夏樹陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なつき ようこ
夏樹 陽子
本名 藤井 眞紀[1]
生年月日 (1952-10-24) 1952年10月24日(69歳)
出生地 三重県伊勢市
国籍 日本の旗 日本
身長 168cm
血液型 A型[2]
職業 女優
ファッションモデル
ジュエリーデザイナー
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1977年 -
公式サイト 夏樹陽子
主な作品
テレビドラマ
吉宗評判記 暴れん坊将軍
ザ・ハングマン
あばれ八州御用旅
映画
空手バカ一代
オリジナルビデオ
借王』シリーズ
受賞
エランドール賞 新人賞(1978年)
テンプレートを表示

夏樹 陽子(なつき ようこ、 1952年10月24日 - )は、日本女優ファッションモデル[1]。 宝石ブランド「ルシオラ」のジュエリーデザイナーとしても活動する。 有限会社アップル・ツリー所属で、アイティ企画と業務提携している。東映俳優センター[注 1]を離れた後はホリプロ・ブッキング・エージェンシーに所属していた。

三重県伊勢市出身[1][4]愛知県立犬山高等学校[1]杉野女子短期大学卒業[1]

来歴・人物[編集]

三重県で生まれた後[4]、父親の仕事の都合で小学校を三つ変わり、小学校6年生まで大阪にいて、6年生の3学期でまた三重県に引っ越して[4]、中学校の3年生の2学期で愛知県犬山市へ引っ越す[4][5]愛知県立犬山高等学校を経て杉野女子短期大学被服科に入学[1]。短大在学中にグラマラスな姿態をスカウトされ[1][4]、ファッションモデルとなり[1]、以降、3年半、トップモデルとして活躍した[1]。かねてから念願だった女優転身を目指し[1]、知人の紹介で『新・女囚さそり 701号』にカメラテスト風に出演[1]

1977年に映画『空手バカ一代』のヒロイン役で本格的に女優デビュー[1][6]。モデルで「きれいな服をいつも着ていられる日常」から、「普通の人のように歩いて」と指導されるなどその違いに最初戸惑っていたが、ゴミの山に自分が捨てられるシーンを演じきったことで「女優としてやっていける」と自信がついた[4][7]。エキゾチックな美貌を買われ[1]、1977年4月、東映入社[1]。この後、映画やテレビドラマに出演していくが、モデルの歩き方のくせを抜くのに2年ぐらいかかっている[7]

新・女囚さそり 特殊房X』で、梶芽衣子多岐川裕美に続く"三代目さそり"を演じ、翌1978年の松竹『カラテ大戦争』では初めて他社で主演したが[1]、邦画総体の地盤沈下と大作一本立て興行等の影響を受け[1]、東映プログラムピクチャーの後退もあり、映画出演は減った[1]。東映退社は1980年2月[1]

東映の多角経営で、ホテルゴルフ場のオープニングイベント等で、カラオケで歌わされていたこともあり[4]、1979年秋に[1]アルバム『よこはま情炎ものがたり』を出した[4]。以降も時折、レコードを出し、ディナーショー等も行う[4]

特技はピアノエレクトーン花柳流日舞観世流能楽大倉流小鼓クレー射撃、ドライブ(国際C級ライセンス所持)など。所有車歴はポルシェフェラーリが有る[4]

三國連太郎とは30年近いつきあいで、三國に勧められて病院で大腸の検査を受けたところポリープが発見され、切除手術を受けた。検査の結果そのポリープがだったと判明し、早期発見で一命をとりとめた。そのため三國のことを「命の恩人」だと思っているという[4]

絵本の読み聞かせで、小学校やケアホームを訪問している。

2017年6月28日、日本クレー射撃協会の総会で、夏樹が初の女性理事に選ばれた[8]

出演[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • XX(ダブルエックス) シリーズ(1995年 - 1997年、東映ビデオ) - 主演・水木恭子
    • XX 美しき標的(1995年)
    • AnotherXX 赤い殺人者(1996年)
    • AnotherXX 黒い追跡者(1997年)
  • 仁義11 北陸極道狩り(1997年)
  • 借金<シャッキング>シリーズ(1997年 - 2002年、日活) - 森下怜子
  • 瑠璃子女王の華麗なる日々(1998年、東映ビデオ)
  • 平成金融道 裁き人(1999年、ムービーブラザーズ) - 立花亜希子
  • 極悪 人間魚雷ブルース(2001年) - お母さん
  • 実録・安藤組外伝 地獄道(2001年) - 路上占い師
  • 悪名2(2002年)
  • 実録・史上最大の抗争 義絶状(2002年8月) - 三代目山王会会長竜造寺誠道夫人 竜造寺雅代
  • 実録・史上最大の抗争 義絶状2(2002年10月) - 三代目山王会姐 竜造寺雅代
  • すてごろ 梶原三兄弟激動昭和史(2003年) - 大山倍達の妻
  • 鬼哭 KIKOKU(2003年) - サチエ(伊達一家武藤組組長武藤の妻)
  • 難波金融伝ミナミの帝王 27 仮面の女 水野社長 (内山理恵)
  • 鬼魄 二代目山口登(2006年)
  • 新宿暴力街 華火(2007年) - 仙道組組長仙道武彦の妻
  • 新宿暴力街 烈華(2008年) - 仙道組組長仙道武彦の妻

