千葉真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちば しんいち
千葉 真一
JJ Sonny Chiba
千葉 真一JJ Sonny Chiba
本名 前田 禎穂(まえだ さだほ)[1]
別名義 和千永 倫道(わちなが りんどう)
生年月日 1939年1月22日(77歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
民族 日本人[1][2][3]
身長 176cm[4][5]
血液型 O型[4][5]
職業 俳優体操選手空手家歌手芸能プロモーターアクション監督映画監督映画プロデューサー作詞家作曲家ナレーター声優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇CM
活動期間 1959年 -
活動内容 1959年 東映ニューフェイス
1960年 デビュー
1966年 合作映画出演
1970年 JAC 設立
1973年 合作映画出演
1974年 Sonny Chiba
1977年 空手大会出場
1979年 本邦アクション監督
1981年合作映画出演
1989年 映画プロデューサー
1990年 映画監督
1991年 JAC 売却
1992年 拠点をL.A.
1994年合作映画出演
2008年 京都造形芸大教授
2010年 芸能生活50周年
配偶者 野際陽子1972年 - 1994年
一般人(1996年 - 2015年
著名な家族 真瀬樹里(野際との長女)
真剣佑(二番目の妻との長男)
矢吹二朗(弟)
事務所 アストライア
公式サイト Official Website
主な作品
日本映画
風来坊探偵シリーズ
ファンキーハットの快男児シリーズ
宇宙快速船』 『柔道一代シリーズ
太陽に突っ走れ』 『子守唄シリーズ
日本暗殺秘録』 『やくざ刑事シリーズ
仁義なき戦い 広島死闘篇
ボディガード牙シリーズ
殺人拳シリーズ』 『地獄拳シリーズ
少林寺拳法』 『新幹線大爆破
けんか空手シリーズ』 『沖縄やくざ戦争
ドーベルマン刑事』 『柳生一族の陰謀
戦国自衛隊』 『魔界転生
冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-
新 影の軍団シリーズ』 『親父
海外映画 ※日本との合作含む
カミカゼ野郎 真昼の決斗』 『海底大戦争
東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯
激殺! 邪道拳』 『ゴルゴ13 九竜の首
武士道ブレード
エイセス / 大空の誓い
リゾート・トゥ・キル
風雲 ストームライダーズ
キル・ビル
テレビドラマ
新 七色仮面』 『アラーの使者
くらやみ五段』 『キイハンター
ザ・ボディガード』 『ザ★ゴリラ7
燃える捜査網』 『大非常線
七色とんがらし』 『十字路
柳生一族の陰謀』 『影の軍団シリーズ
東京大地震マグニチュード8.1
柳生あばれ旅シリーズ
素晴らしきサーカス野郎
深夜にようこそ』 『徳川無頼帳
風林火山』 『おわこんTV
演劇
ゆかいな海賊大冒険』 『酔いどれ公爵
アクション監督・監督
将軍家光の乱心 激突
リメインズ 美しき勇者たち
千葉 真一
JJ Sonny Chiba
学歴 日本体育大学体育学部体育学科[6]
ジャンル 歌謡曲J-POP
レーベル コダマプレス1963 - 1965年
クラウンレコード1966年
ミノルフォン(1966年)
キング1968 - 1973年
テイチク1975 - 1976年
VAP(1985年)

千葉 真一[注釈 1](ちば しんいち、JJ Sonny Chiba [注釈 2], 1939年1月22日 - )は、日本俳優体操選手空手家歌手芸能プロモーターアクション監督映画監督映画プロデューサー作詞家作曲家ナレーター声優

日本を代表する映画スターとして海外ではSonny Chiba (サニー ちば)の名で知られている[12][13][14][15][16][17]。特技の器械体操極真カラテ四段[18]少林寺拳法弐段・乗馬スキーを活かしたアクロバティックスタント擬斗殺陣に定評がある[12][15][17][19]吹き替えに頼らないで自ら演じるアクションスターの元祖ともいえる存在で[12][19][20][21][22][23]映画テレビドラマ演劇コマーシャルメッセージと半世紀以上にわたり、幅広く活躍している。愛称千葉ちゃん[注釈 1]ジャパンアクションクラブ (JAC ) の創始者。

本名 : 前田 禎穂 (まえだ さだほ)[1]所属事務所アストライア[注釈 3]

来歴[編集]

オリンピックを目指して[編集]

福岡県福岡市博多区雑餉隈で二男三女の長男(第二子)として生誕[2]。父親は大刀洗町に在った陸軍飛行戦隊に所属する軍人で、母親は熊本県出身で学生時代に陸上競技をしていた[2]。4歳の時、千葉県君津市へ転居[24]。(⇒ #家族

中学生から器械体操を始め[25]オリンピック日の丸を掲げたいという夢を抱くようになり[12][19]千葉県立木更津一高へ入学後、1年生で全国大会上位入賞、3年生で全国大会優勝を成し遂げた[12][26]1957年日本体育大学体育学部体育学科に進学[6][23][27][28]。二年生の時に[注釈 4]跳馬を練習中に着地で失敗し、腰・両膝を痛めてしまう[6][23][29][30]。練習とアルバイトの掛け持ちで身体を酷使していたことも加わり悪化し、医者から「1年間運動禁止」と宣告された[6][28]。1週間も練習を休めば差がつくこの時期に、選手を続けることが困難となる[6][23][28]休学も検討したが、学費を工面できないので余儀なく退学した[注釈 5]。(⇒ #器械体操

将来を模索し始めた千葉は実家に帰る途中の代々木駅で「東映第6期ニューフェイス募集!」のポスターを偶然見かける[33]。地元に戻り、相談した親友も賛成してくれたことや[33]、かつてミスタースポーツウエア・コンテストに入賞し[34]東映ニューフェイスを受験するよう勧められていたことから応募した[33][34]。日本体育大学で器械体操をしていた経歴を珍しがられたが、2万6千人の応募からトップの成績で合格を果たす[33]

アクションスター[編集]

1959年大学中退して[注釈 5]東映へ入社。男性6名・女性14名の同期生には亀石征一郎新井茂子茅島成美太地喜和子真山知子都築克子らがおり、俳優座で6か月の研修を受けた[35]1960年1月7日テレビドラマ新 七色仮面』の二代目・蘭光太郎として主演デビューし、続けてテレビドラマ『アラーの使者』にも主演した。(⇒ #変身ヒーロー

1961年中山昭二の代役で映画『警視庁物語 不在証明(ありばい)』に出演後[36]深作欣二の初監督映画『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』に主演して、2期先輩の曽根晴美と「拳銃コンビ」のキャッチコピーで売り出された[37]吹き替えなしでスタントをこなすことから[38]、「アクションができる素材に演技の磨きを増せば」と期待される新人であった[39]。(⇒ #アクション映画

1962年は映画『事件記者シリーズ』の第1作『恐怖の魔女』に主演したほか、1963年には映画『八州遊侠伝 男の盃』で時代劇初出演や『事件記者シリーズ』の第2作『殺人鬼の誘惑』と『柔道一代シリーズ』第一作に主演。シングル男一匹生きるなら」をリリースして歌手デビューも果たした。(⇒ #音楽

1966年、映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』(合作)、映画『海底大戦争』(日合作)にそれぞれ主演し、国際的にも活動し始め、後に『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』(1973年、日合作)、『激殺! 邪道拳』(1977年、日香泰合作)、『ゴルゴ13 九竜の首』(1977年、日香合作)など、諸外国との共同作品に主演するきっかけになった。その合間に前年のテレビドラマ『くらやみ五段』、遠藤実の自伝を映画化した『太陽に突っ走れ』、『子守唄シリーズ』、『河内遊侠伝』、『陸軍諜報33』など次々と主演していた。(⇒ #アクション映画

1968年からテレビドラマ『キイハンター』に主演。これまで誰も見たことのないスーパーアクションで人気をさらい、千葉ちゃんの愛称で一躍国民的アイドルとして親しまれた[12][40][41][42][注釈 6]。(⇒ #キイハンター#ファン

転機[編集]

1969年オールスターキャスト映画日本暗殺秘録』では小沼正に扮して主演。同年の京都市民映画祭では本作で演技賞を獲得[43]

1970年、アクション・擬斗を演じる相手やスタントマンの不足に悩み[注釈 7]アメリカ映画で活躍するような俳優・スタントマンの育成、若年層の教育に関心を持っていたことから、ジャパンアクションクラブ (JAC ) を設立。(⇒ #JAC

1973年の映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』で演じた大友勝利はシリーズ中1, 2を争う名キャラクターとして人気をつかんでおり[41][44][45]、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている[46]。『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ』以来、10年ぶりの格闘映画となる主演作品『ボディガード牙シリーズ』(1973年)の撮影に入り、続けて主演映画『殺人拳シリーズ』もクランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった[47]。これ以降は格闘映画で主演作品が製作されていき、学生時代から極真カラテを修行して、黒帯を允許された技量が生かされることとなった。(⇒ #ヤクザ映画#空手道

Sonny Chiba[編集]

1973年に封切公開された映画ボディガード牙シリーズ[48]』を皮切りに、『殺人拳シリーズ[16]』(1974年 - 1976年)、『地獄拳シリーズ[16]』(1974年)、『少林寺拳法』(1975年)、『けんか空手シリーズ[49]』(1975年 - 1977年)、『激殺! 邪道拳』(1977年)と、前後して『やくざ刑事シリーズ[50]』(1970年 - 1971年)、『狼やくざシリーズ[48][51]』(1971年 - 1972年)、『麻薬売春Gメンシリーズ[48]』(1972年)や、小説劇画を映画化した『ウルフガイ 燃えろ狼男』(1975年)、1977年は『空手バカ一代』、『ドーベルマン刑事』、『ゴルゴ13 九竜の首[20]』など数々の映画主演テレビドラマキイハンター』と同様のスタントに、空手道拳法器械体操などが加わり、アクロバティックでスリリングとシャープな演技は好評を博した[12][16][19][20][48][49][50][51][52][53]

とりわけカラテをメインにした格闘映画は世界的に大ヒットをして[13][54][55][56][57]、海外の著名人のファンが多い[16][58][59][60][61][62]。この頃から海外ではSonny Chiba (サニー ちば)というネーミングで認知されていく[注釈 2][9][10][16]アメリカ合衆国では最も権威のある総合情報週刊誌・Variety1974年12月18日付にもこの出来事が掲載され、同誌が初めて日本映画を取り上げるという快挙を成し遂げた[63][64]。(⇒ #格闘映画#ファン

上記以外の映画やテレビドラマザ・ボディガード』、『ザ★ゴリラ7』、『燃える捜査網』、『大非常線』にも主演し、若手の育成に追われる日々となったが、1976年の映画『沖縄やくざ戦争』では京都市民映画祭の主演男優賞を受賞した。1977年4月ハワイで開催された「日本代表極真会館チーム対ハワイ代表チーム」というフルコンタクト空手の対抗戦に参戦[12][65]。「前アメリカ東海岸空手チャンピオンのグレッグ・カーフマン」という180cm以上ある黒人で対戦相手を、第2ラウンドに二段蹴りKO勝ちを収めた[12][65][66]。(⇒ #空手道

ジャンルを越えた活躍[編集]

