行と共に性能も上がっており、シーズン1では視覚からのみ引き出しが、シーズン2でのブライスのアップデートで聴覚からも引き出せるようになる。更にある任務でフルクラムの人体実験に遭遇してフルクラムの情報も取り込む。後に「オリオン」の尽力でアンインストールに成功するが、フルクラムの新しい「インターセクト」はチャックが再インストール後に破壊。その結果、格闘技など運動行為に医療行為なども実行できるようになった。
単独スパイ専用であるが、インターセクトの情報は膨大なために素質がない者では脳が耐え切れず廃人になる。また、フラッシュ(情報を引き出すこと)する際に脳に負担がかかるため、シーズン3終盤に素質が高いチャックも不安定となるが、父オリオンから抑制機能を持つガバナー付きの時計を装着することで克服した。破壊された技術の復元で、一時的かつ一部の情報のみにしたサングラス着用時のみカンフーの達人になれる簡易版(シーズン3の第6話)が作られた。
バイ・モア バーバンク店
主要人物たちが勤める家電量販店。オタク軍団(ナード・ハード)を抱えるが、人種を問わない雇用のために彼らの不真面目さはやや黙認気味。
チャックの監視のためにケイシーが雇われ、極秘で通信設備や隠し通路などが改造されていく。シーズン2にはサラのヨーグルト店と地下で繋がり、シーズン3では地下に秘密基地(キャッスル)が作られるが、同シーズン最終話にショウに爆弾を仕掛けられ、モーガンが負傷した手で起爆装置をいじったことが要因で爆破される。シーズン4では、CIAの支部として多額の予算を用いて復活する。
フルクラム
チャックの元恋人のジルが所属していた組織で、シーズン2のチャック達の敵。作中では、インターセクトの開発や研究、更に様々な伝手からスパイを徴用していた。
リング
フルクラムの背後にある組織で、シーズン3での主な敵。CIA内部にもリングのスパイが潜り込んでいる。ショウの裏切りでCIAの実権を奪い取るも、チームバトウスキーの活躍で幹部たちを捕らえられ、崩壊する。
ヴォルコフ産業
ロシアの裏企業。チャックの母親が「フロスト」と語り潜入している企業。

エピソード[編集]

第1シーズン[編集]

タイトル 原題 オリジナル放送日
第1話 チャック VS 運命 Chuck Versus the Intersect 2007年9月24日
第2話 チャック VS ヘリコプター Chuck Versus the Helicopter 2007年10月1日
第3話 チャック VS タンゴ Chuck Versus the Tango 2007年10月8日
第4話 チャック VS 秘密の石 Chuck Versus the Wookiee 2007年10月15日
第5話 チャック VS エビの鉄板焼き Chuck Versus the Sizzling Shrimp 2007年10月22日
第6話 チャック VS サンドワーム Chuck Versus the Sandworm 2007年10月29日
第7話 チャック VS スタンフォード大 Chuck Versus the Alma Mater 2007年11月5日
第8話 チャック VS 真実 Chuck Versus the Truth 2007年11月12日
第9話 チャック VS サラミ Chuck Versus the Imported Hard Salami 2007年11月19日
第10話 チャック VS 天敵 Chuck Versus the Nemesis 2007年11月26日
第11話 チャック VS セダン Chuck Versus the Crown Vic 2007年12月3日
第12話 チャツク VS カサブランカ Chuck Versus the Undercover Lover 2008年1月21日
第13話 チャック VS カジキ Chuck Versus the Marlin 2008年1月21日

第2シーズン[編集]

