吉川広家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
吉川 広家
時代 戦国時代後期 - 江戸時代前期
生誕 永禄4年11月1日1561年12月7日
死没 寛永2年9月21日1625年10月22日
改名 才寿丸(幼名)→経信→経言→広家
別名 次郎五郎、又次郎、蔵人頭
戒名 全光院殿前拾随補 四品中岩如兼大居士
墓所 山口県岩国市横山洞泉寺
官位 従四位下民部少輔侍従
主君 毛利隆元輝元
周防岩国領
氏族 藤原南家工藤流吉川氏
父母 父:吉川元春、母:熊谷信直の娘・新庄局
兄弟 元長毛利元氏広家松寿丸
女(益田元祥室)、女(吉見元頼室)
正室:宇喜多直家の娘・容光院
側室:若林藤兵衛の娘、品川氏女、有福家経の娘
広正毛利就頼、娘(益田就宣室)

吉川 広家(きっかわ ひろいえ)は、戦国時代後期から江戸時代前期の武将毛利氏家臣で周防岩国領初代領主[1]。初めは吉川氏通字により経信(つねのぶ)、経言(つねこと)と名乗った。官位は従四位下民部少輔侍従

父は吉川元春、母は熊谷信直の娘新庄局吉川元長毛利元氏の弟。正室は宇喜多直家の娘・容光院。側室に若村氏ら。子に広正(長男)、毛利就頼(次男)、娘(益田就宣室)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

永禄4年(1561年)11月1日、吉川元春と新庄局の3男として生まれる。幼少時は「うつけ」で父を嘆かせたという逸話があり、杯を受ける際の礼儀作法がなっていないことなどを注意された書状が残っている。また、長じてからも所領が少ないことを理由として勝手に石見小笠原氏小笠原長旌の養子になろうと画策し、両親の厳しい叱責を受けている。

元亀元年(1570年)、父と共に尼子勝久の討伐戦で初陣する。天正11年(1583年)、織田信長の死後に天下人となった羽柴秀吉(豊臣秀吉)の元へ、叔父で毛利元就の9男小早川元総小早川隆景の養子)と共に森重政高政兄弟との交換条件として人質として差し出された。当初、元春は隠居後の相手として広家を近くに置きたかったが、毛利家の安泰のためにと人質として大坂に向かわせた。小早川元総が秀吉に寵愛され豊臣家の大名として取立てられたのに対し、広家はすぐに大坂から毛利家に帰されている。

吉川家当主[編集]

天正14年(1586年)から天正15年(1587年)にかけて九州征伐に従軍中の(身分上は隠居の)父が、次いで同じく従軍中の、長兄で当主の元長が死去したため、吉川氏の当主となり居城日野山城などの所領を継承した。同年には秀吉の命で肥後国人一揆鎮圧のため出陣している。

秀吉からも元春・元長死後の毛利氏を支えるその手腕を高く評価され、翌16年(1588年7月25日豊臣姓羽柴の名字を下賜され、豊臣広家として従五位下に叙され、侍従に任官。[2]同年8月2日には従四位下に昇叙し、侍従如元。

天正16年(1588年)10月には宇喜多直家の娘(宇喜多秀家の姉)で秀吉の養女となった容光院を正妻に迎えた。形式上は秀吉の娘婿となった形だがしかし、僅か2年後の天正19年(1591年)春に弱冠20歳ほどの若さで容光院は病死し、以後、広家は正妻を迎えず側室を置くのみにとどめ、容光院の菩提を弔った。なお、人質として出された広家の娘は一度も秀吉に御目見えを許されていない。

天正19年(1591年)に豊臣秀吉の命により、末次元康の居城であった月山富田城に入るよう命じられ、出雲3郡・伯耆3郡・安芸1郡及び隠岐一国に及ぶ14万石を支配することとなった。

