日本映画製作者連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本映画製作者連盟
略称 映連
設立年 1945年
種類 一般社団法人
法人番号 9010005015232
貢献地域 日本の旗 日本
メンバー 松竹
東宝
東映
KADOKAWA角川映画
会長 松岡功
関連組織 国際映画製作者連盟
ウェブサイト http://www.eiren.org/index.html
過去名 映画製作者連合会
日本映画連合会

一般社団法人日本映画製作者連盟(にほんえいがせいさくしゃれんめい、略称:映連、英語:MPPA−Motion Picture Producers Association of Japan)は、松竹東宝東映KADOKAWA角川映画)の映画製作配給大手4社が構成する業界団体である。会長は松岡功(東宝会長)。元経済産業省所管。

略歴[編集]

  • 1945年12月1日 - 映画製作者連合会として発足。
  • 1947年3月 - 日本映画連合会に改称。
  • 1955年12月 - 通商産業省(現・経済産業省)の社団法人として認可を受ける。
  • 1957年6月 - 社団法人日本映画製作者連盟に改組して発足。当時は松竹・東宝・東映・新東宝日活の5社だった。
  • 2010年4月 - 一般社団法人日本映画製作者連盟に改組。

概要[編集]

城戸賞[編集]

城戸賞
受賞対象 新人脚本家
日本の旗 日本
授与者 日本映画製作者連盟
報酬 賞状・記念品及び副賞50万円
初回 1974年
最新回 2016年
最新受賞者 準入賞
吉野耕平『サムライボウル』
公式サイト http://www.eiren.org/kido/index.html

映画プロデューサー城戸四郎の理念にもとづき、城戸の名を冠した新人脚本家を発掘するため、映連「城戸賞運営委員会」が主催する賞である。1974年12月1日映画の日)に制定された[1]。受賞をきっかけに脚本家映画監督小説家になった者も多い。

同賞の発案は、東映館主会のボスで、全興連会長の山田敏郎大旺映画社長で[2]、山田は時の権力者をうまく自分の懐に巻き込んで動かす業界の"裏ドン"であった[2]。城戸が元気な当時は、城戸にぴったりし、城戸が亡くなると岡田茂にぴったり付きで、城戸賞創設の発表は岡田が行っている[1]。このときの発表では「年間を通じ、優秀な脚本二編(現代劇1、時代劇2)、選定の基準は大衆娯楽作品におき、主として若手ライターにウエイトをおく、そのための基金は邦画4社と城戸四郎による250万円とする」という説明だった[1]。創設以降、1994年の第20回まで、岡田が審査委員長を務めた[3]
 

受賞者一覧[編集]