名実共に日本を代表するアクションスターとして活躍していたが[12][20][52][53]1978年から本格的に時代劇へ進出する。主演映画柳生一族の陰謀』は興行収入30億円以上の記録的大ヒットし[67][68][69][70]1979年第2回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞した。柳生但馬守宗矩若山富三郎)・宮本武蔵緒形拳)と華麗で凄みのある一騎打ちを披露した主演映画『魔界転生』(1981年)は観客動員数200万人・配給収入10.5億円を超し[71][72]、映画『赤穂城断絶』(1978年)、『里見八犬伝』(1983年)などにも出演。特に『柳生一族の陰謀』、『魔界転生』、テレビドラマ柳生あばれ旅シリーズ』(1980年 - 1983年)の柳生十兵衛三厳[73][74][75][76][77]、傑作と評価されている『影の軍団シリーズ[78](1980年 - 1985年)の服部半蔵[79][80]十八番である[73][74][75][76][77][79][80]。(⇒ #時代劇

1979年には芸能生活20周年記念作品である映画『戦国自衛隊』で[81]、主演と日本映画初のアクション監督を兼務し[13]配給収入で13.5億円のヒットをした[82]。その演出が評価され、1980年にブルーリボン賞のスタッフ賞を受賞した。1981年の主演映画『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-』は自ら企画し[83]、前年の『忍者武芸帖 百地三太夫』と『吼えろ鉄拳』(1981年)は俳優とアクション監督を兼ね、『燃える勇者』ではアクション監督に専念。1989年の『将軍家光の乱心 激突』では再びアクション監督と俳優を兼務したが、この作品は第39回ベルリン国際映画祭に招待された。1990年にはプロデューサーと初の監督を兼ねた映画『リメインズ 美しき勇者たち』を手がけ、アクション映画の全盛期を牽引していた。(⇒ #アクション映画

この頃は演劇にも進出し、3年間にわたって満員御礼となる記録的な成功を収めたミュージカルゆかいな海賊大冒険』(1982年 - 1984年[84]、『酔いどれ公爵』(1985年)など複数の作品を企画・演出・主演し、JAC ミュージカルとして定期的に公演した。(⇒ #演劇

1970年代から1980年代にかけて、テレビドラマ『七色とんがらし』(1976年)や『十字路』(1978年)、『深夜にようこそ』(1986年)、『夢に見た日々』(1989年)のホームドラマにも主演。1982年には楽曲誓い(JACのテーマ)」を作詞、1985年には10年ぶりに歌手としてリリースした「曠野」の作曲も手がけ、俳優・歌手に留まらない映画監督・映画プロデューサー・作詞家作曲家など、その活躍ぶりはジャンルを越えて幅広いものであった。(⇒ #音楽

海外進出[編集]

日本諸外国との合作映画カミカゼ野郎 真昼の決斗』、『海底大戦争』、『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』、『激殺! 邪道拳』、『ゴルゴ13 九竜の首』などに主演し、『武士道ブレード』(1981年合作)にも出演していたが、既述のとおり本格的な海外作品への出演を認めてもらえず、関係者に「あきらめた」と思われていた[22]。しかし水面下のアピールや主演映画の評判などで、1990年頃からアメリカ映画の出演依頼が届き始めていた[22]。折しもロサンゼルスでは映画『激突! 殺人拳』(1974年)、『子連れ殺人拳』(1976年)など、14本の主演格闘映画がリバイバル公開されていた[85]。(⇒ #格闘映画

1991年ジャパンアクションクラブ (JAC ) の売却を経て、1992年にアメリカ映画『エイセス / 大空の誓い』に出演。これを機に拠点をロサンゼルスへ移して、アメリカでも俳優活動をするようになり、グリーンカードも取得した[86]日本未公開作品のアクション映画もあるが、長年の経験で培ったそのアクションは高く評価されている[15][87]。(⇒ #ハリウッド

1998年に出演した香港映画風雲 ストームライダーズ / 雄覇天下』では、ラスボス“雄覇(ホンパ / ホンファ)”を演じた。原作のイメージを彷彿とさせるその演技は話題に上り、翌年の第18回香港電影金像奨では、外国人として初めて優秀主演男優賞にもノミネートされた。2001年には台湾でも連続ドラマ化された。

2003年、友人でもあるクエンティン・タランティーノのアメリカ映画『キル・ビル』シリーズでは出演と、ユマ・サーマンルーシー・リューらハリウッドスターへ剣術指導をした[88]第30回サターン賞では『キル・ビル』で助演男優賞にノミネートされた。(⇒ #ハリウッド

2005年10月29日に開催されたハワイ国際映画祭では、これまでの功績を讃えたMAVERICK AWARD を受賞した。2006年3月福島県会津若松市にある會津藩校 日新館を運営する会社の取締役に就任し、9月には映画撮影所「日新館会津撮影所 武士乃陣」をオープンさせた。

2007年には英国放送協会 (BBC )製作の、日本をテーマにしたドキュメンタリー番組Japanorama 』に出演。「Densetsu (Legends )」(伝説)をテーマにした回で取り上げられ、4月9日に放送された。11月には海外通称としていたJJ Sonny Chiba (JJ サニー チバ)を日本でも使うようになり[11]和千永 倫道(わちなが りんどう)の名で、映画監督業への進出を表明した[89]。母親の旧姓・和智永(わちなが)と千葉を併せ、「人の道」を由来としたものである[89]11月26日には厚生労働省から「健康大使」にも任命された[90]

2008年10月から2009年3月まで京都造形芸術大学教授を務めた。

2010年以降[編集]

2010年10月22日には東京グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとはアントニオ猪木池谷幸雄石田純一市川亀治郎今井雅之内野聖陽梅宮辰夫岡崎二朗ガッツ石松川地民夫神取忍樹木希林北の湖敏満京本政樹具志堅用高郷田勇三小林幸子コロッケ高橋英樹竹本直一田中好子谷村新司津川雅彦十朱幸代夏八木勲白竜張本勲布施明風吹ジュン松井章圭松坂慶子美川憲一三田佳子やまさき十三山本KID徳郁横峯良郎ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された[91][92][93][94][95][96][97]。前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長男の俳優真剣佑と次男からも千葉夫妻へスピーチが行われた。後半の記念式典では出演した260本の映画テレビドラマなどが順に紹介され、息子達と空手道の演武でと杉板の試割りを、まな娘の女優真瀬樹里とは殺陣を披露した。勝野洋小堺一機夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏北島三郎関根勤高岡早紀高橋和也デヴィ・スカルノ南部虎弾ビリー・ブランクス堀田眞三魔裟斗松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。千葉は「あっという間の50年だった。まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う。ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた[91][92][93][94][95][96][97]

2011年以降、芸名を日本のみ千葉 真一に戻し、海外ではJJ Sonny Chiba としている[5]。同年9月29日から10月2日にロサンゼルス・ウエストウッドビッグフット・クレスト・シアターにて開催された、アジア - アメリカ映画を祝す国際フィルムフェスティバル「SINGAFEST 2011 」(ビッグフット・エンターテインメント主催)では、LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD を受賞し、代表作の一つである『魔界転生』が上映された[54][98]。授賞式には長女の真瀬樹里、長男・真剣佑、次男も駆けつけ、息子たちは空手を、千葉と真瀬は殺陣を披露し、集まった多くのファンをわかせた[98]。同年11月、徳島県鳴門市で生産・販売されている「本格焼き芋焼酎“斬”」の監修をした[99]。(⇒ #ハリウッド

2013年3月10日日本体育大学から正式に卒業を授与され、これにより最終学歴は「日本体育大学体育学部体育学科卒業」となり、学校教育法第104条および学位規則第2条の規定に従って「学士(体育学)」の学位が与えられた[注釈 5]

2014年テレビドラマおわこんTV』に主演し、テレビ業界のウラのウラまで知り尽くす名物社長を[100]、存在感醸し出しながらも軽いタッチで演じた[100][101]。同ドラマは文化庁芸術祭参加作品となっている[102]

作品[編集]

変身ヒーロー[編集]

デビュー作が1960年1月7日から放送された『新 七色仮面』で、次の『アラーの使者』にも主演し、まずはテレビドラマで人気を得る[16]。『新 七色仮面』は『七色仮面』から引き継がれた作品だが、蘭光太郎は波島進、七色仮面はスーツアクターが演じていた[103]。千葉真一は初代の波島が演じた古典的な仮面ヒーローとは異なるヒーロー像を作り上げ、スーツアクターも兼務した[104][105]。その演技・スタント擬斗は後に製作されていく変身ヒーローを題材とした特撮作品に大きな影響を与えている[106][107]。『アラーの使者』も児童向け活劇だがアクションは本格的で[108]、翌年の主演映画『宇宙快速船』のアクションヒーローに繋がっていく[109]。(⇒ #アクションスター

アクション映画[編集]

1961年深作欣二の初監督映画『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』に主演。危ないシーンはスタントマンに任せるのが主流な時代に、「吹き替えせずにできる」とスタッフへ言ったので、「さすが日体大だけに凄いことをやる」と評された[38]。深作は文芸作品よりアクションものを好み「肉体こそ俳優の言葉」が口ぐせだったので[注釈 8]、第二作『風来坊探偵 岬を渡る黒い風』でも千葉を主演に据え、更に危険な吹き替え無しのスタントを演じさせた[110]ニュー東映のホープとして主演した映画『ファンキーハットの快男児シリーズ』では[111]カーチェイス、左右に開脚して2人の敵を同時に倒す跳び蹴り器械体操で培った筋骨隆々な肉体美を大車輪で披露している[12][21]。こののち千葉と深作は17の映画でコンビを組み、ヒットを連発していく[22]。(⇒ #キイハンター

深作欣二の評価とは対照的に高倉健から「アクションスターにはアクションしかできないという評価もあるから、そのイメージを世間に持たれないほうがいい」と同年にアドバイスされ、ドンパチの活劇だけでなく青春ものをやりたいなとも思っていた[110]。宣伝担当の福永邦昭は「体操で鍛え上げた肉体と抜群の運動神経で、新しいアクション俳優の誕生と騒がれたが、東映が彼を生かしきれなかった[50]」と振り返っており、それでも東映は映画・テレビドラマとジャンルを問わず、アクションスターであることを千葉へ常に求めていくこととなる[19]。3, 4年ほど悩んだ末、やる以上、誰にも負けない完全にアクションのできる役者に成ろうと決意した[112]。(⇒ #格闘映画

1966年の映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』(合作)は台湾ロケーション撮影され、離陸する軽飛行機の翼に飛びつき乗り込むスタントをした[12][113]。疾走する自動車を追いかけアンテナに飛びつくスタントでは、後輪の跳ねた石が脛に突き刺さり、台湾で一週間入院する代償を払っている[114]。傷だらけになりながらもスタントを演じきったが[113]、『柔道一代 講道館の鬼』(1964年)に続いてケガしたため、父親を受取人にして傷害保険生命保険に加入している[114]。(⇒ #キイハンター#格闘映画

