南利明 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みなみ としあき
南 利明
南 利明
本名 野津 俊三(のづ しゅんぞう)
生年月日 (1924-03-14) 1924年3月14日
没年月日 (1995-01-13) 1995年1月13日(満70歳没)
出生地 神奈川県横須賀市
死没地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 コメディアン俳優
活動期間 1956年 - 1994年
活動内容 テレビ・映画
主な作品
コメディ
てなもんや三度笠
映画
やくざ刑事シリーズ
トラック野郎シリーズ

南 利明(みなみ としあき、1924年3月14日 - 1995年1月13日)は、日本喜劇俳優。本名は野津 俊三(のづ しゅんぞう)。

来歴[編集]

神奈川県横須賀市生まれ、愛知県名古屋市育ち[1]。旧制南山中学卒業。

榎本健一に師事(のち破門されるが、彼の最晩年に破門を許される)。由利徹八波むと志脱線トリオ1956年に結成。リーダー格となり、浅草を中心にドタバタ喜劇の女形の役柄で人気を得る。元々3人とも所属事務所が違ったため、間もなくトリオは解散し、以降、ピンで活躍。『てなもんや三度笠』に軽妙な名古屋弁を喋る鼠小僧役でレギュラー出演し、人気を獲得した。

1969年のオリエンタルの「スナックカレー」のCM中での名古屋弁のフレーズ「ハヤシもあるでョ〜」や、後にこのCMをパロディ化した赤城乳業の「カレーアイス」のCMにも出演。なおこのCMの締めは「ハヤシはありゃせんぞ(ないよ)」となっている。

その後も、喜劇俳優として活躍していたが、1995年1月13日に肺癌で死去。70歳。

コミックソング「演歌チャンチャカチャン」のヒットで知られる平野雅昭は、南の付き人だった[2]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

コメディ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 3歳で名古屋市へ転居、名古屋出身としていた。
  2. ^ フジテレビ系「夜のヒットスタジオ」1978年1月16日放送分にて、平野の“ご対面”ゲストとして南が出演。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]