後ろ回し蹴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

後ろ回し蹴り(うしろまわしげり)は格闘技武道武術の技である。体を旋回させながら、脚部を回し込んでかかとふくらはぎなどで相手を蹴る蹴り技である。バックスピンキックとも呼ばれる。プロレスにおいては、単にスピンキックとも呼ぶ。中国武術では転身脚という。 なお、足の裏で相手を突き飛ばすように蹴る場合は、後ろ蹴りと呼ぶ。

概要[編集]

空手中国拳法テコンドーキックボクシングムエタイカポエイラ躰道、プロレスなど 足技を使う格闘技で使われている。 防具付き空手では少林寺流空手道錬心舘昭和30年1950年)代ころから、組手試合ですでに使用していたが、遠心力を利用すために途中で止めることが不可能なため、寸止め組手試合で使用した場合は、当って負傷し反則負けとなるケースがありほとんど使われない。テコンドーでは防具を付けての直接打撃のため頻繁に使われるようになり、フルコンタクトを標榜する極真会館系でも、その威力が注目され試合で使われるようになった。

格闘技の試合などではトリッキーな大技として使われる。威力はあるが、相手に後ろを見せるというリスクの高い技でもあるため、武術性を重んじる流派では使用を推奨しないこともある。

他に回転技としてはバックハンドブロー(錬心舘では初代宗家の保勇が編み出した「螺旋(らせん)手刀打ち」が防具付き空手では多用されており、ほかに回転肘打ち・回転鉄槌・回転裏拳)など、これらを織り交ぜて使うことで成功する確率が高くなる。

回転し、踵で当てることが多いため(まれに足刀)相当な威力があり、錬心舘防具付き空手の試合では「逆風足刀蹴り」という名称で体を1回転させながら跳び上がって使用する。

関連技[編集]

ニール・キック[編集]

プロレスにおいて、体を浴びせるように倒れこみながらの後ろ回し蹴りは、ニール・キックと呼ばれる。ジャンプしながら決めるフライング・ニール・キックもある。
体を横にし半回転させつつ高く上げた足の外側面ないし裏側、ふくらはぎやカカトを相手の上半身や顔面に当てる。
空手の浴びせ蹴りを源流として、前田日明などが発展させた。
技名は「スピニング・ヒール・キック」を早口で述べる際の英名転訛といわれている。

関連項目[編集]