舞台[編集]

  • 新・となりの芝生
  • 伽羅の香
  • リア王
  • 更紗夫人
  • ゆずり葉の井戸
  • 回転木馬
  • 傷だらけの人生
  • 最後の恋
  • 殿さま弥次喜多
  • 椿姫
  • 青い月のバラード(2010年)
  • マウストラップ(2013年)

テレビドラマ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

ラジオ[編集]

インターネット動画[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

吹き替え[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 風のめりけん桟橋/びいどろ草子 作詞:杉紀彦/作曲:宇崎竜童/編曲:小六禮次郎
  • 遠い朝の詩/女のお伽噺 作詞:藤田まさと/作曲:市川昭介/編曲:小杉仁三
  • 熱いささやき/ミッド・ナイト・コール 作詞:杉紀彦/作曲:坂田晃一/編曲:若草恵
  • よこはまメランコリー 作詞:杉紀彦/作曲:和田静男(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)/編曲:小六禮二郎/おぼろ橋から 作詞:杉紀彦/作曲:荒木とよひさ/編曲:小六禮二郎
  • 片恋草子 作詞・作曲:新庄一/補作:とべあきよ/編曲:石田勝範/あなたのにおい 作詞:平野洋一/作曲:新庄一/編曲:石田勝範 ※夏樹陽子&ザ・ファーストとして
  • ごめんネYuji(深谷次郎とのデュエット)作詞:星野哲郎/作曲:美樹克彦/編曲:桜庭伸幸/けだるい女 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:芳野藤丸(2000年)映画『平成金融道マルヒの女』主題歌、挿入歌
  • 咲きましょう、咲かせましょう/アメージンググレイス(2013年)

アルバム[編集]

  • よこはま情炎ものがたり(1980年)
  • JEWEL ACTRESS(2014年)洋邦ポピュラーソングのカバー

著書[編集]

  • 女は人生、楽しまなくっちゃ(1996年6月)
  • 夏樹陽子のきれいになるヒ・ミ・ツ(1997年7月)
  • 夏樹陽子キレイの秘密(2014年6月)
  • 夏樹メソッド 女優人生38年同じ体型をキープ! (2014年10月)

写真集[編集]

  • XX BIZARRE(1995年2月20日、ぶんか社
  • ANOTHER XX EXOTICA(1996年6月15日、ぶんか社)

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東映の所属は1977年4月~1980年2月まで[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 俳優全集 1980, pp. 496–497.
  2. ^ プロフィール”. 夏樹陽子. 2011年8月20日閲覧。
  3. ^ 俳優全集、pp.496-497
  4. ^ a b c d e f g h i j k 津島令子 (2022年4月5日). “夏樹陽子、トップモデルから女優へ。ハードだったデビュー作の撮影「私はゴミだ!ゴミだ、ゴミだ!」”. テレ朝POST (テレビ朝日). オリジナルの2022年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220405100148/https://post.tv-asahi.co.jp/post-182333/ 2022年5月9日閲覧。 津島令子 (2022年4月12日). “夏樹陽子、愛車フェラーリに乗って25年。遊びではじめたYouTubeがバズり「すごいことになっている」”. テレ朝POST (テレビ朝日). オリジナルの2022年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220412100110/https://post.tv-asahi.co.jp/post-182927/ 2022年5月9日閲覧。 
  5. ^ メ~テレ公式ツイッター 2015年9月19日 11:55(JST)
  6. ^ 夏樹陽子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月4日閲覧。
  7. ^ a b 藤木TDC「夏樹陽子、初降臨!!」『映画秘宝』第19巻第4号、洋泉社、2013年3月21日、 47頁。
  8. ^ クレー射撃協会 初の女性理事に女優夏樹陽子、底辺拡大を期待スポーツニッポン.2017年6月29日閲覧
  9. ^ あいときぼうのまち : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2019年9月10日閲覧。
  10. ^ “函館港イルミナシオン映画祭のシナリオ大賞受賞作「函館珈琲」予告編が完成”. 映画.com. (2016年8月12日). http://eiga.com/news/20160812/6/ 2016年8月12日閲覧。 
  11. ^ “TOKIO松岡昌宏、戸田恵梨香の元婚約者に 杉野遥亮らキャスト発表<大恋愛~僕を忘れる君と>”. モデルプレス. (2018年8月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1786235 2018年8月17日閲覧。 
  12. ^ “奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐、渋川清彦、矢作兼ら、木村佳乃主演ドラマ『恋する母たち』出演へ”. Real Sound (blueprint). (2020年9月8日). https://realsound.jp/movie/2020/09/post-615424.html 2020年9月28日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]