1979年には芸能生活20周年記念作品である映画『戦国自衛隊』で[115]、主演と日本映画初のアクション監督を兼務した[13]時速100kmで飛ぶヘリコプターロープ1本でぶら下がり、乗馬では地面にあるを左右に傾き、拾い上げるスタントを演じたほか、ヘリコプターから宙吊りになるシーンは自前のハイスピードカメラを足に括りつけて撮影し[19]、騎手の目線を写すためにカメラを取り付けたヘルメットを被り乗馬するなど[116][注釈 9]、アクション監督として撮影を自ら行っており、これらの敢行はスタッフをとても心配させた[19]の脇腹に隠れての乗馬は、テレビドラマ『柳生一族の陰謀』第27話「美女と野獣」で千葉が既に演じていたものをジャパンアクションクラブ (JAC ) のメンバーに再現させている。演出時には『戦略大作戦』を意識していた[16]。本作は1980年ブルーリボン賞のスタッフ賞を受賞した。

東映から「好きな映画を作っていい」と許可され、企画した1981年の主演映画『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-』はフランス映画冒険者たち』をオマージュした作品で、空手・拳法の達人や剣豪・忍者とは異なるしがない大学職員に扮して活劇を演じた[83]。前年の『忍者武芸帖 百地三太夫』ではワイヤーアクションを初めて取り入れ、『吼えろ鉄拳』と同様に俳優とアクション監督を兼ね、『燃える勇者』ではアクション監督に専念。1989年の『将軍家光の乱心 激突』では再び、アクション監督と俳優を兼務したが、この作品は第39回ベルリン国際映画祭に招待された。1990年にはプロデューサーと初の監督を兼ねた映画『リメインズ 美しき勇者たち』を手がけ、アクション映画の全盛期を牽引していた。

これまで話題作に数多く主演してきたが、それとは裏腹に「アメリカで撮影が始まるときには『Ready camera. Action! 』と声がかかる。“アクション”は本来『あらゆる演技』を意味するものだけど[117]、『体が動くからアクション俳優をやれ』と要望通りに何でも演じてきたことで、日本では逆にアクションのみが先行してしまい、あまり良くないイメージを持たれた[117][118]」と複雑な心情を吐露している。(⇒ #アクションスター#ジャンルを越えた活躍

音楽[編集]

1963年シングル男一匹生きるなら」をリリースして歌手デビューを果たした。1967年グループ・サウンズの「ザ・サタンズ」というエレキバンドを結成[119]。夜は音楽喫茶で歌い[119]、地方公演もしていた。バンド名は漫画『悪魔くん』が好きな千葉が名付けたもの[113]。映画やドラマの主題歌も歌い、作詞・作曲もしている。(⇒ #ディスコグラフィ#ジャンルを越えた活躍

キイハンター[編集]

キイハンター』は瞬く間に視聴率は30パーセントを超え、1年の放送予定が5年に延ばされた[40][120]。山頂駅を出発したを行き来するロープウェイワイヤを投げてぶら下がってからよじ登り、走行する列車バスに飛び降りて屋根で敵と格闘、自動車から並走する軽飛行機に飛び移る、雪渓から回転しながら転落、滑落しそうなの前で格闘など数々のスタントを演じてるがケガを絶えず負い、大きなものでは左足首骨折や日本刀を斬られていた[114][121][122][123]。脚本で映画ほどアクションを細かく指定されていなかったぶん、いいものを作りたいと積極的にアイデアを出すが、経費を気にするスタッフと対立することもあった[112]。しかし視聴率が上がっていくので、アイデアはどんどん採用されていくこととなる[112]

国内では1969年近代映画10月号臨時増刊では『千葉真一特集号』を刊行され、週刊マーガレットでは同年のNo.17から『千葉真一物語』が連載されるなど、人気はさらに上昇していった[12][40]海外でもオンエアされ、ブルース・リーは千葉の大ファンとなり[50]、その活躍に深い興味を示して共演の申し入れをしてきたが[12]、リーの突然の死により実現しなかった。千葉のアクションやスタントを観てから熱狂的なファンとなったジャッキー・チェンは、千葉のようなアクションスターになる夢を抱いていた[124]香港タイ王国映画東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』(1973年)、『激殺! 邪道拳』(1977年)、『ゴルゴ13 九竜の首』(1977年)、『HAKEN 覇拳 ふりむけば修羅』(1992年)、『地雷原 A mine field.』(1992年)など、千葉主演監督作品がロケーション撮影された際には現地で大歓迎されている。中島貞夫は『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』をタイの製作会社から資本参加してもらってロケができた理由の一つに、『キイハンター』が放送されて当地で千葉の人気が高いことを挙げている[125]。(⇒ #ファン

共演者の谷隼人は「千葉さんは『キイハンター』で身体障害者のファンが増えた。“あなたのアクションは私たちの夢です”と言われ、自分のアクションが希望を与えるならと一層刺激を受けていた。彼らの施設にも寄付をしていた[113]」、大川栄子は「俳優にならなかったら、体育の先生になっていたと、よく基本を教えてくれる[126]」、野際陽子は「ともかく熱意が凄くて、ケガすると普通はビビるのがそれ位以上のことに挑戦して成功する“怖いもの知らず”。でもサボテンだけは怖いですって[113]」と証言している。千葉に比べると役者として駆け出しだった野際だが、放映し始めた頃のギャラは多くの映画に主演経験のある千葉より高かったので、「追い越してやる」と奮起させてくれる間柄でもあった[注釈 10]宮内洋は「千葉さんにはアクションのことでいろいろ教わり、それを仮面ライダーV3で生かした。その一つにアクションシーンで必ず手袋を着用したのも怪我を防ぐためだが、これは千葉さんのアイデアを取り入れたものだ[128]」と語っている。(⇒ #音楽

1969年オールスターキャスト映画日本暗殺秘録』では小沼正に扮して主演。『キイハンター』を休んだため、TBSやファンから復帰の要望が高まっていたが[43]、ドラマのイメージから脱皮しようと本作に賭ける思いはとても強かった[43]。中島貞夫と協議しながら小沼を創り上げていき、撮影見学に来ていた小沼本人からもその演技は太鼓判を押された[43]。喜びと共に「人気者になるだけでなく、様々な作品に出演していかなくてはいけない。『キイハンター』を卒業しよう[43]」と決意する転機になった。降板をボス役の丹波哲郎に申し入れ[40][120]、丹波と東映は続けたかったが[120]、丹波は「千葉が居ないのでは『キイハンター』は成り立たない。だったら一度番組を終わらせよう」と理解を示し、大ヒットしていた同ドラマは1973年に終焉[40][120]。千葉は「丹波さんの決断にとても感謝している」と述懐している[120]

JAC[編集]

1970年、アクション・擬斗を演じる相手やスタントマンの不足に悩み[注釈 7]アメリカ映画で活躍するような俳優・スタントマンの育成、若年層の教育に関心を持っていたことから、ジャパンアクションクラブ (JAC ) を設立。結成式には若山富三郎が駆けつけてお祝いをしていた[129]。主な門下生には大葉健二金田治・斉藤一之・西本良治郎春田純一山岡淳二志穂美悦子真田広之黒崎輝崎津隆介関根大学山本亨渡洋史高木淳也伊原剛志堤真一真矢武土家歩村松美香山口祥行らがおり、俳優・アクション監督・スタントマン・スーツアクターで活躍する人材を輩出[22]。千葉の親友である夏八木勲[17][130]桜木健一[131]、ら所属していない俳優も練習に通っていた[17][130][131]。トップスターでありながら、志穂美悦子の『女必殺拳シリーズ』、真田広之の『忍者武芸帖 百地三太夫』『吼えろ鉄拳』『伊賀忍法帖』、大葉健二の『宇宙刑事ギャバン』、黒崎輝の『伊賀野カバ丸』、『コータローまかりとおる』、村松美香の『旅少女』など、教え子たちの主演作品に助演として出演することも多い[132]。共に格闘映画を製作してきた橋本新一(脚本家・助監督)は「東映の大部屋俳優だけでは彼の擬斗を活かせることができなかったから、JAC を作ったことで格闘映画の質は向上した」と評している[133]。(⇒ #演劇#転機

ヤクザ映画[編集]

任侠映画子守唄シリーズ』をヒットさせていたが[50]、1973年の映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』がこれまでのイメージをかえることとなる。

配役は予科練出身のヤクザ・山中正治に決まり、セリフも全て覚えて撮影に入る直前だった[41][42][134]。しかし狂犬のようなヤクザ・大友勝利を演じることが決まっていた北大路欣也が「大友は粗暴で下品すぎて、どうしても自分では演じられない。山中をやらせてほしい」と言い出したことから、プロデューサー日下部五朗と宣伝担当者らは千葉を突然訪ね、「山中と大友を交代してもらえないか」と依頼してきた[41][42][134]。『日本暗殺秘録』に続いて『広島死闘篇』の脚本を執筆した笠原和夫は、小沼正の一面を山中のキャラクターに取り込んでいたこともあり、東映と笠原は「小沼を好演して受賞した千葉に、山中を演じさせよう」とキャスティングしていた[134]。このような経緯から千葉も、小沼と山中に共通点を見出して役作りしてきたため、初めは交代に難色を示した[134]。ほどなくして深作欣二が会議で唯一「千葉に大友を演じさせたほうが、絶対おもしろくなる」と主張していたことを知り、似たような役を再び演じることは俳優として停滞するのではないかと再考し、「役作りし直すから、出番を少し後にずらしてほしい」と交代を了承した[41][42][134]。この時、中島貞夫も「大友をやるべき」と説得しており、「千葉ちゃんはサクさん(深作欣二)ともよく付き合っていたけど、肝心なところでは僕の意見を聞いてくれた」と話している[135]。北大路に役を譲ったのはこれが初めてでなく、1963年の映画『海軍』に続いて二度目であった[注釈 11]

当時の千葉はブロマイドの売上げが俳優部門で4年連続No.1のアイドルでもあったが[40][41][42][44][136]、過激なセリフに悩みながら「これまで良いと思ったものを全て捨てる」という姿勢で、サングラスを常時掛けて眼を隠し、唇を裏返しにして糊付けするなど、役柄にふさわしい演技・扮装を工夫した[42][137]。そして作り上げた大友勝利はシリーズ中1, 2を争う名キャラクターとして人気をつかんでおり[41][44][138]、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている[46]。封切り公開されると千葉のイメージチェンジは話題となり[16][41][42][118]俳優座養成所1期生で千葉と何度か共演している岩崎加根子などからも絶賛され[139]、それを聞いた千葉は「とても自信がついた。悪役の妙味を知ることができ、実に大きなものを与えてくれた作品だった」と語っている[41][42]。大友勝利は人気キャラクターだけあって主人公にした企画が出され[41]、『仁義なき戦い 頂上作戦』にも大友で出演する予定だったが[140]、『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ』以来、10年ぶりの格闘映画にクランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった[47]。(⇒ #転機

多くのヤクザ映画を手掛けてきた俊藤浩滋は「役者でいうと高倉健タイプかな。(ヤクザ映画で)行動派を演じさせれば、ピッと光るものがある」と評している[141]

格闘映画[編集]

1963年から始まる『柔道一代シリーズ』に主演したのが最初の格闘映画である。第二作『柔道一代 講道館の鬼』(1964年)の乱闘シーンで骨折してしまった[114][注釈 7]

