西沢利明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしざわ としあき
西沢 利明
本名 西沢 利明
生年月日 (1936-01-20) 1936年1月20日
没年月日 (2013-04-11) 2013年4月11日(77歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道旭川市
死没地 日本の旗 日本東京都世田谷区[1]
ジャンル 俳優声優
活動期間 1961年[2] - 2013年
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
宇宙刑事ギャバン
外科医・有森冴子
舞台
ラ・マンチャの男[2]

西沢 利明(にしざわ としあき、1936年1月20日[3][4] - 2013年4月11日[5][1])は、日本の俳優。本名同じ[4]

北海道[4]旭川市出身[6]劇団俳優座[4]文学座[4]劇団雲[4]劇団昴[4]を経て、アイティ企画に所属していた。

来歴・人物[編集]

北海道千歳高等学校卒業後、学習院大学[4]経済学部を中退し、俳優座養成所に入る。同養成所卒業後、文学座に入団するが1963年に文学座を集団で脱退し劇団雲結成に参加[2]。『ロミオとジュリエット』『動物園物語』などでは主役を張り、劇団雲の中心俳優として活躍した。1975年に劇団雲が分裂すると、フリーとなり1978年から劇団昴に所属し、1997年に退団。

時代劇刑事ドラマでの悪役としての起用が多かったが、特撮作品でも活躍(特に『宇宙刑事ギャバン』から始まるシリーズでのコム長官役で知られる)。

ブログ『西沢利明の俳優ノート』を開設し、舞台活動を写真付で紹介していた。

医者から膀胱ガンの告知を受けた後闘病していたが、2013年3月28日、胸の苦しみを訴え入院したところガンが肺に転移していることが判明した[5]。その後4月10日までは元気だったが、翌日容態が急変し、4月11日、膀胱ガンのため死去[5][1]。77歳没。

特捜エクシードラフト』の桂木重吉役は当初は西沢が演じることになっていた[要出典]

趣味は水泳スキー。特技は日本舞踊[4]、西洋舞踊[4]。スキーは本場北海道出身もありプロ級の腕前で、刑事ドラマ『太陽にほえろ!』の第449話、第450話(1981年)では組織に復讐する初老の殺し屋に扮し、同じくプロ級の腕前の俳優・神田正輝と共に、雪の志賀高原ロケにおいてその実力を存分に発揮していた。

出演作品(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

出演作品(声優)[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

ゲーム[編集]

CDアルバム[編集]

ナレーター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c “俳優の西沢利明さん死去 「水戸黄門」などで悪役として活躍”. スポニチアネックス. (2013年4月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/16/kiji/K20130416005623040.html 2019年3月11日閲覧。 
  2. ^ a b c 「INTERVIEW 西沢利明」、『東映ヒーローMAX』第3巻、辰巳出版、2002年、 84 -85頁、 ISBN 978-4886418296
  3. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年、577頁。ISBN 4-415-00878-X
  4. ^ a b c d e f g h i j 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、153頁。全国書誌番号:83045303
  5. ^ a b c “西沢利明さん死去…膀胱ガン肺にも転移”. デイリースポーツ. (2013年4月16日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/04/16/0005904149.shtml 2013年4月16日閲覧。 
  6. ^ 北海道新聞」2013年4月16日
  7. ^ 西沢利明ひとり芝居 白鳥の歌”. シアターアンドカンパニー コレド. 2005年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]