タイトル 原題 オリジナル放送日
第1話 チャック VS 初デート Chuck Versus the First Date 2008年9月29日
第2話 チャック VS 誘惑 Chuck Versus the Seduction 2008年10月6日
第3話 チャック VS 失恋 Chuck Versus the Break-Up 2008年10月13日
第4話 チャック VS クーガーズ Chuck Versus the Cougars 2008年10月20日
第5話 チャック VS ミサイルコマンド Chuck Versus Tom Sawyer 2008年10月27日
第6話 チャック VS 元カノ Chuck Versus the Ex 2008年11月10日
第7話 チャック VS オペラ Chuck Versus the Fat Lady 2008年11月17日
第8話 チャック VS 遊園地 Chuck Versus the Gravitron 2008年11月24日
第9話 チャック VS センセイ Chuck Versus the Sensei 2008年12月1日
第10話 チャック VS デロリアン Chuck Versus the DeLorean 2008年12月8日
第11話 チャック VS サンタクロース Chuck Versus Santa Claus 2008年12月15日
第12話 チャック VS ロック・スター Chuck Versus the Third Dimension 2009年2月2日
第13話 チャック VS ご近所 Chuck Versus the Suburbs 2009年2月16日
第14話 チャック VS 親友 Chuck Versus the Best Friend 2009年2月23日
第15話 チャック VS セクシーガイ Chuck Versus the Beefcake 2009年3月2日
第16話 チャック VS リーサル・ウェポン Chuck Versus the Lethal Weapon 2009年3月9日
第17話 チャック VS 攻撃機(プレデター) Chuck Versus the Predator 2009年3月23日
第18話 チャック VS 傷心 Chuck Versus the Broken Heart 2009年3月30日
第19話 チャック VS 夢の職業 Chuck Versus the Dream Job 2009年4月6日
第20話 チャック VS 初めての殺し Chuck Versus the First Kill 2009年4月13日
第21話 チャック VS 大佐 Chuck Versus the Colonel 2009年4月20日
第22話 チャック VS リング Chuck Versus the Ring 2009年4月27日

第3シーズン[編集]

タイトル 原題 オリジナル放送日
第1話 チャック VS クビ宣告 Chuck Versus the Pink Slip 2010年1月10日
第2話 チャック VS 愛の言葉 Chuck Versus the Three Words 2010年1月10日
第3話 チャック VS 死の天使 Chuck Versus the Angel de la Muerte 2010年1月11日
第4話 チャック VS スパイになったデヴォン Chuck Versus Operation Awesome 2010年1月17日
第5話 チャック VS 初単独任務 Chuck Versus First Class 2010年1月24日
第6話 チャック VS ナチョス盛り合わせ Chuck Versus the Nacho Sampler 2010年1月31日
第7話 チャック VS 仮面 Chuck Versus the Mask 2010年2月8日
第8話 チャック VS 偽名 Chuck Versus the Fake Name 2010年3月1日
第9話 チャック VS ひげヅラ Chuck Versus the Beard 2010年3月8日
第10話 チャック VS ケイシーの過去 Chuck Versus the Tic Tac 2010年3月15日
第11話 チャック VS 最終試験 Chuck Versus the Final Exam 2010年3月22日
第12話 チャック VS アメリカン・ヒーロー Chuck Versus the American Hero 2010年3月29日
第13話 チャック VS 復讐 Chuck Versus the Other Guy 2010年4月5日
第14話 チャック VS ハネムーン Chuck Versus the Honeymooners 2010年4月26日
第15話 チャック VS お手本カップル Chuck Versus the Role Models 2010年5月3日
第16話 チャック VS 歯 Chuck Versus the Tooth 2010年5月10日
第17話 チャック VS リビングデッド Chuck Versus the Living Dead 2010年5月17日
第18話 チャック VS 地下鉄 Chuck Versus the Subway 2010年5月24日
第19話 チャック VS リング:パート2 Chuck Versus the Ring: Part II 2010年5月24日

第4シーズン[編集]

