流れ星佐吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

流れ星佐吉』(ながれぼしさきち)は、1984年4月3日から1984年9月25日までフジテレビ系列の毎週火曜22:00から1時間枠で放映された時代劇。全26回。

物語[編集]

江戸の名物一座の花形女形・花村夢之丞こと佐吉は、かつて一座と裏社会で活躍をしていた。ある事件で佐吉の幼なじみでもある南町奉行・矢部忠光と再会したことで、佐吉たち一座は悪党退治のため再び裏の世界で暗躍を開始する。

概要[編集]

必殺シリーズのような暗殺手法で悪を葬るとき(第12話、第16話)もあれば、影の軍団のように忍者服で派手な立ち回りをすること(第15話、第19話)もある。事故や自害に見せかけ悪を始末するときもあれば(第4話)、その場の銃で偶発的に始末したり(第2話)、刀が光るシーンや流血シーンにアニメーションが使用された実験的な回もあった(第3話)。ストーリーも多彩で、人殺しや悪人退治がない回(第6話、第8話、第11話)もあり、あらゆる時代劇の要素を凝縮した番組に仕上がっている。オープニングとエンディングで最終回も含めた各回のハイライトシーンが挿入されており(例えば、オープニングの主要キャスト紹介では、主に第19話のシーンが使われている)、本放送開始時にはすべての撮影が終了していたと思われる。テレビ東京など昼の再放送時にはなぜか第19話「幻の絵図面大騒動」が第1話として放送されていた。開始後しばらくは次回予告で「ニュー時代劇」と謳っていたように、新感覚の時代劇、という位置付けであった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

江戸の名物一座「花村座」の花形女形「花村夢乃丞」で有りながら、実はかつて「流れ星」の異名を取った元盗賊。江戸で拍手喝采を浴びる女形役者の日々を送っていたが、忠光から小判紛失事件の解決を依頼されたのを機に、再び裏の世界に戻ってしまう。実は捨て子で、身寄りのない子供を引き取って育てる「あすなろ塾」で育った後、旗本の養子に入っていた。忠光から依頼される度に、悪態や文句を言いながらも協力してしまう。英語に詳しいらしく、「海の向こうの言葉」と称して英単語を話すことが多いが、中には江戸時代にはあり得ない言葉も登場させたことがあるほか、前置き無く英単語を会話に混ぜることもある。戦闘では紫の忍者装束に背中に差している短い刀を使用する。サウナのような蒸し風呂に仲間たちや忠光らとよく入っている。
佐吉に惚れている座員。独楽と簪が武器。
佐吉を「アニキ」と呼ぶ座員。鬘の髪結い担当。櫛と元結いの糸が武器。若者らしく女性に弱く、そのことで失態を演じたこともある。
  • お政:吉田日出子(第11話、第13話、第14話、第17話、第20話、第24話を除く)
座員。茶屋「ひさご」の女将。味覚が敏感で薬物に精通している。演じた吉田は次回予告を担当していた。
元武士の座員。裏方担当。手先が器用でからくり細工や変装のプロ。佐吉を「佐の字」、千之助を「千の字」と呼ぶ。最終話で浪人の娘と祝言するはずだったが、佐吉らに内緒で単身、悪人の本拠地に潜入して証拠を探すも毒矢で射られ、命を失う。
「ひさご」の板前。
「ひさご」の従業員。
夢之丞のファンの芸者たち。
いつも忠光を苦々しく思っている。忠光が自身の保身のために賄賂を贈ろうとしたこともある(第22話)。
佐吉の幼馴染の南町奉行。事あるごとに佐吉に事件解決の依頼をする。依頼しに来る際は、深編み笠の着流しか町人姿でお大尽を装って現れる。佐吉たちからは陰で「南のたぬき」と呼ばれている。一度、佐吉らを騙しにかけ、佐吉らの手で事が露見したあと気まずくなったことがある(第22話)。若くして奉行になったことにより、立場が弱いらしく、しょっちゅう失策をし、そのたびに老中らから叱責され、佐吉らに事件解決の依頼をする際も自身の首が危ないなどとぼやくことがあり、前述第22話でも、そうしたことが伏線になっており、結果として手に入れた金を返しに来た佐吉からは「これが俺からの最後の友情だ」と(忠光本人に直接ではないが)言われてしまっている。