文禄・慶長の役にも出陣し、しばしば毛利家の別働隊を指揮し、碧蹄館の戦いなども参戦し功を挙げて、秀吉から日本槍柱七本の1人と賞讃された。第一次蔚山城の戦いでは籠城する加藤清正の救援に赴いて蔚山倭城を包囲した明将楊鎬朝鮮軍を撃退する功を立てた、この戦に広家が真っ先に進み出て明軍に向かって突撃し、続いて総勢が一度に突撃した、そして明軍の一隊の逃走先に進み退路を寸断すると、その方向へ明兵は逃げられなくなり、別方向に逃げた。こんな奮戦ぶりも清正からの賞讃も得た。

慶長2年(1597年)に叔父の小早川隆景が亡くなると、従弟の毛利秀元と共に輝元から毛利氏を支えるよう要請されている。従兄で毛利家当主の毛利輝元より毛利氏の祖先・大江広元から「広」の一字書出を与えられ、「広家」と改名している。

関ヶ原の戦い[編集]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、毛利輝元が石田三成、安国寺恵瓊らによって西軍の総大将とされた(広家は徳川家康率いる東軍に加勢するよう提言したが、三成らの裏工作で広家が知らないうちに輝元が担ぎ出されたとされる)。外交に通じた恵瓊は広家を嫌っており[3]、主家に背いても東軍加担を主張する広家と、一たび事を起こした以上、西軍総大将の立場を貫くべきとする恵瓊は大坂城で激論を闘わせたとされる。しかし、あくまで家康率いる東軍の勝利を確信していた広家は、同じく毛利重臣である福原広俊と謀議を練り、恵瓊や輝元には内密にしたうえ独断で朝鮮の役以来の友人である黒田長政を通じて家康に内通し、毛利領の安堵という密約を取り付ける。一方で、安濃津城攻略戦では主力として奮戦し長政が一時顔色を失う局面もあった。

さらに9月14日、関ヶ原決戦前日にも広家は福原・粟屋の両重臣の身内2人を人質として送り、合わせて毛利の戦闘不参加を誓う書状を長政に送っている。同日付の本多忠勝井伊直政が広家・福原広俊に宛てた連署起請文では、「輝元に対して、家康は疎かにする気持ちがないこと」「広家・広俊も家康に忠節を尽くしているので、同様に疎かにする気持ちのないこと」「輝元が家康に忠節を誓うのであれば、家康の判物を送ること。また、輝元の分国は相違なく安堵すること」という内容が記されている[4]。また、同日付の福島正則・黒田長政の連署起請文では、先述の忠勝・直政の起請文に偽りがないことを重ねて証明している[5]

関ヶ原の戦いの吉川広家陣跡(岐阜県不破郡垂井町)

9月15日の本戦には西軍として参加したものの、家康に内通していた広家は南宮山に布陣、総大将の毛利秀元らの出陣を阻害する位置に陣取って毛利勢の動きを拘束した。あくまで西軍に加勢しようとする恵瓊や長宗我部盛親長束正家の使者が来訪するが、広家は霧の濃さなどを理由に出撃を拒否、秀元にも「これから弁当を食べる」と言って要求を退けたと言われる。これを指して「宰相殿の空弁当」という言葉が生まれた。

結果は家康率いる東軍勝利となり、毛利隊は戦わずに戦場を離脱せざるをえなくなった。合戦直後には長政に使者を立て書状を送っている。9月17日には長政と福島正則の連署で、「輝元は名目上の総大将に担ぎ上げられたに過ぎないから本領を安堵する」旨の書状が大坂城の輝元に送付され、広家としてはこれで毛利家も安泰と考えていた。

毛利家改易の危機[編集]

10月2日になってから長政の書簡が届いた。

「家康からの毛利領安堵の密約は、輝元が否応なしに総大将に担ぎ上げられた場合のみである。ところが大坂城から発見された西軍の連判状の数々に輝元の花押があった。困った事だ。毛利の所領は没収のうえ改易されるであろう」「貴殿の忠節は井伊直政、本多正信もよく承知しており、毛利領のうち一、二ヶ国を与えるべく、ただいま家康に対して交渉中である」「直政に呼ばれたら、すぐに行って下さい。お供は数人で十分で、槍などは無用です。これは決して罠ではありません」と、当初の約束とは裏腹に、輝元が西軍に積極的に関わった文書が出てきたため毛利宗家の本領安堵は反故とされ、その後広家には周防長門の2ヶ国37万石(29万石とも)を与えるとの沙汰があった[6]

