胸キュン刑事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
胸キュン刑事
漫画:胸キュン刑事
作者 遠山光
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス (KC)
発表期間 1987年 - 1988年
巻数 全6巻
テレビドラマ:胸キュン刑事
原作 遠山光
監督 辻理 ほか
制作 国際放映テレビ朝日
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1987年4月4日 - 1987年6月27日
話数 全13話
漫画:胸キュン刑事2 みるくCC
作者 遠山光
出版社 講談社
掲載サイト MiChao!
レーベル ミチャオKC
発表期間 2005年[1] - 2009年[2]
巻数 全3巻(最終巻は電子書籍のみ)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画ドラマ
ポータル 漫画ドラマ

胸キュン刑事』(むねキュンでか)は、遠山光による日本漫画作品、およびそれを原作としたテレビドラマ作品である。当初からメディアミックスを念頭に企画された作品であり、漫画版の連載とドラマ版の放送がほぼ同時に開始された。漫画版は講談社の『週刊少年マガジン』に連載されていた。

続編に、同じく講談社の『MiChao!』に連載されていた『胸キュン刑事2 みるくCC』(むねキュンでかツー みるくシーシー)がある。

内容[編集]

警視庁音羽署に配属された新人刑事「皇くるみ」。彼女には犯人に接触すると乳頭勃起すると言う超能力があり、この能力を活かして様々な事件を解決に導く。流れとしては事件発生⇒潜入捜査⇒犯人逮捕へという形式が基本だが、推理作品としてよりも主人公のお色気捜査に主眼が置かれている。

作者の遠山光はお色気マンガを多く発表しており、本作においても主人公をはじめとする女性の乳首等の描写が多くみられる。

登場人物[編集]

皇くるみ(すめらぎ くるみ)
本作のヒロイン。19歳の新人刑事。同じく刑事で殉職した父の志を継ぐために警察官となり、警視庁音羽署捜査一課に配属された。
犯罪がらみの秘密を有する人物に近づくと、乳首が「キュン」と締まる超能力を持つ。その反応の幅は非常に広く、殺人や強盗といった凶悪事件からつまみ食いといった他愛の無い嘘にまで至る。大輔をはじめとする同僚にはこの超能力を公言しているもののほとんど相手にされておらず、勘の良い娘程度にしか扱ってもらっていない。胸キュンした相手をそれ以外の確たる証拠も無しに犯人と決め付けてしまうので同僚の協力を得られず、証拠固めのために独断で潜入捜査をしたりと強引な手法を取る。しかしほとんどの場合、目をつけた相手に捕らえられたり殺されかけたりとかえってピンチを招く。潜入捜査時にくるみがするコスプレは多種多様で、女子高生、チャイナ服、看護婦、メイド、ノーパン喫茶嬢、女子中学生にまで及び、ピンチに陥る度に強引に衣服を脱がされ乳房が露わになるお色気描写がお決まりの展開となっていた。
合気道三段を称するが、そのわりには実際の格闘になるとほとんど力負けしている。また、射撃が恐ろしく下手。なぜかヘロインがどのような味なのかを知っている。
大輔とは衝突を繰り返しながらもお互いをパートナーとして認め合い、最終話では結婚に至った。
ドラマ版では大輔との出会いは一緒だが、スリを逮捕できずに上司から失態を責められた事を恨まれ、完全に嫌われた。
江口大輔(えぐち だいすけ)
警視庁音羽署の刑事。くるみより1年先輩。大学生の頃に家庭教師のアルバイトをしていたと語っていることから推定24歳。バスでスリの警戒に当たっていたところに居合わせたくるみに、胸キュンを理由に痴漢と誤解されて捕まってしまう(なぜ胸キュンしたのかは不明である)。以後コンビを組むことになり、様々な事件を解決していく。
銃の扱いに優れ、署内随一と言われるほどの腕前。くるみの称する胸キュンには半信半疑であるが、勘の良さは認めている模様。
人並みにスケベであり、「お前の胸キュンも勘がにぶったか?」などと言ってくるみに背後から抱きついて胸を揉むなどのセクハラを働く一方、くるみの大切な部分を見ると鼻血を噴いて卒倒してしまう。
白神道馬との決戦では瀕死の重傷を負ったもののくるみを守りきり、後にくるみと結婚した。
なお、ドラマ版では真面目な性格に大幅変更され、スリの尾行捜査中に痴漢と勘違いしたくるみに騒がれた隙に犯人に逃げられて逮捕できず、その事を上司から叱責された恨みから、くるみと組まされた事に憤慨。彼女がバスでの一件での謝罪をせず、先輩と呼んで明るく接する態度にますます腹を立て、「痴漢と間違える奴に先輩と呼ばれる筋合いは無い」と完全に嫌っていた。
丸山課長
くるみと大輔の直属の上司。温厚な人物であるが、容疑者が議員や大学教授というだけで犯人でないと判断するなど、権威には弱い一面がある。しかし、くるみが殺されかけた時には大輔に次いで助けを求められるなど、部下にはそれなりに慕われている模様。
伊庭明
捜査一課科学捜査班主任研究員。科学的知識よりもサバイバル技術に優れ、くるみに白神と戦う術を伝授した。
白神道馬
連載最後の敵。日本人でありながら傭兵の道を選び、幾多の戦場を生き抜いてきた猛者。同じく傭兵だった兄の達馬がくるみの父によって殺されたと逆恨みし、娘であるくるみを殺害することで復讐を遂げようと目論む。そのためには手段を選ばず、数々のトラップと人間離れした肉体を駆使してくるみと大輔を苦しめた。

