空手バカ一代 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
けんか空手シリーズ > 空手バカ一代 (映画)
空手バカ一代
Karate for Life
監督 山口和彦
脚本 掛礼昌裕
原作 梶原一騎影丸穣也
ナレーター 河合絃司
出演者 千葉真一
夏樹陽子
室田日出男
志賀勝
石橋雅史
リップ・タイラー
エディ・サリバン
鶴見五郎
スネーク奄美
米村勉
本郷功次郎
音楽 鏑木創
撮影 中島芳男
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1977年5月14日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 けんか空手 極真無頼拳
テンプレートを表示

空手バカ一代 』(からてばかいちだい、Karate for Life )は、1977年日本映画主演千葉真一監督山口和彦製作東映カラーワイド、91分。

解説[編集]

梶原一騎影丸譲也劇画空手バカ一代』を映画化した作品で、『けんか空手 極真拳』、『けんか空手 極真無頼拳』に続いて大山倍達の波乱に富んだ半生が描かれ[1]、前二作同様に千葉真一が大山に扮し、演出山口和彦コンビによる、『けんか空手シリーズ』の第三作。大山のアメリカ遠征を復帰前の沖縄遠藤幸吉を藤田修造、グレート東郷をグレート山下など、原作を変えてる箇所及び踏襲している内容に独自の脚色が加えられ、大山の相棒となる藤田には柔道経験者の本郷功次郎、ヒロインの麗子にはファッションモデルから女優に転身した夏樹陽子らが配役されている。格闘にリアリティを求め、大山倍達の対戦相手には三部作全てに出演している石橋雅史を筆頭に[注釈 1]国際プロレススネーク奄美米村勉鶴見五郎IWA世界タッグ王座の試合で来日していたUSタッグチーム・チャンピオンのリップ・タイラーエディ・サリバンなど[1][4]、実際の格闘家が扮した。千葉と“引き裂き屋”の異名をもつタイラーの対決はこれまでにない迫力を見せ、山場の一つになっている[1]キャッチコピーは「リングを染めた鮮血の死闘45分!牛殺し、クマ殺しの鉄拳が怪物レスラーに炸裂!“大山ケンカ空手”格闘世界一を決す世紀の一瞬![5]」。

ストーリー[編集]

猛牛を一撃で殺し、熊にまで挑戦した大山倍達の凄まじい破壊力を恐れた、与那島剛造率いる日本の空手界は、“ケンカ空手”・“売名家” と決めつけ、破門した。大山は与那島の元に乗り込み、他流試合を申し込むが、与那島の門下生相手に百人組手をすることとなる。これは尋常な勝負でなく、卑劣な罠が潜んでいたが、大山は完遂し、与那島も倒した。勝利するものの大山には虚しさが残り、酒浸りと金欠の日々が続いていた。そんな大山にプロモーターが沖縄でプロレスリングに上がるよう、スカウトしてきた。大山は新たなる対戦相手を求めて、一路沖縄へ向かった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

興行[編集]

封切り公開2か月前の3月16日に千葉真一が空手道による真剣勝負をすることが発表され[6]、4月にハワイで開催された「日本代表極真会館チーム対ハワイ代表チーム」というフルコンタクト空手の対抗戦に参戦した[2][7]。日本代表メンバーには千葉以外には東孝中村誠らがおり、対戦相手は「前アメリカ東海岸空手チャンピオンのグレッグ・カーフマン」という180センチメートル以上あるネグロイドであった[2][7]。千葉は通常の空手の技のほかに、跳び右後ろ回し蹴り胴回し回転蹴りの元となった前方宙返りして踵で蹴るなど、積極的に攻撃して[2][7]、第2ラウンドに千葉が二段蹴りKO勝ちしたが[2][7]、結果的に翌月封切り公開された本作の宣伝にもなった。

備考[編集]

『けんか空手シリーズ』で山口和彦が一番気に入っているのは本作と語っている[8]

夏樹陽子は本作で女優デビューを果たしたが、モデルで「きれいな服をいつも着ていられる日常」から「普通の人のように歩いて」と指導される撮影現場でその違いに最初戸惑っていたが、ゴミの山に自分が捨てられるシーンを演じきったことで「女優としてやっていける」と自信がついたと語っている[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 石橋雅史千葉真一にとって大山道場極真会館)の先輩であり、石橋は大山道場と初期の極真会館で師範代を担っていた[2][3]
出典
  1. ^ a b c 空手バカ一代”. 日本映画製作者連盟. 2011年12月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e 中村カタブツ 『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』 ぴいぷる社、1999年、173 - 174頁。ISBN 4893741373
  3. ^ 『蘇る伝説「大山道場」読本』 日本スポーツ出版社(原著2000年1月14日)、初刷、178 - 179頁。ISBN 4930943272
  4. ^ 「山口和彦監督作『空手バカ一代』」、25頁。
  5. ^ 本作ポスターより。
  6. ^ 千葉真一三段がデスマッチ”. スポーツニッポン. (1977年3月16日) 
  7. ^ a b c d 大山倍達 『わがカラテ革命』 講談社1978年、83 - 87頁。
  8. ^ ギンディ小林 「山口和彦 INTERVIEW」、28頁。
  9. ^ 藤木TDC「夏樹陽子、初降臨!!」、『映画秘宝』第19巻第4号、洋泉社2013年3月21日、 47頁。

参考文献[編集]

※異なる頁を複数参照をしている文献のみ。発表年順。
  • 「史上最強のカラテ映画大戦争!」、『映画秘宝』第12巻第5号、洋泉社2006年4月21日

関連項目[編集]

主演・モチーフが同じ

外部リンク[編集]