竹田道弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけだ みちひろ
竹田 道弘
本名 同じ
生年月日 (1962-02-18) 1962年2月18日(57歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県
職業 アクションディレクター
ジャンル 映画、テレビ、舞台、Vシネマ、ネット配信
活動期間 1970年代後半-
配偶者 あり
主な作品
スーパー戦隊シリーズ
テンプレートを表示

竹田 道弘(たけだ みちひろ、1962年2月18日[1] - )は、日本の元スタントマン、アクションコーディネイター。ジャパンアクションエンタープライズ(JAE)所属。新潟県出身[1]

略歴[編集]

15歳の時に千葉真一に憧れジャパンアクションクラブ(現JAE)に入門(第7期)[1]。同期には甲斐将馬崎津隆介黒崎輝らがいる[1]

スタントマン時代は主にスーパー戦隊シリーズにて、女性キャラクターのスーツアクターとして活躍[2][1]。その後、『超電子バイオマン』のピンクファイブを最後にアクションコーディネーターへ転向[1]

巨獣特捜ジャスピオン』特撮班を経て、『光戦隊マスクマン』第6話から山岡淳二の後を受け同番組のアクション監督に就任[2][1]。以降、『爆竜戦隊アバレンジャー』までのスーパー戦隊シリーズの大部分のアクションを演出した。山岡が戦隊に復帰した1995年からの2年間は、彼と入れ替わる形でメタルヒーローシリーズを担当した。

特捜戦隊デカレンジャー』以降は戦隊のメインアクション監督石垣広文が担当したが、ドラマ、バラエティー、映画、そして『仮面ライダーキバ』でメインアクション監督を務めるなど現在も幅広い分野で活躍している。

人物[編集]

JACに応募した際は、親に無断で高校受験を蹴って決めたが返答が来ず、毎日のように入門を懇願する手紙を送り受験資格を得るに至った[1]。しかし試験会場を間違え受験できず、再び毎日のように手紙を送り、入門を認められた[1]。そのため試験を受けずに熱意だけで合格した[1]

現場に初参加した『ジャッカー電撃隊』第21話の撮影では、クローバーキング役の古賀弘文をはじめスタントマンらが負傷する事故が続き、初日からすごい現場に来てしまったと思ったという[1]

『電子戦隊デンジマン』で女性キャラクターを演じた当初は恥ずかしくて嫌だと思っていたが、東映プロデューサーの吉川進に演技が中途半端だと指摘されたことが悔しく、女性の仕草を研究するようになったという[1]

『デンジマン』でマットなしでの飛び降りを成功させたことから、次作『太陽戦隊サンバルカン』では怪人の飛び降りを多く任されるようになった[1]。劇場版では、体型が全く違うにも関わらず主演の五代高之の吹き替えでヘリコプターからの飛び降りを務めた[1]

竹田についてスーツアクターの高岩成二は、勢いやパワフルさがあり、多い日では1日に100カットをこなすこともあったと証言している[3]

夫人は、かつてジャパンアクションエンタープライズに所属し『超新星フラッシュマン』のルー / ピンクフラッシュ役を演じた吉田真弓

関わった作品[編集]

アクション監督・アクションコーディネイターとして[編集]

テレビ番組(特撮)[編集]

テレビ番組(ドラマ・その他)[編集]

映画[編集]

上記のテレビ番組でメインを務めた作品の劇場版以外

オリジナルビデオ[編集]

ヒーローショー[編集]

舞台[編集]

  • 「第32海進丸」(2006年、グローブ座)
  • 早乙女太一公演」(2007年)
  • 滝沢演舞城」(2007年、新橋演舞場)
  • 宝塚歌劇「愛と青春の旅だち」(2010年、宝塚劇場)[1]
  • 「Les Miserables レ・ミゼラブル」(2013年、帝国劇場 他)

CM[編集]

  • ALSOK(2011年)ポーズ、アクション指導
  • SNOW KARATE(2011年)空手指導
  • カゴメ(2012年)ポーズ指導
  • 日清食品 - 日清焼そばU.F.O. 「エクストリーム!ヤキソボーイ」編、「エクストリーム!ヤキソボーイ2」編(2017年)アクション監督

イベント[編集]

  • イ・ビョンホン IN 東京ドーム(2006年、東京ドーム)
  • パチスロ機「トゥームレイダー」(2006年、品川プリンスホテル)演出・殺陣
  • ニュースキン イベント(2010年、横浜アリーナ)
  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年)ゲスト出演
  • JAE "春"プレミアムイベント ~Jump Up!~(2016年)
  • ももいろクローバーZ 子供祭2017 (2017年)

ショートムービー[編集]

スタントマン時代[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

ショー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q メイン担当。
  2. ^ キバの演出のみ担当。
  3. ^ カマギドン[1]ほか。
  4. ^ ゼニゲバ怪人[1]ほか。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 鴬谷五郎「第5章 プレイヤーからアクション監督への転進 17 竹田道弘」『東映ヒーロー仮面俳優列伝』辰巳出版、2014年12月20日、181-190頁。ISBN 978-4-7778-1425-1
  2. ^ a b c d e f スーパー戦隊大全集 1988, p. 199, 「シリーズを支える影の主人公 INTERVIEW 竹田道弘」
  3. ^ 「スーパー戦隊制作の裏舞台 高岩成二」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.5 魔法戦隊マジレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年7月10日、33頁。ISBN 978-4-06-509516-4
  4. ^ 「GAIM STAFF INTERVIEW_02 石垣広文」『OFFICIAL PERFECT BOOK GAIM WARNING FRUIT COCKTAIL [仮面ライダー鎧武/ガイム 公式完全読本]』ホビージャパン〈公式完全読本シリーズ〉、東京、2014年12月13日、第1版、81頁。ISBN 978-4-7986-0933-1

参考文献[編集]

外部リンク[編集]