萩田光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
萩田 光雄
別名 萩田 光男(読み同じ)
1988年 - 1994年
生誕 (1946-06-16) 1946年6月16日(74歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県
学歴 慶應義塾大学工学部電気科 卒業
ジャンル J-POP
ニューミュージック
アイドル歌謡
職業 作曲家
編曲家
活動期間 1973年 -
公式サイト 萩田 光雄

萩田 光雄(はぎた みつお、1946年6月16日 - )は、日本の作曲家編曲家音楽プロデューサー静岡県出身。血液型A型。

来歴[編集]

疎開先の福島県信夫郡信夫村で生まれた。戦後、そこから一家は東京に戻ろうとしたが、まだ焼け野原だったため、埼玉県浦和に引っ越す[1]

両親はともに静岡の生まれで、家業は電子部品を作る会社の経営で、家は東京の大森にあった[1]

父は音楽には興味はなかったが、母はを弾き、11才年の離れた兄は、自分で電蓄を作り、ベートーヴェンモーツァルトのレコードを聴いていた。上の姉はピアノを習っていたので、我が家にはピアノがあったが、幼少期の音楽体験はなかった[1][2]

中学に入りブラスバンドの応援で、打楽器を担当し、その後正式部員となり3年に進級する際、先生から「(管楽器の)トランペットホルンチューバの欠員が出たので、どれかやってみないか」と言われ、チューバだけ音が出せたので、担当した[1]。このとき、低音楽器のチューバを担当したことが後のアレンジに活きたという[1][2]

父の経営している会社に入るつもりだったので、慶應義塾大学工学部電気科を進学するも、在学中も音楽三昧だったので、途中で跡継ぎに進むことは考えなくなり、そのまま卒業する[1]。大学在学中にはクラシカルギタークラブに在籍していた。

音楽の道に進もうと決めたのは、22才の頃に、ある音楽雑誌が主催する作曲コンクールに応募し、一等賞をもらったことがきっかけ[1]

その後、「オーケストラみたいなことがやりたいので専門知識を勉強しよう」と、24歳の時にヤマハ音楽振興会の作・編曲教室に入学。修了後、ヤマハに勤務し、ポピュラーソングコンテストの応募作品のミキシングなどの仕事をする。

1973年高木麻早の「ひとりぼっちの部屋」で編曲家デビュー[2]1975年布施明の「シクラメンのかほり」と、翌1976年梓みちよの「メランコリー」と日本レコード大賞編曲賞を2年連続で受賞した。

1988年頃から1994年頃まで萩田光男(読み同じ)の表記で活動していた。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

主な編曲作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

ほか

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行以降[編集]

主な作曲作品[編集]

音楽担当作品[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

関連書籍[編集]

  • 『林哲司全仕事』音楽之友社、2001年、pp.189-192(萩田のインタビューを掲載) ISBN 4-276-23715-7
  • 『ニッポンの編曲家 歌謡曲/ニューミュージック時代を支えたアレンジャーたち』DU BOOKS/川瀬泰雄・吉田格・梶田昌史・田渕浩久 著(2016年)ISBN 978-4-907583-79-8
  • 『ヒット曲の料理人 編曲家萩田光雄の時代』Rittor Music、2018年6月11日、ISBN-10: 484563208X、ISBN-13: 978-4845632084

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『ヒット曲の料理人 編曲家萩田光雄の時代』リットーミュージック、2018年6月11日、ISBN-10: 484563208X、ISBN-13: 978-4845632084、pp.10-25。
  2. ^ a b c 「作家で聴く音楽」 萩田光雄 2020年3月22日閲覧。