化石の荒野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

化石の荒野』(かせきのこうや)は、1975年に発表された西村寿行による日本のミステリー・アクション小説、およびこれを原作として1982年に製作された日本映画

出版経緯[編集]

1975年に『野性時代』12月号に掲載、1976年に角川書店より出版。

映画[編集]

化石の荒野
監督 長谷部安春
脚本 丸山昇一
原作 西村寿行
製作 角川春樹
黒澤満(プロデューサー)
紫垣達郎(プロデューサー)
出演者 渡瀬恒彦
浅野温子
夏木勲
音楽 萩田光雄
主題歌 しばたはつみ「化石の荒野」
撮影 森勝
編集 鈴木晄
製作会社 角川春樹事務所
東映
配給 東映
公開 日本の旗 1982年4月17日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億6000万円[1]
テンプレートを表示

1982年4月17日、全国東映系公開。ドルビーステレオビスタサイズ、カラー123分。角川春樹事務所と東映との提携作品。宣伝費に2億3000万円をかけたが、結果は角川映画史上記録的な不入りとなった[2][3]

あらすじ[編集]

警視庁捜査一課の部長刑事・仁科草介は深夜、自宅マンションで突然三人組の男に襲われる。意識が回復すると、目の前には自らの拳銃で撃たれた外国人の死体が転がっていた。殺人の濡れ衣を着せられた仁科は、友人の新聞記者・峰島や、謎の美女・千沙らの協力を得て手配の網を掻い潜りながら事件を追うが、その背後にはオホーツクに消えた5トンの金塊を巡る巨大な陰謀が潜んでいた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

「金塊探し」イベント[編集]

映画の公開に先立つ1982年4月11日、東京地区を対象として「暗号を解いて金塊(実際には1枚10万円相当の金貨10枚を10人分)を探そう」という宣伝イベントが実施された。このイベントは当日朝のラジオCMで最初のメッセージを流し、それを解いて国電に乗ると車内に次の場所(大井競馬場)を示すメッセージの広告が掲示されているというものであった[4]。角川書店はこの前年に「宝探し」の暗号を記したイギリスの絵本『仮面舞踏会』を翻訳刊行して話題を集めていた。当時の報道によると大井競馬場に来た参加者は1万8千人[4]。チェックポイントは7つ用意され、最終的な「金塊」の隠し場所は町田市に角川書店の系列会社が所有する「多摩文庫」であったが、そこに向かう専用バス(6台)を用意した最終チェックポイントの小田急小田原線鶴川駅には、主催者側が想定した500人を大きく上回る3000人の参加者が集まり、バスに乗りきれない事態になった[4]。一部の参加者は最後のバスを取り囲んだり前に座り込んだりして町田警察署から警察官50人が出動する騒ぎとなり、最終的に午後8時過ぎに主催者側が「別の日に違うルートで再度金塊探しを実施する」と釈明したことで収束した[4]。この騒ぎが起きる前に多摩文庫に到着した参加者(400人以上)によって8人分の金貨は回収されており、残る2人分を再実行用とした[4]。警察には事前にバスチャーターに関わる交通整理の依頼しか寄せられておらず、「金塊探し」の企画は伝えられていなかった[4]

ビデオソフト[編集]

VHS
1982年4月17日発売 / 品番 - VAF1117 / 発売 - ポニー / 販売 - 東映、東映ビデオ
レーザーディスク
1987年8月21日発売 / 品番 - TLL2346 / 発売 - 角川春樹事務所 / 販売 - 東宝
DVD
2004年1月28日発売 / 品番 - DABA-0457 / 発売 - 角川大映 / 販売 - ユニバーサルミュージック

脚注[編集]

  1. ^ 中川右介 「資料編 角川映画作品データ 1976-1993」『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』 角川マガジンズ2014年、282頁。ISBN 4-047-31905-8
  2. ^ 角川春樹 「§12 鬼龍院花子の生涯」『試写室の椅子』 角川書店1985年9月10日、100頁。ISBN 4048831895
  3. ^ 〔引用者註〕角川春樹は『試写室の椅子』の中で配給収入4億5000万円と書いているが、その『試写室の椅子』を参考資料の中の1冊としている中川右介著『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』の2億6000万円を敢えて採用した。
  4. ^ a b c d e f 「『幻の金塊』探しに踊る 三千人殺到 混乱で中止」朝日新聞1982年4月12日23面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]