1973年の映画『ボディガード牙シリーズ』に主演後、1974年に主演した映画『激突! 殺人拳』は、ヤクザ映画が下火になっていた東映にとって、久々の大ヒットをとばした作品となった[16][143]アメリカ合衆国ヨーロッパオーストラリアカナダの映画会社も『激突! 殺人拳』を買い付けに来ていた[63]。なかでもアメリカのニュー・ライン・シネマは「ブルース・リー以上だ。素晴らしい[63]」と評して興行権を買い取り、『The Street Fighter 』とタイトルをつけ、千葉をSonny Chiba (サニー ちば)とネーミング[注釈 2][9][10][16]。同年11月12日から主にアメリカ中南部の都市18館で封切られ、3週間でベスト5に躍り出て千葉の代表作となった[16][63][64]。アメリカで最も権威のある総合情報週刊誌・Variety12月18日付にもこの出来事が掲載され、同誌が初めて日本映画を取り上げるという快挙を成し遂げた[63][64]。大ヒットした要因として「リーの舞踊劇的な功夫と違い、ワザと力もより本物に近く、迫力がある」、「器械体操を利用した、トランジスター的器用さが面白い」が挙げられている[63]。すぐシリーズ化され、全四作の『殺人拳シリーズ』になっている[144]忍者の末裔に扮した同年の主演映画『直撃! 地獄拳』は、千葉のスピードあるアクションと石井輝男のユーモアとウィットを盛り込んだ演出が組み合わされた作品となった。1974年度に4億1700万円の配給収入を上げ、同年度の日本映画配給収入ランキング第5位に入り、アメリカでは『The Executioner 』というタイトルで1999年現在、10万本以上のビデオが売れている[145]。(⇒ #Sonny Chiba#海外進出

海外ではマーシャルアーツの大スターであるSonny Chiba の熱狂的な人気は根強く[注釈 12][57]谷川貞治は「千葉さんの映画のおかげで格闘技人口がかなり増え、格闘技界の宝だ[146]」と述べている。(⇒ #ファン

岡田茂は「(主人公と)牛との格闘を欧州ではびっくりして、えらく受けている[147]ショウ・ブラザーズが千葉真一の空手映画を購入してシンガポールでも大ヒット[148]東南アジア映画祭ジャカルタへ行ったときも、抜群の動員力と人気を上げていた[148]。千葉くんの空手が入って、東南アジア全域で当たり、すごい人気だ[149]。東洋でナンバーワンなんだから、あのアクションをやらせたら世界に(千葉真一以外)いないんじゃないかな[149]」と世界各地の人気・商況・反響を語っている。この頃フランシス・フォード・コッポラは「千葉真一とアル・パチーノの共演で映画を製作したい」と東映へオファーし[49]、千葉も「海外で勝負させてください」と岡田に懇望したが[150]、「まだその時期ではない」と認められなかった[22]

けんか空手シリーズ』や『子連れ殺人拳』で千葉とタッグを組んだ山口和彦は「常に自分しかできないアクションを見せることに徹していた。熱心な男で現場でいろいろなアイデアを出してくる。全てのアイデアを聞き入れることはできなかったが、自分がアクション映画を変えるんだという、その意気込みは凄かった。そうやって彼は自分の代わりが居ないところまで到達したからね。千葉真一というアクションスターは永遠に残っていくよ」と評している[151]。(⇒ #空手道#Sonny Chiba

時代劇[編集]

1978年から本格的に時代劇へ進出するが、1963年の『八州遊侠伝 男の盃』以来であった。木刀殺陣の練習を1日8時間行い臨み、主演映画柳生一族の陰謀』では20mからへ飛び込むスタントをした。この作品は千葉が『裏柳生』というタイトルで深作欣二へ提出した企画がベースになっている[46][152][153][154][155]。深作は従来の時代劇でなく、もっとテンポのあるアクション時代劇を作りたかったので、その期待に応えられる俳優は千葉真一、ただ一人しかないと見定めていた[156]

千葉が演じる剣豪は・忍者は、空手器械体操の技を取り入れたアクロバティックな殺陣で人気を得ていた[79][80][157]プロゴルファー尾崎将司は試合でパターを打つ際に、『影の軍団シリーズ』で千葉演ずる頭領(おかしら)が敵を倒す直前に言う「天魔覆滅」を唱えてから打つと語っている[158]2012年ハリウッド映画アベンジャーズ』のサミュエル・L・ジャクソンが扮した役柄は千葉の柳生十兵衛を参考としているなど後の作品にも影響を与え[59]福岡ソフトバンクホークス監督秋山幸二は「あなたにとってサムライとは?」という問いに「千葉真一の柳生十兵衛は、生きるか死ぬか究極の真剣勝負というイメージがいい」と評し[159]、根強い人気がある[59][159]。しかし十兵衛で長時間、左目に眼帯をしていたため千葉の右目は酷使され、視力を失い、人工レンズを入れる代償も払っていた[160]。(⇒ #ジャンルを越えた活躍

風林火山』で共演した内野聖陽

思い出に残るシーンは、それはもちろん千葉真一さんとの殺陣でしょうね。僕も殺陣が非常に好きで普段から稽古しているんですが、千葉さんといえば世界的にも有名でアクションも凄いじゃないですか。そういう方と殺陣ができるのが、うれしくてしょうがなかった。千葉さんは「どっからでもかかっていらっしゃい」という感じで、どっしりと構えている。僕もこの大きな胸を借りて、思いっきりやってやれという感じで、やらせていただきました。千葉さんはすごく情熱的な方で、収録が終わっても若い人を集めて酒を飲みながら、演技について語っているんですよ。その仲間に僕も入れていただいて、電気が消えて「早く出て行ってください」と言われても、ひたすら飲んで語っていました(笑)。殺陣の極意をいろいろ聞かせていただいて、楽しかったですね。視聴者の方にはお教えできないテクニックも教わって、いろんな意味で勉強になりました(笑)。[161]

と語っている。

演劇[編集]

演劇にも進出し、3年間にわたって満員御礼となる記録的な成功を収めたミュージカルゆかいな海賊大冒険』(1982年 - 1984年[84]、『酔いどれ公爵』(1985年)など複数の作品を企画・演出・主演し、JAC ミュージカルとして定期的に公演した。JAC 設立当初は吹き替えしないでアクションを演じられる俳優スタントマンを育成する場だったが、ウエスト・サイド物語に感動して「いつかはミュージカルをやりたい」という夢を抱いていた[162]、「肉体は俳優の言葉」というポリシーに「五体で喜怒哀楽を表現する」を加えて生徒を育てていく[118]役者を育てるにはミュージカルが一番だと気づいた[16]、など、ミュージカル公演は悲願のひとつであった。高平哲郎1980年代後半からミュージカルやショー関係の舞台が多くなってきたときに「脇を固めてくれるダンサーや役者は、ほとんどがJAC 出身者か劇団四季の退団者だった」と述べている[16]。(⇒ #JAC

ハリウッド[編集]

高校在学中にハリウッド映画のファンで、アラン・ラッドの『シェーン』やゲイリー・クーパーの『真昼の決闘』など、西部劇アメリカ映画を夢中で観ていた[26]

友人であるサミュエル・L・ジャクソン[59]クエンティン・タランティーノのほかには[60]スティーヴン・セガール[163]デニス・ヘイスバート映画プロデューサーデスティン・パフ[164]、らと親交がある[59][60][163][164]。セガールは流暢な大阪弁で「千葉先生、居てはりまっか?」などと頻繁に連絡してきており[163]、パフは「Sonny Chiba (サニー ちば)のような伝説の俳優と組めるなんて、これ以上の幸せはない[164]」と語っている。(⇒ #格闘映画#ファン

2003年、クエンティン・タランティーノのアメリカ映画『キル・ビル』では出演と、ユマ・サーマンルーシー・リューらハリウッドスターへ剣術指導をした[88]。サーマンは「Sonny (サニー)は大好きよ。私にとって彼は大スターだし、偉大な俳優だと思う[165]」と、一方のリューは「Sonny は本当にいろいろなことを教えてくれた[166]」と、それぞれ語っている。

松方弘樹は千葉が海外で活躍している要因を

むちゃくちゃ仕事熱心な方です。しかも弱音を吐いたところを聞いたことがない。映画の現場では遅刻もしなければ、現場から早く自宅に帰ることもない。まじめなんですね。本当に頭が下がる思いです。もう一つかなわないことがあるんです。僕は割と交友関係は広い方なんですが、千葉さんは僕以上に友達が多い。だれとでもすぐに友達になるんですよね。ホントうらやましい。ハリウッドにポンと挑戦できちゃうのも、気さくな性格とこの交友関係の広さなんでしょうね。[22]

と評している。

人物[編集]

器械体操[編集]

君津市君津中学校へ進学すると、千葉の進路に影響を与えることとなる体育教師の松本と出会う[25]。松本は千葉を陸上競技バレーボール野球投手で4番打者[29])など、複数の大会に出場させていた[25]。この頃ヘルシンキオリンピックが開催され、日本勢が体操競技でメダルを獲得したことにより、体操競技の一大ブームが発生する[167]。松本はその時勢に乗り、千葉を「体操部を創るから部員になれ」と勧誘したので、運動部を掛け持ちしながら練習し始める日々となった[167]。勧められての体操競技だったが、やがてオリンピック日の丸を掲げたいという夢を抱くようになり[12][19]、松本に相談すると「体操するなら木更津一高へ行け」とアドバイスされた[167]。進学校のため躊躇していると松本は練習後にも勉強をみてくれる先生を手配し、その甲斐有って合格[167]。入学後は体操競技に専念し、1年生で全国大会上位入賞、3年生で全国大会優勝を成し遂げた[12][26]

1957年日本体育大学体育学部体育学科へ進学[6][23][27][28]。同級生には東京オリンピック跳馬金メダリスト山下治広がおり、ヘルシンキオリンピックの跳馬銀メダリスト竹本正男に指導を受けた[12][23]。オリンピック出場を目指して練習に明け暮れていたが、独力で通学することが条件だったので、学費を稼ぐために時給が高い土工や引越しのアルバイトを、身体鍛錬も兼ねて並行していた[168]。大学2年生の夏[注釈 4]、跳馬を練習中に着地で失敗し、腰・両膝を痛めてしまう[6][23][29][30]。練習とアルバイトの掛け持ちで身体を酷使していたことも加わり悪化し、医者から「1年間運動禁止」と宣告された[6][28]。1週間も練習を休めば差がつくこの時期に、選手を続けることが困難となる[6][23][28]。山下はその実力を「日本の体操選手が不得意にしているあん馬が彼は得意だった。でも大学二年の秋[注釈 4]、跳馬の練習中に着地を失敗してアキレス腱と腰を痛めてしまって…。あのまま体操を続けていれば、間違いなく東京オリンピックでメダルを獲得できたのに惜しかった」と評し、才能を惜しんでいる[168]。(⇒ #オリンピックを目指して

空手道[編集]

東映に入る前から大山道場(後の極真会館)に通っており、きっかけは大学生の時に大山倍達を知っている韓国人から紹介を受けて入門[169]格闘映画で千葉の敵役を演じた石橋雅史極真カラテ先輩にあたる[169][170]。大山は「千葉は学生時分から道場へ通ってきており、仕事の関係でまとまった稽古をしていないまでも、門下生の序列で言うと相当古い方になるんだよ[171]」と語っている。千葉は名誉段位ではなく、一般門下生と同様に昇段審査を受け、1965年10月15日黒帯初段)を允許[18]1977年2月3日弐段を越えて飛び段で参段[18]1984年1月20日四段へ昇段した[18]

