若さのカタルシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若さのカタルシス
郷ひろみシングル
初出アルバム『How many いい顔』
B面 魔女裁判
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 阿木燿子都倉俊一
チャート最高順位
郷ひろみ シングル 年表
How many いい顔
(1980年)
若さのカタルシス
(1980年)
未完成
(1981年)
テンプレートを表示

若さのカタルシス」(わかさ-)は、1980年11月にリリースされた郷ひろみの36枚目のシングルである。

概要[編集]

テレビドラマミセスとぼくとセニョールと!』の挿入歌となった作品である。

カタルシス」という古代ギリシャ詩学、および現代心理学の用語をタイトルに引用した日本歌謡史上初めての作品である。ちなみに「ザ・ベストテン」にランクインされた際には「カタルシス」の意味がテロップ表示された。

収録曲[編集]

  1. 若さのカタルシス
    • 作詞:阿木燿子/作曲:都倉俊一/編曲:萩田光雄
  2. 魔女裁判
    • 作詞:阿木燿子/作曲:都倉俊一/編曲:萩田光雄

カヴァー[編集]

  • 2000年及川光博(シングル「CRAZY A GO GO!!」のカップリング曲として収録。)

関連項目[編集]