広家はこの沙汰に対して、毛利本家存続のために必死の懇願を試みる。「私に対する御恩顧は後世まで決して忘れませんが、何卒毛利家という家名を残して戴きたく御願い申し上げます。この度のことは輝元の本意ではありません。輝元が心底人間が練れてなく分別がないのは、各々ご存知のことではないですか。輝元は今後、家康様に忠節を尽くしますから、どうかどうか毛利の名字を残して下さい。輝元が処罰されて自分だけが取り立てられては面目が立たないので、私にも輝元と同じ罰を与えて下さい」「もし、有り難くも毛利の家を残していただけたなら、輝元はこの御恩を決して忘れません。千が一万が一、輝元が徳川に対して弓引くようなことがあれば、たとえ本家といえども、輝元の首を取って差し出す覚悟でございます…云々」[6][7]。広家のこの起請文に対し家康は10月10日になって、輝元に対し広家に与えられるはずであった周防、長門の2ヶ国を毛利宗家に安堵すること、毛利輝元・秀就父子の身命の安全を保障する、旨の起請文を発行した[8]

上述のように、輝元の行為が毛利家を窮地に追いやった直接の原因とされており、広家は毛利家存続のために尽力した立場ではあるものの、結果として広家は毛利家を改易の危機にまで晒したということになる。広家の行動そのものは合戦前の7月15日に秀元や安国寺恵瓊の方針に不安を抱く福原広俊・宍戸元続益田元祥熊谷元直ら重臣によって秘かに行われた会議の結果を受けたものであるが、移封後は毛利家の家政の第一線から退くことになる。

毛利宗家では関ヶ原後、この時の減封による減収を補うための検地に端を発する山代慶長一揆吉見広長の反乱など、減封にともなう混乱が起こっている。

岩国領主[編集]

防長への転封を受諾した毛利氏は、山陰の一隅に本拠を置いた(長州藩)。藩内を分割して長府徳山の分家(後に清末の孫家が加わる)と岩国吉川領を置き、広家には本拠地萩からもっとも遠く東の守り、本家及び直系一門の盾の位置となる岩国3万石の所領が与えられて岩国領の初代領主となった。

岩国以外の三家は支藩として正式に諸侯に列せられたが、藩とされず、長州藩からは家臣として扱われた。一方、家康からは岩国築城を許され、幕府からは大名としての扱いを受け、江戸に藩邸を構え参勤交代も行われるという複雑な立場となった。この微妙な立場は岩国城破却問題や2代目から11代目までの岩国領主の肖像画が描かれないなど、吉川家に様々な苦汁をなめさせることになる。

ちなみに、支藩筆頭の名誉を担った西の長府藩主は関ヶ原で総大将として布陣しながら広家の内通に出陣を阻まれた毛利秀元である。秀元は幼少の藩主・毛利秀就の輔佐のため長州藩の執政となり、筆頭重臣の地位にあった福原広俊と権力を争う事になり、広俊は広家に助けを求めた。広家は関ヶ原の一件を理由に表向きには動かなかったものの、反秀元派重臣の後ろ盾として動く事になる。慶長10年(1605年)に熊谷元直粛清事件(五郎太石事件)が発生するが、広俊はこれを輝元と共に迅速に鎮圧するとともに、秀元・広家の両者に対して和解を強硬に申し入れて両者はこれに応じている。だが、その後も秀元と広俊(及び背後の広家)との確執は続く事になる。この間、広家は慶長6年(1601年)、同8年(1603年)、同9年(1604年)、同11年(1606年)に徳川家康・秀忠父子と謁見している。

ところが、大坂冬の陣の際に毛利秀元が輝元・秀就らと極秘に内藤元盛(佐野道可)を豊臣方に派遣し、この事実を広家や他の重臣には一切秘密にしていた事を知った広家は激怒して慶長19年(1614年12月22日に隠居して嫡男の広正に家督を譲り、福原広俊もこの問題の処理後の元和2年(1616年)に藩の政務から退いた。以後、藩政は秀元と益田元祥・清水景治らによって運営される事となる。