1977年3月16日空手道による真剣勝負をすることが発表され[172]4月ハワイで開催された「日本代表極真会館チーム対ハワイ代表チーム」というフルコンタクト空手の対抗戦に参戦した[12][65]。他の日本代表メンバーには大石代悟二宮城光東孝中村誠などがおり[注釈 13]、対戦相手は「前アメリカ東海岸空手チャンピオンのグレッグ・カーフマン」という180cm以上ある黒人であった[65][66]。千葉は通常の空手技の他に、跳び右後ろ回し蹴り胴回し回転蹴りの元となった前方宙返りして踵で蹴るなど攻撃して、第2ラウンドに二段蹴りKO勝ちを収めた[12][65][66]。結果的に同年5月14日に封切り公開された映画空手バカ一代』の宣伝にもなった。大山倍達は「千葉真一の空手映画は欧米で非常なブームとなっており、本職の空手家らの『Sonny Chiba (サニー ちば)の空手は本物』という批評が聞かれていた。極真カラテの黒帯である千葉だからそれも当然で、この対抗試合に出場してその実力を示したのは立派と言うしかない[65]」と述べている。(⇒ #Sonny Chiba

1984年1月20日 - 22日に開催された極真会館主催の第3回オープントーナメント全世界空手道選手権大会では志穂美悦子真田広之ジャパンアクションクラブ (JAC ) メンバーを率い、演武テレビのゲスト解説をした。同年8月、極真会館ブラジル支部長・磯部清次の招待により、志穂美・真田・大葉健二を連れてサンパウロへ行き、25日 - 26日に開催された第1回・第8回ブラジル極真空手道選手権大会でも演武を行った[173]

日本・アメリカ東南アジア世界各国で、後進の育成・空手道の普及に活動しており、毎年10月には旧武徳殿がある京都市武道センターで少年少女オープン空手道選手権大会「千葉真一総裁杯」を催している。『新 影の軍団シリーズ』で共演した高野八誠は「最終章のラストシーンで千葉さんと殺陣をするんですが、休憩中に千葉さんが後ろ回し蹴りを見せてくれて、すっごい感動しましたね。動きは昔と変わってないなって、改めてビックリさせてもらいました[174]」と、当時66歳の千葉について語っている。(⇒ #格闘映画

人柄[編集]

スポーツニッポン文化部次長だった脇田巧彦は「何事においても、とことん、のめりこむ性質で、適度ということを知らない熱血漢である[19]」と評し、娘の真瀬樹里は「何があっても進んでいく前向きさと、映画への情熱は世界一。パパは私の誇り[95]」と話している。高平哲郎は「打ち合わせ相手を待っていると、後ろのテーブルには千葉さんが女性と仕事の話をしながら食事していた。思わず『高平です。ご無沙汰しています』と声をかけると、千葉さんは立ち上がり、笑顔で『お元気ですか』と答えてくれた。2回しか会ってない私にきちんと挨拶をしてくれるのが、千葉さんの真面目さと優しさなんだと思う[16]」と記している。ピラニア軍団にも特別後援者として関わっており、1975年に軍団の結成式が大阪市御堂会館で催され、深作欣二渡瀬恒彦と共に立会った。千葉は舞台へ上がらず、カメラ片手に客席からメンバーに声をかけて裏方に徹し、場を盛り上げていた。そんな千葉に川谷拓三は感謝し「ワシ、生まれて初めてこんな派手なスポットライトを浴びましたわ。ホンマおおきに!」と号泣していた。

日刊スポーツの記者は「圧倒的な存在感をオーラと呼ぶが、それを感じた[22]」、東映ニューフェイスの後輩である堀田眞三は「かつて大流行した『カッコいい! 千葉ちゃん!』の言葉通り、“ カッコよさ ” の象徴だった[175]。国中を席巻したカリスマであり、正真正銘の映画スターとして、醸し出す雰囲気や存在感が全然違う[175]。共演俳優や東映の後輩らも、威厳とパワフルで圧倒されるけど明るくて格好良いと言ってるし、滲み出る男を感じさせてくれる[176][177][178]」、サミュエル・L・ジャクソンは「タフガイを演じる時には、いつも千葉さんの演技を参考にさせてもらっているんだ。カリスマ的な存在感のある、最高にクールな俳優だと思うよ[59]」、あさ美は「かっこよすぎだし、オーラがすごいし、魅入っちゃった[179]」、大木凡人は「とにかくカッコ良く情熱をもったスターです[180]」、小泉孝太郎は「撮影現場に入られただけで、見えていないのにそれと分かる雰囲気を感じるくらい、ものすごい存在感でした。何かに例えるならば、サッカーコートジボワール代表ディディエ・ドログバのような。千葉さんが画面の前にお立ちになると、一気に何かが激変します[注釈 14][181]」など、異口同音に「(千葉さんには)オーラやカリスマ性がある」と証言している。

ファン[編集]

日本ではいしだあゆみ[182]今井雅之[183][184]尾崎将司[158]関根勤[16]園子温[185]高平哲郎[16]、などのファンがいる。いしだは雑誌の表紙撮影で対面したときに「わたし、千葉さんの大ファンなんです」と伝えていた[182]。いしだ主演のテレビドラマ雪の朝に』(1987年)で恋人役で念願の共演を果たし、ほかには映画闇の狩人』(1979年)や千葉主演のテレビドラマ『おわこんTV』(2014年)でも共演している。(⇒ #キイハンター#2010年以降

ジャパンアクションクラブ (JAC ) に1980年代初期までに入団したメンバーのほとんどが千葉の勇姿に憧れた者ばかりで、大葉健二[186]春田純一[187]志穂美悦子[188][189][190]関根大学[191]山田一善[192]、など。(⇒ #JAC

日本国外での著名人の熱烈なファンにはサミュエル・L・ジャクソン[59][193]クエンティン・タランティーノ[60][145]ジャッキー・チェン[124]ブルース・リー[50]キアヌ・リーブス[61][62]インドネシア格闘家俳優ヤヤン・ルヒアン[55]、らがおり、世界の映画人にも影響を与えている。ジャクソンは初めて千葉に会った時、直立不動で「サインをください」と頼んでいた[194]。タランティーノはアメリカ映画トゥルー・ロマンス』で主人公が『激突! 殺人拳』を映画館で観て、部屋には『カミカゼ野郎 真昼の決斗』、『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』のポスターを貼るなど、千葉の熱狂的ファンである主人公を描いている。チェンはスターとして認められだした頃に東映京都撮影所へ出向き、千葉を表敬訪問して念願であった対面を実現した[124]。リーブスは「僕はSonny Chiba の映画とともに育ったようなものなんだ[61]」、「『The Street Fighter 』からアクションと芝居を学んだ。僕は映画用のカンフーならできるけど、サニー千葉は実際に人をボコボコにできる。情熱を感じる[62]」と語り、リーブスの主演映画『ジョン・ウィック』のプロモーションで来日した2015年10月に千葉と待望の対面を果たした際には、" Oh my god! " を連発、固い握手を交わし、「ハジメマシテ、マエストロ!(巨匠)」と千葉へ挨拶[62]。「あなたはキャラクターを演じるだけでなく、そこにアクションを盛り込んだ。屈強なキャラクターにもあなたが演じると心が感じられる」と身振り手振りを交えながら、千葉と会えたことをリーブスは終始嬉しそうに大はしゃぎしていた[62]。ルヒアンは映画『ザ・レイド』のプロモーション2012年来日した際、「千葉さんのアクションは本当に勉強になります」と日本が誇る世界のアクションスターに敬意を表した[55]。(⇒ #キイハンター#格闘映画#ハリウッド

交友[編集]

大山倍達高倉健深作欣二を「人生で最も影響を受けた特別な存在で最も敬愛する人物[195]」、尊敬する俳優に「ジェームズ・ディーンジャン=ポール・ベルモンド、高倉健、若山富三郎ゲイリー・クーパー[196]」、「親友夏八木勲[17][197]」を挙げている。

1967年映画あゝ同期の桜』で知己を得て以来、最も共演が多い夏八木勲は[17][197]

新人で京都にきたばかりで挨拶の仕方も知らなく、そんな僕を千葉ちゃんがいろいろと面倒みてくれた。「何も知らない奴だから、あまりいじめないでくれよ」と周囲に言ってくれたんです。お陰で見知らぬ京都でかなり過ごしやすくなったので、本当に感謝しています。千葉ちゃんのそういう性格はもちろんだけど、あそこまで自分の肉体を意のままに操れるよう鍛えていたことに、僕はビックリしてね。千葉ちゃんから「JAC でアクションの練習をしているから、なっちゃんも暇があったら来てみない?」って誘われたので、時間がある時は練習場に行って、紛れて一緒に鍛えたりしていました。[17]

と評しており、千葉と夏八木を知る関係者も「夏八木さんの口からは、千葉さんを絶賛する言葉しか聞いたことがない。千葉さんも夏八木さんを『僕の人生の中で最高の俳優』と認めていて、事あるごとに仕事に誘っていた。互いによき理解者で、尊敬し合えるかけがえのない友だった」と証言している[197]

深作欣二は「ともかく熱心だった。特にアクションシーンになると、自分からアイデアを出して急にイキイキしてくる。スティーブ・マックイーンみたいになりたいというのが口癖だった[198]」、東映ニューフェイスの先輩でもある高倉健は「お互いに無口なところが妙に気が合ってね。普通なら男同士、酒でも飲んで語り合うもんだが、酒を飲めない俺に気を使ってか、喫茶店でコーヒーを飲んだりメシを食いに行ったりで、内気な恋人同士のデートみたいだった。それでも楽しいんだなあ[36]」、同期の亀石征一郎は「方言が抜けないから研修が終わっても、一人で発音の練習をしていたのが印象的だった[36]」と語る。

デビュー当時から相談に乗っていた潮健児は「東京オリンピックのあった昭和39年(1964年)前後に一番悩んでいた。日本体育大学の友人はオリンピックで名を上げ、『網走番外地』で高倉健さんがスターになった。映画をやめたいと漏らしていた[126]」と苦悩する様子を、鶴田浩二は「融通の利かないところが損しているな。絶対に弁解しないから、誤解されやすい[126]」と、それぞれ慮っている。

中尾彬千葉県立木更津一校の後輩で、千葉に「前田さん(本名)」と挨拶する[199]。日体大に在学していた千葉が教育実習で指導した生徒が中尾で、教師と教え子の関係でもあったが、理由もなく反抗し、授業をよくサボっていた[199]。芸能界で再会したときに、中尾は非礼を陳謝[199]。千葉は中尾が出演していたドラマ『二人の刑事』(TBS )を「観ているぜ」と言うと、中尾は「光栄です」と返事する関係である[199]

趣味[編集]

趣味は水彩画[39]。日記をつけている[119]。愛車は白のマツダ・コスモスポーツフォード・マスタング・Mach1[200]。選んだ理由は「小回りが利くから」と実にアクションスターらしい動機である。マーキュリー・クーガーへと乗り継いだ。

家族[編集]

