金田治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金田 治(かねだ おさむ、1949年[1]8月31日[要出典] - )は、日本演出家ジャパンアクションエンタープライズ代表取締役社長。専門学校東京デザイナー学院卒業。

来歴[編集]

1970年(昭和45年)、銀座の飲食店でバーテンダーとして務めながら仕事に疑問を感じていた折に、千葉真一がアクションチーム「JAC」(ジャパン・アクション・クラブ)を結成したことを知り、山岡淳二や酒井努らと共に研究生として入門すると、大葉健二らと共に千葉の主演映画に出演。同門の春田純一は先輩に当たる。

1971年(昭和46年)、『仮面ライダー』でトランポリンアクションを担当。当時は駆け出しであり、撮影現場へ呼ばれて仮面ライダーのマスクを手渡されたが、まっすぐ跳べずに怒られたという[2]

1973年(昭和48年)、JAC初の単独アクション担当作品である特撮テレビ番組『ロボット刑事』(東映、フジテレビ)で、主人公ロボット「K」のスーツアクターに抜擢される[3]

1975年(昭和50年)、『正義のシンボル コンドールマン』(東映、NET)で技斗を担当[4][1][5]。金田は殺陣をつけるのに無我夢中で後年のように作品の設定・世界観を考慮したり周囲の意見を取り入れることなどはできなかったが、同じ川内原作の『月光仮面』のイメージを指針としていたことを述べている[5]。以後、指導方面での頭角を現し、数多くの特撮番組、映画、舞台(主に宝塚歌劇団)などで技斗やアクション監督を担当。

1993年(平成5年)、東映の「メタルヒーローシリーズ」、『特捜ロボ ジャンパーソン』(東映、テレビ朝日)を皮切りに、アクションパートだけではなく本編の監督も担当[4]

1996年(平成8年)、日光江戸村の経営母体(当時)の「大新東グループ」傘下から離脱する形で設立された、新生「JAC」の社長に就任。

その後、「平成仮面ライダーシリーズ」に本編監督としてたびたび参加。2008年4月公開の『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』以降何かとライダーシリーズの映画作品を手がけることが多い。2011年10月から『戦国★男士』にて初のメイン監督を務める。2012年には『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』の演出を担任したのがきっかけで意欲が沸き『特命戦隊ゴーバスターズ』の依頼を引き受け、長らく実現しなかったスーパー戦隊シリーズへ監督として初参加を果たした。2度目の参加となった『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では、後半への参加も打診されていたが、映画『仮面ライダー1号』の撮影と重なったため2話のみの参加となった[1]

人物[編集]

千葉真一直伝による、「演技者の肉体をフルに駆使したアクション」を旨としている。体技としてのアクションのみならず、崖や吊り橋、障害物の多い屋内など、危険度の高いシチュエーションでの見せ方にもこだわりを持っている。金田組では、アクションの現場は他の組以上にスリルを喚起させる場所を選ぶことが多く、俳優やスーツアクターはいつも以上に力が入るという。撮影現場では、自ら「ガガガガーンと来た、するとあっちからババン、バババババーンと来る。カメラはスーーーーウウウウウィッだ」[6]などと「打撃や爆発などの効果音」をふんだんに叫びながら指導するスタイルをとっている[4]。『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の出演陣も演出の熱さを証言している[7]

キャラクターものの演出にあたっては、企画意図やキャラクターの設定・世界観を考慮し、現場の意見も取り入れながら徐々にイメージを固めていくと述べている[5]。集団ヒーローでは、3人がキャラクターの差別化や個々の動きを見せるのに程よいという[5]

近年は、殺陣師としての活動は途絶えており、髙寺成紀との対談において「殺陣師はもうやらないね。今は、殺陣師やるぐらいなら監督やるって言うスタンスでいる。ジャンル問わずアクションなしのお芝居だって撮ってみたいもの。」と語っている[8]

仮面ライダー鎧武』、『仮面ライダードライブ』の東映公式ホームページでは、情熱的でそれでいて細やかで感受性豊かな方とプロデューサーに評価されている[要文献特定詳細情報]

スーパー戦隊シリーズについてはシリーズとしての完成度の高さを評価しており、自分で撮影するよりも観客として観ている方が良いと述べている[1]。特に同シリーズで擬斗を担当した山岡淳二を高く評しており、その奇抜な演出に刺激を受けていたという[5]