単行本[編集]

掲載誌版元の講談社から講談社コミックス (KC) レーベルで全6巻が発売。後に大都社から全3巻で復刻された。

講談社版[編集]

  1. ISBN 978-4-06-311252-8
  2. ISBN 978-4-06-311270-2
  3. ISBN 978-4-06-311299-3
  4. ISBN 978-4-06-311328-0
  5. ISBN 978-4-06-311345-7
  6. ISBN 978-4-06-311366-2 - 読みきり作品『ラジカルC調コネクション』と『おさわがせ死神レディー』も収録。

大都社版[編集]

  1. ISBN 978-4-06-311366-2
  2. ISBN 978-4-88653-070-7
  3. ISBN 978-4-88653-071-4

テレビドラマ版[編集]

1987年4月4日から同年6月27日までテレビ朝日系列局で放送された。国際放映テレビ朝日の共同製作。全13話。ネット局の多くは毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送していたが、同時間帯に自社製作ドラマ『部長刑事』を放送していた朝日放送のみ17:55 - 18:25に先行ネットしていた。また、他系列局への番組販売も行われていた。

設定には若干手直しが入っており、梶原真弓演じるドラマ版の皇くるみは、人事課のコンピュータのトラブルで突然刑事に転向させられたという設定になっている。またドラマ版のくるみは、途中からチェーンの長い手錠のような武器を使っていた。くるみが「胸キュン」する時の胸の反応(動作)も漫画版とは異なり、その際には「きたぁ!感じるー!」と叫ぶ演出も加えられている。この「胸キュン」シーンはバンクシステムによるもので、映像は毎回同じである。事実上一話完結形式のドラマであるが、毎回ラストには次回へと繋がるシーン(エピローグブリッジ)が挿入されるなど、連続ドラマの体面を保っていた。

放送開始前には、その特異な設定がワイドショー[どれ?]で取り上げられていた。また、本作主演女優の梶原がバラエティ番組[どれ?]にゲスト出演し、作品の宣伝を行っていた。

2005年3月25日、ビデオ・パック・ニッポンジェネオン エンタテインメントから本作を収録したDVD-BOXが発売された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ナポレオンのくしゃみ」
作詞:秋元康 / 作曲・編曲:後藤次利 / 歌:少女隊
この曲が収録されている少女隊のアルバム『ZOO』は、それ以外の収録曲もドラマ本編の挿入曲として使われている。また少女隊自身も、ドラマ本編第10話にゲスト出演している。

放送日程[編集]

放送日 サブタイトル ゲスト
第1話 1987年
4月4日
「ミス刑事のパンツの色は!?」 1時間SP
第2話 4月11日 「カンじる原宿竹下通り」
第3話 4月18日 「子犬がかいだ事件の匂い」
第4話 4月25日 「結婚式場でミス逮捕!?」
第5話 5月2日 「結婚サギ!アブない私の後見人」
第6話 5月9日 「チチに捧げる初体験」
第7話 5月16日 「乳房がプッツン?捜査拒否!」
第8話 5月23日 「内緒で歌ってアイドル気分」
第9話 5月30日 「感激!信じる人が現れた」
第10話 6月6日 「生放送直前!少女隊を救え」 少女隊
第11話 6月13日 「オトリ捜査は危険いっぱい」
第12話 6月20日 「私の仲間はとってもステキ」
第13話 6月27日 「ときめいて夏!恋の予感」
テレビ朝日系列 土曜19:30枠
※但し、朝日放送ではこの曜日の17:55枠に先行ネット
前番組 番組名 次番組
愛川欽也の探検レストラン
(1985年10月12日 - 1987年3月28日)
胸キュン刑事
(1987年4月4日 - 1987年6月27日)
なかなか!ドジラんぐ
(1987年7月4日 - 1987年9月26日)

胸キュン刑事2 みるくCC[編集]

講談社の『MiChao!』に連載されていたウェブコミック。くるみの娘の新米刑事「皇みるく」が、母親譲りの能力である秘密の胸キュンとコスプレ潜入捜査で事件を解決する。

単行本[編集]

ミチャオKCレーベルで全3巻が発売。ただし、通常の書籍化が行われたのは第2巻までであり、最終巻は電子書籍のみで取り扱われている[3]

  1. ISBN 978-4-06-372376-2
  2. ISBN 978-4-06-375486-5
  3. ISBN 978-4-06-420040-8

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. 遠山光公式ブログ. 2016年9月13日閲覧。
  2. ^ 遠山光 (2009年7月17日). “おあつうござい。”. 遠山光公式ブログ. 2016年9月13日閲覧。
  3. ^ 遠山光 (2009年12月1日). “MiChao!”. 遠山光公式ブログ. 2016年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]