主題歌[編集]

フリオ・イグレシアスのカヴァーだが、シングルカットはされなかった。オープニングと次回予告には本曲のテンポアップされたインストゥルメンタルが使用された。

放映リスト(サブタイトルリスト)[編集]

話数 放映日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
第1話 1984年
4月3日
佐吉が出会った大美人 村尾昭
松本功
長谷和夫 松坂慶子西沢利明田武謙三高野真二原口剛石山雄大浜田晃
第2話 4月10日 旗本退屈娘大見参! 押川國秋 児玉進 多岐川裕美高城淳一長谷川明男宮口二郎流健二郎
第3話 4月17日 愛しい女の大願望 大平洋 山根成之 玉川良一藤真利子鹿内孝
第4話 4月24日 恋と盗みの大勝負 押川國秋 林宏樹 大信田礼子竜崎勝不破万作保科三良
第5話 5月1日 初恋が呼んだ大怒り 大平洋 原田雄一 岡田奈々尾藤イサオ
第6話 5月8日 神になった大泥棒 押川國秋 山根成之 せんだみつお
第7話 5月15日 刺青をした大姐御 村尾昭 児玉進 松尾嘉代田口計内田勝正小野進也堀田真三
第8話 5月22日 大枚つんだお床入り 押川國秋 岡林可典 石田信之織本順吉
第9話 5月29日 大揺れの女心 池上金男 児玉進 ミー朝比奈順子久富惟晴下塚誠、須藤健、矢野間啓二重松収
第10話 6月5日 名裁き大逆転 山田剛 長谷和夫 新井康弘宮内洋早崎文司楠トシエ丹古母鬼馬二
第11話 6月12日 首すっ飛んで大悲鳴! 押川國秋 林宏樹 舟倉由佑子高橋ひとみ
第12話 6月19日 女医は大涙に濡れて 大工原正泰 原田雄一 竹井みどり垂水悟郎
第13話 6月26日 千之助、幸わせ大芝居 大平洋 林宏樹 叶和貴子大山克巳小林勝彦加賀邦男永井秀明磯村健治伊藤高
第14話 7月3日 岡ッ引き首ッたけ大弱り 押川國秋 小田切正明 赤塚真人松本ちえこ砂塚秀夫丹波義隆長谷川初範ビートきよし
第15話 7月10日 昔なじみは大悪党 松本功
村尾昭
齋藤武市 ジョニー大倉土屋嘉男石橋雅史南城竜也剣持伴紀

原田千枝子、松本克志、渡辺憲悟

第16話 7月17日 一服盛って大掃除 池上金男 長谷和夫 蟹江敬三青木義朗、長江洋平
第17話 7月24日 女賭博師大執念 押川國秋 児玉進 名取裕子遠藤征慈
第18話 7月31日 とんだ情けの大道中 池上金男 山根成之 藤巻潤江角英明山本ゆか里コント赤信号
第19話 8月7日 幻の絵図面大騒動 松原敏春 齋藤武市 真行寺君枝外山高士深江章喜
第20話 8月14日 大江戸純情物語 大平洋 原田雄一 本間優二
第21話 8月21日 娘に睨まれさあ大変! 村尾昭 小田切正明 稲葉義男南条玲子勝部演之
第22話 8月28日 お色気大脱出! 押川國秋 高瀬昌弘 倉田保昭
第23話 9月4日 姫の初体験と大金 池上金男 山根成之 宮崎美子田中浩
第24話 9月11日 熱愛! 大江戸女番長 押川國秋 高瀬昌弘 斉藤慶子、樋口達馬
第25話 9月18日 川がつけた大決着 大平洋 林宏樹 花沢徳衛待田京介木田三千雄
最終話 9月25日 さよなら大興行 池上金男 原田雄一 山本郁子川合伸旺守谷駿也かわいのどか

備考[編集]

  • 劇中で使われた劇伴BGMは、鷺巣詩郎の手に寄るオリジナルBGMの他にも、松竹製作の映画『必殺仕掛人』シリーズ(1973年 - 1974年、音楽:鏑木創)のBGMが所々で使われていた。
フジテレビ 関西テレビ制作火曜22時枠時代劇(一部地域を除く)
前番組 番組名 次番組
流れ星佐吉