JAEに所属していた元俳優の金田進一は実子。映画『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』では、治が本編監督、進一がスーツアクターという立場で父子ともに参加している。

作品[編集]

監督[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ルナクリスタルの伝説(1993年、大泉シネファンタジー)[注釈 5]
  • 戦え! 西洋妖怪バンパネラ/鶴姫外伝(1994年、大泉シネファンタジー)[注釈 5]
  • 守れ! 愛のホーリーパワー(1995年、大泉シネファンタジー)[注釈 5]
  • 愛と希望のプラズマパワー(1996年、大泉シネファンタジー)[注釈 5]
  • AI&YUKI JAPAN Secret ShowCase Live(2017年8月28日・8月29日、きゃりあんショーホール) - AC監修

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

ショートムービー[編集]

  • JAEオリジナル ショートムービー「華麗なる追跡 TARGET-標的-」(2015年)
  • JAEオリジナル ショートムービー「華麗なる追跡2 〜Dファイル〜」(2015年)

アクション監督・アクションコーディネーター・技斗・殺陣 他[編集]

テレビドラマ[編集]

映画・Vシネマ[編集]

ステージ[編集]

  • Misia「THE TOUR OF Misia2001」(2000年11月-2001年1月)

舞台[編集]

宝塚歌劇団

スペースワールド

  • 忍者伝説(2000年)
  • 忍者伝説II 鬼武者(2001年)

サンリオピューロランド

  • プリンとダニエルの天使を救え(2001年)

その他

出演[編集]

スーツアクター[編集]

イベント[編集]

  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年) - ゲスト出演
  • JAEオリジナル JAE“春”プレミアムイベント Jump Up!(2017年) - バンド(ドラム)出演

オリジナルビデオ[編集]

  • 佃井皆美はなぜアクションに生きるのか?feat.金田治(2017年2月8日、ビデオ・パック・ニッポン、東映ビデオ)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 監督デビュー作品。アクション監督としては不参加。
  2. ^ 初のメイン監督作品。
  3. ^ 映画監督デビュー作品。
  4. ^ Amazon プライム・ビデオ作品の劇場用総集編。
  5. ^ a b c d 遠矢孝信と共同演出。
  6. ^ アクション監督デビュー作品。
  7. ^ 第1話から第4話のみ。
  8. ^ 初期のみ。
  9. ^ 第1・2話のみ「アクションコーディネーター」として参加。アクション監督は竹田道弘
  10. ^ 第1話・2話のみ
  11. ^ 第3話から第10話までは、代理で山田一善が全編を担当した。
  12. ^ メインアクション監督の母の葬式の関係で急遽代理で途中参加。以降は所々共同で担当。

出典[編集]

  1. ^ a b c d ニンニンジャー公式完全読本 2016, pp. 76-77, 「Ninninger Staff Interview 05 金田治」
  2. ^ 【銀幕裏の声】生誕45年「仮面ライダー伝説」作ったもう1人の男 この仮面をかぶって飛べ-まっすぐ飛べず怒られた…(1/4ページ)”. 産経WEST (2016年3月31日). 2016年4月4日閲覧。
  3. ^ 【銀幕裏の声】生誕45年「仮面ライダー伝説」作ったもう1人の男 この仮面をかぶって飛べ-まっすぐ飛べず怒られた…(2/4ページ)”. 産経WEST (2016年3月31日). 2016年4月4日閲覧。
  4. ^ a b c 鎧武公式完全読本 2014, pp. 73-75, 「GAIM DIRECTOR INTERVIEW_03 金田治」
  5. ^ a b c d e 「特集企画 スーパー戦隊の神業 JACの初期スーパー戦隊アクション 証言!金田治」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1981 太陽戦隊サンバルカン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年8月25日、31頁。ISBN 978-4-06-509606-2
  6. ^ 白倉伸一郎のツイッターで紹介されたエピソードによる[1]
  7. ^ ニンニンジャー公式完全読本 2016, pp. 16、31-32、36.
  8. ^ 特撮ニュータイプ2012年7月号 2012, pp. 73, 「髙寺Pの『お世話になります』」金田治×高寺重徳」[要文献特定詳細情報]
  9. ^ 仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦 作品情報 - 映画.com
  10. ^ “劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒 : 作品情報 - 映画.com” (日本語). 映画.com. https://eiga.com/movie/88937/ 2018年5月31日閲覧。 

参考文献[編集]