福岡県福岡市博多区雑餉隈で二男三女の長男(第二子)として生誕[2]。父親は大刀洗町に在った陸軍飛行戦隊に所属する軍人で、母親は熊本県出身で学生時代に陸上競技をしていた[2]テストパイロットの父親は初めて建造された空母へ初着艦を成功させるなど、危険な重責業務で給料の半分が飲み代となり、家庭は裕福でなかった[3]。4歳の時、父親が千葉県木更津市へ異動となったため、家族で千葉県君津市へ転居した[24]終戦後、軍が解体され、父親は漁業組合の役員へ転職したが、家計は厳しかった[3]。小学生の頃から、新聞・牛乳配達をして家計を助けた[168]。しかし「貧乏だったものの大自然に囲まれていたため、以外は不自由せずにいろいろな食物を食べることができ、自分の土台となった」と当時を述懐している[201]。父親は芸能界入りを猛烈に反対して勘当していたが[33]、作品を観てからは考えを変え[202]、その後は観るのを楽しんでいる[168]1971年初めには地元の君津市に実家を新築して親孝行をした[203]。(⇒ #オリンピックを目指して

弟の矢吹二朗が中学生になると東京都へ呼び寄せ、学校にも通わせ、育ち盛りの矢吹にはご飯を食べさせ、千葉はコッペパンに水という日々もあった[168]。「ときどき兄貴の腕時計や無理して買ったテープレコーダーが無くなったのは、きっと質屋へ持って行っていたと思う。僕には心配させまいと、一言も言わなかった」と語る[168]

テレビドラマ『キイハンター』で共演した野際陽子1972年に結婚し、一人娘の真瀬樹里を儲ける。おしどり夫婦として有名だったが、ハリウッドで仕事が増え始めて拠点を移したい千葉と[204]日本に居たい野際の意志不一致から[204]1994年に離婚。記者会見を野際と一緒に行うなど憎みあっての離婚ではないため、真瀬共々良好な関係を続けており、真瀬とはテレビ時代劇寺子屋ゆめ指南』、『風林火山』で共演し、複数のトーク番組へ一緒に出演している。その後、千葉は28歳年下の一般女性と1996年に再婚して長男・真剣佑と次男を授かり、アメリカ合衆国カリフォルニア州ビバリーヒルズに在住している[22][93][94][96]2015年に離婚した[205]

受賞[編集]

「おきなわシネマ&ミュージックフェスタ2006」にて、映画の発展に貢献したクリエイターとして表彰
MARTIAL ARTS LEGEND Sonny Chiba を表彰

出演[編集]

1961年の主演映画『宇宙快速船

映画[編集]

国内[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品。諸外国との合作映画は#海外作品を参照。社名のない作品は東映

海外[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品で、日本との合作映画も含む。

ドラマ[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品。

日本のテレビドラマ
海外のテレビドラマ
ラジオドラマ

演劇[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品。

オリジナルビデオ[編集]

☆海外で公開された作品、シリーズに映画とOV両方がある作品は#映画を参照。

ライブ[編集]

  • 千葉真一ショー (1969年) - ザ・サタンズと共に歌謡ショーを地方公演
  • 春を呼ぶフェスティバル (1971年1月30・31日、梅田コマ・スタジアム

ドキュメンタリー[編集]

情報[編集]

紀行旅番組
情報ワイド番組
ニュース教養番組

語り手・雑誌[編集]

語り手
雑誌
  • 過去のない男・胡蝶幻太郎探偵シリーズ - 胡蝶幻太郎 (写真出演)
※『中一コース』(学研)の1971年4月 - 1972年3月号に連載されたミステリ

CM[編集]

監督・演出・監修[編集]

☆出演兼務の作品は#出演を参照。

映画
演劇
監修

ディスコグラフィ[編集]

