秋桜 (山口百恵の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋桜
山口百恵シングル
初出アルバム『花ざかり
B面 最後の頁
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 さだまさし
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1977年度年間35位(オリコン)
  • 1978年度年間92位(オリコン)
  • 12位(ザ・ベストテン
  • 山口百恵 シングル 年表
    イミテイション・ゴールド
    (1977年)
    秋桜
    1977年
    赤い絆 (レッド・センセーション)
    (1977年)
    収録アルバム花ざかり
    飛騨の吊り橋
    (6)
    秋桜
    (7)
    あまりりす
    (8)
    テンプレートを表示

    秋桜」(コスモス)は、1977年10月1日にリリースされた山口百恵の楽曲で、19枚目のシングルである。「日本の歌百選」に選ばれている。

    解説[編集]

    • 1977年当時、山口百恵は阿木燿子宇崎竜童によるいわゆるツッパリ路線の楽曲で売り出していたため、本作をリリースした際には山口に対し「なぜさだの曲を歌うのか」という疑問の声が多かった。また、さだファンからも「なぜ山口の歌を作るのか」という反響もあったという。さだは、山口には日本的な女性らしい面があるのではないかと考え、あえてそれまでのイメージを一変させるような曲作りを行ったという。
    • 提供曲のレコーディングには立ち会うことを常としているが、本作のレコーディングの際にはさだはスタジオに立ち会わなかった。さだが電話で「(結婚をテーマにした作品であるため)まだピンと来ないでしょう?」と尋ねたが、そのとき当時18歳だった山口は「はい」と正直に答えている。しかしその後、結婚を期に引退するラスト・コンサートの日(1980年10月5日)に「この歌の意味がようやく分かりました」というメッセージをさだに送っている[1]
    • さだは、山口百恵側からの制作依頼を受けてから督促が来るまで2年間、依頼の事実を忘れていたと言い、その後半年かけて完成したと語っている。
    • 作品は山口のファルセットを発揮するために高音域を選んだ曲作りがなされている[2]。ただし、歌番組での山口はオリジナル・キーのヘ短調よりも長二度落とし、変ホ短調で歌唱することが多かった。
    • 本作は元は「小春日和」というタイトルだったが、曲を聴いたプロデューサー(CBSソニーの酒井政利)の提案で「秋桜」に変更となった。当初、さだはタイトルの「秋桜」を、「コスモス」と読ませるつもりはなく、本来の和名である「あきざくら」とするつもりであった(さだは後に短編小説集『解夏』中に「秋桜(あきざくら)」という作品を出す)。本作のヒットにより「コスモス」というそれまでになかった読み方が広まるようになった[3]
    • 嫁ぐ娘が母を想う楽曲であり、後に同じシチュエーションを母親の視点から歌った作品「秋の虹」(『家族の肖像』に収録)が制作されている。
    • さだは自身の他の曲で「雨やどり」や「親父の一番長い日」などと同様、妹の佐田玲子をイメージして詩を書いたが、玲子は一度も結婚せずに2018年現在独身である。
    • 1982年には、日立マクセル「maxell・エピタキシャルビデオカセット」のCMソングに使用された。また1995年には、東映映画『日本一短い「母」への手紙』の主題歌となった。
    • 2008年12月10日より京浜急行電鉄京急久里浜駅の接近メロディとしてこの曲が使用されている。
    • リリースされて3週間余りでオリコンの3位にランクされた。ピンク・レディーウォンテッド (指名手配)」とジョー山中人間の証明」に次ぐ5週間3位、50万枚近いセールスを記録[4]した。
    • 第19回日本レコード大賞で、山口は歌唱賞を、さだは作詞で西条八十賞を受賞した。
    • 1978年1月19日に第1回が放送された『ザ・ベストテン』では、同回の12位が最高で、10位以内のランクインはならなかった(同じく第1回放送時は、次のシングル曲である「赤い絆 (レッド・センセーション)」が11位だった)。
    • リリースの約半年後、作者であるさだまさし自身がアルバム『私花集』(1978年3月25日リリース)でセルフカバーした。オリジナルは山口盤ではあるが、山口は1980年に引退したため、以降本作はもっぱらさだによって歌われている。また中森明菜福山雅治平原綾香などポップス・演歌・クラシック等のジャンルを問わず数多くの歌手によりカバーされている。最近では百恵の息子であり歌手である三浦祐太朗が歌番組などでカバーすることもある。
    • NHK紅白歌合戦』では、山口による歌唱はなかったが、1992年の第43回と1997年の第48回にさだにより歌唱された。
    • シングルレコード盤ジャケットに掲載の歌詞は、さだの自筆である。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲: さだまさし
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲備考時間
    1.「秋桜」さだまさしさだまさし萩田光雄 
    2.「最後の頁」さだまさしさだまさし佐藤準レコード盤に記載されている曲名は「最の頁」であるが、インナー・スリーヴに掲載のさだまさし自筆の歌詞では「最の頁」となっているため、双方の表記が混在する。[5]
    合計時間:

    品番[編集]

    関連作品[編集]

    カバーした主なアーティスト[編集]

    さだまさしによるセルフカバーは『私花集(アンソロジー)』(1978年)および『帰郷』(1986年)に収録されている。また、ライヴ録音も多数ある。

    脚注[編集]

    1. ^ さだのデビュー20周年ライヴ・アルバム『のちのおもひに』第4夜収録の「トーク2」
    2. ^ 山口盤はヘ短調で歌われているが、さだのセルフ・カヴァーでは完全四度下のハ短調で歌われている。
    3. ^ 笹原宏之編『当て字・当て読み漢字表現辞典』2010年三省堂、274頁、ISBN 978-4-385-13720-9
    4. ^ 「人間の証明」は6週連続2位だった。
    5. ^ さだがアルバム『私花集』でセルフカバーした際には「最后の頁」となっている。

    参考文献[編集]

    • NHK趣味百科 さだまさし音楽工房(1992年 NHK出版