植田芳暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
植田 芳暁
出生名 大串 安広
生誕 (1948-02-07) 1948年2月7日(69歳)
出身地 日本の旗 日本, 神奈川県横浜市生まれ(神奈川県川崎市育ち)
学歴 早稲田大学
ジャンル J-POP
グループ・サウンズ
担当楽器 ドラムス
ギター
活動期間 1960年代-
共同作業者 ザ・ワイルドワンズ
「植田芳暁&レイアウト」
加山雄三&ハイパーランチャーズ

植田 芳暁(うえだ よしあき、本名・大串 安広1948年2月7日 - )とは、神奈川県横浜市生まれ、川崎市育ちのミュージシャンドラマーギタリスト、コーラスアレンジャー、そして、バンドグループ「加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ」のメンバーである。 愛称は「ワタリ」(GSブーム時)、「がしあき」。

人物・来歴[編集]

  • デビュー前、アメリカンスクールに通うシー・ユー・チェンらとThe Dimensionsを結成し、勝ち抜きエレキ合戦の第一回チャンピオンとなる。
  • 浪人中、ドラマーのアルバイトをしていた際に加瀬邦彦と知り合い、「ザ・ワイルドワンズ」のメンバー入りを果たす。1966年、グループのドラムスボーカルとしてデビュー。ヴォーカルをとりながらドラムスを叩くスタイルは、グループ・サウンズでは斬新で、高い評価と人気を得た。
  • ワイルドワンズ解散後は、「谷啓とザ・スーパーマーケット」のメンバー(他には近田春夫山崎イサオコッペ等がいた)として活躍し、他にも数々のバンドを結成し、音楽活動にこだわらず、持ち前の明るさでレポーターやタレントとして活躍。ギターもマスターし、若者ばりに低い位置で弾くスタイルを後に再結成したワイルドワンズのステージでも披露している。
  • 作詞作曲、特に「コーラス・アレンジャー」としての評価が高く、1979年東京音楽祭にて、松崎しげるの「セーリング・ラブ」でシルバーカナリー賞・編曲賞を受賞。 また1980年の東京音楽祭世界大会では銀賞を受賞した「ワンダフルモーメント」でもコーラスアレンジを担当。他、アグネス・チャンの「風まかせ愛まかせ」等、数多くのタレントに曲を提供している。
  • ワイルドワンズでの活動の他、「ZOO」、「サーフライダース」、「植田芳暁&VOICE」などを経て、「植田芳暁&レイアウト」を結成する。1988年には、タイガース・メモリアル・クラブ・バンドに約2年在籍した。 1994年にはソロ活動の一環として「加山雄三&ハイパーランチャーズ」のドラマーとしても参加。 現在は、「僕はタレントではなくミュージシャン」というこだわりを強く持ち、日本中のライブハウスやディナーショーで活躍中。
  • 2006年からは髪を金色に染めて活動しているが、よく白髪と間違えられるとの事。
  • 1980年代中盤から1990年代にかけて、シャーリー富岡と共に『ファンキートマト』(テレビ神奈川)の司会を務めていたこともある。

ディスコグラフィ[編集]

ZOO[編集]

シングル
  • 鳩が来る
  • ふたり物語
  • 愛はピエロ

サーフ・ライダーズ[編集]

シングル
  • 黄色いワーゲン
  • 時代遅れのラブ・ソング
  • ゴー・ウエスト!
アルバム
  • 黄色いワーゲン
  • 時代遅れのラブ・ソング
その他

タイガース・メモリアル・クラブ・バンド在籍時[編集]

シングル
  • 懐かしきラブ・ソング
  • 君よ女神のままに
  • ブルー・シャトゥを君だけに/G.Sが好きさ好きさ好きさ
アルバム
  • タイガース・メモリアル・クラブ・バンド
  • タイガース・メモリアル・クラブ・バンド II 「ぼくと、ぼくらの夏」

植田芳暁[編集]

アルバム
  • Trances-Locus Huey Ueda

映画出演[編集]