☆太字は作曲兼務。

シングル
アルバム
作詞
エグゼクティブ・プロデューサー

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ a b 1969年近代映画の『千葉真一特集号』では東映東京撮影所の所長である山崎真一郎が「千葉県出身ということで千葉、そして仕事を忠実に真心込めて」という意味で命名したと紹介しているが[7]、千葉自身は「山崎所長から『千葉から来たから名字を千葉、名前はオレの名前をとって真一にしろ』と言われた」と述べている[8]
  2. ^ a b c ニュー・ライン・シネマアメリカで『激突! 殺人拳』を『The Street Fighter』のタイトルで封切公開した際に、同社の社長が命名して千葉をアメリカに紹介した[9][10]。それが他国に広まり、世界での通称となったが、英語圏Sonny (サニー)は男性の名前に使われるほか、口語で「兄ちゃん・坊や」という意味があり、愛称の千葉ちゃん欧米風に訳した。その後、JJ Sonny Chiba と改名したが、JJJustice Japan (正義の日本)の略である[9][10][11]
  3. ^ 業務提携はスティルパートナーズ浅井企画
  4. ^ a b c 出典により、夏または秋としている。
  5. ^ a b c 日本体育大学は「3年以上の在籍で100単位以上の取得。その後の社会的な活躍や貢献によって、特別卒業認定証を授与する」という新たな規約を設け、千葉を特別卒業認定証第1号とし、2013年3月10日卒業を認定[6][23][27][30][31]。在学時の成績は優が多く、教授会でも満場一致で同規約の適用を認めていた[6][32]
  6. ^ 1970年から放送されていたトヨタ・カリーナのCMでも、「決まってるね、千葉ちゃん!」が使われていた。
  7. ^ a b c 自分の役でもないのに「投げ飛ばされる」、「板にぶつかる」、「海に放り込まれる」など数々のスタントを引き受けて演じていたが[142]、人材不足を憂いていたこともJAC 設立へ繋がっていく。(⇒ #JAC
  8. ^ 2013年現在、千葉真一自身は座右の銘を「肉体は永遠の言葉である」としている[6][32]
  9. ^ 当時のハイスピードカメラは今と比べると遥かに重たく、外見もかさばっていた。
  10. ^ 2年後にギャラは千葉のほうが上になった[127]
  11. ^ 北大路欣也は戦前からの大スターで東映の役員を兼務していた市川右太衛門の御曹司であることから、東映は北大路の意向を幾度となく受け入れてきた[46]
  12. ^ 特にアメリカ州[13][54]・ヨーロッパ[13][54]東南アジア[55]香港など[56]
  13. ^ 大石代悟二宮城光はケガのため、対抗戦を欠場した[65]
  14. ^ テレビドラマおわこんTV』の発表会見で小泉は、2014年6月14日サッカーW杯・日本 vs コートジボワールに交代出場して試合の流れを変えたドログバに、千葉をなぞらえた[181]
  15. ^ a b 柳生十兵衛光厳の「光厳」だが、「三厳」ではなく「光厳」とパンフレット魔界転生』の登場人物・キャスト一覧に表記されているため、当該記事もこれに則った[206][207]
  16. ^ 「芸能人のおしどり夫婦がCMで共演」という流れの始まりだった。
出典
  1. ^ a b c 「君津のガキ大将時代」、38 - 39頁。
  2. ^ a b c d e 「気骨ある明治生まれの軍人、子供心に誇らしかった飛行機姿の親父」、81 - 82頁。
  3. ^ a b c 「千葉真一特集」、144 - 145頁。
  4. ^ a b 千葉真一 - プロフィール”. YAHOO! JAPAN 人物名鑑. 日本タレント名鑑. 2009年8月7日閲覧。
  5. ^ a b c 千葉真一”. プロフィール. アストライア. 2014年12月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l “千葉真一 53年ぶりに母校・日体大を“卒業”し「もうひと花」とさらなる意欲”. 映画.com. (2013年3月10日). http://eiga.com/news/20130310/7/ 2012年3月12日閲覧。 
  7. ^ 「千葉真一特集」、148頁。
  8. ^ 「オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、101頁。
  9. ^ a b c d 「序章」、11頁。
  10. ^ a b c d 「全米でブルース・リーを超える興行収入、“サニー千葉”の名を広めた空手映画」、51頁。
  11. ^ a b 特典映像 「劇場初日舞台挨拶」
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 「とっておきの『先生』特集」、『SPORTS CITY』第1巻第2号、鎌倉書房1981年6月25日、 32頁。
  13. ^ a b c d e f 「プロフィール」、30頁。
  14. ^ 橋本与志夫 「出演者陣の“酔いどれ講釈”」、32頁。
  15. ^ a b c 「極真空手三段 千葉真一」、173, 179, 182 - 183頁。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 高平哲郎 (2011年5月18日). “JJサニーちば、真面目さと優しさに溢れ…”. ZAKZAK. 産業経済新聞社. 2012年9月27日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g 春日太一 (2013年4月29日). “世界的アクションスター・千葉真一に劣らぬ夏八木勲の筋肉美”. 週刊ポスト 2013年5月3・10日号. NEWSポストセブン. 2013年5月4日閲覧。
  18. ^ a b c d 国際空手道連盟 極真会館 - 年度別昇段登録簿(国内)」『極真カラテ総鑑』 株式会社I.K.O. 出版事務局(原著2001年4月20日)、初版、62 - 64頁。ISBN 4816412506
  19. ^ a b c d e f g h i 脇田巧彦「アクションに賭ける男・千葉真一」、21頁。
  20. ^ a b c d ゴルゴ13 九竜の首」 (グラビア) 、『KINEJUN キネマ旬報』第1532巻第718号、キネマ旬報社1977年10月1日、 42 - 44頁。
  21. ^ a b 「トムソーヤ企画メンバー ■プロフィール / コメント」 (パンフレット) 、『せんせい』、松竹1989年4月8日、 17頁。
  22. ^ a b c d e f g h i “インタビュー <日曜のヒーロー> 第355回 千葉真一”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2003年3月30日). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun030330.html 2009年6月26日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f g h i “千葉真一 日体大から半世紀ぶり卒業証書 体操で五輪目指すも中退”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2013年1月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/26/kiji/K20130126005063800.html 2013年1月31日閲覧。 
  24. ^ a b 「君津のガキ大将時代」、38頁。
  25. ^ a b c 「厳しくも愛情ある指導、体操を始めるきっかけを作ってくれた松本先生」、89頁。
  26. ^ a b c 「オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、95 - 96頁。
  27. ^ a b c “千葉真一が日体大から特別卒業認定”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年3月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130310-1095776.html 2013年3月12日閲覧。 
  28. ^ a b c d e f “千葉真一 半世紀がかりで日体大卒業”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2013年3月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/03/10/0005803043.shtml 2013年3月12日閲覧。 
  29. ^ a b c 『近代映画』、近代映画社、1970年11月、 123 - 126頁。
  30. ^ a b c “千葉真一、57年がかりで日体大を卒業”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年3月11日). オリジナル2013年3月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130312032223/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130311-OHT1T00033.htm 2013年3月12日閲覧。 
  31. ^ “千葉真一 半世紀がかりで日体大卒業 (Page 2)”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2013年3月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/03/10/1p_0005803043.shtml 2013年3月12日閲覧。 
  32. ^ a b “千葉真一 日体大卒業「人生最高の喜び」” (紙面). 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年3月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130311-1096009.html 2013年3月12日閲覧。 
  33. ^ a b c d e オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、100 - 101頁。
  34. ^ a b 「千葉真一特集」、140頁。
  35. ^ 「そして、千葉真一になった」、60頁。
  36. ^ a b c 「20人が証言する裸の千葉真一」、111頁。
  37. ^ 『東映の友』 1961年東京国立近代美術館フイルムセンター4階図書室所蔵。
  38. ^ a b 「世界に通じるアクションスター育成」、61 - 62頁。
  39. ^ a b 「東映城に羽ばたく」、『週刊実話特報』第3巻第8号、双葉社1961年2月23日、 3 - 6頁。
  40. ^ a b c d e f 千葉真一、深作欣二の初監督の怒号に驚いた”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月27日). 2012年12月3日閲覧。
  41. ^ a b c d e f g h i j 壬生智裕 (2013年1月13日). “千葉真一、『仁義なき戦い』の野獣系ヤクザ・大友勝利は役者としての転機と明かす”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0049211 2012年1月31日閲覧。 
  42. ^ a b c d e f g h “千葉真一「仁義なき戦い」秘話披露 深作欣二監督の命日に”. 映画.com. (2013年1月12日). http://eiga.com/news/20130112/12/ 2012年1月31日閲覧。 
  43. ^ a b c d e 「」テロリストの苛烈な生涯を演じた大作『日本暗殺秘録』、33 - 35頁。
  44. ^ a b c 「仁義なき戦い」40年目の壮絶秘話(1)「顔のシワ作り」に励んだ松方”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月28日). 2012年11月29日閲覧。
  45. ^ 仁義なき戦い PERFECT BOOK」、『別冊宝島』第833号、宝島社2003年、 12, 30 - 31頁。
  46. ^ a b c d e 千葉真一、深作欣二の初時代劇の教えに感謝”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月28日). 2012年11月29日閲覧。
  47. ^ a b 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、48 - 49頁。
  48. ^ a b c d ボディガード牙”. 日本映画製作者連盟. 2011年8月11日閲覧。
  49. ^ a b c 「『新幹線』も海外で人気」、68頁。
  50. ^ a b c d e f 【今だから明かす あの映画のウラ舞台】香港で出会った大スター 「千葉空手」生んだブルース・リーの死 (1/2ページ)”. ZAKZAK. 産業経済新聞社. p. 1 (2016年3月18日). 2016年6月27日閲覧。
  51. ^ a b 「直営劇場を100館へ」、26頁。
  52. ^ a b 「解説」、7頁。
  53. ^ a b 「かいせつ」、16頁。
  54. ^ a b c d Lifetime Achievement Award Tribute: Sonny Chiba” (英語). Singafest 2011: LA's Newest International Asian Film Festival (2011年8月31日). 2015年7月29日閲覧。
  55. ^ a b c d 『ザ・レイド』最強格闘家たちが新宿でガチバトル!Berryz工房ももちも、必殺技で参戦!?”. シネマトリビューン (2012年9月27日). 2012年11月5日閲覧。
  56. ^ a b 「『ゴルゴ13』香港ロケ・千葉真一」、『週刊明星』、集英社1977年9月11日
  57. ^ a b 親父 - 映画作品紹介”. シネマトッピクスオンライン. 2011年11月27日閲覧。
  58. ^ 「極真空手三段 千葉真一」、173, 179, 183頁。
  59. ^ a b c d e f g 「アベンジャーズ」サミュエル・L.ジャクソン、役作りの参考はソニー千葉(千葉真一)”. ニュース. 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル (2012年4月26日). 2012年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月27日閲覧。
  60. ^ a b c d 町山智浩 「クエンティン・タランティーノ」、17 - 18頁。
  61. ^ a b c 桜井美和 (2013年12月18日). “スリムボディーが復活 キアヌ・リーブス”. 読売新聞 (YOMIURI ONLINE). http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/celeb/20131218-OYT8T00409.html 2016年6月24日閲覧。 
  62. ^ a b c d e “千葉真一初対面でキアヌ大興奮、熱いリアクションに「かわいい」の声。”. ナリナリドットコム. ZIP! (Narinari.com). (2015年10月6日). http://www.narinari.com/Nd/20151034070.html 2015年10月6日閲覧。 
  63. ^ a b c d e f “本家ブルース・リーをしのぐ千葉真一”. 報知新聞. (1974年12月27日) 
  64. ^ a b c (英語)バラエティ. (1974年12月18日). 
  65. ^ a b c d e f g 大山倍達 『わがカラテ革命』 講談社1978年、83 - 87頁。
  66. ^ a b c 「極真空手三段 千葉真一」、174 - 176頁。
  67. ^ 西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年12月12日). 2013年1月31日閲覧。
  68. ^ 柳生一族の陰謀”. 日本映画製作者連盟. 2011年12月6日閲覧。
  69. ^ 関根忠郎山根貞男山田宏一 『惹句術:映画のこころ』 講談社、1986年、90頁。ISBN 406202005X
  70. ^ 柳生一族の陰謀 (2008)”. 東映チャンネル. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。
  71. ^ 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」”. アサ芸+. 徳間書店 (2012年11月29日). 2012年12月8日閲覧。
  72. ^ 1981年(1月~12月)”. 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組). 日本映画製作者連盟. 2014年6月24日閲覧。
  73. ^ a b 的田也寸志. “柳生一族の陰謀 (DVD)”. 商品の説明. Amazon.co.jp. 2011年12月3日閲覧。
  74. ^ a b 佐藤雅夫 「プロダクション・ノート 魔界に祟られたスタジオ」、24 - 25頁。
  75. ^ a b ペリー荻野 (2008年5月30日). “『柳生十兵衛あばれ旅』 JJサニー千葉、十八番の十兵衛が大暴れ! 志穂美悦子、真田広之など充実の顔ぶれ。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  76. ^ a b ペリー荻野 (2009年7月31日). “『徳川無頼帳』 西城秀樹の十兵衛とJJサニー千葉が握手! 強力コンビが吉原を根城に大暴れ。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  77. ^ a b 柳生十兵衛七番勝負”. 放送作品一覧. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
  78. ^ 「ウーマンパワーの席捲」、256頁。
  79. ^ a b c 服部半蔵 影の軍団”. 放送作品一覧. 時代劇専門チャンネル. 2012年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月14日閲覧。
  80. ^ a b c 7月1日あなたの思い出と共にあの時代劇が甦る!”. どらく. 朝日新聞デジタル. 2012年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月14日閲覧。
  81. ^ 「プロダクションノート」、26頁。
  82. ^ 1980年(1月~12月)”. 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組). 日本映画製作者連盟. 2014年6月24日閲覧。
  83. ^ a b 保科幸雄「高鳴る!冒険者たちのメロディ 燃える夢喰い男・千葉真一」、3 - 5頁。
  84. ^ a b 「ごあいさつ 株式会社コマ・スタジアム専務取締役・酒井肇」、35頁。
  85. ^ “「カラテのチバ」15年ぶりリバイバルで脚光 ハリウッド映画主演 千葉真一 再び旋風だ”. スポーツニッポン (毎日新聞社). (1991年3月26日) 
  86. ^ 「苦しかったアメリカ移住後の最初の数年間」、246頁。
  87. ^ SONNY CHIBA プロフィール」、27頁。
  88. ^ a b 「INTRODUCTION」、11頁。
  89. ^ a b 「千葉真一、引退宣言の真相」、12頁。
  90. ^ 「健康大使」の任命について”. 健康局総務課生活習慣病対策室. 厚生労働省発表 (2007年11月26日). 2010年10月9日閲覧。
  91. ^ a b “千葉真一が結婚披露宴&芸能生活50周年式典”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2010年10月22日). オリジナル2010年10月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024215817/http://www.daily.co.jp/newsflash/2010/10/22/0003551224.shtml 2010年11月1日閲覧。 
