原真祐美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
原 真祐美(はら まゆみ)
出生名 種田 真祐美(たねだ まゆみ)
生誕 1966年9月13日
出身地 北海道札幌市清田区
学歴 堀越高等学校
職業 モデル女優歌手
活動期間 1982年 - 1987年
レーベル 日本コロムビア
事務所 第一プロダクション

原 真祐美(はら まゆみ、1966年9月13日 - )は、日本の元モデル女優歌手北海道札幌市出身で、血液型O型。本名は種田真祐美。

来歴[編集]

札幌の街でショッピング中に、地元の芸能事務所にスカウトされる。その後、モデルとして、各種ポスター、スチール、CM出演などで活躍する。

1981年ホリプロスカウトキャラバンへ応募し、北海道代表として全国大会に進出し、本名の「種田真祐美」名義で石川優子の『シンデレラ サマー』を歌った。この時の優勝者は堀ちえみである。

「ミルクランド北海道」のCM出演中に、大手芸能プロダクション第一プロダクションにスカウトされて上京する。1983年エースコック「麻婆拉麺」のCMに出演し、キャッチコピーの「刺激ほしい」が話題を呼んだ。

1983年3月21日に「妹みたいじゃだめですか?」のキャッチフレーズで、日本コロムビアから『決心』でアイドル歌手としてデビューする。

3rdシングル『Bye,Bye,September』は、FNS歌謡祭で優秀新人賞、あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭で銀賞、ヤング歌謡大賞でアイドル賞、銀座音楽祭で銀賞、新宿音楽祭で銀賞、日本歌謡大賞放送音楽新人賞など多くを受賞した

アルバム大貫妙子の「黒のクレール」をカバー、CHAGE and ASKAASKAが楽曲提供した「SO LONG」をデュエット、などいわゆるアイドルの範疇に収まらない楽曲も発表した。

1984年月曜ドラマランドてんてん娘』で主演して以降、『瑠璃色ジェネレーション』、『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』で上司の妻を恋愛の対象として慕うOL役、などに出演した。

堀越高等学校卒業後は芸能界引退して第一プロダクションを退社した。1年後にヌード写真集『彩どり』を発売して女優復帰を宣言したが続く活動は一切なく、事実上の引退となった。

2009年4月20日に、1983年発売のデビューアルバムから1984年発売のラストアルバムまで、すべてのオリジナルアルバムが受注生産で初めてCDとして発売された。

人物、エピソード[編集]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

放送年月日 タイトル 放送局
1984年6月25日 てんてん娘 《主演》 フジテレビ
1984年9月7日〜1984年10月26日 瑠璃色ゼネレーション 日本テレビ
1985年8月30日〜1985年12月6日 金曜日の妻たちへIII 恋におちて TBS

ラジオ[編集]

放送年月日 番組名 放送局
1983年(毎週火曜日担当) ヤングパラダイス ニッポン放送

CM[編集]

メーカー・商品名
ミルクランド北海道(1982年度キャンペーンガール) 1982年
エースコック 麻婆拉麺 1983年
日立 パディスコW2 1983年
出光興産 出光無鉛金アポロガソリン(1984年度キャンペーンガール) 1984年

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル オリコン最高位 レーベル タイアップ
1st 1983年3月21日
決心
102位
日本コロムビア
2nd 1983年6月21日
恋人なんて
111位
日本コロムビア
3rd 1983年9月01日
Bye,Bye,September
89位
日本コロムビア
4th 1984年1月21日
夕暮れはLove Song
93位
日本コロムビア
5th 1984年4月01日
わかってマイ・ラブ
107位
日本コロムビア
6th 1984年6月21日
夏のレッスン1(one)
109位
日本コロムビア 本人出演TV-CM 「出光無鉛金アポロガソリン」CM曲
7th 1984年9月21日
ペルシャの涙
169位
日本コロムビア
8th 1985年2月21日
泣き虫なマリオネット
日本コロムビア

アルバム[編集]

オリジナル発売日 タイトル 再発(初CD化発売日) レーベル 収録曲
1st 1983年9月21日
ソルフェージュ
2009年4月20日 日本コロムビア (1)オーバーチュア(忘れないで)〜OFF LIMITS(2)恋人なんて(3)今夜だけLADY(4)恋はFifty-Fifty(5)決心(6)Bye, Bye, Sptember (7)レクイエム(8)夏限り(9)忘れないで
2nd 1984年2月21日
ベールクレール
2009年4月20日 日本コロムビア (1)いつか☆どこか☆ANATA(2)夕暮れはLove Song(3)ベール・クレール(4)恋は時を止めて(5)真冬のロッジ(6)トワ・エ・モワ(7)NAGISA HOTEL(8)小さな恋のメロディーに憧れて(9)黒のクレール《大貫妙子カバー曲》(10)涙色のメモリー
3rd 1984年8月21日
セピア色〜秋物語〜
未CD 日本コロムビア A面(1)夏のレッスン1(one)(2)黄昏のハイウェイ(3)今夜だけLADY(4)恋は時を止めて(5)NAGISA HOTEL B面(1)恋はFifty-Fifty(2)Bye, Bye, September(3)涙色のメモリー(4)黒のクレール(5)セピア色の秋 全曲本人のナレーション付き カセットのみ発売
4th 1984年10月01日
コントラスト
2009年4月20日 日本コロムビア (1)ペルシャの涙(2)そっとさよなら(3)コントラスト(4)愛を止めて(5)SO LONG《飛鳥涼とのデュエット曲》(6)夏のレッスン1(one)(7)黄昏のハイウェイ(8)わかってマイ・ラブ(9)セピア色の秋(10)てんてん娘
5th 2003年12月03日
原真祐美ベスト アイドルミラクルバイブル コロムビア編
日本コロムビア (1)決心(2)ときめきING(3)恋人なんて(4)忘れないで(5)Bye,Bye,September (6)恋はFifty-Fifty(7)夕暮れはLove Song(8)涙色のメモリー(9)わかってマイ・ラヴ(10)NAGISA HOTEL(11)夏のレッスン1(one)(12)てんてん娘(13)ペルシャの涙(14)そっとさよなら(15)泣き虫なマリオネット(16)コントラスト(17)真冬のロッジ(18)SO LONG 全シングルAB面収録ベスト盤

ビデオ[編集]

発売日 タイトル レーベル
1st 1985年3月21日 ロンリー・ロンリー 原真祐美 イン エルニド 日本コロムビア

写真集[編集]

タイトル 発売日 出版社
きみは、だれ… 1984年4月23日 双葉社
いそいで 1984年6月11日 双葉社
彩どり 1986年12月1日 ワニブックス

脚注[編集]

  1. ^ MBSヤングタウンにて、西川のりおが後日談として語っている