既に豊臣政権において独立した大名として認められていた秀元は長府家の家格上昇を図りながら藩政運営を行うことになり、対立関係にあった吉川家の勢力削減を目論んだ。元和の一国一城令を理由とした岩国城を破却などもこうした秀元の政策に基づくところが大きい。こうした秀元の方針に対して広家は表立っては沈黙していたものの、福原広俊らと共に秀元への対抗姿勢を示している。秀元は徳山藩主であった秀就の弟就隆を取り込んで秀就に反抗的な態度を取り続け、それに対抗すべく秀就は広家を味方にしていた。

もっとも、元就時代より吉川家は庶流の筆頭として家臣団を統率するのが役割であった。一方、一度は宗家の後継となった秀元の長府毛利家がその経緯(そもそも秀元の独立が承認されたのは、関ヶ原の戦いの2年前である。また、秀元の系統には万一の際の毛利宗家継承権があり、実際に2人が宗家に入嗣している)を盾に、他の分家との差別化と家格の上昇を図って宗家に準じた地位を確保しようとした側面がある。実際、輝元や広家の死後の寛永8年(1631年)に秀元はその専横を非難されて長州藩執政の地位を失って失脚し、後任の執政に就いたのは広家の子・広正であり、広正の正室に輝元の娘・竹姫を娶ったのは移封後のことである。

広家は家督を広正に譲って隠居した後も実権は握り続け、元和3年(1617年)には188条にも及ぶ領内の統治法を制定するなど岩国の開発に力を注ぎ、実高10万石(最盛期には17万石とも)とも言われる岩国領、そして現在の岩国市の基礎を築いた。寛永2年(1625年)9月21日に死去。享年65。

なお、広家の次男で吉見広頼の養子となっていた吉見政春が後に毛利姓を名乗ることを許され、毛利就頼と改名して長州藩一門家老の大野毛利家を創設している。

偏諱を与えた人物[編集]

広家時代

関連作品[編集]

テレビドラマ
小説
  • うつけの采配

脚注[編集]

  1. ^ 長州藩の主張によれば広家はあくまでも毛利氏の家老であるため、岩国藩主と呼ぶのは誤りであるとしている。
  2. ^ 『小早川家文書』(村川浩平『日本近世武家政権論』近代文芸社、2000年、29頁)。山口県文書館「毛利家文庫」所蔵文書(同『同』、38頁)。
  3. ^ 『陰徳記』。ただし「吉川広家覚書」(『吉川家文書』)には、恵瓊との確執を示す資料は含まれておらず、広家が自領の伯耆国の銀山について恵瓊に斡旋を依頼する書状(「吉川家文書」)や、関ヶ原の合戦の直前の慶長5年8月20日に毛利秀元と益田元祥の家臣同士が喧嘩した際には、広家・恵瓊が連署した書状を元祥に送っており、二人が不仲だったとは考えにくいとする意見もある(渡邊大門『戦国の交渉人』洋泉社、2011年、200-203,235頁)。
  4. ^ 『毛利家文書』。『吉川家文書』にも広家宛に同じ内容のものがある。
  5. ^ 『毛利家文書』
  6. ^ a b 『吉川家文書』
  7. ^ ただ、これらの文書の原本は吉川家だけにしかなくて黒田家には伝来せず、毛利宗家が編纂した『毛利三代実録考証』や『大日本古文書』にも収録されていない。そのため、これらの手紙は吉川家が偽造した偽文書とする研究者もいる(光成準治 『関ヶ原前夜』 日本放送出版協会、2009年、287-288頁。ISBN 978-4-14-091138-9)。
  8. ^ 歴史家の本郷和人は、家康から正面から敵対した毛利家は当時の常識ではこの時取り潰されるのが当然であり、この広家の必死の嘆願が毛利家を窮地から救ったと評価している(五味文彦編著『日本の中世』(放送大学教育振興会、2007年、88-91頁)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
吉川元長
安芸吉川氏歴代当主
1587年 - 1614年
次代:
吉川広正