竹田道弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけだ みちひろ
竹田 道弘
本名 竹田 道弘
(たけだ みちひろ)
生年月日 (1962-02-18) 1962年2月18日(55歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県
職業 アクションディレクター
ジャンル 映画、テレビ、舞台、Vシネマ、ネットムービー
活動期間 1970年代後半-
配偶者 あり
主な作品
2001年百獣戦隊ガオレンジャー」など

竹田 道弘(たけだ みちひろ、1962年2月18日 - )は、新潟県出身のアクションコーディネイター。ジャパンアクションエンタープライズ所属。

人物・略歴[編集]

15歳の時に千葉真一に憧れジャパンアクションエンタープライズに志願。スタントマン時代は主にスーパー戦隊シリーズにて、女性キャラクターのスーツアクターとして活躍。作品で共演した新堀和男は、目にしてきた数多くの女形の中で、竹田が最も女性の動きがうまかったと後に発言している。また、後輩の中川素州同様ミスターピンクと呼ばれた。

その後、『光戦隊マスクマン』開始1ヵ月後から山岡淳二の後を受け同番組のアクション監督に就任。以降、『爆竜戦隊アバレンジャー』に至るまでのスーパー戦隊シリーズの大部分のアクションを演出した(なお、山岡が戦隊に復帰した1995年からの2年間は、彼と入れ替わる形でメタルヒーローシリーズを担当した)。

特捜戦隊デカレンジャー』以降は戦隊のメインアクション監督石垣広文が担当したが、ドラマ、バラエティー、映画、そして『仮面ライダーキバ』でメインアクション監督を務めるなど現在も幅広い分野で活躍している。

蜂須賀祐一神尾直子によれば現場では恐く見せているだけで本当の自分をさらけ出すのが恥ずかしい(もしくはさらけ出すのが怖い)だけとのこと。

夫人は、かつてジャパンアクションエンタープライズに所属し『超新星フラッシュマン』のルー / ピンクフラッシュ役を演じた吉田真弓

関わった作品[編集]

アクション監督・アクションコーディネイターとして[編集]

テレビ番組(特撮)[編集]

テレビ番組(ドラマ・その他)[編集]

映画[編集]

上記のテレビ番組でメインを務めた作品の劇場版以外

オリジナルビデオ[編集]

ヒーローショー[編集]

舞台[編集]

  • 「第32海進丸」(2006年、グローブ座)
  • 早乙女太一公演」(2007年)
  • 滝沢演舞城」(2007年、新橋演舞場)
  • 宝塚歌劇「愛と青春の旅だち」(2010年、宝塚劇場)[1]
  • 「Les Miserables レ・ミゼラブル」(2013年、帝国劇場 他)

CM[編集]

  • ALSOK(2011年)ポーズ、アクション指導
  • SNOW KARATE(2011年)空手指導
  • カゴメ(2012年)ポーズ指導
  • 日清食品 - 日清焼そばU.F.O. 「エクストリーム!ヤキソボーイ」編、「未確認藤岡物体襲来」編、「エクストリーム!ヤキソボーイ2」編(2017年)アクション監督

イベント[編集]

  • イ・ビョンホン IN 東京ドーム(2006年、東京ドーム)
  • パチスロ機「トゥームレイダー」(2006年、品川プリンスホテル)演出・殺陣
  • ニュースキン イベント(2010年、横浜アリーナ)
  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年)ゲスト出演
  • JAE "春"プレミアムイベント ~Jump Up!~(2016年)
  • ももいろクローバーZ 子供祭2017 (2017年)

ショートムービー[編集]

スタントマン時代[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『東映ヒーロー仮面俳優列伝』 辰巳出版。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q メイン担当
  3. ^ 「GAIM STAFF INTERVIEW_02 石垣広文」『OFFICIAL PERFECT BOOK GAIM WARNING FRUIT COCKTAIL [仮面ライダー鎧武/ガイム 公式完全読本]』 ホビージャパン〈公式完全読本シリーズ〉、東京、2014年12月13日、第1版、81頁。ISBN 978-4-7986-0933-1

外部リンク[編集]