タイトル 原題 オリジナル放送日
第1話 チャック VS 記念日 Chuck Versus the Anniversary 2010年9月20日
第2話 チャック VS スーツケース Chuck Versus the Suitcase 2010年9月27日
第3話 チャック VS 婚約指輪 Chuck Versus the Cubic Z 2010年10月4日
第4話 チャック VS クーデター Chuck Versus the Coup d'Etat 2010年10月11日
第5話 チャック VS ケイシーの葬式 Chuck Versus the Couch Lock 2010年10月18日
第6話 チャック VS 恐怖の通路 Chuck Versus the Aisle of Terror 2010年10月25日
第7話 チャック VS 初ゲンカ Chuck Versus the First Fight 2010年11月1日
第8話 チャック VS 死の恐怖 Chuck Versus the Fear of Death 2010年11月15日
第9話 チャック VS フェーズ3 Chuck Versus Phase Three 2010年11月22日
第10話 チャック VS 残り物ディナー Chuck Versus the Leftovers 2010年11月29日
第11話 チャック VS バルコニー Chuck Versus the Balcony 2011年1月17日
第12話 チャック VS 塀の中のボス Chuck Versus the Gobbler 2011年1月24日
第13話 チャック VS 出産ミックス Chuck Versus the Push Mix 2011年1月31日
第14話 チャック VS 続・誘惑 Chuck Versus the Seduction Impossible 2011年2月7日
第15話 チャック VS キャット隊 Chuck Versus the Cat Squad 2011年2月14日
第16話 チャック VS 仮面舞踏会 Chuck Versus the Masquerade 2011年2月21日
第17話 チャック VS ファースト銀行 Chuck Versus the First Bank of Evil 2011年2月28日
第18話 チャック VS Aチーム Chuck Versus the A-Team 2011年3月14日
第19話 チャック VS 密室殺人 Chuck Versus the Muuurder 2011年3月21日
第20話 チャック VS ヴォルコフ・ファミリー Chuck Versus the Family Volkoff 2011年4月11日
第21話 チャック VS ウエディング・プランナー Chuck Versus the Wedding Planner 2011年4月18日
第22話 チャック VS エージェントX Chuck Versus Agent X 2011年5月2日
第23話 チャック VS 結婚準備 Chuck Versus the Last Details 2011年5月9日
第24話 チャック VS クリフハンガー Chuck Versus the Cliffhanger 2011年5月16日

第5(ファイナル)シーズン[編集]

タイトル 原題 オリジナル放送日
第1話 チャック VS ズーム Chuck Versus the Zoom 2011年10月28日
第2話 チャック VS ヒゲの賊 Chuck Versus the Bearded Bandit 2011年11月4日
第3話 チャック VS メッシュ Chuck Versus the Frosted Tips 2011年11月11日
第4話 チャック VS 暗殺命令 Chuck Versus the Business Trip 2011年11月11日
第5話 チャック VS ハッキング対決 Chuck Versus the Hack Off 2011年12月9日
第6話 チャック VS バトウスキー家の呪い Chuck Versus the Curse 2011年12月16日
第7話 チャック VS サンタの衣装 Chuck Versus the Santa Suit 2011年12月23日
第8話 チャック VS 赤ちゃん Chuck Versus the Baby 2011年12月30日
第9話 チャック VS ヒモ Chuck Versus the Kept Man 2012年1月6日
第10話 チャック VS ボー Chuck Versus Bo 2012年1月13日
第11話 チャック VS 新幹線 Chuck Versus the Bullet Train 2012年1月20日
第12話 チャック VS サラ Chuck Versus Sarah 2012年1月27日
第13話 チャック VS さよなら Chuck Versus the Goodbye 2012年1月27日

DVD・BD[編集]

  • CHUCK / チャック (ファースト・シーズン) コンプリート・ボックス 2011年4月27日発売
  • CHUCK / チャック (セカンド・シーズン) コンプリート・ボックス 2011年6月15日発売
  • CHUCK / チャック (サード・シーズン) コンプリート・ボックス 2012年6月6日発売
  • CHUCK / チャック (フォース・シーズン) コンプリート・ボックス 2013年4月25日発売

脚注[編集]

  1. ^ アメリカ合衆国内に住所があるiTunesユーザーのみが対象。
  2. ^ バイモアは実在する家電量販店ベスト・バイのパロディで、扱っている商品も内装もほぼ同じである。バイモアの車に横書きされている「Nerd Herd」もベスト・バイの「Geek Squad」のパロディ。Buy Moreも参照。

外部リンク[編集]