けんか空手 極真拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
けんか空手シリーズ > けんか空手 極真拳
けんか空手 極真拳
Champion of Death
監督 山口和彦
脚本 鈴木則文中島信昭
原作 梶原一騎影丸穣也
出演者 千葉真一
多岐川裕美
千葉治郎
石橋雅史
由利徹
成田三樹夫
音楽 菊池俊輔
撮影 中島芳男
編集 田中修
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1975年8月9日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 けんか空手 極真無頼拳
テンプレートを表示

けんか空手 極真拳』(けんかからて きょくしんけん、Champion of Death )は、1975年日本映画主演千葉真一監督山口和彦製作東映カラーシネマスコープ、88分。『けんか空手シリーズ』の第1作。

解説[編集]

劇画空手バカ一代』の一部を映画化し、大山倍達の苦難の半生を描いた物語。本職の空手家らも「Sonny Chibaサニー千葉[注釈 1]の空手は本物」という評価をし[3]、それが定着していくこととなる[3][4]。大山に扮した千葉は、極真会館の前身である大山道場の時代から千葉は極真カラテを修行しており、大山の愛弟子である[5][6]。大山の妻となる藤巻智八子多岐川裕美、大山の一番弟子・有明省吾[注釈 2]には千葉治郎敵役には成田三樹夫石橋雅史などの配役で脇を固めている。石橋は大山道場で師範代を務めており、千葉の先輩にあたる[6][8]。本作には大山以下、当時の極真会館の精鋭が協力した。

ストーリー[編集]

戦後初めての全日本空手道選手権大会に、大山倍達は飛び入りで参加。圧倒的な強さで日本一になるものの、空手界の大御所たちは「寸止めではなく直接打撃制」を主張する大山を危険分子として扱い、「けんか空手」、「邪道空手」と非難し、孤立させる。そんな大山は妻と出会い、弟子もでき、村を暴走する牛と戦い、倒したことから世間から認知されていく。しかし弟子の行動が裏目に出て、彼をやむなく破門。正当防衛とはいえ殺人をしてしまうなど、いろいろな障害とぶつかる。それらを乗り越え、様々な敵と戦っていくなかで、大山は自ら信じる空手道の完成を目指し、修行を続けていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

牛殺しのシーンでは、牛を管理する業者に「肉が落ちるから、あまり麻酔を打たないでくれ」と要求され、牛がなかなかおとなしくならず、撮影にリスクがあった[9]。大山倍達が正当防衛でヤクザを殺し、罪滅ぼしでその妻子を養う物語を、山口和彦は太田浩児に「『無法松の一生』のような、ほのかな心打つ恋を描こうよ」と未亡人役に清楚な女優を依頼していたが、キャスティングされた茅島成美で、想定していたイメージに反するため、山口は変更を余儀なくされた[10]

興行[編集]

挿入歌[編集]

「空手道」

「男ひとすじ」

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ アメリカ合衆国ニュー・ライン・シネマ千葉真一を、「Sonny Chibaサニー千葉)」と名付けて千葉の作品を興行した[1][2]。この名が海外での異名となり千葉は脚光を浴びていくが、英語圏で「Sonny 」は男性の名前に使われるほか、口語で「兄ちゃん・坊や」という意味があり、千葉の日本での愛称「千葉ちゃん」を欧米風にしたものである[1]
  2. ^ a b モデルとなった春山一郎は、大山倍達が「歴代の弟子の中で一番強い」と語った空手家である[7]。技は何でも使いこなすオールラウンドプレイヤーで、身長185cm体重80kg[7]群馬県桐生市出身[7]
出典
  1. ^ a b JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』 ぶんか社2010年、11, 51頁。ISBN 4821142694
  2. ^ 高平哲郎JJサニーちば、真面目さと優しさに溢れ…」、『ZAKZAK』、夕刊フジ2011年5月18日2012年9月27日閲覧。
  3. ^ a b 大山倍達 「“極真”だけがなぜ勝つのか」『わがカラテ革命』 講談社(原著1979年11月9日)、第3刷、83 - 87頁。ISBN 9784061241930
  4. ^ Lifetime Achievement Award Tribute: Sonny Chiba” (英語). Singafest 2011: LA's Newest International Asian Film Festival (2011年8月31日). 2015年12月2日閲覧。
  5. ^ 真樹日佐夫 『極真カラテ27人の侍』 サンケイ出版1986年、104 - 105頁。
  6. ^ a b 中村カタブツ 『極真外伝 ~極真空手もう一つの闘い~』 ぴいぷる社、1999年、172 - 186頁。ISBN 4893741373
  7. ^ a b c 「有明省吾の名で一世風靡 春山一郎」、『新・極真カラテ強豪100人』'97年度改訂版ゴング格闘技1月号増刊、日本スポーツ出版社1997年1月29日、 40頁。
  8. ^ 『蘇る伝説「大山道場」読本』 日本スポーツ出版社(原著2000年1月14日)、初刷、178 - 179頁。ISBN 4930943272
  9. ^ ギンディ小林 「山口和彦 INTERVIEW」、28頁。
  10. ^ ギンディ小林 「山口和彦 INTERVIEW」、27頁。

参考文献[編集]

※異なる頁を複数参照をしている文献のみ。発表年順。
  • 「史上最強のカラテ映画大戦争!」、『映画秘宝』第12巻第5号、洋泉社2006年4月21日

関連項目[編集]

主演・モチーフが同じ

外部リンク[編集]