女バトルコップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女バトルコップ』(英字表記:LADY BATTLE COP)は、1990年東映制作により、発売されたオリジナルビデオ作品(実写特撮SFアクションバイオレンス)。収録時間81分。

概要[編集]

東映ビデオからシリーズで出されていた、アクション・バイオレンス系の実写オリジナルビデオ作品「東映Vシネマ」の中の1作として撮られたSFアクション作品。同時期に上映された『ロボコップ』を元に製作された[1]

近未来の日本の首都「ネオTOKYO」を舞台に、マフィアをも制圧した強大な国際犯罪組織「カルテル」に恋人を殺され、自らも瀕死の重傷を負った女性がサイボーグ警官「女バトルコップ」として甦り、超能力者を擁する「カルテル」と対決する様を描く。

当時テレビ朝日のメタルヒーローシリーズ枠で放送されていた『機動刑事ジバン』と同じく、サイボーグ刑事による悪の組織の殲滅を題材にしたものであり、同作品と同じスタッフが多く参加している[2][1]

2013年3月14日にはニコニコ生放送『将棋電王戦記念』に併せて放送された「人類vsコンピュータ特集」の映画の一つとして、本作が生放送形式で配信された。同年6月12日からはニコニコチャンネルの『東映ニコニコしあたー』にて有料配信が開始されている。

2014年10月には東映チャンネルファミリー劇場による共同企画「東映Vシネマ25周年記念特集」の一環として、同局でテレビ放映された[3][4]

あらすじ[編集]

世界的な実力派テニスプレイヤー・御子柴かおるは、対犯罪用サイボーグの研究者・小泉直也と婚約を交わし、結婚式を挙げるはずだった。しかし、直也の研究を敵視した国際犯罪組織カルテルは、配下のチームファントムに研究所を襲撃させる。その場にいた直也とかおるは瀕死の重傷を負い、研究所も全滅する。

辛うじてたどり着いた地下研究室で、かおるは自らをドナーとしてサイボーグへの改造手術を直也に願い出る。その結果、手術は成功するが、直也は帰らぬ人となる。こうして、黒と銀に彩られたメタルスーツに身を固めたかおるは、直也を奪われた怒りを胸に、カルテルを倒すべく立ち上がる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

備考[編集]

中村あずさ扮する御子柴かおるが着用するメタルスーツは、雨宮慶太がデザインした[1]。ただし雨宮が担当したのは正面画のみであり、背面やその他のキャラクターデザインは雨宮が主催するクラウドに在籍していた篠原保が手掛けた[1]

中村がスーツを装着して最後にマスクを被るシーンもあるが、遠間から撮影されていたため、彼女はマスクを被っていない。スーツアクターは関誉枝恵であり、後に『仮面ライダーJ』のズー役でも口元を出したキャラクターを演じている。

主題歌[編集]

主題歌「NO NO GIVE-UP」
作詞:松本一起 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:川村栄二 / 唄:ポプラ
エンディングテーマ「believe my life〜わたしは私」
作詞:松本一起 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:有澤孝紀 / 唄:ポプラ

シングルはコロムビアレコードから発売された。

映像商品[編集]

すべて発売元:東映(株)、東映ビデオ(株)。

ビデオソフト
1990年11月9日、「東映Vシネマ」シリーズの1作としてVHSビデオソフトが発売された。品番:VRTM 01079、JANコード:4988101028443。
レーザーディスク
1992年10月25日、レーザーディスク版が発売された。品番:LSTD-1038。
DVDソフト
2014年10月10日、「東映Vシネマ」25周年記念としてリリースされるVシネマ傑作選“25th Anniversary 東映Vシネ伝説(レジェンド)”の1作として発売された[6]

音楽商品[編集]

  • 1990年にコロムビアレコードよりオリジナル・サウンドトラック盤CDが発売されている。
  • 2015年1月21日にコロムビアレコードよりAnimex1200シリーズとして、デジタル リマスタリング版が完全限定生産で再発売。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 東映HM52 2015.
  2. ^ 東映ビデオから発売された『スーパーヒロイン図鑑-メタルヒーロー編』では、『人造人間キカイダー』『キカイダー01』『星雲仮面マシンマン』『兄弟拳バイクロッサー』と共に、本作もメタルヒーローとして扱われている。
  3. ^ 東映チャンネル×ファミリー劇場共同企画 東映Vシネマ25周年記念特集 | ファミリー劇場
  4. ^ 女バトルコップ || ファミリー劇場
  5. ^ 一部のBGMでは、『仮面ライダーBLACK RX』のBGMも流用されている。[要出典]
  6. ^ 東映ビデオ|25th Anniversary 東映 Vシネ伝説”. 2015年9月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「女バトルコップ 25TH ANNIVERSARY REVIEW (構成:サマンサ五郎、文:ガイガン山崎)」、『東映ヒーローMAX』VOLUME 52(2015 AUTUMN)、辰巳出版2015年9月1日、 pp.55-57、 ISBN 978-47778-1533-1