  92. ^ a b “千葉真一が子供と披露宴&50周年式典”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2010年10月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101023-693233.html 2010年11月1日閲覧。 
  93. ^ a b c “千葉真一 家族初お披露目 結婚15年目の披露宴”. 中日スポーツ (CHUNICHI Web). (2010年10月23日). オリジナル2010年10月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024205329/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010102302000097.html 2010年11月1日閲覧。 
  94. ^ a b c “千葉真一、嫁さんLOVE! 結婚披露宴”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2010年10月23日). オリジナル2011年12月26日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-1226-2229-35/www.daily.co.jp/gossip/article/2010/10/23/0003551597.shtml 2010年11月1日閲覧。 
  95. ^ a b c “千葉真一 芸能生活50周年式典で結婚披露宴”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2010年10月23日). オリジナル2010年10月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024095722/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/10/23/11.html 2010年11月1日閲覧。 
  96. ^ a b c “千葉真一Jr. お披露目…結婚披露宴に600人が出席”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年10月23日). オリジナル2011年12月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101024151559/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101023-OHT1T00013.htm 2010年11月1日閲覧。 
  97. ^ a b "JJサニー千葉 結婚披露宴 将来のハリウッドスター!? 息子たちの素顔". 情報ライブ ミヤネ屋. NNS. ytv. 2010年10月25日放送. 該当時間:14:32 - 14:41
  98. ^ a b 千歳香奈子 (2011年10月4日). “千葉真一の夢...真の日本映画をアメリカから世界へ”. ハリウッド直送便 (nikkansports.com). http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/chitose/archives/22158.html 2011年10月31日閲覧。 
  99. ^ “うずしお”だけじゃない!鳴門の新観光スポットを探索”. ZAKZAK. 産業経済新聞社 (2011年11月11日). 2012年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月27日閲覧。
  100. ^ a b 千葉真一&小泉孝太郎がタッグ!業界ドラマ『おわこんTV』は7月1日からスタート”. テレビ関連ニュース. テレビドカッチ (2014年6月17日). 2014年10月4日閲覧。
  101. ^ テリー伊藤対談「千葉真一」(1) 新ドラマでは“過去の千葉”像を捨ててみた”. アサ芸+. 徳間書店 (2014年7月29日). 2014年10月4日閲覧。
  102. ^ a b 【お知らせ】”. おわこんTV. NHK (2014年10月2日). 2014年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。
  103. ^ 京本政樹 『京本政樹のHERO考証学』 バンダイ1992年6月、144頁。ISBN 489189234X
  104. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、48 - 49頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  105. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房 / イオン編、竹書房1995年11月30日、42頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  106. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、48 - 49頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  107. ^ 「七色仮面 / 新 七色仮面」、42頁。
  108. ^ 「アラーの使者」、48頁。
  109. ^ 「宇宙快速船」、53頁。
  110. ^ a b 「世界に通じるアクションスター育成」、62頁。
  111. ^ ファンキーハットの快男児”. 日本映画製作者連盟. 2012年2月1日閲覧。
  112. ^ a b c 「世界に通じるアクションスター育成」、63頁。
  113. ^ a b c d e 「20人が証言する裸の千葉真一」、113頁。
  114. ^ a b c d 「●空中滑降撮影中、地面にたたきつけられる 本誌カメラマンの目の前で千葉真一が 『キイハンター』 左足首を骨折! 2ヶ月の重傷!!」、『週刊平凡』4月3日号、マガジンハウス1969年
  115. ^ 「プロダクションノート」、26頁。
  116. ^ 「革命的手法をもたらした『戦国自衛隊』」、73 - 74頁。
  117. ^ a b 「受け継がれる武士道」、184頁。
  118. ^ a b c 黒田邦雄「ザ・インタビュー 千葉真一」、『KINEJUN キネマ旬報』第1655巻第841号、キネマ旬報社、1982年8月1日、 130 - 133頁。
  119. ^ a b c 「チバシンのモーレツ24時間」、81頁。
  120. ^ a b c d e 「毎回新しいアクションにチャレンジ、大人気となった『キイハンター』」、28頁。
  121. ^ 「毎回新しいアクションにチャレンジ、大人気となった『キイハンター』」、20頁。
  122. ^ 「毎回新しいアクションにチャレンジ、大人気となった『キイハンター』」、25 - 26頁。
  123. ^ 「死と隣り合わせのアクションシーン」、65 - 66頁。
  124. ^ a b c 堀田眞三 (2006年7月30日). “千葉真一さんの職業病”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2011年1月5日閲覧。
  125. ^ 「『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』」、324頁。
  126. ^ a b c 「20人が証言する裸の千葉真一」、112頁。
  127. ^ 出会いは『キイハンター』・野際陽子、92頁。
  128. ^ とことん! 石ノ森章太郎・最終章 仮面ライダーシリーズよ永遠に. NHK. BS2. 2008年3月29日放送.
  129. ^ "銀幕にかける情熱 夢・ロマン そて挑戦". 本格報道 INsideOUT. 2013年3月20日放送. 該当時間:21:00 - 21:54
  130. ^ a b 夏八木勲「親友・千葉真一が明かした骨太“名脇役人生”」”. アサ芸+. 徳間書店 (2013年5月29日). 2013年7月1日閲覧。
  131. ^ a b 「アクションをやるならJACへ来いよ!」、106頁。
  132. ^ 「JACの創設」、40 -41頁。
  133. ^ ギンディ小林 「橋本新一 インタビュー」、24頁。
  134. ^ a b c d e 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、39 - 43頁。
  135. ^ 「『日本の仁義』」、474頁。
  136. ^ 「【突然引退】 千葉真一が酸素ボンベ闘病」、『週刊アサヒ芸能』8月2日号、徳間書店、2007年、 204 - 207頁。
  137. ^ 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、43 - 45頁。
  138. ^ 仁義なき戦い PERFECT BOOK」、『別冊宝島』第833号、宝島社2003年、 12, 30 - 31頁。
  139. ^ 「狂犬のようなヤクザを演じ、悪役の妙味を知った『仁義なき戦い 広島死闘篇』、48頁。
  140. ^ 小林信彦 『映画を夢見て』 筑摩書房1991年、177 - 185頁。
  141. ^ 俊藤浩滋山根貞男 「第十二章 夢とロマンを求めて」『任侠映画伝』 講談社(原著1999年2月1日)、第一刷、265 - 266頁。C0095。ISBN 4062095947
  142. ^ 「千葉真一さん 森末慎二さんの若さと元気のヒミツ“年齢に負けない鮫肝油のサラサラパワー”」『テレビショッピング』 2013年、エバーライフ
  143. ^ 小沢茂弘、高橋聡 『困った奴ちゃ - 東映ヤクザ監督の波乱万丈』 ワイズ出版1996年、91 - 92頁。ISBN 4948735574
  144. ^ 「千葉真一の躍進とカラテ映画」、345頁。
  145. ^ a b 「極真空手三段 千葉真一」、173, 179頁。
  146. ^ 谷川貞治 (1992年1月24日). HAKEN 覇拳 ふりむけば修羅 推薦文 (VHS). タキ・コーポレーション. 
  147. ^ 「『新幹線』も海外で人気」、68頁。
  148. ^ a b 「千葉の空手は断然強い」、66頁。
  149. ^ a b 「『新幹線』も海外で人気」、67頁。
  150. ^ 「海を渡る気概」、242頁。
  151. ^ ギンディ小林 「山口和彦 INTERVIEW」、27頁。
  152. ^ 関口裕子 「千葉真一インタビュー」『映画監督 深作欣二の軌跡』 キネマ旬報社2003年、22 - 27頁。
  153. ^ 「『柳生一族の陰謀』」、358頁。
  154. ^ 「柳生十兵衛の殺陣」、46頁。
  155. ^ 裏YAGYU”. 第1回公演. Project JAX. 2015年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月16日閲覧。
  156. ^ 「不確実性の時代劇」、245頁。
  157. ^ ペリー荻野 (2010年12月17日). “『影の軍団Ⅲ』 打倒、紀州!!千葉・真田・志穂美ら影の軍団。石橋蓮司も女装の刺客で登場。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  158. ^ a b 「ジャンボも唱える影の軍団「天魔覆滅」」、『週刊ゴルフダイジェスト』第36巻9月24号、ゴルフダイジェスト社2013年9月24日、 126頁。
  159. ^ a b “「千葉真一の柳生十兵衛だな」 / 秋山監督” (紙面). 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年2月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp1-20130216-1085854.html 2013年2月16日閲覧。 
  160. ^ 「悲願の柳生十兵衛役を演じ、テレビでの連載にもつながった『柳生一族の陰謀』」、68頁。
  161. ^ 奥野史子. “【内野聖陽さんインタビュー】 その生き様に感動!内野聖陽が大河ドラマ「風林火山」の魅力を語る。”. 銀河☆ナビ > 7月のおすすめ番組. チャンネル銀河. 2010年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月9日閲覧。
  162. ^ 「千葉真一 対談 石崎勝久(映画評論家)」、27 - 31頁。
  163. ^ a b c 「極真空手三段 千葉真一」、179頁。
  164. ^ a b c 島村幸恵 (2011年11月10日). “千葉真一が米ドラマで主演!タイトルは「ブシドー」!72歳にして米アクション・ドラマ初主演作に”. シネマトゥデイ. 2012年4月13日閲覧。
  165. ^ 森山京子 「ユマ・サーマン インタビュー」、21頁。
  166. ^ 小西未来 「ルーシー・リュー インタビュー」、26頁。
  167. ^ a b c d 「厳しくも愛情ある指導、体操を始めるきっかけを作ってくれた松本先生」、90 - 91頁。
  168. ^ a b c d e f 「20人が証言する裸の千葉真一」、110頁。
  169. ^ a b 「極真空手三段 千葉真一」、173頁。
  170. ^ 『蘇る伝説「大山道場」読本』 日本スポーツ出版社(原著2000年1月14日)、初刷、178 - 179頁。ISBN 4930943272
  171. ^ 真樹日佐夫 『極真カラテ27人の侍』 サンケイ出版1986年、104 - 105頁。
  172. ^ “千葉真一三段がデスマッチ”. スポーツニッポン (毎日新聞社). (1977年3月16日) 
  173. ^ 「速報!! アデミール・ダ・コスタが連覇 ブラジル支部設立10周年記念大会」、『月刊パワー空手』第7巻第11号、パワー空手出版社、1984年11月1日、 3 - 13頁。
  174. ^ 特典映像 「高野八誠インタビュー」
  175. ^ a b 堀田眞三 (2010年10月23日). “千葉真一先輩 記念パーティー”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2010年11月6日閲覧。
  176. ^ 堀田眞三 (2006年7月10日). ““親父” 衣装合わせなどの打ち合わせ。”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2012年3月30日閲覧。
  177. ^ 堀田眞三 (2006年7月21日). “親父 - 撮影 快調!”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2012年3月30日閲覧。
  178. ^ 堀田眞三 (2006年7月26日). “いよいよ “親父”の撮影”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. gooブログ. 2012年3月30日閲覧。
  179. ^ あさ美 (2012年10月12日). “かっこよすぎで”. あさ美のMaybe☆めいビー. アメーバブログ. 2012年11月25日閲覧。
  180. ^ 大木凡人 (2012年11月24日). “千葉真一と大木凡人 2時間トーク ディナークルーズ”. 凡ちゃんブログ. アメーバブログ. 2012年12月6日閲覧。
  181. ^ a b “小泉孝太郎、千葉真一「ドログバのよう」”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2014年6月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140616-1318794.html 2014年10月4日閲覧。 
  182. ^ a b 「表紙のおしゃべり」、232頁。
  183. ^ 今井雅之 (2010年10月24日). “大先輩”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2012年9月28日閲覧。
  184. ^ 今井雅之 (2011年6月28日). “千葉先輩!!!”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2012年9月28日閲覧。
  185. ^ “園子温監督 芸人デビュー「たけしさんに肉薄したい」”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2013年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/05/01/kiji/K20130501005717300.html 2013年5月13日閲覧。 
  186. ^ “30年ぶりにギャバンを演じた大葉健二「50代の女性がセーラー服を着る恥ずかしさが判りました」”. 楽天woman (楽天). (2012年1月20日). オリジナル2012年1月21日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0121-1456-02/woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=hwchannel_20120120_0601 2012年1月21日閲覧。 
  187. ^ 「前人未踏!15Mのダイビング」、150頁。
  188. ^ 「可能性に最大限挑戦したい!」、141頁。
  189. ^ くれい響 (2013年12月22日). “27年ぶりのテレビ出演で再注目 元女優・志穂美悦子のスゴさ1”. クランクイン. 2013年12月24日閲覧。
  190. ^ “長渕悦子さんが27年ぶりテレビ出演”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年12月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131218-1232885.html 2013年12月24日閲覧。 
  191. ^ 【インタビュー】[[#宇宙刑事|「関根大学]」]、67頁。
  192. ^ 【インタビュー】[[#宇宙刑事|「山田一善]」]、127頁。
  193. ^ 「極真空手三段 千葉真一」、173, 179, 183頁。
  194. ^ 「極真空手三段 千葉真一」、179頁。
  195. ^ 千葉流 サムライへの道、131頁。
  196. ^ 千葉真一 高倉健から東映解雇を救ってもらった体験を明かす”. ザ・トップ5. TBSラジオ&コミュニケーションズ (2011年12月14日). 2014年11月24日閲覧。
  197. ^ a b c “千葉真一 夏八木勲さんへの思い語る”. 東京スポーツ. (2013年5月14日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/142369/ 2013年5月21日閲覧。 
  198. ^ 「20人が証言する裸の千葉真一」、111 - 112頁。
  199. ^ a b c d 「モーレツ体操教師と生徒 千葉真一 + 中尾彬」、『週刊明星』第23巻、集英社、1970年6月14日
  200. ^ 「チバシンのモーレツ24時間」、78頁。
  201. ^ 「パイロットだった親父」、34頁。
  202. ^ 「オリンピックで金メダルを目指した学生時代、味わった栄光と挫折」、103頁。
  203. ^ 「「気骨ある明治生まれの軍人、子供心に誇らしかった飛行機姿の親父」」、85頁。
  204. ^ a b 「樹里が生まれた日」、113 - 114頁。
  205. ^ “千葉真一が離婚 調停中の28歳下の夫人と昨年”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1586737.html 2016年1月1日閲覧。 
  206. ^ 「登場人物」、11頁。
  207. ^ 「キャスト」、26頁。
  208. ^ 「おとこ達よ 野性の切れ味を忘れるな」、『週刊宝石』第2巻第23号、光文社1982年6月5日、 2頁。
  209. ^ 千葉真一; 本間千代子小林裕子小川守三田佳子. “歌う東映スター”. 別冊歌謡コダマ;KY-1001. コダマプレス. 2014年11月26日閲覧。

参考文献[編集]

※異なる頁を複数参照をしている文献のみ。発表年順。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]